花の京都 初夏 6

2015年4月30日 (木)

乙訓寺 牡丹と弘法大師の古刹

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmr_9947a
※写真は全てクリックで拡大します。

長岡天満宮から北に歩いて20分程度のところに乙訓寺(おとくにでら)があります。

大慈山乙訓寺 長谷寺の末寺で真言宗豊山派、推古天皇の勅願で聖徳太子が開いたといわれ、乙訓地方最古の寺です。

Jmr_9879a

表門(長岡京市指定文化財)は江戸時代(1695)建立の四脚門です。

Jms_0116a

門を入ると両側が牡丹の花壇となっています。乙訓寺の牡丹の始まりはそれほど古くはなく、昭和15年頃のことです。かっては表門から本堂まで続く松並木が美しいことで有名でした。

Jmr_9888a

それが、昭和9年の室戸台風でほとんどが倒木し、応仁の乱も生き延びたと伝わるモチノキや弘法大師お手植えの菩提樹も多大な損害を受けてしまいました。

Jmr_9897a

乙訓寺第19世海延の伯父、長谷寺第68世能化(住職)海雲全教和上が、被害著しい境内をご覧になり、長年育てていた牡丹のうち2株を寄進したのが始まりです。

Jmr_9916a

その後、乙訓寺の歴代住職らの尽力によって約2000株に増え、美しく境内を彩る牡丹の寺として知られるようになったのです。

Jmr_9917a

乙訓寺の歴史は古く、古墳時代に遡ります。518年、第26代継体天皇は、筒城宮(つつきのみや、現在の京田辺市多々羅都谷)から、弟国宮(おとくにのみや、現在の長岡京市今里付近)に遷都し、乙訓寺は当時の宮跡ともいわれています。正面は十三重石塔

Jmr_9920a

飛鳥時代(603年または620年頃)、第33代・推古天皇の勅命により、聖徳太子が乙訓寺を創建し、自刻の十一面観音を本尊としたといわれます。

Jmr_9922a

奈良時代(784)、第50代・桓武天皇による長岡京遷都に際しては、「京内七大寺」筆頭となり、都鎮護の寺として大増築されました。日限地蔵尊(ひぎりじぞうそん)

Jmr_9921a

その後、乙訓寺で日本の歴史に残る二つの大きな出来事がありました。十三重石塔の前にある「黄冠」、黄色い牡丹は珍しいのか数株しかありませんでした。

Jmr_9925a

一つは、日本密教の原点を作った弘法大師空海と伝教大師最澄がこの寺で最初に出会い、日本の仏教が大きな発展を遂げる要因をつくったことです。弘法大師立像

Jmr_9929a

弘法大師は、弘仁2年(811)に嵯峨天皇から乙訓寺の別当(統括管理の僧官)に任命されました。

Jmr_9941a

翌年、弘法大師と同時に入唐したが早く帰国していた最澄がこの寺を訪れ、空海に真言の法を教えてほしいと頼みます。向こうの木は、空海の手植えといわれる菩提樹。

Jmr_9934a

大師は親切丁寧にその法を伝授しました。二人はその後も交流を深め、それぞれ真言宗と天台宗を確立して、日本仏教の流れに大きな変革を与えました。

Jmr_9944a

もう一つの出来事は早良親王事件です。早良親王 (さわらしんのう)は、桓武天皇の実弟で、桓武天皇の即位に伴い皇太子となります。鎮守八幡社(長岡京市指定文化財)、江戸時代、1695年建立、。

Jmr_9930a

長岡京遷都の翌年(785)、長岡京造宮長官・藤原種継が暗殺され、暗殺団と見られた一味と交流があった早良親王は事件に連座してしまいます。本堂(長岡京市指定文化財)は江戸時代(1695)の建立で、かつては大師堂とよばれ、本尊・合体大師像(重文)を安置。

Jmr_9984a

早良親王は皇太子を廃され、乙訓寺に幽閉されました。親王は身の潔白を示すため断食しましたが、10余日後に流罪処分となり淡路島に護送されます。

Jmr_9973a

親王は護送途中に淀川べりで絶命しますが、遺骸はそのまま送られ淡路に葬られました。

Jmr_9953a

その後、天皇の母や皇后の死、皇太子の重病が続き、悪疫の流行や天変地異が発生し、早良親王のたたりと恐れられました。聖観世音菩薩像

Jmr_9971a

結局、朝廷は事件15年後に早良親王を復権し、崇道天皇と追号して陵墓を奈良に移すなどの措置を講じました。鐘楼(長岡京市指定文化財)は、建立年不明ですが、牧野成貞寄進ともいわれています。

Jmr_9932a

現在、全国にある「御陵神社」や「春秋の彼岸行事」も、早良親王の怨霊鎮めが元になっているともいわれます。

Jms_0003a

また、弘法大師の乙訓寺別当就任は、宮廷がたたりを恐れ、弘法大師の祈祷の効験に期待したという説もあります。早良親王供養塔

Jms_0020a

平安時代、宇多天皇は寛平9年(897)の譲位後、仏門に入り乙訓寺を行宮(あんぐう、仮宮)として堂塔を整備しました。このため、法皇寺と号しました。

Jms_0002a

室町時代には、衰えたりといえども十二坊ありました。しかし、内紛があり、足利義満は僧徒を追放して南禅寺の伯英禅師に与え、一時禅宗となります。その後、織田信長の兵火でさらに衰微しました。上の絵馬は、悪行を戒めているところ?

