花の京都 初夏 4

2010年5月28日 (金)

サツキの芬陀院(雪舟寺)

新しく来て下さった方は目次もご覧くださいね。

 Dsi_3817a
※写真は全て拡大します。

東福寺の塔頭 雪舟寺こと芬陀院(ふんだいん)です。
早々ともう行った訳ではありませんが、昨年の今頃は新型インフルエンザで京都は閑散としていました。

ちょうどサツキの時期。ここぞとばかりにアチコチ回ったは良いものの・・・公開時期を逃してました。(実は他にもあるのですよ)

Dsi_3794a

芬陀院(ふんだいん)  通称名称 雪舟寺
東福寺塔頭。雪舟作と伝える鶴亀の庭があるところから雪舟寺で知られる。元享年間(1321-24)に関白一条内経が創建。庭園は禅院式枯山水。‘茶関白’一条恵観ゆかりの茶室図南亭が有り、遺愛の勾玉の手水鉢が残されている。

Dsi_3796a

元亨年間(1321~1323)に時の関白一條内経が定山祖禅和尚(東福寺開山聖一国師の法孫)を開山にむかえて創立した。  水墨画などで有名な雪舟等楊禅師が東福寺に参るときは必ず当院に寄寓し、禅院式枯山水庭園‘鶴亀の庭’を作ったので雪舟寺ともいう。
‘茶関白’一条恵観ゆかりの茶室図南亭が有り、遺愛の勾玉の手水鉢が残されている。

Dsi_3798a

建物は元禄4年(1691)と宝暦年間(1751~1763)の両度、火災にかかったが、桃園天皇の中宮恭礼門院の御殿の1棟を賜って移築し、さらに明治32年(1899)に昭憲皇太后から御内帑(ないど)金を下賜されて改築した。 

Dsi_3801a

庭園は、寛正応仁の頃(1460~1468)、時の関白一條兼良公の好みにより雪舟が作ったと伝える禅院枯山水の庭である。
京都最古の枯山水庭園でこの南庭の鶴島・亀島は立体的表現(二段基壇)になってる。

お抹茶をいただきながらこの景色を。

Dsi_3805a

一部荒れていたのを昭和12年に重森三玲氏により復元・修理される。

Dsi_3809a

芬陀院も何度も記事にしていますが・・・
人がずっと座られたままで撮れなかったり(今回)、障子の開け具合が違っていたりして、撮った写真もその都度違います。雰囲気も違いますので【目次】から見て下さいね。

Dsi_3808a

京都五山の中で一番多く訪れている東福寺。カテゴリーは京都五山・第四位 東福寺

Dsi_3839a


Dsi_3849a

最初の頃は「駒札」丸写しで、写真と説明が合ってなくて・・・南庭、東庭がごっちゃになってるようです。(方向音痴なもので・・・m(_ _)m)

Dsi_3841a

こちらは東庭

Dsi_3844a

図南亭

Dsi_3842a

Dsi_3838a

障子に透ける外の明かり・・・和みますね。

Dsi_3834

いろんな角度から撮ってみました。

Dsi_3830

サツキの花が少し咲いているだけでお庭が華やか。過去にサツキの頃に行ってますが、もっと花は少なくて・・・花のベストに行くのって難しいですね。

Dsi_3827a 

鎖樋、雫の落ちる先が花に埋まってて。ナイスです。

Dsi_3840a

スミマセ~ンm(_ _)m 今気が付きました(10:20)。
この日の芬陀院は記事にしていました。m(_ _)m 未公開写真だとばかり思っていました。
未公開は【霊雲院】でした。(室内の修正がじゃまくさくて、延ばし延ばし)

ヤッパリ記事にしてました。m(_ _)m こんな素敵な風景を残しておく筈はないですよね。
去年の記事を覚えてらっしゃる方、ゴメンナサイ。選んだ写真もほぼ同じ・・・

今年も桜の未公開のところはあります。
 上品蓮台寺、本法寺、岡崎神社、醍醐寺(五重塔 金堂) 知恩院 枳殻邸・・
他にも節分など、終われば直ぐに記事にしなくては・・・な、処もたくさん。┐(´д`)┌ヤレヤレ

来年回しか、ある日突然記事にするか・・・忘れないようにしなくては。(゚ー゚;

 ◆ ブログランキング応援クリックを、毎日の更新の励みに作っています。
          両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ    こちらも → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
-------------------------------------------------------------------

このお部屋でゆっくりくつろげます。

 Dsi_3851a

| | コメント (10)

2010年5月26日 (水)

城南宮 3 室町の庭・桃山の庭・離宮の庭

新しく来て下さった方は目次もご覧くださいね。

Jmg_5789a
※写真は全て拡大します。

城南宮の神苑「楽水苑」の・室町の庭・桃山の庭・城南離宮の庭 をお届けします。

作庭は「昭和の小堀遠州」と称えられた中根 金作氏(1917年8月28日 - 1995年3月1日)
城南宮の神苑「楽水苑」の他には足立美術館庭園、大仙公園日本庭園、退蔵院余香苑など、海外での作庭も数多い。
日本国内と海外で300近い庭園を作庭されています。受賞も多数。

茶室が2つの庭を分けています。道をはさんで左が「桃山の庭」、右が「室町の庭」です。

Dsm_1238a

上の写真の右には見事な五葉の松。

Dsm_1241a

室町の庭  (城南宮HPより)
茶道、生花、能楽と日本文化が大成された室町時代。作庭技術 も画期を迎えます。池泉廻遊式の静寂な庭で、歩くたびに景色が変わります。茶室(楽水軒)の前には礼拝石、池中央の蓬莱島の奥には三尊石と、峻厳で風格のあ る石組みが配されています。入口に雌滝、奥まったところに雄滝があり、横の舟付き場の藤の花、そして色とりどりのツツジ。

