2 伏見 稲荷 藤森 鳥羽

2013年6月26日 (水)

瑞光寺 銭洗弁財天 

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Jmm_3121b
※写真は全てクリックで拡大します。

先日、伏見の深草あたりを廻りました。お寺の数はかなりありますね。
石峯寺は何度も訪れているし、五百羅漢は撮影禁止になったままかも知れないし・・・宝塔寺、七面大明神から南に藤森神社まで地図を頼りに歩きました。

今日は「瑞光寺」(元政庵)、その境内にある「白龍銭洗弁財天」 地図です

Amm_0808a

瑞光寺(元政庵) 日蓮宗 身延山久遠寺派  山号:深草山(じんそうざん)
もと極楽寺薬師堂の旧跡で、応仁の乱により荒廃していたが、明暦元年(1655)、元政上人が日蓮宗の寺とし草庵を結び、瑞光寺と名付けたといわれています。
寛文年間(1661-73)に堂舎を建立、法華道場となりました。

Jmm_3079a

上人は、京都に生まれ、俗名石井吉兵衛と称し、彦根藩に仕えた武士であったが、後に出家してここに草庵を建て、父母を引き取って孝養に努め、学者、文人、又は孝子として知られるようになりました。
寛文7年(1667)、母親の死の直後に46才で没した。上人の墓は、境内の西隅にあり、遺命によって竹を三本立てただけの簡素なもの。  

元政の出家は、江戸吉原の高尾太夫の死によるというエピソードから縁切り祈願の信仰があります。

Jmm_3082a

南蛮人蒔絵交椅、大般若経第二四六(いずれも重文)など。

Amm_0820a

本堂の寂音堂(じゃくおんどう)

Amm_0824a

寂音堂は、丸みを帯びた萱葺屋根の建物で、寛文元年(1661)に建立。 

Jmm_3117a

堂内に安置する本尊釈迦如来座像は、中正院日護の作で、胎内に法華経一巻及び五臓六腑を形作ったものが納められています。

Jmm_3116a

寂音堂

Amm_0827a

毎年3月18日には「元政忌」が行われ、上人の遺品等が公開されます。

Amm_0853a

鐘楼

Amm_0826a

梵鐘

Jmm_3122a

大きな枝垂れ桜の向こうに寂音堂。紫陽花が少し咲いていました。

Amm_0842a

Jmm_3088a

Jmm_3102a

Amm_0844a

帰り道での紹介になりますが、門を入った所にあるのが・・・

Jmm_3124a

白龍銭洗弁財天(左)

Jmm_3080a

「銭洗い」・・・ってスゴイ名前。

Jmm_3125a

白龍銭洗弁財天
財運、金銭運などの御利益ある白龍銭洗弁財天。辰の日、巳の刻に龍神様から流れ出る水でお金を洗い、ご神体袋に入れて持つと金運アップ。

Amm_0857a

 ザルの中にお金(千円、五千円、一万円など)を入れ、龍神の神体から出る水で願い事をお祈りし、お金を洗います。その後、紙などで乾くまで挟み、乾けば紙幣を折りたたみ、ご神体袋に納めます。神体袋は財布などに入れて大切にします。龍神様のご利益により、財運、金銭運、福などの幸運を授かることが出来ます。また、浄財袋のお金と入れ替えるとさらにご利益を得ることが出来ます・・・(つづきは拡大して読んでくださいね)

Amm_0855a

お札を洗って・・・って、凄く現実的なお願いですね。何倍かになってかえって来るのでしょうか・・・だとしたら多い方が・・・万札うん十枚が良いのかしら?! w(゚o゚)w

Amm_0856a

また雨の予報が出ているので昨日も少し撮りに行ってました。たくさん溜まりました。梅雨の時期の更新もこれでOKです・・・( ´艸`)プププ

更新の励みになります。ランキングの応援を宜しく。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amm_0848a

| | コメント (2)

2013年6月25日 (火)

伏見街道 第四橋と 誠心寺

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Amm_0948a
※写真は全てクリックで拡大します。

緑が溢れているっていいですね・・・
藤森神社に行く道すがら「伏水街道 第四橋」と刻まれた石橋に来ました。

伏見街道には東山の山麓から流れる川に対して、北から一ノ橋、二ノ橋、三ノ橋、四ノ橋と4本の橋が架けられました。

明治6年架橋の三ノ橋(伏水街道 第三橋)と四ノ橋(伏水街道 第四橋)は、今なお現役で、京都市内では貴重な石造アーチ橋です。

Amm_0937a

そういえば、伏見人形のお店「丹嘉さん」を紹介した記事に「伏水街道 第二橋」「伏水街道 第三橋」を撮っていました。その記事はこちらです

Jmm_3236a

梅雨らしく雨の降った後だったので、川にも水が流れ潤いがあります。

Amm_0954a

西側の欄干の横、七瀬川沿いにあるのが浄土宗・誠心寺

Jmm_3220a

中に入らせていただきます。地図です

Jmm_3235a

本堂の屋根の鬼瓦の立派さに驚き・・・

Jmm_3224a

Amm_0951a

Amm_0952a

Jmm_3222a

もしかしたらと川の方を見てみると・・・素敵な風景が。緑の向こうにアーチの橋です。

Jmm_3234a

伏見街道 (伏水街道)
豊臣秀吉が、関白を辞し伏見に居を移すにあたって、天正年間あるいは文禄年間に京と伏見を結ぶ道として開いたといわれている。その北端には東山大仏(方広寺)が、南端には伏見城があった。全長およそ6km。
江戸時代の伏見は交通の要衝であり、京と伏見の間の物資の運搬路として、この伏見街道に並行して、陸路の竹田街道や、水路の高瀬川水運が開かれた。
稲荷神社(現在の伏見稲荷大社)をはじめ沿道に名所が多いこの道は、観光の道として旅人の往来が多く、沿道には京から伏見に掛けて家屋が連担し、にぎわいを見せた。
また伏見から深草藤森神社までは西国大名の参勤交代の道ともなりました。