Jms_0105a

江戸時代 隆光は長谷寺で修学後江戸に出て、将軍綱吉の信任を得て、将軍の祈祷寺・江戸護持院住職となります。彼は、乙訓寺を請い受けて自ら住職となります。健脚祈願のわらじ

Jms_0028a

クロガネモチ(長岡京市有形文化財、天然記念物)、樹齢400-500年と推定され、前述の室戸台風で幹が折れたが蘇生したそうです。クロガネモチとしては、京都府内でも屈指の大きさといわれています。

Jms_0047a

綱吉は寺領百石を寄進して徳川家の祈祷寺とし、諸大名・公卿の信仰も集まりました。隆光は乙訓寺中興第一世として、寺を再び真言宗に改め、堂宇の再建、乙訓寺法度の制定など、復興に尽くしました。当時の寺域は8200余坪あったとか。

Jms_0069a

明治の廃物棄釈、第二次世界大戦後の農地改革など、苦難の経過をたどりますが、現在では「今里の弘法さん」と親しまれた伝統と牡丹の名所として知られています。

Jms_0053a

写真の枚数が増えてしまいましたが、ご覧いただきありがとうございます。励みになりますので、応援のクリック↓をお願いします(一日一回有効です)。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmr_9976a

| | コメント (1)

2015年4月25日 (土)

本満寺 牡丹と若葉の枝垂れ桜

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amp_3746d
※写真は全てクリックで拡大します。

早咲きの大きな枝垂れ桜が美しい本満寺。
花が終わり、若葉が鮮やかになるころ牡丹が華やかな色を添えてくれます。

「花だより」には載りませんが、枝垂れ桜と牡丹のお寺と云われてもいいように思います。
天気が良過ぎて、グッタリ気味の花です。

Amp_3806a

桜の花がとっても美しかった枝垂れ桜、今は新緑が鮮やかです。

Amp_3707a

そして今は・・・牡丹の花が取り囲んでいます。

Amp_3773a

大きな傘をさし掛けられたように

Amp_3759a

満開の枝垂れ桜はこちらでどうぞ。2011  2013

Amp_3725a

牡丹は日射しにも、雨にも弱くてちょっと可哀そうです。

Amp_3728a

豪華な花

Amp_3772a

隣の妙見宮と

Amp_3765a

Amp_3768a

撮影は22日、まだ蕾が沢山ありました。

Amp_3751a

本堂の前にも牡丹の花・・・そして八重桜もまだ残っていました。

Amp_3790a

花びらは何枚あるのでしょう。

Amp_3791a

こちらはもっとスゴイ。

Amp_3789a

八重の桜、少し枯れ気味でしたが、まだ綺麗でした。

Amp_3779a

水に浮かんで・・・

Amp_3798b

※今日もご覧いただき、ありがとうございます。ブログランキングの応援のクリックをよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amp_3692a

| | コメント (2)

2014年5月26日 (月)

無鄰菴 紫の雲・松葉海蘭

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Amn_5910a
※写真は全てクリックで拡大します。

岡崎の疏水沿いを歩いていて「無鄰菴(むりんあん)」に寄りました地図です

松葉海蘭 (まつばうんらん)というのですね。薄紫色の可愛い野草がふんわりと芝生一面に咲いていました。

Jmo_4099a

青もみじの季節になりました。

Amn_5854b

無鄰菴 (むりんあん)
明治・大正の元老山県有朋の京の別荘で明治29年(1896)に完成。庭園(名勝)は小川治兵衛の作。東山を借景とした明治の代表的庭園。平成4年から無鄰菴会議で知られる洋館も公開。現在市所有。

Amn_5919a

松葉海蘭 (まつばうんらん)
アメリカ原産の帰化植物で、造成地などの荒れ地やグランドの端などに生育する。地面に這う茎があり、松葉に例えられた幅1~2mmの細い葉を付ける。春に地表の葉に似合わないほどの高い花茎(10~60cm)を付け美しい花を咲かせます。

Amn_5864a

Amn_5857a

ガラス戸越しの風景

Amn_5873a

額に納まった絵のよう。

Jmo_4090a

庭園は疏水の水をとり入れ、三段の滝、池、芝生を配した池泉廻遊式庭園です。

Jmo_4052a

Amn_5909a

のどかな雰囲気です。

Jmo_3972a

所々に赤がアクセント。

Amn_5886a

Jmo_4032a

芝一面に松葉海蘭がふわっと咲いているのですが・・・透き通ってて写ってません。

Jmo_4004a

疏水から流れ落ちる三段の滝

Jmo_4028a

Amn_5888a

Amn_5898a

青もみじも美しい、もちろん紅葉も美しい無鄰菴です。

右サイド上部の白い空白の「ブログ内・検索」で 『無鄰菴』と入れて検索ボタンを押していただくと、今までの『無鄰菴・記事の全てが表示』されます。

ランキングの応援を宜しくお願いします。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmo_4039a

| | コメント (2)

2014年5月21日 (水)

本満寺 牡丹の花と新緑の枝垂れ桜

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Jmo_3532a
※写真は全てクリックで拡大します。

本満寺の枝垂れ桜・・・こんもり丸くて、存在感の大きな枝垂れ桜、毎年いち早く見事な花を楽しませてくれます。・・・そして新緑、緑の枝垂れ桜もまた素晴らしいです。
まず、隣の妙見宮からその姿