ちょうどこの辺りが雌滝近くの石組なのですが。

Jmg_5768a

石も多いし、どれが蓬莱島 三尊石とか分からずに撮っています。

Jmg_5770a

ご想像下さいね。

Jmg_5787a

秋に訪れた時の城南宮はこちらです

Dsm_1256a

向こうが船着き場の藤棚です。

Dsm_1262a

こちらでお抹茶をいただけます。

Jmg_5772a

もう一度登場です・・・楽水軒の後ろに広がるのが「桃山の庭」

  Jmg_5791a

Dsm_1247a_2

桃山の庭
枯山水様式で、大きな刈り込みの前に緑の芝生が広がる明るい庭園で、桃山時代の豪壮な気風を反映しています。紅枝垂れ桜が咲くと、ひときわ華やぎを増します。

Dsm_1245a

城南宮からの洛南の景色を表しているとも、刈り込みが紀州の山並み、広々とした芝生が太平洋、点在する岩が小島を表しているとも、見る人によってその姿を変えます。

Jmg_5807a

Dsm_1246a

是非枝垂れ桜の頃に来たいと思います。

Dsm_1268a

Jmg_5805a

藤棚に

Jmg_5836a

藤棚の前の池には・・・綺麗な錦鯉

Dsm_1300a

つづいて・・・城南離宮の庭

Jmg_5869a

城南の地が最も華やかであった離宮時代の様子を表す枯山水庭園。玉砂利が離宮の池を、緑濃い龍の鬚 が覆う部分が陸地を、そして岩組みが殿舎を象徴しています。

Dsm_1319a

緑の芝、白砂そして石のスッキリ爽やかなこと。素敵ですね。

Dsm_1323a

帰りがけに覗いて撮ってみました。

また桃山の庭の奥の高台にある水石亭では、折々に城南宮や鳥羽・伏見の地に関わりのある特別展を行っています。

Dsm_1327a

城南宮を3回に渡ってお届けしました。
いかがでしたか、城南宮のお庭。このお庭はとっても気に入っています。

 ◆ ブログランキング応援クリックを、毎日の更新の励みに作っています。
          両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ    こちらも → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
-------------------------------------------------------------------

Dsm_1255a

| | コメント (16)

2010年5月20日 (木)

黄昏の大田神社 深泥池

新しく来て下さった方は目次もご覧くださいね。

Jmg_8239a_2
※写真は全て拡大します。

上賀茂神社で葵祭を見た帰り道です。
今年は大田神社のカキツバタを見に行く予定が無かったので、先日過去写真で「大田神社のカキツバタ」を早まって記事にしてしまいました。m(_ _)m

今回は黄昏時に通りがかった大田神社のカキツバタ。枯れて萎れた花の上に新しい鮮やかな花が咲いていました。

Jmg_8182b

カキツバタは「燕子花」、「杜若」とも書き、愛知県の県花。三河国八橋(知立市八橋)が『伊勢物語』で在原業平がカキツバタの歌を詠った場所とされることに由来している。

在原業平が詠んだ歌は以下の通り。

  ら衣 つつなれにし ましあれば
              るばる来ぬる びをしぞ思ふ

Jmg_8175b

紫に白線がスーっと走る杜若。1番花が終り2番、3番の花が咲いているようでした。

Jmg_8183a

同じ場所から1番花、2番花、3番花と花が咲き・・・3度花が楽しめるそうです。

Jmg_8213a

黄昏時 花も幻想的な大田の沢。

Jmg_8216a

Jmg_8209a

灯りが灯った神社の方にお参りを。

Jmg_8234b

Jmg_8223a

本殿にはお神輿が置かれています。

Jmg_8225a

参道脇のせせらぎには、グワッグワッと煩いこと・・・

Jmg_8227a

「タゴガエル」という蛙。写真は去年撮りました。説明は見難いですが拡大して下さい。

Dsi_1635a Jmg_8231a

つつじ越しに大田の沢。

Jmg_8235a

つづいて・・・深泥池です。

Jmg_8241a

白花カキツバタが咲いていました。

Jmg_8242a

もう・・・とっぷり暮れて来ました。

Jmg_8255a

ちょっとうっとおしい日が続いています。

 ◆ ブログランキング応援クリックを、毎日の更新の励みに作っています。
          両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ    こちらも → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
-------------------------------------------------------------------

Jmg_8263a

| | コメント (17)

2010年5月11日 (火)

平等院の藤の花

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。写真は全てクリックで拡大します。

Jmg_6119a_2
※写真は全て拡大します。

5月3日の平等院の藤の花です。2-3日後だったらもっと伸びて、花も開いてフサフサしていたことでしょう。
それにしても房の数が少ないように思います。平等院の藤の花は樹齢200年です。

Dsm_1368b

Jmg_6121b

鳳凰堂も入れて・・・

Jmg_6137a

何度も平等院は記事にしていますので説明はこちらをご覧ください 

Jmg_6114a

Jmg_6077a

藤の花が淋しいので・・・2007年の満開の藤もどうぞこちらです

Jmg_6111a

Jmg_6115a

2-3日後にはもっと伸びて豪華になっていたことでしょう。

Jmg_6126a

Jmg_6109a

Jmg_6113a

拝観時間は5時半までですが、5時にミュージアムは閉まります。

Dsm_1374a

鳳凰堂の扉も閉まってしまって・・・阿弥陀様のお顔を拝むことも出来ません。拝観料は同じだからせめても扉は開けておいてほしいものです。

Jmg_6086a

また阿字池が小さくなったように思うのですが錯覚でしょうか。

Jmg_6095a

ツツジが綺麗に咲いていました。

Jmg_6090a

 ◆ ブログランキング応援クリックを、毎日の更新の励みに作っています。
          両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ    こちらも → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
-------------------------------------------------------------------