Amm_0949a

この「四ノ橋(伏水街道 第四橋)」は、下に流れている七瀬川が蛇行して流れていたため流れに対し斜めに架けられる形となったことから「直違橋(すじかいばし)」とも呼ばれます。まん丸の綺麗なアーチの橋です。

Jmm_3233a

一ノ橋から三ノ橋は比較的近接しているが、四ノ橋は比較的南の方に離れています。

Jmm_3238a

現在の伏見街道は、都市間交通の役割を約1km西に並行する竹田街道などに譲って、地域の生活道路となっており、北側にある東山区あたりでは、本町通、南側にある伏見区深草あたりでは直違橋通(すじかいばしどおり)と呼ばれる。また、京阪本線が並行して走っている。

Amm_0963a

誠心寺に入らなければアーチの橋を見ることは無かったし・・・この日、もう1ヶ所勇気を出してお願いしなければ見れなかった素晴らしいお庭を撮影できたし・・・この調子で少しは頑張ってみようかな。
暫くのあいだ撮りに行って無かったのですが、久しぶりに京都の町を撮り歩いて・・・なかなか良いもんだなあと再確認。
記事作りの「カン」「楽しさ」みたいなのも甦ったことなので、更新ボチボチ頑張ってみます。ランキング・ポイントが凄く下がってしまいました。応援宜しくお願いします。

更新の励みになります。ランキングの応援を宜しく。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

「第三橋」をもう一度。この橋もアーチらしいですが、全然意識していませんでした。

Dsd_2843a

| | コメント (6)

2013年2月 6日 (水)

北向山不動院  

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から更新

Amk_6516a
※写真は全てクリックで拡大します。

安楽寿院のすぐ先にある北向山不動院。一般に北向不動の名で親しまれています。  

興教大師が鳥羽天皇の病気平癒を祈願した際に不動明王が出現、回復した天皇の勅命により、興教大師が開山した勅願寺です。

Amk_6517a

北向山不動院 (きたむきざんふどういん) 
天台宗の単立寺院。 山号は北向山。
大治5年(1130)、鳥羽上皇の勅願により鳥羽離宮内に創建され、興教(こうきょう)大師を開山としたのが当寺の起こりである。
本尊は大師が自ら仏師康助に刻ませた不動明王(重文)。王城鎮護のため北向に安置した。そのため上皇から北向山不動院の名を賜ったといわれる。久
寿2年(1155)、播磨国 大国の庄を寺領として、藤原忠実が中興に当たった。その後、応仁の乱の兵火などの災害に遭ったが、幸い本尊不動明王は難を逃れた。朝廷の保護も厚く、近世に至って復興した。

  Amk_6517c

鐘楼にかかる梵鐘は二品済深(にほんさいしん)親王の御銘があって、元禄7年(1694)に名越浄味(なごし じょうみ)によって鋳造されたものです。
名越浄味は代々お茶の釜を造って有名でしたが、大仏殿(方広寺)の大鐘を鋳造して梵鐘の方でも有名になりました。

Amk_6519a

Amk_6521a

千手観音、虚空菩薩、文殊菩薩、普賢菩薩

Amk_6512a

境内には十二支守り本尊の石仏などが安置されています。

Amk_6498a

現在の本堂は、正徳2年(1712)、東山天皇の旧殿を移したもの。近畿36不動尊第22番霊場。

Amk_6483a

王城鎮護のため不動明王像は北に向けられていることが「北向山」の名の起こり。

Amk_6488a

「一願の護摩」といい、お不動さんにその願いをきいていただける、といわれる。

Amk_6493a

護摩堂、大護摩厳修道場があります。

Amk_6494b

名前だけは知っていても、詳しいことは知りません・・・ちょうど書かれていましたので、載せておきます。(拡大させて読んでくださいね)

Amk_6485cAmk_6485d

Amk_6485b

境内の石仏

Amk_6503a

Amk_6504a

Amk_6506a

Amk_6505a

洗心水

Amk_6499a

北向不動尊 向こうは薬師如来

Amk_6480a

手前から大日如来、稲荷大権現、山王大権現

Amk_6472a

不動滝

Amk_6473a

Amk_6475a

Amk_6467a

この日は安楽寿院とこちらだけ行って来ましたが、鳥羽・・・まだまだ訪れてみたいところです。

ランキングの応援クリックを宜しく。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amk_6501c

| | コメント (12)

2013年2月 5日 (火)

安楽寿院と鳥羽離宮跡

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から更新。

Amk_6531a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨年秋、特別公開の安楽寿院に行きました。京都の南に位置した鳥羽離宮の東殿に鳥羽上皇が造営した仏堂を起源とする皇室ゆかりの寺院です。

安楽寿院(あんらくじゅいん) 地図はこちら。京都市伏見区竹田中内畑町74
平安時代、平安京の南の鳥羽は南には池が広がり、水鳥が群れる風光明媚な地でした。この池の畔に離宮が造られ、技術の粋を尽くした御殿が建ち並びその美を競っていといいます。この鳥羽離宮の東殿に保延3年(1137)御堂が建てられました。これが安楽寿院で、その名のとおり、浄土教に基づき極楽浄土を希求するため阿弥陀三尊を本尊としています。その後、本御塔、九躰阿弥陀堂、閻魔堂、不動堂、新御塔が次々落慶し一応の完成。当時の寺領は膨大なもので今の茨城県から九州の間に散在し、最盛期には32国63ヶ荘に及んでいました。
その後、南北朝争乱に巻き込まれ寺領の多くを失い、徐々に寺の規模を縮小。桃山時代に豊臣秀吉より近辺の五百石分の寺領はあらためて保証する旨の朱印状を頂戴し、江戸時代も徳川歴代将軍より寺領を安堵され運営されてきました。江戸期には十二院五坊の塔頭を要する学山として多くの学匠を輩出しています。 (安楽寿院のHPより)