Jmo_3520a

木の根元には牡丹の花が咲いています。

Jmo_3628a

枝垂れ桜の満開の時、本満寺の説明は→こちらでご覧ください。

Jmo_3629a

Jmo_3550a

Jmo_3549a

Jmo_3555a

Jmo_3562a

Jmo_3563a

見事な花ですね。

Jmo_3560a

Jmo_3542a

今はもう牡丹は終わっています。撮影は4月30日

Jmo_3581a

本堂を横から

Jmo_3570a

Jmo_3620a

Jmo_3548a

※記事更新が億劫になっていた時に撮っていた写真を今更ですが出します。桜も咲きますよ。

ランキングの応援を宜しくお願いします。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

妙見宮から、枝垂れ桜の前にある年中紅いもみじ

Jmo_3519a

| | コメント (0)

2013年5月20日 (月)

平安神宮 杜若(かきつばた)

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Amm_0110a
※写真は全てクリックで拡大します。

初夏の平安神宮の神苑は花菖蒲が美しく、その頃に1日だけ無料公開になります。花菖蒲の咲く頃にはカキツバタは枯れてしまっていて、少しガッカリするのです。

今日は中神苑に咲くカキツバタと睡蓮。(撮影:5月17日)

平安神宮の神苑は順序から「南神苑」「西神苑」「中神苑」「東神苑」と続きますが、今日は「南神苑」と「西神苑」を飛ばして先に「中神苑」です。

Jml_8819a

神苑の作庭は、明治から昭和にかけて「植治(ウエジ)」と呼ばれた7代目小川治兵衛。 池泉回遊式庭園 国の名勝(昭和50年指定)

Amm_0128b

中神苑では約1000本の紫色のカキツバタが蒼龍池を彩ります。

Amm_0121a

花菖蒲の時ばかりに来ているので、咲いているカキツバタに出会うのは初めて。

Amm_0116a

Jml_8809a

Amm_0148a

Jml_8812a

水面に空を映して・・・

Jml_8842a

赤いもみじを映して・・・

Jml_8844a

手前に咲くカキツバタ・・・枯れていると思い、シッカリ撮らなかったら・・・

平安神宮のHPによると、白地に紫の模様が入り、千代紙で折った鶴のようなので「折り鶴」と名付けられたカキツバタだそうです。

Amm_0155a

臥龍橋の周りには睡蓮が綺麗に咲いていました。

Jml_8797a

臥龍橋は、秀吉により造営された三条大橋と五条大橋の橋脚が用いられており、この橋を渡る人には、「龍の背にのって池に映る空の雲間を舞うかのような気分を味わっていただく」という小川治兵衛の作庭の意図が織り込まれているようです。

Jml_8794a

臥龍橋

Amm_0106a

手前は河骨(こうほね)、花はまだ少ししか咲いていませんでした。

Amm_0063a

Jml_8839a

睡蓮は西神苑の方がたくさんありますので、西神苑の紹介でもお届けします。

Amm_0070a

午後になると閉じかける睡蓮ですが、辛うじて午前中、まだシッカリ咲いていました。

Amm_0074a

赤いもみじと・・・

Amm_0136a

横写真で

Amm_0136b

石をハッキリ

Amm_0140a

※平安神宮の神苑では春の紅枝垂れ桜の写真もたくさん撮ってますのに・・・未公開のままで杜若にしてしまいました。紅枝垂れ桜はそのうちに、、か、来年にします。

更新の励みになります。ランキングの応援を宜しく。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

石をぼかして・・・

Amm_0137a

| | コメント (4)

2013年5月10日 (金)

シャガの参道 日向大神宮

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Jml_7160a
※写真は全てクリックで拡大します。

今日は蹴上の日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)
最近は「パワースポット」だとか、「紅葉の隠れた名所」だとか、「私のとっておきの場所」・・・だとかでテレビ紹介されて有名に成りつつあるところです。

その前に・・・私は大変な間違いをしていました・・・(;´д`)トホホ…

インクラインの下で、蹴上から南禅寺に通じるこのトンネル・・・

Jml_7112a

ねじりまんぽ」でした。「ほ○」でした。

Aml_8553a

 (ぽ)  (ぼ)・・・小さい字だと、違いに全然気づかなかった。

マンボだと思ってた・・・恥ずかしい・・・「マンボ!!♪」、以前の記事は訂正しておきました。おっちょこちょい丸出しでした。m(_ _)m

Jml_7104b

・・・で、今日はねじりまんぽから少し上がった所から出発。この場所の地図

Jml_7119a

蹴上ダムを超えて・・・

Jml_7129a

山へと入って行きます。

Aml_8573a

下に石柱に書かれていた「安養寺」ってあそこでしょうか・・・行ってないので分かりませんが。

Aml_8582a

日向大神宮につづく参道には花がいっぱい。

Aml_8579a

特にシャガの花が参道をずっと彩っていました。

Aml_8580a

シャガの花ってとても好きです。

Jml_7153a

Aml_8575a

よく見る青い花ですが・・・蔓日日草(ツルニチニチソウ)、コメント欄で教えて頂きました。

Jml_7137a

山吹もきれい・・・撮影:4月19日

Jml_7147a

Aml_8586a

Aml_8599a

前回の記事の時は、足が痛くて主人だけが日向大神宮に行ったところです。

Jml_7164a

足が大丈夫になった今では「な~んだ」というくらいに楽な道でした。

Aml_8593a

Jml_7149a

日向大神宮に到着です。ここもシャガでいっぱい。

Jml_7167a

日向大神宮は次回にします。

更新の励みになります。ランキングの応援を宜しく。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキン グ   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Aml_8581a

| | コメント (12)

2013年5月 4日 (土)