Jmg_6116a

| | コメント (15)

2010年5月10日 (月)

三室戸寺のつつじと狛兎

新しく来て下さった方は目次もご覧く ださいね。

Jmg_6002a
※写真は全て拡大します。

5月3日の宇治 三室戸寺です。城南宮に行った後、三室戸寺へ行くことを想定して無かったのですが、行ってしまいました。やはりツツジには早過ぎました。
これで咲きだしたばかりかと思いましたが、帰ってから三室戸寺のHPでこの状態で6-7分咲きと知りました。平戸つつじの満開は6日だったようです。

Jmg_5899a

3日で満開になるとは早いですね。昨日(9日)も綺麗だったようですよ。

Jmg_5912a

まだまだかと思い、来週あたりに出直し・・・なんて甘いことを考えていました。

Jmg_5955a

白い花の大きな木・・・桜じゃないと思いますが・・・目立って綺麗。

Jmg_5965a

Jmg_5959a

満開のツツジ園は今日の「京都*四季のフォト散歩」にしますので見て下さいね。

Jmg_5962a

緑の多いのも優しい感じで、これはこれで良し!!・・ということで。(かなり負け惜しみ)

Jmg_5989a

シャクナゲ園へ。

Jmg_5915a

かなり遠いですが、三重塔がよく見えます。

Jmg_5938a

三室戸寺のある地域は、古来より、菟道(うじ)と称され、宇治の中心地でもありました。仁徳天皇の弟、菟道稚郎子(宇治天皇)が宇治に来た際、兎が道案内したとの伝承もあり、兎と縁があります。※「菟」の字も「うさぎ」と読むのですね。

Jmg_5949a

本堂に何やら新しいものがあります。。気の早いことですが・・・来年は「兎年」ですね。

Jmg_6028a

恥ずかしいことですが、「菟道」は「とどう」と読むとばかり思っていました。確か地元の学校が「とどう」と読むと聞いたようだったから。「うじ」とも読むとは・・・(*´ェ`*)

Jmg_6030a

狛牛さんは・・・勝運祈願の宝勝牛の「牛玉」に触れると勝運に恵まれます。

Jmg_6037a

「狛兎」は、幅60cmの大きな玉を抱いていますが、玉の中に卵型の石があり、それが立てば願いが通じると云われる・福徳兎さんです。・・・初詣が想像できますね。

Jmg_6039a

大手鞠(中手鞠かも)の花が見事に咲いています。この花を見るのも楽しみ。

Dsm_1352a

 ◆ ブログランキング応援クリックを、毎日の更新の励みに作っています。
          両方 クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→  人気ブログランキングへ    こちらも →  にほんブログ村 旅行ブログ 京都

旅行へ
-------------------------------------------------------------------

Dsm_1351a

| | コメント (12)

2010年5月 7日 (金)

霧島つつじ 錦水亭の竹の子会席

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。写真は全てクリックで拡大します。

Jmg_5189a
※写真は全て拡大します。

今日は長岡京市の「錦水亭の竹の子料理」と長岡天満宮の霧島ツツジです。

月に1回、隠れた名所と美味しいものを食べに行く会です。・・・竹の子料理が目的なので霧島ツツジをゆっくり撮影出来ず・・・綺麗に撮れていません。

八条ケ池の霧島ツツジは日当たりの良い北側がほぼ満開。中央、南側が4-5分咲きでした。広々・・・ひろ~い八条ケ池です。(撮影:4月25日)

Jmg_5203a

鳩と鯉がいっぱいいました。 

Jmg_5202a

八条ケ池は、 寛永15年(1638)に当時の領主・八条宮が造るように命じた灌漑用の溜め池です。 外周は約1㎞、貯水量 は約35000トンあるといいます。

Dsm_0866a

満開の北側です。

Jmg_5179a

樹高が約2.5m、樹齢は推定130年前後、市の天然記念物に指定されています。

Dsm_0881a

小ぶりの真っ赤な花です。

Dsm_0878a

日当たりの良い方はこんなに・・・影の方とは違いますね。

Dsm_0879a

去年は満開の時に行って、霧島ツツジをゆっくり撮っています。

是非去年の写真を見て下さい。2009年の霧島ツツジです

Jmg_5196a

目的は錦水亭の竹の子会席です・・・先を急ぎます。

Dsm_0885a

では・・・向こうに見える「錦水亭」に向かいます。竹の子だけのお料理です。

Dsi_0133a

お部屋はここではなかったのですが・・・

Dsm_0818a

錦水亭 たけのこ会席   朝堀りの竹の子です。

Jmg_5032a

① 木の芽あえ お造り

Dsm_0824a

② 若竹のすまし汁

Jmg_5036a

③ じきたけ  巨大なのが2切れ入っています。1切れしか食べれませんでした。

Jmg_5038a

④ 田楽

Dsm_0828a

⑤ 蒸したけ  たけのこ、蓬麩、貝柱を入れた桜色の餅を蒸して、くず餡かけ。

Jmg_5041a

⑥ 天ぷら  (竹の子以外もやっと登場)

Dsm_0842a

⑦ 酢の物

Jmg_5047a

⑧ 竹の子ごはん

Dsm_0843a

⑨ 水物

Jmg_5051a

※月1回の隠れた名所とお昼の会で行きました。
1度は食べてみたかった錦水亭の竹の子会席ですが、やはりお高い(高過ぎる!)。
                  ・・・話の種になら良いかも知れませんね。
  1.2000円の「松」のお料理です。
    他に・・・ 竹(15000円)、梅(18000円)、菊(20000円)
錦水亭
〒617-0824 京都府長岡京市天神2丁目 TEL:075-951-5151(代) 