鳥羽天皇安楽寿院陵

Amk_6436a

近衛天皇安楽寿院南陵。現在の多宝塔は慶長11年(1606)豊臣秀頼により、片桐且元を普請奉行として再興されたもの。

Amk_6357a

現在の安楽寿院は真言宗智山派。
境内は京都市史跡に指定され、平安時代の三尊石仏、鎌倉時代の石造五輪塔(重文)、冠石が現存し、孔雀明王画像、阿弥陀聖衆来迎図、普賢菩薩画像(いずれも鎌倉時代、重文等)を所蔵しています。

Amk_6361a

安楽寿院は鳥羽伏見の戦いのおりには官軍(薩摩軍)の本営となったところ。

Amk_6363a

書院・庫裏が特別公開されていました。中は撮影禁止の為に門の外から。

寛政7年(1795)の建立。書院と庫裏は同じ建物ですが内部で便宜上分けられています。この建物は元々「前松院」という塔頭寺院であったものです。

Amk_6364a

安楽寿院と鳥羽離宮について詳しくはこちらを読んでくださいね←Wikipedia

Amk_6390b

鐘楼 左は阿弥陀堂 - 本尊阿弥陀如来坐像を安置。昭和34年(1959)建立。

Amk_6395a

大師堂

Amk_6397a

大師堂は慶長元年(1596)の山城、伏見の大地震の時に新御塔が倒壊。そのとき一時しのぎで集めた材料で、建てられました。
弘法大師像を本尊。他に大日如来、薬師如来、聖観音、十一面観音、千手観音、地蔵菩薩、不動明王、歓喜天など旧塔頭の仏様がお祀りされています。

Amk_6405a

Amk_6406a

大師堂、横から

Amk_6414a

Amk_6547a

三宝荒神社

Amk_6546a

Amk_6376b

手水舎と龍 向こうに三如来石仏

Amk_6403a

三如来石仏 (石造三尊像)
釈迦三尊、薬師三尊、阿弥陀三尊と呼ばれる平安時代の3面の石仏で、江戸時代に出土したと伝えられています。
もっとも保存状態のよい阿弥陀三尊像は京都国立博物館に寄託されています。(博物館の前庭に設置)。

Amk_6538a

もろい凝灰岩でできており、昔はこの石仏のお体を削って水で練り子供の顔に塗ると、くさが直るという信仰があったため傷んでいます。

Amk_6539a Amk_6540a

こちらが、国立博物館に置かれているもの。

Jml_8296a

収蔵庫「本御塔」の外からお庭を

Amk_6417a

本阿弥陀如来座像(重文) (ポスター)
鳥羽上皇の念持仏と伝えられている。像高87.6cmの寄木造りの像で、胸の中央に卍が書かれているため、「卍字の阿弥陀」とも呼ばれる。

Amk_6353a

石造五輪塔
鎌倉時代の弘安10年(1287)の年号が刻まれています。高さ3m、(重文)。

Amk_6444a

冠石

Amk_6453a

埋蔵文化財・特別展示場へ 写真撮影・可ですって

Amk_6418a

鳥羽離宮跡
伏見区竹田・中島・下鳥羽。平安時代後期に白河・鳥羽・後白河上皇が造営の離宮があり院政を行ったところ。鳥羽殿とも。東西1.55キロ、南北1キロの広大な敷地に苑池・各殿舎・堂塔が建ち並んでいた。今は安楽寿院、白河・鳥羽・近衛各天皇陵、城南宮、秋の山(築山)を残すのみ。史跡公園。市バス城南宮道すぐ。
城南宮はこちらにたくさん載っています城南宮の記事

Amk_6422a

寒いようで、微妙に暖かいです。雨じゃなく雪になればいいなあ・・・これも微妙で気を持たせてややこしい。

ランキングの応援クリックを宜しく。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amk_6382a

| | コメント (8)

2012年3月18日 (日)

城南宮の摂社 一寸法師と・・・

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Amj_0217a

今日はまた城南宮に戻って・・・

摂社の「唐渡天満宮」に肌色がかったピンクの梅が咲いていました。『唐渡』・・・凄く古い歴史を感じさせますね。

Amj_0221a

この梅の色がとても優しい色でした。

Amj_0218a

花びらに少しフリルがあるみたい、色にもムラがありそう。それがふんわり感なのかな。

Amj_0216a

一寸法師の「しあわせむすび」絵馬が掛かっています。

昔話で親しまれる一寸法師は、お碗の舟に乗って都を目指し、鳥羽の津に着いたと江戸時代のお伽草子に書かれています。この鳥羽の津は城南宮の南にあり、淀川を通って都へ行き来する船の港になっていました。鳥羽は一寸法師の上陸の地なのです。

Amj_0215a

一寸法師幸せになって行く過程で、何度もこの城南宮の地を通り幸せに近づいて行ったであろうことから・・・「しあわせむすび」の絵馬と「しあわせ守り」のお守りがあります。(お守りはこんど撮って来ます)

Amj_0214a

熊野詣出立の地   (城南宮HPより)
平安時代の末になり、紀州の熊野三山に参詣することが一大ブームになりました。出立の前には精進潔斎を重ね、道中の無事を祈り旅立ちました。特に白河上皇や鳥羽上皇は熊野詣の精進所として城南離宮をしばしば選ばれました。ここに7日程籠って身を清め、道中の安全を祈願して、往復一月にも及ぶ信心の旅に出掛けたのです。
また当時の人々の心を捉えた方違えの宿所に城南離宮が選ばれる事も多く、城南宮の方角の災いを除く方除、旅行安全の信仰を見ることができます。