南禅寺 石楠花と青もみじ

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Aml_8756a
※写真は全てクリックで拡大します。

桜が終わると、次々に花が咲き出しています。南禅寺の水路閣のあたりに石楠花がたくさん植わっていました。

この門をスッキリ撮ることは難しいものですが、桜も終わった日の夕刻ならでは。

Jml_7386a

境内は新緑

Jml_7374a

Jml_7363a

所々になごりの桜が・・・。

Jml_7347a

法堂前に石楠花が咲いています。

Jml_7344a

ここは散紅葉と銀杏の落ち葉のグラディエーションが美しくなるところ。

Aml_8788a

桜が終わってしまって少し淋しくなってたら・・・石楠花が境内を彩っていました。

Aml_8783a

シャクナゲ (石楠花、石南花) はツツジ科 ツツジ属

Jml_7340a

見るからにも、ツツジそのものが集まっていますね。

Aml_8786a

南禅寺にこんなにも石楠花が咲いていたとは意外でした。

Jml_7333a

青もみじもまだ黄緑で若い色

Aml_8775a

Aml_8796a

真っ赤な椿もまだ残っていました。

Aml_8742a

Jml_7327a

古い色の煉瓦に淡い藤色の石楠花・・・似合ってます。

Aml_8754a

Jml_7318a

Jml_7319a

最近はよく歩けるようになって・・・この日も岡崎疏水から、日向大神宮、山を通って南禅寺に下りてきました。水泳が効いているのかも。

連休中はコメント欄はお休みにさせて頂きます。

更新の励みになります。ランキングの応援を宜しく。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Aml_8739a

|

2013年5月 3日 (金)

昨日の鴨川 四条から三条へ

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Jml_7401a
※写真は全てクリックで拡大します。

思わぬ寒い日が続いています。
連休だからといって特に何処へも行ってないけれど、昨日は新緑の鴨川を四条から出町まで歩いて来ました。マガモが子連れで泳いでましたよ。

今日は四条から三条まで
夏の風物詩のひとつの「鴨川の床」が出来ていて、まだ寒いながらもお客が入っているところもありました。

Aml_8942a

四条大橋から三条大橋、北山方向  京都の風景の中でも好きな景色です。

Aml_8934a

四条大橋を下りてみると、川一杯に糸が数本張られていました。

Jml_7418a

川鵜被害対策中・・・稚鮎放流中のみの対策のようです。

Jml_7417a

修学旅行のシーズンですね。制服あり、自由服あり・・・楽しそう。

Jml_7425a

今は桜と柳の新緑がとても綺麗。

Aml_8949a

ちょっと寒そう・・・そうでもないか。

Aml_8956a

Jml_7447a

川端通りに沿った道は木々の緑がとても綺麗。桜が終わるとハナミズキですね。

Aml_8972a

ハナミズキは1912年、アメリカワシントンD.C.へ桜(ソメイヨシノ)を贈った際、1915年にその返礼として贈られたのが始まりだとか。

Aml_8973a

桜と違ってこちらは花が長持ちしますね。

Aml_8976a

今日3日は下鴨神社の「流鏑馬神事」ですね。何度も行って記事にしていますが、

ここ数年悠長に構えてて・・・行ってみると凄い人で退散・・・なんてことをやってます、今年も行くか分かりませんこちらを見てくださいね。2009年の流鏑馬です。

Jml_7455a

昨日は風も強くて、よけいに寒く感じました。

Aml_8988a

三条大橋の手前の河原、いつも人がいっぱいですが・・・イベント?

Aml_8981a

そうではないらしい。。。

修学旅行生の集合場所のようでした。ここだと迷わず集合出来そうですね。

Jml_7478a

Aml_8985a

連休後半はお祭りがいっぱい。
今日3日は下鴨神社では流鏑馬。15日の葵祭までいろいろな神事が続きます。

鴨川・・・出町まで続きます。途中、桜も入るかもしれません。

※連休中はコメント欄はお休みにさせて頂きます。m(_ _)m

更新の励みになります。ランキングの応援を宜しく。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

三条大橋から四条大橋方面。

Aml_8991a

|

2012年6月 3日 (日)

詩仙堂 サツキの庭園

目次 からたっぷり京都をご覧ください。

Dse_5882b
拡大する写真には※拡大と表示。(ブログ残量が少なくなり、拡大写真を減らしています)

サツキの詩仙堂のお庭・・・今年も綺麗だと思います。今日の写真は2004年と2008年の写真とでお送りします。

詩仙堂  (しせんどう)
正しくは、六六山 詩仙堂丈山寺と号する曹洞宗の寺院です。
江戸時代の文人石川丈山が、寛永18年(1641)隠棲のため建立した山荘で、山際のでこぼこした土地に建つので・・・凹凸?(おうとつか)とも呼ばれます。

Dsc07624d

徳川家康に仕えた武将・石川丈山(1583~1672)は、大坂夏の陣で先駆けを咎められ、浪人となり上洛しました。晩年は一転して文化人として一乗寺に庵を結んで約30年にも渡って当地で悠々自適の生活を行い、寛文12年(1672)89歳で没しました。

Dsc07624c

狩野探幽(1602~74)作の三十六歌仙の額を掲げているので、「詩仙堂」と号しました。

Dsc07617a

今日は古い写真になりました。今や平日でも開門を待って飛びこまなくては無人の写真は絶対に撮れないと思うから・・・
過去に四季ごとに何度も訪れている詩仙堂。今更行ってもねえ・・・というところです。