Jmg_5091a

食事が終って、長岡天満宮へ。長岡天満宮の記事はこちらをご覧ください

Jmg_5101a

ちょうどお祭りでした。

Jmg_5122a

グループ行動だったので、見学する時間はあまりなくて次の乙訓寺に向かいました。
霧島ツツジももっと撮りたかったのですがちょっと残念でした。

 ◆ ブログランキング応援クリックを、毎日の更新の励みに作っています。
          両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ    こちらも →  にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
-------------------------------------------------------------------

Jmg_5187a

| | コメント (17)

2010年5月 2日 (日)

乙訓寺 牡丹寺

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。写真は全てクリックで拡大します。

Dsm_0923a
※写真は全て拡大します。

都が平城京から平安京に移るまでの10年間、長岡京はここ乙訓にありました。
わずか10年で都は京都に移ることになりますが、乙訓寺は長岡京が廃都となっても大規模な伽藍を擁し、室町時代でも10を越す僧坊があったといいます。

現在、豊山派総本山である長谷寺より2,000株の牡丹が移植されました。

乙訓寺(おとくにでら)  山号:大慈山 真言宗豊山派 
寺伝によれば推古天皇の勅命により聖徳太子が建立したと言われている古刹です。
約1200年前、日本密教の原点をつくった弘法大師空海と伝教大師最澄との最初の出会いがこの乙訓寺。日本の仏教が大きな発展を遂げる要因をつくったところです。
 京都府長岡京市今里3-14-7  場所はここです

Jmg_5254a

創建の正確な事情や時期は未詳ですが、発掘調査の結果では・・・設計には法隆寺と同じ高麗尺が使われており、境内出土の瓦の年代からも長岡京造営以前、奈良時代の創建と推定されています。

Jmg_5273a

延暦3年(784)に桓武天皇が長岡京を造営した翌年(785年)9月23日夜、建都の長官・藤原種継が暗殺されました。
暗殺事件の首謀者の嫌疑をかけられた早良親王(桓武天皇の実弟で、皇太子)が幽閉監禁されたのがこの乙訓寺です。

Dsm_0940a

身の潔白を示すため早良親王は断食されましたが10余日後、流罪処分となり淡路島に護送途中、淀川べりで絶命、遺骸はそのまま送られ、淡路に葬られました。

Dsm_0915a

その後、天皇の母、皇后の死、皇太子の重病が続き、悪疫の流行、天変地異が発生しました。朝廷は事件15年後に早良親王を復権、「崇道天皇」と追号し、陵墓を奈良に移すなど措置を講じました。

Dsm_0936a

「崇道神社」の記事はこちらです

Jmg_5352a

全国至るところにある「御霊神社」は早良親王の怨霊を鎮めることが元になっています。

Dsm_0950a

御霊神社(上御霊神社)は何度も記事にしていますがこちらをどうぞ

応仁の乱・勃発の地 上御霊神社こちらをどうぞ

Dsm_0969a

弘法大師の乙訓寺別当就任は「宮廷が祟りを恐れ、弘法大師の祈祷の効験に期待した」という説もあります。

Jmg_5348a

乙訓寺は永禄年間(1558~1569年)信長の兵火により一時衰微したましたが、元禄6年(1693)五代将軍綱吉は、堂宇を再建して乙訓寺法度をつくり寺領を寄せ徳川家の祈願寺としました。

Dsm_0917a

御衣黄桜がまだ咲いていました。花の色は終盤・・・ピンクになっていました。

Dsm_0909a

去年の乙訓寺の記事はこちらです

Jmg_5285a

この日は5分咲き、ちょうど今が牡丹の見頃だと思います。

Dsm_0964a

Jmg_5308a

日限地蔵尊 どこかでも見た記憶があるのですが・・・決まった日をお願いするよう。

Dsm_0960a

絵馬に描かれているのは・・・お面でしょうか? 変ってますね。

Dsm_0959a

日よけの白い傘がさわやかです。

Dsm_0939a

本堂で一休み・・・o(*^▽^*)o

Dsm_0937a

「目次」を追加・見直しをしています。以前の記事を見るのも楽しいものです。

どうぞ・・・皆様もこのブログで京都散策して下さいね。

 ◆ ブログランキング応援クリックを、毎日の更新の励みに作っています。
          両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ    こちらも →  にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
-------------------------------------------------------------------

Dsm_0905a

| | コメント (16)

2009年7月 9日 (木)

二条城 さつきの清流園

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。写真は全てクリックで拡大します。

Dsi_4357a

今日は二条城の最終。さつき満開の清流園です。

清流園は面積約5000坪で池泉廻遊式山水園と芝生の広場からなっています。

Dsi_4385a

この庭園は高瀬川の一之舟入のところにあった約300坪の歴史を持つ角倉了以の屋敷の一部と、名園であった庭園の池石約800個、庭木等を無償で譲りうけ、更に全国から集めた銘石、篤志家より寄贈を受けたものなど300個を加えて昭和40年に完成したものです。高瀬川の一之舟入の角倉了以別邸跡庭園こちらです

Imr_2824a

東半分が芝生を敷き詰めた洋風庭園、西半分は二棟の建物を含めた池泉回遊式山水園(和風庭園)からなる和洋折衷庭園です。

Dsi_4363a

また、お城祭りや結婚式など観賞するだけでなく実用的な庭。園内にはお茶室の和楽庵や香雲亭もあります。

Dsi_4352a

Dsi_4359a

和楽庵

Imr_2808a

Imr_2803a

香雲亭でお茶を一服。

Dsi_4326a

香雲亭から。

Imr_2784a

Imr_2785a

本丸に行く時に渡った橋が見えます。

Dsi_4343a

桜の頃、そして秋も・・・

Dsi_4403a

次は枝垂桜を見に来たいと思います。

Dsi_4399a

ああ、やっと二条城が終わりました。(まだ1回分はありますが、止めときます)