拝殿前の一寸法師

Jmg_5612a

隣りの神社  名前は撮りませんでした。白梅が満開。

Amj_0225a

Amj_0213a

Amj_0204a

真幡寸神社

Amj_0227a

椿の花が鳥居に寄り添って・・・

Amj_0226a

※ブログの残量が少なくなってきて・・・
「写真を拡大させない」ことで減少を留まらせようと思っています。たまに拡大しない写真がありますが、そういうことですのでご理解下さいませ。(過去記事の中でもそういう設定にしているのもあります)

今日も来て下さって有り難うございます。ブログランキングの応援宜しく。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

空に伸びた木々、白梅。

Amj_0224a

| | コメント (14)

2012年3月16日 (金)

城南宮 2 枝垂れ梅 

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。写真は全てクリックで拡大します。

Amj_0134a

城南宮は京都の南の、方除け・厄除け、車のお祓いの神社です。庭園では源氏物語ゆかりの植物も楽しめます。

枝垂れ梅の2回目です。枝垂れ梅の咲く辺りは「春の山」といいます。

Amj_0119b

白梅もたくさん撮ったのですが、気に入ったのが少なくて。

Amj_0092a

城南宮の塀の外から、梅の香りがして・・・外まで香りが・・・ヽ(´▽`)/・・・と驚いたのですが、意外に花の傍では香りが薄かったように思います。
人の熱気に消されたか、それとも枝垂れ梅は香りが薄いのか、私の鼻が悪いのか?

Amj_0145a

椿も枝垂れ梅との美しい饗宴です。

Amj_0164a

春の山とはここでお別れ。

Amj_0165a

平安の庭へ向います。

Amj_0175a

平安時代、貴族の寝殿造りの邸宅は池を備え、遣水という小川が流れていました。

Amj_0184a

平安の庭の遣水で、4月29日と11月3日に王朝の雅の「曲水の宴」が行われます。

Amj_0185a

曲水の宴は平安貴族の装束に身を包んだ歌人が和歌を詠み、短冊にしたため遣水に浮かべ・・・という平安貴族の優雅な宴ですが、まだ行った事はありません。

Amj_0186a

いろいろの事情(昨日記載)で遅れた上に、早く帰らなくてはならなくて・・・

Amj_0194a

わざとらしく置かれた椿は見逃さず。

Amj_0195a

緑の苔には癒されましたが・・・

Amj_0197a

もう一つの庭園(室町の庭・城南離宮の庭・桃山の庭)は見ずに帰りました。残念。

Amj_0199b

この辺りは「一寸法師」と関係があるらしく、可愛い一寸法師の絵馬がかかった神社がありました。またいつか記事にします。(梅の花も綺麗でした)

今日も来て下さって有り難うございます。ブログランキングの応援宜しく。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

昨日のとは違いますよ。(*^-^)

Amj_0149a

| | コメント (10)

2012年3月15日 (木)

城南宮の枝垂れ梅 1 

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Amj_0129a_2

昨日は雪景色だったのに・・・今日はピンク色の梅の春景色です。

「城南宮の枝垂れ梅」。見に行かねば・・・と思いながら去年まで行かず。
今年やたらニュースでするから、これは早く行かねば・・・と、見に行って来ました。

昨日が一番良かった日じゃ無かったかと思います。人出も考えると。
見頃はまだ数日間はありそうです。(撮影:14日)

Amj_0111a

城南宮 
794年の平安京遷都に際し、国常立尊(くにのとこたちのみこと)と八千矛神と神功皇后を祀り、以来都の南方に鎮まり国を守護する城南宮と仰がれる。平安時代の末に白河上皇がこの地に壮大な離宮を造営して院政を開始されると、政治・文化の中心地となり、祭礼も大いに賑わった。
『平家物語』の舞台でもあり、当時盛んに行われていた、熊野詣での際には、度々上皇方の方除の精進所にあてられ、旅の安全が祈願された。

Amj_0075a

今日、方除の大社城南宮として篤く信仰され、普請・造作・転宅・旅行・交通安全など、方除の神威もあらたかであり全国よりたくさんの参詣者で賑わっている。

Amj_0081a

明治時代の幕開けとなった鳥羽・伏見の戦いが始まった所で、薩摩藩が勝利の御礼参りに訪れた。

Amj_0087a

境内には神苑楽水苑を構え、四季を通じて草花を賞でる人が絶えない。春と秋の年2回行われる「曲水の宴」は王朝の雅を伝える行事として特に名高い。

Amj_0138a

かなりの方が来てらっしゃいましたが、ツアーバスは来てないようでした。

Amj_0091a

訪れて良かった・・・とつくづく思いながら写真を撮りました。

Amj_0118a

昨日は大失敗・・・

Amj_0137a

城南宮までの行き方がよく分からず、京都駅で臨時バスが出てる・・・ってふと聞いた気がして・・・バスで京都駅までチンタラと行ってしまいました・・・大失敗の始まり!!

Amj_0141b

駅から城南宮行きのバスは1時間に数本。「臨時バスありますか?」って聞いたら・・・そんなもの出て無い!って・・・(u_u。) 

Amj_0084a

で、地下鉄で竹田まで、そこからタクシーで城南宮へ・・・さあ鳥居で1枚・・・

・・・メモリースティックが入って無い!!!!(゚ロ゚屮)屮

Amj_0090a

昨夜夫が「金星と木星が大接近で、1度に5つの惑星が・・・どうのこうの」で撮って、メモリースティックを抜いたままだった\(*`∧´)/

Amj_0114a

・・・で、コンビニで聞いた国道1号線の電機屋さんまでテクテク歩いて買いに行ったわけです。・・・愚かにもバスで京都駅までやって来たうえに、この時間ロス!!
帰りは地下鉄1本で・・・早いのなんのって。他にも行きたい所があったのですが・・

こんなんで疲れてて・・・写真をよく見てませんので適当に入れてしまいました。明日も城南宮の枝垂れ梅。椿も綺麗だったし、まだ続きます。

今日も来て下さって有り難うございます。ブログランキングの応援宜しく。
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amj_0151a

| | コメント (10)