Dse_5880a

ここは無人の写真じゃなくては・・・

※拡大
Dse_5881a

嘯月楼(ちょうげつろう)の前庭の枯山水です。

Dse_6043a

上の写真が2008年、下が2004年です。ぎぼしの形大きさが違うでしょ。

Dsc07619c

広いお庭に降ります。

Dsc07622c

嘯月楼と青もみじ。

Dse_6023a

2008年の写真ではこの大きなサツキの木の形が悪くなっていました。

Dse_5893c

なので、綺麗な2004年のサツキです。

Dsc07632c

こんもりしたお団子のようなサツキのお庭です。

Dsc07633c

Dsc07640c

これからは水辺の花菖蒲などが綺麗でしょうね。

Dsc07638c

詩仙堂は紅葉もとっても美しいところです。

Dsc07635a

今日は一時トップページが消えたりして・・・。驚かれた方もあるかと思います。設定を変更しようとして、思わぬことがおきました。でも、これは「もうブログを辞めなさいよ」の啓示のようで。そのままにしてブログを辞めてしまおうかと思ったのですよ。

当ブログを”お気に入り”にして楽しんで下さっている皆様、記事・写真などを参考にされた皆様、京都大好きな皆さま・・・ブログ更新の励みになるよう1日1回・是非クリックお願い致します。応援が少ないと更新する気がしなくて・・・
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所ク リック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

過去記事を楽しまれた方もクリック宜しくお願いします。

Dsc07625d

| | コメント (12)

2012年5月11日 (金)

一初の咲く 上御霊神社 

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Amj_3934a
拡大する写真には※拡大と表示。(ブログ残量が少なくなり、拡大写真を減らしています)

一初(いちはつ)が綺麗なところをもう一ヶ所。「上御霊神社」です。

上御霊神社(かみごりょうじんじゃ) 正式名称:御霊神社 場所はここです
この地には、はじめ付近住民の氏寺として創建された上出雲寺があったが、延暦13年(794)平安京奠都に際し、桓武天皇の勅願により王城守護の神として、奈良時代・平安時代初期に不運のうちに薨(こう)じた八柱の神霊を祀ったのが当社の初めである。

Amj_3963a

塀の外回りの一初は、日当たりが良い為か、もう花は終わりかけになっていました。

Amj_4021a

上御霊神社境内の「御霊の森」は応仁の乱の発端となった地です。

「応仁の乱勃発の地」の記事はこちらです。神社の説明なども多いです。

◆→こちらの記事も説明が多いです。どうぞ。

Amj_3935a

5月18日に催される御霊祭は、京都でも最も古い祭りといわれ、平安貴族の装束をまとった数百人が都大路を練り歩きます。
約400年前に後陽成天皇御寄進の御牛車や御輿3基なども渡御します。

Amj_3932a

拝殿に御輿が3基、御霊祭を待っています。

Amj_3994a

御霊祭のお昼はこちらです。 夜の御霊祭、御輿が勇壮こちらです

Amj_3976a

境内にも一初(いちはつ)がたくさん咲いています。絵馬堂と。

Amj_3939a

アヤメ、カキツバタ、花菖蒲は名前も知ってるし、見る機会も多いけれど、一初は余り知られていません。←私もですが。

Amj_3941a

いちはつ、アヤメ、カキツバタ、花菖蒲の違いはこちらのサイトで確かめてね。

Amj_4011a

Amj_3942a

密集しているのも良いし・・・まばらなのも良いですね。

Amj_4010a

Amj_3936c

藤は終わっていました。

Amj_3985a

足元には一初が彩っています。

Amj_3968a

Amj_3957a

本殿のうしろあたりは、何となく・・・

Amj_3997a

何となく・・・淋しすぎて・・・

Amj_4003a

今日は知恩院の続きのつもりでしたが、花の終わりそうな一初のところにしました。

更新の励みになります。ブログランキングの応援宜しく。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amj_3945a

| | コメント (8)