二条城は見応えがありますよ。拝観料は他より割高の600円ですが、二の丸御殿も全て込みです。世界遺産ですし。

ブログランキング応援クリックが更新の励みになっています。宜しく。m(_ _)m
 --------------------------------------------------------------
    是非よろしく→   こちらも是非 → にほんブログ村 旅行ブログへ
  ----------------------------------------------------------------

Dsi_4306a

| | コメント (14)

2009年5月19日 (火)

大原 三千院と石楠花

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。写真は全てクリックで拡大します。

Dse_1829a

石楠花と三千院の往生極楽院。春には無くてはならない景色です。・・・ね。
今年は見に行けませんでしたが、最高の季節に行った時の写真を紹介します。宸殿から見る往生極楽院は人もアクセントになるくらいで、スッキリしています。

このブログは過去記事も見やすいよう目次にして右サイドバーで何時でも見れるようにしていますが・・・案外見てくださる方は少ないようで・・・

・・・これ幸いに・・・昨年の写真の再登場です。

Dse_1832a

三千院の代表的な風景・・・きっとポスターでお馴染みでしょうね。

Dse_1823a

縁先に出て・・・ここから見るのも良いでしょ。

Dse_1861a

Dse_1841a

今日は三千院の説明は省いています・・・手抜きの上手抜きです。m(_ _)m

Imm_0312a

宜しかったら昨年の大原の記事を御覧下さいね。説明とタップリ写真が入っています。

Dse_1874a

この写真も確か・・・「旅の友」に使われたんじゃなかったかしら。他にも幾つか三千院の写真の申し出があって・・・使われています。

Imm_0322a

わらべ地蔵さん。

Imm_0362a

三千院は苔の美しさも素晴しいです。

Imm_0503a

皆さんが見てらっしゃるのは「聚碧園」

Imm_0268a

緋毛氈に誰もおられないなんて・・・奇跡的。

Dse_1772a

Imm_0270a

格子が入ると違った感じ。

Imm_0265a

暫く大原に行ってません。
ちょっと淋しいなあと思い、今日の三千院の記事にしました。

ブログランキング応援クリックが、毎日の更新の励みになっています。
          両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
 --------------------------------------------------------------
    是非よろしく→   こちらも是非 → にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
 --------------------------------------------------------------

Dse_1792a

| | コメント (18)

2009年5月18日 (月)

バラが満開 植物園

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。写真は全てクリックで拡大します。

Dsi_2204a

葵祭りを見終わった後に行った植物園。バラの花が満開でした。

バラの棚の花が揃って綺麗に咲いている時に来た事が無くて。。。今日は白い棚に咲く蔓薔薇を集めてみました。

この赤い薔薇は見たことはあるのですが、他は枯れている事が多くて。

Dsi_2221a

白い棚に白い花・・・

Dsi_2224a

爽やか・~♪

Dsi_2200a

葉っぱの影が可愛くて。

Dsi_2227b

Dsi_2210a

今バラ園は真っ盛りです。

Dsi_2207a

ここでかなり日焼けしたかも。

Dsi_2171a

Dsi_2223a

バラ園に来ると楽しみなのがマチルダを見ることです。

Dsi_2178a

キツイ日射しが、ちょっと可哀そう。

Dsi_2181a

これはフリージアっていうバラです。

Dsi_2189

植物園から見える比叡山って・・・形が良いでしょ。

Dsi_2214a

噴水の回りにあったチューリップはスッカリ無くなり、マリーゴールドなど夏の苗が植え揃っていました。

Dsi_2139b

青空に向かって・・・青空と白い雲が初夏の輝き。

Dsi_2145a

今日はバラの棚ばかりになりましたが、白い棚にレンガ、そして緑の葉っぱと綺麗な花。。。この下のベンチに座って一息いれるのが植物園での楽しみです。

ブログランキング応援クリックが、毎日の更新の励みになっています。
          両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
 --------------------------------------------------------------
    是非よろしく→   こちらも是非 → にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
 --------------------------------------------------------------

日陰にならないのが残念。

Dsi_2211a

| | コメント (19)