2010年5月26日 (水)

城南宮 3 室町の庭・桃山の庭・離宮の庭

新しく来て下さった方は目次もご覧くださいね。

Jmg_5789a
※写真は全て拡大します。

城南宮の神苑「楽水苑」の・室町の庭・桃山の庭・城南離宮の庭 をお届けします。

作庭は「昭和の小堀遠州」と称えられた中根 金作氏(1917年8月28日 - 1995年3月1日)
城南宮の神苑「楽水苑」の他には足立美術館庭園、大仙公園日本庭園、退蔵院余香苑など、海外での作庭も数多い。
日本国内と海外で300近い庭園を作庭されています。受賞も多数。

茶室が2つの庭を分けています。道をはさんで左が「桃山の庭」、右が「室町の庭」です。

Dsm_1238a

上の写真の右には見事な五葉の松。

Dsm_1241a

室町の庭  (城南宮HPより)
茶道、生花、能楽と日本文化が大成された室町時代。作庭技術 も画期を迎えます。池泉廻遊式の静寂な庭で、歩くたびに景色が変わります。茶室(楽水軒)の前には礼拝石、池中央の蓬莱島の奥には三尊石と、峻厳で風格のあ る石組みが配されています。入口に雌滝、奥まったところに雄滝があり、横の舟付き場の藤の花、そして色とりどりのツツジ。

ちょうどこの辺りが雌滝近くの石組なのですが。

Jmg_5768a

石も多いし、どれが蓬莱島 三尊石とか分からずに撮っています。

Jmg_5770a

ご想像下さいね。

Jmg_5787a

秋に訪れた時の城南宮はこちらです

Dsm_1256a

向こうが船着き場の藤棚です。

Dsm_1262a

こちらでお抹茶をいただけます。

Jmg_5772a

もう一度登場です・・・楽水軒の後ろに広がるのが「桃山の庭」

  Jmg_5791a

Dsm_1247a_2

桃山の庭
枯山水様式で、大きな刈り込みの前に緑の芝生が広がる明るい庭園で、桃山時代の豪壮な気風を反映しています。紅枝垂れ桜が咲くと、ひときわ華やぎを増します。

Dsm_1245a

城南宮からの洛南の景色を表しているとも、刈り込みが紀州の山並み、広々とした芝生が太平洋、点在する岩が小島を表しているとも、見る人によってその姿を変えます。

Jmg_5807a

Dsm_1246a

是非枝垂れ桜の頃に来たいと思います。

Dsm_1268a

Jmg_5805a

藤棚に

Jmg_5836a

藤棚の前の池には・・・綺麗な錦鯉

Dsm_1300a

つづいて・・・城南離宮の庭

Jmg_5869a

城南の地が最も華やかであった離宮時代の様子を表す枯山水庭園。玉砂利が離宮の池を、緑濃い龍の鬚 が覆う部分が陸地を、そして岩組みが殿舎を象徴しています。

Dsm_1319a

緑の芝、白砂そして石のスッキリ爽やかなこと。素敵ですね。

Dsm_1323a

帰りがけに覗いて撮ってみました。

また桃山の庭の奥の高台にある水石亭では、折々に城南宮や鳥羽・伏見の地に関わりのある特別展を行っています。

Dsm_1327a

城南宮を3回に渡ってお届けしました。
いかがでしたか、城南宮のお庭。このお庭はとっても気に入っています。

 ◆ ブログランキング応援クリックを、毎日の更新の励みに作っています。
          両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ    こちらも → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
-------------------------------------------------------------------

Dsm_1255a

| | コメント (16)

2010年5月25日 (火)

城南宮 2 神苑 平安の庭

新しく来て下さった方は目次もご覧くださいね。

Dsm_1208a
※写真は全て拡大します。

昨日に続き城南宮、今日はお庭です。
社殿を取り囲むように広がる神苑「楽水苑」は、伏見の地下水を引き入れて造られています。作庭は妙心寺の塔頭・退蔵院の余香苑と同じ中根金作氏です。
秋の退蔵院の余香苑はこちらです

神苑「楽水苑」は、春の山・平安の庭・室町の庭・桃山の庭・城南離宮の庭と趣の異なる5つの庭からなっております。
今日は社殿の西から後方に広がる「春の山」「平安の庭」をお届けします。

春の山
この辺りはHPを見ると、数多くの紅白の枝垂れ梅が咲き誇っています。

Dsm_1193a

源氏物語に登場するほとんど全ての植物(100余種)が植栽されており、それぞれに名前、和歌などが書かれています。

Jmg_5669a

平安の庭の方に道は続きます。

Jmg_5686a

平安の庭へ続く道は社殿に接していて趣があります。

Dsm_1199a

以前来た時はここに御所車があったのですが・・・

Jmg_5702a

Jmg_5704a

平安時代、貴族の寝殿造りの邸宅は池を備え、遣水という小川が流れていました。

Dsm_1215a

・・・アヤメでしょうか。(”イチハツ”ではないかと・・・特徴の白いもやもやがありますね)

Dsm_1204a

社殿を背景には池が広がっています。

Jmg_5728a

池の周囲には、秋の七草のオミナエシや萩、またリンドウなど野趣に富んでいます。

Jmg_5741a

水面に映った木々、花々が綺麗です。

Jmg_5724a

・・・これはゴイサギですね。魚を捕まえていましたよ。

Jmg_5740a

秋の名残のように。

Dsm_1222a

城南離宮はその大半を池が占め、舟を浮かべることができるように深く掘り下げ、またその土で中ノ島を築き、各地から名石を集めて景色を整えたといいます。

Dsm_1225a

平安貴族はここで、管絃の遊び、花見の宴、和歌の会と四季折々に風流を楽しみました。

Jmg_5760a

Dsm_1231a

平安の庭の遣水で、4月29日と11月3日、王朝の雅を今に伝える「曲水の宴」が行われ、とりわけ多くの人で賑わいます。

Jmg_5737a

平安の庭から1度外に出て「室町の庭」・「桃山の庭」・「城南離宮の庭」と広がります。そちらの方が中根金作氏らしいお庭だと思います。明日に続きます。見て下さいね。

ブログランキング応援クリックを、毎日の更新の励みに作っています。
          両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ    こちらも → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
-------------------------------------------------------------------