その他のカテゴリー

2012 祇園祭 | 2013 2014 祇園祭 | 2015 紅葉 1 | 2015 紅葉 2 | 2015 紅葉 3 | 2015 紅葉 4 | 2015 紅葉 5 | 2015~ 祇園祭 | 2016 桜 1 | 2016 桜 2 | 2016 桜 3 | 2016 紅葉1 | 2016 紅葉2 | 2016 雪景色 1 | 2016~ 葵祭 | 2017 桜1 | 2017 桜2 | 2017 雪景色 | You tube 1 | You tube 2 | You tube 3 | You tube 4 | You tube 5 | You tube 6 | ■ 写真掲載 当ブログ紹介■ | ■ 写真掲載 当ブログ紹介 2 ■ | ■散策・00' 京都駅 壬生界隈 五条  | ■散策・00 三条 四条通 先斗町 | ■散策・01 ◆東山七条 博物館 三十三間堂 | ■散策・02 ◆博物館~六波羅蜜寺 大和大路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 2 | ■散策・04 ◆清水寺~三年坂~ 高台寺 | ■散策・05 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ■散策・06 ◆ねねの道 石塀小路 八坂神社 | ■散策・07 祇園 柳の白川他 Gion | ■散策・08 ◆八坂神社 円山公園~平安神宮 | ■散策・09' 知恩院  | ■散策・09 青蓮院 | ■散策・10 平安神宮 四季 Heian shrine | ■散策・11 東大路通 聖護院界隈 | ■散策・11' 美術館 岡崎界隈 | ■散策・12 ◆平安神宮~南禅寺~永観堂 | ■散策・14 ◆哲学の道 (疏水沿い) | ■散策・15 ◆哲学の道 (寺院) | ■散策・17 真如堂の四季  | ■散策・19 鴨川 賀茂川 高野川 | ■散策・20 西陣 他市中の寺院 | ■散策・21 右京区 法金剛院 松尾大社 | ■散策・23 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 | ■散策・24 詩仙堂・曼殊院・比叡山麓 | ■散策・25 大原 八瀬 (紅葉は別) | ■散策・26 比叡山と延暦寺 | ■散策・27 鞍馬山~貴船 | ■散策・28 鷹峯 西賀茂 (紅葉は別) | ■散策・29 上賀茂神社 社家 深泥池 | ■散策・30 嵐山 太秦 Arashiyama | ■散策・31 嵯峨野 鳥居本 化野 | ■散策・32 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策・33 山科 醍醐 | ■散策・34 伏見 | ■散策・35 宇治 宇治の社寺 | ■散策・36 大山崎 大原野 西山 | ■散策・37 八幡 加茂町 城陽 府下 | ■散策・38 他県 海外  | ■散策1 出町・三角州 川端通り 鳥 | ■散策1 北白川 疏水も | ■散策1 平安京 聚楽第 | ■散策1 御所周辺 梨の木神社 他 | ■散策1 烏丸・六角堂あたり | ■散策1 狸谷山 | ■散策1 祇園以北 東山 | ■散策1 西陣 市中 | ■散策2’ 醍醐 山科 | ■散策2 ねねの道 八坂神社 石塀 | ■散策2 三尾(高雄 槙尾 栂尾)  | ■散策2 三年坂 二年坂 | ■散策2 三条 四条 木屋町 新京極 | ■散策2 京都駅 界隈 | ■散策2 伏見 酒蔵 | ■散策2 八幡市 加茂町 他府下 | ■散策2 北白川 疏水 | ■散策2 哲学の道 (寺院編) | ■散策2 哲学の道 (道編) | ■散策2 大原 八瀬 Ohara | ■散策2 宇治 uji | ■散策2 岡崎公園 疏水 三条通り北 | ■散策2 嵐山 渡月橋 太秦 Arashiyama | ■散策2 嵯峨野 鳥居本 | ■散策2 祇園白川 柳の白川 Gion | ■散策2 西山 大山崎 大原野 | ■散策2 西陣 市中 | ■散策2 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | ■散策2 鷹峯 西賀茂 | ■散策3 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策3 伏見 酒蔵 | ■散策3 宇治 | ■散策3 嵐山 渡月橋 太秦  | ■散策3 嵯峨野 鳥居本 | ■散策3 祇園白川 柳の白川 | ■散策3 西陣 市中 | ■散策3 醍醐 山科 | ■散策4 伏見 酒蔵 | ■散策4 醍醐 山科 | □ 2008 宵山 祇園祭 | □ 2008 宵山 祇園祭 2 | □ 2009 桜 1 | □ 2009 桜 2 | □ 2009 桜 3 | □ 2009 桜 4 | □ 2009 桜 5 | □ 2009 紅葉 1 | □ 2009 紅葉 2 | □ 2009 紅葉 3 | □ 2009 紅葉 4 | □ 2009 紅葉 5 | □ 2010 桜 1 | □ 2010 桜 2 | □ 2010 桜 3 | □ 2010 桜 4 | □ 2010 桜 5 | □ 2007 祇園祭 | □1 【桜 花】 右京区 嵐山 嵯峨野 | □2 【桜】 御所 市中 賀茂川 高野川 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い | □4 【桜 花】 東山(南) 円山 伏見区 宇治 | □4' 【夜桜】 祇園 高瀬川 他 Gion | □5 【紅葉 2】 吉田山 東山 | □5 【紅葉】 吉田山 東山 | □5' 【紅葉】 哲学の道 寺院も | □6 【紅葉】 嵐山 嵯峨野 洛西 | □6' 【紅葉】 大徳寺 など | □7 【紅葉】 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | □7' 【紅葉 2 】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □7' 【紅葉】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □8 【紅葉】 伏見 宇治 | □8' 【紅葉】 鷹ヶ峰 上賀茂 北区 上京区 | □9 【紅葉】 大原 古知谷 八瀬 | □9'【雪の日】 洛北 洛東 | □9'【雪の日】 洛西 | □ 【紅葉】 市中 下鴨神社 | □ 桜 2 右京 西陣 嵐山 西山 | □ 桜 2 哲学の道 洛北 | □2【雪の日】 洛北 洛東 | □2【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □3【雪の日】 洛北 洛東 | □3【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □4【雪の日】 洛北 洛東 | □5【雪の日】 洛北 洛東 | ○ 1 京都御苑とその界隈 Imperial Palace | ○ 2 仙洞御所 (特別参観) | ○ 3 桂離宮 (特別参観) | ○ 1 京都御所(特別参観)Imperial Palace | ○ 1 桂離宮 Katsura Imperial Villa | ○ 2 南禅寺・塔頭・水路閣 | ○ 2 天龍寺 塔頭 | ○ 2 建仁寺 塔頭 | ○ 2 東福寺 塔頭 | ○ 3 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace | ○ 3 東福寺 塔頭 | ○ 4 東福寺・塔頭 | ○ 5 東福寺 塔頭 | ○0 京都五山 別格 南禅寺・ 塔頭 水路閣 | ○1 京都五山 第一位 天龍寺・ 塔頭 | ○2 京都五山 第二位 相国寺 | ○3 京都五山 第三位 建仁寺 | ○4 京都五山 第四位 東福寺・ 塔頭 | ○5 京都五山 第五位 万寿寺 | ○1 修学院離宮 | ○2 修学院離宮 | ● 1 法然院の四季 | ● 2’ 下鴨神社の四季 | ● 2 上賀茂神社 社家 深泥池 | ● 2 泉涌寺と界隈 | ● 2 法然院の四季 | ● 2 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ● 