その他のカテゴリー

2012 祇園祭 | 2013 2014 祇園祭 | 2015 紅葉 1 | 2015 紅葉 2 | 2015 紅葉 3 | 2015 紅葉 4 | 2015 紅葉 5 | 2015~ 祇園祭 | 2016 桜 1 | 2016 桜 2 | 2016 桜 3 | 2016 雪景色 1 | 2016~ 葵祭 | You tube 1 | You tube 2 | You tube 3 | You tube 4 | You tube 5 | You tube 6 | ■ 写真掲載 当ブログ紹介■ | ■ 写真掲載 当ブログ紹介 2 ■ | ■散策・00' 京都駅 壬生界隈 五条  | ■散策・00 三条 四条通 先斗町 | ■散策・01 ◆東山七条 博物館 三十三間堂 | ■散策・02 ◆博物館~六波羅蜜寺 大和大路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 2 | ■散策・04 ◆清水寺~三年坂~ 高台寺 | ■散策・05 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ■散策・06 ◆ねねの道 石塀小路 八坂神社 | ■散策・07 祇園 柳の白川他 Gion | ■散策・08 ◆八坂神社 円山公園~平安神宮 | ■散策・09' 知恩院  | ■散策・09 青蓮院 | ■散策・10 平安神宮 四季 Heian shrine | ■散策・11 東大路通 聖護院界隈 | ■散策・11' 美術館 岡崎界隈 | ■散策・12 ◆平安神宮~南禅寺~永観堂 | ■散策・14 ◆哲学の道 (疏水沿い) | ■散策・15 ◆哲学の道 (寺院) | ■散策・17 真如堂の四季  | ■散策・19 鴨川 賀茂川 高野川 | ■散策・20 西陣 他市中の寺院 | ■散策・21 右京区 法金剛院 松尾大社 | ■散策・23 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 | ■散策・24 詩仙堂・曼殊院・比叡山麓 | ■散策・25 大原 八瀬 (紅葉は別) | ■散策・26 比叡山と延暦寺 | ■散策・27 鞍馬山~貴船 | ■散策・28 鷹峯 西賀茂 (紅葉は別) | ■散策・29 上賀茂神社 社家 深泥池 | ■散策・30 嵐山 太秦 Arashiyama | ■散策・31 嵯峨野 鳥居本 化野 | ■散策・32 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策・33 山科 醍醐 | ■散策・34 伏見 | ■散策・35 宇治 宇治の社寺 | ■散策・36 大山崎 大原野 西山 | ■散策・37 八幡 加茂町 城陽 府下 | ■散策・38 他県 海外  | ■散策1 出町・三角州 川端通り 鳥 | ■散策1 北白川 疏水も | ■散策1 平安京 聚楽第 | ■散策1 御所周辺 梨の木神社 他 | ■散策1 烏丸・六角堂あたり | ■散策1 狸谷山 | ■散策1 祇園以北 東山 | ■散策1 西陣 市中 | ■散策2’ 醍醐 山科 | ■散策2 ねねの道 八坂神社 石塀 | ■散策2 三尾(高雄 槙尾 栂尾)  | ■散策2 三年坂 二年坂 | ■散策2 三条 四条 木屋町 新京極 | ■散策2 京都駅 界隈 | ■散策2 伏見 酒蔵 | ■散策2 八幡市 加茂町 他府下 | ■散策2 北白川 疏水 | ■散策2 哲学の道 (寺院編) | ■散策2 哲学の道 (道編) | ■散策2 大原 八瀬 Ohara | ■散策2 宇治 uji | ■散策2 岡崎公園 疏水 三条通り北 | ■散策2 嵐山 渡月橋 太秦 Arashiyama | ■散策2 嵯峨野 鳥居本 | ■散策2 祇園白川 柳の白川 Gion | ■散策2 西山 大山崎 大原野 | ■散策2 西陣 市中 | ■散策2 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | ■散策2 鷹峯 西賀茂 | ■散策3 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策3 伏見 酒蔵 | ■散策3 宇治 | ■散策3 嵐山 渡月橋 太秦  | ■散策3 嵯峨野 鳥居本 | ■散策3 祇園白川 柳の白川 | ■散策3 西陣 市中 | ■散策3 醍醐 山科 | ■散策4 伏見 酒蔵 | ■散策4 醍醐 山科 | □ 2008 宵山 祇園祭 | □ 2008 宵山 祇園祭 2 | □ 2009 桜 1 | □ 2009 桜 2 | □ 2009 桜 3 | □ 2009 桜 4 | □ 2009 桜 5 | □ 2009 紅葉 1 | □ 2009 紅葉 2 | □ 2009 紅葉 3 | □ 2009 紅葉 4 | □ 2009 紅葉 5 | □ 2010 桜 1 | □ 2010 桜 2 | □ 2010 桜 3 | □ 2010 桜 4 | □ 2010 桜 5 | □ 2007 祇園祭 | □1 【桜 花】 右京区 嵐山 嵯峨野 | □2 【桜】 御所 市中 賀茂川 高野川 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い | □4 【桜 花】 東山(南) 円山 伏見区 宇治 | □4' 【夜桜】 祇園 高瀬川 他 Gion | □5 【紅葉 2】 吉田山 東山 | □5 【紅葉】 吉田山 東山 | □5' 【紅葉】 哲学の道 寺院も | □6 【紅葉】 嵐山 嵯峨野 洛西 | □6' 【紅葉】 大徳寺 など | □7 【紅葉】 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | □7' 【紅葉 2 】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □7' 【紅葉】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □8 【紅葉】 伏見 宇治 | □8' 【紅葉】 鷹ヶ峰 上賀茂 北区 上京区 | □9 【紅葉】 大原 古知谷 八瀬 | □9'【雪の日】 洛北 洛東 | □9'【雪の日】 洛西 | □ 【紅葉】 市中 下鴨神社 | □ 桜 2 右京 西陣 嵐山 西山 | □ 桜 2 哲学の道 洛北 | □2【雪の日】 洛北 洛東 | □2【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □3【雪の日】 洛北 洛東 | □3【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □4【雪の日】 洛北 洛東 | □5【雪の日】 洛北 洛東 | ○ 1 京都御苑とその界隈 Imperial Palace | ○ 2 仙洞御所 (特別参観) | ○ 3 桂離宮 (特別参観) | ○ 1 京都御所(特別参観)Imperial Palace | ○ 1 桂離宮 Katsura Imperial Villa | ○ 2 南禅寺・塔頭・水路閣 | ○ 2 天龍寺 塔頭 | ○ 2 建仁寺 塔頭 | ○ 2 東福寺 塔頭 | ○ 3 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace | ○ 3 東福寺 塔頭 | ○ 4 東福寺・塔頭 | ○ 5 東福寺 塔頭 | ○0 京都五山 別格 南禅寺・ 塔頭 水路閣 | ○1 京都五山 第一位 天龍寺・ 塔頭 | ○2 京都五山 第二位 相国寺 | ○3 京都五山 第三位 建仁寺 | ○4 京都五山 第四位 東福寺・ 塔頭 | ○5 京都五山 第五位 万寿寺 | ○1 修学院離宮 | ○2 修学院離宮 | ● 1 法然院の四季 | ● 2’ 下鴨神社の四季 | ● 2 上賀茂神社 社家 深泥池 | ● 2 泉涌寺と界隈 | ● 2 法然院の四季 | ● 2 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ● 2 真如堂の四季 | ● 3 泉涌寺と界隈 | ● 二条城と近辺 Nijo-jo Castle | ● 伏見稲荷大社 | ● 北野天満宮 上七軒 | ● 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 大覚寺 大沢の池 | ● 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 | ● 御室 仁和寺 | ● 智積院 | ● 東寺 塔頭 界隈 | ● 東本願寺 | ● 泉涌寺と界隈 | ● 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 1  | ● 西本願寺 | ● 西本願寺 2 | ● 金閣寺 Kinkakuji Temple | ● 銀閣寺 Ginkakuji Temple | ● 黄檗山 萬福寺 | ● 龍安寺 等持院 | ● 1 下鴨神社の四季 | ● 2 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 2 大覚寺 大沢の池 | ● 2 平安神宮 四季 Heian shrine | ● 2 東寺 塔頭 界隈 | ● 3’ 下鴨神社の四季 | ● 3 上賀茂神社 社家 深泥池 | ★ 2010 紅葉 1 | ★ 2010 紅葉 2 | ★ 2010 紅葉 3 | ★ 2010 紅葉 4 | ★ 2010 紅葉 5 | ★ 2010 紅葉 6 | ★ 2011 紅葉 1 | ★ 2011 紅葉 2 | ★ 2011 紅葉 3 | ★ 2011 紅葉 4 | ★ 2011 紅葉 5 | ★ 2011 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 1 | ★ 2012 紅葉 2 | ★ 2012 紅葉 3 | ★ 2012 紅葉 4 | ★ 2012 紅葉 5 | ★ 2012 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 7 | ★ 2012 紅葉 8 | ★ 嵐山・花灯路 2 | ★ 2011 桜 1 | ★ 2011 桜 2 | ★ 2011 桜 3 | ★ 2011 桜 4 | ★ 2012 雪景色 1 | ★ 2012 雪景色 2 | ★ 2011 雪景色 1 | ★ 2011 雪景色 2  | ★ 2011 雪景色 3 | ★ 2011 雪景色 4 | ★ 2013 雪景色 1 | ★ 2013 雪景色 2 | ★イベント情報 | ★ライトアップ寺院 お祭り | ★東山・花灯路 2 | ★東山・花灯路 3 | ☆ 2012 桜 1 | ☆ 2012 桜 2 | ☆ 2012 桜 3 | ☆ 2012 桜 4 | ☆★ 2015 桜 1 | ☆★ 2015 桜 2 | ☆★ 2015 桜 3 | ☆★ 2015 桜 4 | ☆☆2015 雪景色 1 | ☆☆2015 雪景色 2 | ☆ 2013 桜 1 | ☆ 2013 桜 2 | ☆ 2013 桜 3 | ☆ 2013 桜 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 1 | ☆ 2013 秋 紅葉 2 | ☆ 2013 秋 紅葉 3 | ☆ 2013 秋 紅葉 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 5 | ☆ 2014 桜 | ☆ 2014 秋 紅葉 1 | ☆ 2014 秋 紅葉 2 | ☆ 2014 秋 紅葉 3 | ☆ 2014 秋 紅葉 4 | ☆ 2014 雪景色 1 | ☆ 2014 雪景色 2 |  時代祭 1 |  1  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  1 三千院 |  1 京の山を歩く |  1 京大・界隈 |  1 京懐石 普茶料理 他 |  1 京都の大学を訪ねて |  1 京都の教会 |  1 京都の眺望 |  1 京都クイズ 壁紙・投票 |  1 伏見 御香宮神社 |  1 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  1 写真集 話題 |  1 吉田山 散策 |  1 周山 美山 北山 京都北部 |  1 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂 |  1 壁紙 Wall Paper |  1 大文字山 五山送り火 |  1 寺町通り (出町から北) |  1 平等院 |  1 庭 夢想国師の庭 |  1 庭 小堀遠州の庭 |  1 庭 小川治兵衛の庭 |  1 庭 相阿弥の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 2 |  1 庭 重森三玲の庭 3 |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅰ (北部) |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅱ (東部) |  1 庭園めぐり・・・洛西 Ⅰ (北部) |  1 手づくり市 |  1 植物園 花だより |  1 空 犬・猫・鳥 その他 |  1 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  1 車窓から |  1 近代建築を訪ねて |  1 高台寺 圓徳院 |  2  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  2 ご挨拶 |  2 三千院 |  2 京の川 鴨川 桂川 高野川 |  2 京大・界隈 |  2 京都の眺望 |  2 京都御苑 御所 Imperial Palace |  2 他府県 |  2 仙洞御所 |  2 伏見 御香宮神社 |  2 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  2 伏見稲荷大社 摂社 |  2 会席 甘党 |  2 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  2 出町 三角州 川端通り |  2 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  2 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  2 吉田山 散策 |  2 周山 美山 北山 京都北部 |  2 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂など |  2 大文字山 五山送り火 |  2 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  2 寺町通り (出町から北) |  2 平等院 |  2 御室 仁和寺 |  2 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  2 智積院 |  2 東大路通 丸太町通 聖護院 |  2 東山七条 三十三間堂 |  2 松尾大社 梅宮神社 苔寺 |  2 植物園 北山 |  2 比叡山 延暦寺 |  2 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 |  2 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  2 滋賀県 福井県 奈良県など近県 |  2 知恩院と界隈 |  2 空 鳥 猫 犬 |  2 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  2 西本願寺 |  2 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  2 蹴上まで |  2 車窓から |  2 近代建築 |  2 銀閣寺 |  