Jmg_5720a

| | コメント (6)

2010年5月24日 (月)

城南宮 1 方除の大社

新しく来て下さった方は目次もご覧く ださいね。

Jmg_5587a
※写真は全て拡大します。

ちょっとうっとおしい日が続いていますね。
今日はスカッと晴れた空の下・・・「方除(ほうよけ)の大社」として知られている伏見の城南宮をお届けします。京都市伏見区中島鳥羽離宮町7 場所はここです
城南宮は広い庭園、四季咲き誇る花々・・・写真がたくさんありますので、3度に分けて紹介します。

Dsl_3844c

城南宮の創立年代は不詳ですが、この地にあった式内社「真幡寸神社」に、神功皇后の三韓征伐の際に船上に立てた旗に神功皇后・八千戈神(大国主神)の神霊を添えて奉斎したのに始まると伝えられます。
794年の平安京遷都に際し、神功皇后、八千矛神(やちほこのかみ)に国常立尊(くにのとこたちのみこと)を合祀し、城(平安京)の南にあることから「城南神」と仰がれました。

Jmg_5609a

平安京の表玄関に当たる交通の要衝であり、鴨川に臨む水郷の景勝地でもあり、やがて貴族の別荘が建てられるようになりました。

Jmg_5606a

平安時代の末に白河天皇が鳥羽離宮(城南離宮)を造営して院政を開始されてからは、その一部とされ、代々の天皇、上皇がしばしば行幸されました。

Jmg_5610a

上皇の御所や御堂、また貴族の宿所などの建物が建ち並び、人々が行き交う様子は都遷りのようであると形容されたとか。こうして白河・鳥羽・後白河・後鳥羽上皇と4代150年にわたり政治・文化の中心となり副都心の賑わいを見せました。

Jmg_5612a

又、当時盛んに行われていた、熊野三山を初めとする社寺への物詣での際には、度々上皇方の方除の精進所にあてられ、貴族の方違いの宿所となりました。
京都御所の裏鬼門を守る神とされたことから、方除け、厄除けの神として信仰されるようになり、旅の安全を祈願されております。

Jmg_5614a

狛犬さん・・・歴史がありそうですね。

Jmg_5615a

御祈祷中です。

Jmg_5653a

Jmg_5631a

中へ・・・

Jmg_5618a

Jmg_5634a

応仁の乱などの戦乱で荒廃したが、江戸時代に復興されました。

Jmg_5627a

幕末には鳥羽伏見の戦いの戦場となりました。

Dsm_1178a

絵馬堂の中を見るのが好きなので・・・

Dsm_1166a

Dsm_1163a

城南祭の賑わう様子の絵馬です。境内に続く馬場では競馬や流鏑馬も行われたもよう。

Jmg_5597a

本殿前にも一寸法師が置かれていましたが、鳥羽は一寸法師の上陸の地だそうです。

Dsm_1331a

GW中に行った「城南宮」です。つつじ、藤、カキツバタが咲きだしており広大な庭園に彩りを添えていました。続いて明日もお届けします。

 ◆ ブログランキング応援クリックを、毎日の更新の励みに作っています。
          両方 クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→  人気ブログランキングへ    こちらも → にほんブ

ログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
-------------------------------------------------------------------

明日はお庭に入ります。

Jmg_5621a

| | コメント (10)