2 真如堂の四季 | ● 3 泉涌寺と界隈 | ● 二条城と近辺 Nijo-jo Castle | ● 伏見稲荷大社 | ● 北野天満宮 上七軒 | ● 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 大覚寺 大沢の池 | ● 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 | ● 御室 仁和寺 | ● 智積院 | ● 東寺 塔頭 界隈 | ● 東本願寺 | ● 泉涌寺と界隈 | ● 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 1  | ● 西本願寺 | ● 西本願寺 2 | ● 金閣寺 Kinkakuji Temple | ● 銀閣寺 Ginkakuji Temple | ● 黄檗山 萬福寺 | ● 龍安寺 等持院 | ● 1 下鴨神社の四季 | ● 2 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 2 大覚寺 大沢の池 | ● 2 平安神宮 四季 Heian shrine | ● 2 東寺 塔頭 界隈 | ● 3’ 下鴨神社の四季 | ● 3 上賀茂神社 社家 深泥池 | ★ 2010 紅葉 1 | ★ 2010 紅葉 2 | ★ 2010 紅葉 3 | ★ 2010 紅葉 4 | ★ 2010 紅葉 5 | ★ 2010 紅葉 6 | ★ 2011 紅葉 1 | ★ 2011 紅葉 2 | ★ 2011 紅葉 3 | ★ 2011 紅葉 4 | ★ 2011 紅葉 5 | ★ 2011 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 1 | ★ 2012 紅葉 2 | ★ 2012 紅葉 3 | ★ 2012 紅葉 4 | ★ 2012 紅葉 5 | ★ 2012 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 7 | ★ 2012 紅葉 8 | ★ 嵐山・花灯路 2 | ★ 2011 桜 1 | ★ 2011 桜 2 | ★ 2011 桜 3 | ★ 2011 桜 4 | ★ 2012 雪景色 1 | ★ 2012 雪景色 2 | ★ 2011 雪景色 1 | ★ 2011 雪景色 2  | ★ 2011 雪景色 3 | ★ 2011 雪景色 4 | ★ 2013 雪景色 1 | ★ 2013 雪景色 2 | ★イベント情報 | ★ライトアップ寺院 お祭り | ★東山・花灯路 2 | ★東山・花灯路 3 | ☆ 2012 桜 1 | ☆ 2012 桜 2 | ☆ 2012 桜 3 | ☆ 2012 桜 4 | ☆★ 2015 桜 1 | ☆★ 2015 桜 2 | ☆★ 2015 桜 3 | ☆★ 2015 桜 4 | ☆☆2015 雪景色 1 | ☆☆2015 雪景色 2 | ☆ 2013 桜 1 | ☆ 2013 桜 2 | ☆ 2013 桜 3 | ☆ 2013 桜 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 1 | ☆ 2013 秋 紅葉 2 | ☆ 2013 秋 紅葉 3 | ☆ 2013 秋 紅葉 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 5 | ☆ 2014 桜 | ☆ 2014 秋 紅葉 1 | ☆ 2014 秋 紅葉 2 | ☆ 2014 秋 紅葉 3 | ☆ 2014 秋 紅葉 4 | ☆ 2014 雪景色 1 | ☆ 2014 雪景色 2 |  時代祭 1 |  1  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  1 三千院 |  1 京の山を歩く |  1 京大・界隈 |  1 京懐石 普茶料理 他 |  1 京都の大学を訪ねて |  1 京都の教会 |  1 京都の眺望 |  1 京都クイズ 壁紙・投票 |  1 伏見 御香宮神社 |  1 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  1 写真集 話題 |  1 吉田山 散策 |  1 周山 美山 北山 京都北部 |  1 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂 |  1 壁紙 Wall Paper |  1 大文字山 五山送り火 |  1 寺町通り (出町から北) |  1 平等院 |  1 庭 夢想国師の庭 |  1 庭 小堀遠州の庭 |  1 庭 小川治兵衛の庭 |  1 庭 相阿弥の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 2 |  1 庭 重森三玲の庭 3 |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅰ (北部) |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅱ (東部) |  1 庭園めぐり・・・洛西 Ⅰ (北部) |  1 手づくり市 |  1 植物園 花だより |  1 空 犬・猫・鳥 その他 |  1 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  1 車窓から |  1 近代建築を訪ねて |  1 高台寺 圓徳院 |  2  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  2 ご挨拶 |  2 三千院 |  2 京の川 鴨川 桂川 高野川 |  2 京大・界隈 |  2 京都の眺望 |  2 京都御苑 御所 Imperial Palace |  2 他府県 |  2 仙洞御所 |  2 伏見 御香宮神社 |  2 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  2 伏見稲荷大社 摂社 |  2 会席 甘党 |  2 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  2 出町 三角州 川端通り |  2 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  2 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  2 吉田山 散策 |  2 周山 美山 北山 京都北部 |  2 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂など |  2 大文字山 五山送り火 |  2 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  2 寺町通り (出町から北) |  2 平等院 |  2 御室 仁和寺 |  2 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  2 智積院 |  2 東大路通 丸太町通 聖護院 |  2 東山七条 三十三間堂 |  2 松尾大社 梅宮神社 苔寺 |  2 植物園 北山 |  2 比叡山 延暦寺 |  2 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 |  2 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  2 滋賀県 福井県 奈良県など近県 |  2 知恩院と界隈 |  2 空 鳥 猫 犬 |  2 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  2 西本願寺 |  2 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  2 蹴上まで |  2 車窓から |  2 