2 青蓮院 将軍塚 |  2 鞍馬 貴船 |  2 高台寺 圓徳院 |  2 龍安寺 等持院 |  3 ねねの道 八坂神社 石塀小路 |  3 三条 四条 木屋町 新京極 |  3 京の川 |  3 京都駅界隈 壬生 他 |  3 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  3 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  3 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  3 出町 三角州 川端通り |  3 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  3 南禅寺 塔頭 水路閣 |  3 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  3 吉田山 散策 |  3 哲学の道 寺院 |  3 哲学の道 疏水沿いの道 |  3 大原 宝泉院 勝林院ほか |  3 大徳寺 今宮神社 船岡山 |  3 大覚寺 大沢の池 |  3 天龍寺 塔頭 |  3 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  3 寺町通り (出町から北) |  3 岡崎公園 岡崎疏水 |  3 平安神宮の四季 |  3 建仁寺 塔頭 |  3 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  3 智積院 |  3 東大路通 丸太町通 聖護院 |  3 東寺 塔頭 界隈 |  3 東山七条 三十三間堂 |  3 植物園 北山通り |  3 比叡山 延暦寺 |  3 清水寺の四季 |  3 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  3 真如堂の四季 |  3 空 犬 猫 鳥 |  3 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  3 西山 大山崎 大原野 |  3 西陣 市中 |  3 西陣 白峰神宮ほか |  3 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  3 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  3 近代建築 |  3 青蓮院 将軍塚 |  3 鞍馬 貴船 |  3 食事 懐石 甘党 |  4 三条 四条 木屋町 新京極 |  4 上賀茂神社 深泥池 他 |  4 下鴨神社の四季 |  4 京の川  |  4 京都駅 界隈 |  4 伏見 稲荷 藤の森 鳥羽 |  4 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  4 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  4 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  4 南禅寺 塔頭 水路閣 |  4 吉田山 散策 |  4 大覚寺 大沢の池 |  4 天龍寺と塔頭 |  4 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  4 宇治 |  4 岡崎公園 岡崎疏水 |  4 嵐山 渡月橋 保津川 |  4 嵯峨野 鳥居本 |  4 平安神宮の四季 |  4 建仁寺 塔頭 |  4 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace |  4 比叡山 延暦寺 |  4 泉涌寺 その界隈 |  4 真如堂の四季 |  4 空 犬 猫 鳥 |  4 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  4 西陣  |  4 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  4 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  4 鞍馬 貴船 |  4 食事 懐石 甘党 |  5 下鴨神社の四季 |  5 京の川  |  5 伏見 酒蔵 濠川 |  5 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  5 南禅寺 塔頭 水路閣 |  5 吉田山 散策 |  5 宇治 |  5 嵐山 渡月橋 保津川 |  5 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  5 御所(京都御苑) 四季 |  5 真如堂の四季 |  5 空 犬 猫 鳥 |  5 糺の森 河合神社 |  5 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  5 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  5 醍醐 山科 |  6 下鴨神社の四季 |  6 京の川  |  6 吉田山 散策 |  6 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  6 御所(京都御苑) 四季 |  6 東福寺 塔頭 |  6 糺の森 河合神社 |  6 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  6 醍醐 山科 |  7 下鴨神社の四季 |  7 京の川 |  8 京の川 | おみくじ お守り | ご挨拶 | その他 | 一休寺 京田辺市 | 京都めぐり 1 | 京都めぐり 2 | 京都めぐり 3 | 京都めぐり 4 | 京都めぐり 5 雪特集 | 京都めぐり 6 | 京都めぐり 7 | 光明院の四季 1 (東福寺・塔頭) | 光明院の四季 2 (東福寺・塔頭) | 嵯峨野 竹林 1 | 携帯・デジカメ | 松ヶ崎疏水 春秋 | 滋賀県 琵琶湖 福井県など近県 | 石峰寺 (五百羅漢・伊藤若冲) | 祇園祭 2009 2010 | 祇園祭 2011 | 祇園祭 2011 2  | 祭 行事 ライトアップ 冬 1 | 祭 行事 ライトアップ 冬 2 | 祭 行事 ライトアップ 冬 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 1 | 祭 行事 ライトアップ 夏 2 | 祭 行事 ライトアップ 夏 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 4 | 祭 行事 ライトアップ 夏 5 | 祭 行事 ライトアップ 夏 6 | 祭 行事 ライトアップ 春 1 | 祭 行事 ライトアップ 春 2 | 祭 行事 ライトアップ 春 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 1 | 祭 行事 ライトアップ 秋 2 | 祭 行事 ライトアップ 秋 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 4 | 祭 行事 ライトアップ 秋 5 | 花の京都 初夏 1 | 花の京都 初夏 2 | 花の京都 初夏 3 | 花の京都 初夏 4 | 花の京都 初夏 5 | 花の京都 初夏 6 | 花の京都 初夏 7 | 花の京都 夏 1 | 花の京都 夏 2 | 花の京都 夏 3 | 花の京都 夏 4 | 花の京都 夏 5 | 花の京都 新緑 青もみじ 1 | 花の京都 新緑 青もみじ 2 | 花の京都 春 1 | 花の京都 春 2 | 花の京都 春 3 | 花の京都 春 4 | 花の京都 春 5 | 花の京都 春 6 | 花の京都 秋 1 | 花の京都 秋 2 | 花の京都 秋 3 | 著作権 | 葵祭 1 | 葵祭 2