その他のカテゴリー

2012 祇園祭 | 2013 2014 祇園祭 | 2015 紅葉 1 | 2015 紅葉 2 | 2015 紅葉 3 | 2015 紅葉 4 | 2015 紅葉 5 | 2015~ 祇園祭 | 2016 桜 1 | 2016 桜 2 | 2016 桜 3 | 2016 雪景色 1 | 2016~ 葵祭 | You tube 1 | You tube 2 | You tube 3 | You tube 4 | You tube 5 | You tube 6 | ■ 写真掲載 当ブログ紹介■ | ■ 写真掲載 当ブログ紹介 2 ■ | ■散策・00' 京都駅 壬生界隈 五条  | ■散策・00 三条 四条通 先斗町 | ■散策・01 ◆東山七条 博物館 三十三間堂 | ■散策・02 ◆博物館~六波羅蜜寺 大和大路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 2 | ■散策・04 ◆清水寺~三年坂~ 高台寺 | ■散策・05 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ■散策・06 ◆ねねの道 石塀小路 八坂神社 | ■散策・07 祇園 柳の白川他 Gion | ■散策・08 ◆八坂神社 円山公園~平安神宮 | ■散策・09' 知恩院  | ■散策・09 青蓮院 | ■散策・10 平安神宮 四季 Heian shrine | ■散策・11 東大路通 聖護院界隈 | ■散策・11' 美術館 岡崎界隈 | ■散策・12 ◆平安神宮~南禅寺~永観堂 | ■散策・14 ◆哲学の道 (疏水沿い) | ■散策・15 ◆哲学の道 (寺院) | ■散策・17 真如堂の四季  | ■散策・19 鴨川 賀茂川 高野川 | ■散策・20 西陣 他市中の寺院 | ■散策・21 右京区 法金剛院 松尾大社 | ■散策・23 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 | ■散策・24 詩仙堂・曼殊院・比叡山麓 | ■散策・25 大原 八瀬 (紅葉は別) | ■散策・26 比叡山と延暦寺 | ■散策・27 鞍馬山~貴船 | ■散策・28 鷹峯 西賀茂 (紅葉は別) | ■散策・29 上賀茂神社 社家 深泥池 | ■散策・30 嵐山 太秦 Arashiyama | ■散策・31 嵯峨野 鳥居本 化野 | ■散策・32 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策・33 山科 醍醐 | ■散策・34 伏見 | ■散策・35 宇治 宇治の社寺 | ■散策・36 大山崎 大原野 西山 | ■散策・37 八幡 加茂町 城陽 府下 | ■散策・38 他県 海外  | ■散策1 出町・三角州 川端通り 鳥 | ■散策1 北白川 疏水も | ■散策1 平安京 聚楽第 | ■散策1 御所周辺 梨の木神社 他 | ■散策1 烏丸・六角堂あたり | ■散策1 狸谷山 | ■散策1 祇園以北 東山 | ■散策1 西陣 市中 | ■散策2’ 醍醐 山科 | ■散策2 ねねの道 八坂神社 石塀 | ■散策2 三尾(高雄 槙尾 栂尾)  | ■散策2 三年坂 二年坂 | ■散策2 三条 四条 木屋町 新京極 | ■散策2 京都駅 界隈 | ■散策2 伏見 酒蔵 | ■散策2 八幡市 加茂町 他府下 | ■散策2 北白川 疏水 | ■散策2 哲学の道 (寺院編) | ■散策2 哲学の道 (道編) | ■散策2 大原 八瀬 Ohara | ■散策2 宇治 uji | ■散策2 岡崎公園 疏水 三条通り北 | ■散策2 嵐山 渡月橋 太秦 Arashiyama | ■散策2 嵯峨野 鳥居本 | ■散策2 祇園白川 柳の白川 Gion | ■散策2 西山 大山崎 大原野 | ■散策2 西陣 市中 | ■散策2 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | ■散策2 鷹峯 西賀茂 | ■散策3 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策3 伏見 酒蔵 | ■散策3 宇治 | ■散策3 嵐山 渡月橋 太秦  | ■散策3 嵯峨野 鳥居本 | ■散策3 祇園白川 柳の白川 | ■散策3 西陣 市中 | ■散策3 醍醐 山科 | ■散策4 伏見 酒蔵 | ■散策4 醍醐 山科 | □ 2008 宵山 祇園祭 | □ 2008 宵山 祇園祭 2 | □ 2009 桜 1 | □ 2009 桜 2 | □ 2009 桜 3 | □ 2009 桜 4 | □ 2009 桜 5 | □ 2009 紅葉 1 | □ 2009 紅葉 2 | □ 2009 紅葉 3 | □ 2009 紅葉 4 | □ 2009 紅葉 5 | □ 2010 桜 1 | □ 2010 桜 2 | □ 2010 桜 3 | □ 2010 桜 4 | □ 2010 桜 5 | □ 2007 祇園祭 | □1 【桜 花】 右京区 嵐山 嵯峨野 | □2 【桜】 御所 市中 賀茂川 高野川 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い | □4 【桜 花】 東山(南) 円山 伏見区 宇治 | □4' 【夜桜】 祇園 高瀬川 他 Gion | □5 【紅葉 2】 吉田山 東山 | □5 【紅葉】 吉田山 東山 | □5' 【紅葉】 哲学の道 寺院も | □6 【紅葉】 嵐山 嵯峨野 洛西 | □6' 【紅葉】 大徳寺 など | □7 【紅葉】 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | □7' 【紅葉 2 】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □7' 【紅葉】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □8 【紅葉】 伏見 宇治 | □8' 【紅葉】 鷹ヶ峰 上賀茂 北区 上京区 | □9 【紅葉】 大原 古知谷 八瀬 | □9'【雪の日】 洛北 洛東 | □9'【雪の日】 洛西 | □ 【紅葉】 市中 下鴨神社 | □ 桜 2 右京 西陣 嵐山 西山 | □ 桜 2 哲学の道 洛北 | □2【雪の日】 洛北 洛東 | □2【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □3【雪の日】 洛北 洛東 | □3【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □4【雪の日】 洛北 洛東 | □5【雪の日】 洛北 洛東 | ○ 1 京都御苑とその界隈 Imperial Palace | ○ 2 仙洞御所 (特別参観) | ○ 3 桂離宮 (特別参観) | ○ 1 京都御所(特別参観)Imperial Palace | ○ 1 桂離宮 Katsura Imperial Villa | ○ 2 南禅寺・塔頭・水路閣 | ○ 2 天龍寺 塔頭 | ○ 2 建仁寺 塔頭 | ○ 2 東福寺 塔頭 | ○ 3 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace | ○ 3 東福寺 塔頭 | ○ 4 東福寺・塔頭 | ○ 5 東福寺 塔頭 | ○0 京都五山 別格 南禅寺・ 塔頭 水路閣 | ○1 京都五山 第一位 天龍寺・ 塔頭 | ○2 京都五山 第二位 相国寺 | ○3 京都五山 第三位 建仁寺 | ○4 京都五山 第四位 東福寺・ 塔頭 | ○5 京都五山 第五位 万寿寺 | ○1 修学院離宮 | ○2 修学院離宮 | ● 1 法然院の四季 | ● 2’ 下鴨神社の四季 | ● 2 上賀茂神社 社家 深泥池 | ● 2 泉涌寺と界隈 | ● 2 法然院の四季 | ● 2 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ● 2 真如堂の四季 | ● 3 泉涌寺と界隈 | ● 二条城と近辺 Nijo-jo Castle | ● 伏見稲荷大社 | ● 北野天満宮 上七軒 | ● 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 大覚寺 大沢の池 | ● 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 | ● 御室 仁和寺 | ● 智積院 | ● 東寺 塔頭 界隈 | ● 東本願寺 | ● 泉涌寺と界隈 | ● 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 1  | ● 西本願寺 | ● 西本願寺 2 | ● 金閣寺 