近代建築 |  2 銀閣寺 |  2 青蓮院 将軍塚 |  2 鞍馬 貴船 |  2 高台寺 圓徳院 |  2 龍安寺 等持院 |  3 ねねの道 八坂神社 石塀小路 |  3 三条 四条 木屋町 新京極 |  3 京の川 |  3 京都駅界隈 壬生 他 |  3 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  3 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  3 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  3 出町 三角州 川端通り |  3 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  3 南禅寺 塔頭 水路閣 |  3 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  3 吉田山 散策 |  3 哲学の道 寺院 |  3 哲学の道 疏水沿いの道 |  3 大原 宝泉院 勝林院ほか |  3 大徳寺 今宮神社 船岡山 |  3 大覚寺 大沢の池 |  3 天龍寺 塔頭 |  3 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  3 寺町通り (出町から北) |  3 岡崎公園 岡崎疏水 |  3 平安神宮の四季 |  3 建仁寺 塔頭 |  3 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  3 智積院 |  3 東大路通 丸太町通 聖護院 |  3 東寺 塔頭 界隈 |  3 東山七条 三十三間堂 |  3 植物園 北山通り |  3 比叡山 延暦寺 |  3 清水寺の四季 |  3 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  3 真如堂の四季 |  3 空 犬 猫 鳥 |  3 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  3 西山 大山崎 大原野 |  3 西陣 市中 |  3 西陣 白峰神宮ほか |  3 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  3 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  3 近代建築 |  3 青蓮院 将軍塚 |  3 鞍馬 貴船 |  3 食事 懐石 甘党 |  4 三条 四条 木屋町 新京極 |  4 上賀茂神社 深泥池 他 |  4 下鴨神社の四季 |  4 京の川  |  4 京都駅 界隈 |  4 伏見 稲荷 藤の森 鳥羽 |  4 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  4 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  4 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  4 南禅寺 塔頭 水路閣 |  4 吉田山 散策 |  4 大覚寺 大沢の池 |  4 天龍寺と塔頭 |  4 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  4 宇治 |  4 岡崎公園 岡崎疏水 |  4 嵐山 渡月橋 保津川 |  4 嵯峨野 鳥居本 |  4 平安神宮の四季 |  4 建仁寺 塔頭 |  4 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace |  4 比叡山 延暦寺 |  4 泉涌寺 その界隈 |  4 真如堂の四季 |  4 空 犬 猫 鳥 |  4 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  4 西陣  |  4 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  4 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  4 鞍馬 貴船 |  4 食事 懐石 甘党 |  5 下鴨神社の四季 |  5 京の川  |  5 伏見 酒蔵 濠川 |  5 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  5 南禅寺 塔頭 水路閣 |  5 吉田山 散策 |  5 宇治 |  5 嵐山 渡月橋 保津川 |  5 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  5 御所(京都御苑) 四季 |  5 真如堂の四季 |  5 空 犬 猫 鳥 |  5 糺の森 河合神社 |  5 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  5 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  5 醍醐 山科 |  6 下鴨神社の四季 |  6 京の川  |  6 吉田山 散策 |  6 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  6 御所(京都御苑) 四季 |  6 東福寺 塔頭 |  6 糺の森 河合神社 |  6 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  6 醍醐 山科 |  7 下鴨神社の四季 |  7 京の川 |  8 京の川 | おみくじ お守り | ご挨拶 | その他 | 一休寺 京田辺市 | 京都めぐり 1 | 京都めぐり 2 | 京都めぐり 3 | 京都めぐり 4 | 京都めぐり 5 雪特集 | 京都めぐり 6 | 京都めぐり 7 | 光明院の四季 1 (東福寺・塔頭) | 光明院の四季 2 (東福寺・塔頭) | 嵯峨野 竹林 1 | 携帯・デジカメ | 松ヶ崎疏水 春秋 | 滋賀県 琵琶湖 福井県など近県 | 石峰寺 (五百羅漢・伊藤若冲) | 祇園祭 2009 2010 | 祇園祭 2011 | 祇園祭 2011 2  | 祭 行事 ライトアップ 冬 1 | 祭 行事 ライトアップ 冬 2 | 祭 行事 ライトアップ 冬 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 1 | 祭 行事 ライトアップ 夏 2 | 祭 行事 ライトアップ 夏 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 4 | 祭 行事 ライトアップ 夏 5 | 祭 行事 ライトアップ 夏 6 | 祭 行事 ライトアップ 春 1 | 祭 行事 ライトアップ 春 2 | 祭 行事 ライトアップ 春 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 1 | 祭 行事 ライトアップ 秋 2 | 祭 行事 ライトアップ 秋 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 4 | 祭 行事 ライトアップ 秋 5 | 花の京都 初夏 1 | 花の京都 初夏 2 | 花の京都 初夏 3 | 花の京都 初夏 4 | 花の京都 初夏 5 | 花の京都 初夏 6 | 花の京都 初夏 7 | 花の京都 夏 1 | 花の京都 夏 2 | 花の京都 夏 3 | 花の京都 夏 4 | 花の京都 夏 5 | 花の京都 新緑 青もみじ 1 | 花の京都 新緑 青もみじ 2 | 花の京都 春 1 | 花の京都 春 2 | 花の京都 春 3 | 花の京都 春 4 | 花の京都 春 5 | 花の京都 春 6 | 花の京都 秋 1 | 花の京都 秋 2 | 花の京都 秋 3 | 著作権 | 葵祭 1 | 葵祭 2