Kinkakuji Temple | ● 銀閣寺 Ginkakuji Temple | ● 黄檗山 萬福寺 | ● 龍安寺 等持院 | ● 1 下鴨神社の四季 | ● 2 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 2 大覚寺 大沢の池 | ● 2 平安神宮 四季 Heian shrine | ● 2 東寺 塔頭 界隈 | ● 3’ 下鴨神社の四季 | ● 3 上賀茂神社 社家 深泥池 | ★ 2010 紅葉 1 | ★ 2010 紅葉 2 | ★ 2010 紅葉 3 | ★ 2010 紅葉 4 | ★ 2010 紅葉 5 | ★ 2010 紅葉 6 | ★ 2011 紅葉 1 | ★ 2011 紅葉 2 | ★ 2011 紅葉 3 | ★ 2011 紅葉 4 | ★ 2011 紅葉 5 | ★ 2011 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 1 | ★ 2012 紅葉 2 | ★ 2012 紅葉 3 | ★ 2012 紅葉 4 | ★ 2012 紅葉 5 | ★ 2012 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 7 | ★ 2012 紅葉 8 | ★ 嵐山・花灯路 2 | ★ 2011 桜 1 | ★ 2011 桜 2 | ★ 2011 桜 3 | ★ 2011 桜 4 | ★ 2012 雪景色 1 | ★ 2012 雪景色 2 | ★ 2011 雪景色 1 | ★ 2011 雪景色 2  | ★ 2011 雪景色 3 | ★ 2011 雪景色 4 | ★ 2013 雪景色 1 | ★ 2013 雪景色 2 | ★イベント情報 | ★ライトアップ寺院 お祭り | ★東山・花灯路 2 | ★東山・花灯路 3 | ☆ 2012 桜 1 | ☆ 2012 桜 2 | ☆ 2012 桜 3 | ☆ 2012 桜 4 | ☆★ 2015 桜 1 | ☆★ 2015 桜 2 | ☆★ 2015 桜 3 | ☆★ 2015 桜 4 | ☆☆2015 雪景色 1 | ☆☆2015 雪景色 2 | ☆ 2013 桜 1 | ☆ 2013 桜 2 | ☆ 2013 桜 3 | ☆ 2013 桜 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 1 | ☆ 2013 秋 紅葉 2 | ☆ 2013 秋 紅葉 3 | ☆ 2013 秋 紅葉 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 5 | ☆ 2014 桜 | ☆ 2014 秋 紅葉 1 | ☆ 2014 秋 紅葉 2 | ☆ 2014 秋 紅葉 3 | ☆ 2014 秋 紅葉 4 | ☆ 2014 雪景色 1 | ☆ 2014 雪景色 2 |  時代祭 1 |  1  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  1 三千院 |  1 京の山を歩く |  1 京大・界隈 |  1 京懐石 普茶料理 他 |  1 京都の大学を訪ねて |  1 京都の教会 |  1 京都の眺望 |  1 京都クイズ 壁紙・投票 |  1 伏見 御香宮神社 |  1 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  1 写真集 話題 |  1 吉田山 散策 |  1 周山 美山 北山 京都北部 |  1 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂 |  1 壁紙 Wall Paper |  1 大文字山 五山送り火 |  1 寺町通り (出町から北) |  1 平等院 |  1 庭 夢想国師の庭 |  1 庭 小堀遠州の庭 |  1 庭 小川治兵衛の庭 |  1 庭 相阿弥の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 2 |  1 庭 重森三玲の庭 3 |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅰ (北部) |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅱ (東部) |  1 庭園めぐり・・・洛西 Ⅰ (北部) |  1 手づくり市 |  1 植物園 花だより |  1 空 犬・猫・鳥 その他 |  1 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  1 車窓から |  1 近代建築を訪ねて |  1 高台寺 圓徳院 |  2  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  2 ご挨拶 |  2 三千院 |  2 京の川 鴨川 桂川 高野川 |  2 京大・界隈 |  2 京都の眺望 |  2 京都御苑 御所 Imperial Palace |  2 他府県 |  2 仙洞御所 |  2 伏見 御香宮神社 |  2 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  2 伏見稲荷大社 摂社 |  2 会席 甘党 |  2 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  2 出町 三角州 川端通り |  2 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  2 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  2 吉田山 散策 |  2 周山 美山 北山 京都北部 |  2 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂など |  2 大文字山 五山送り火 |  2 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  2 寺町通り (出町から北) |  2 平等院 |  2 御室 仁和寺 |  2 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  2 智積院 |  2 東大路通 丸太町通 聖護院 |  2 東山七条 三十三間堂 |  2 松尾大社 梅宮神社 苔寺 |  2 植物園 北山 |  2 比叡山 延暦寺 |  2 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 |  2 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  2 滋賀県 福井県 奈良県など近県 |  2 知恩院と界隈 |  2 空 鳥 猫 犬 |  2 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  2 西本願寺 |  2 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  2 蹴上まで |  2 車窓から |  2 近代建築 |  2 銀閣寺 |  2 青蓮院 将軍塚 |  2 鞍馬 貴船 |  2 高台寺 圓徳院 |  2 龍安寺 等持院 |  3 ねねの道 八坂神社 石塀小路 |  3 三条 四条 木屋町 新京極 |  3 京の川 |  3 京都駅界隈 壬生 他 |  3 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  3 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  3 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  3 出町 三角州 川端通り |  3 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  3 南禅寺 塔頭 水路閣 |  3 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  3 吉田山 散策 |  3 哲学の道 寺院 |  3 哲学の道 疏水沿いの道 |  3 大原 宝泉院 勝林院ほか |  3 大徳寺 今宮神社 船岡山 |  3 大覚寺 大沢の池 |  3 天龍寺 塔頭 |  3 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  3 寺町通り (出町から北) |  3 岡崎公園 岡崎疏水 |  3 平安神宮の四季 |  3 建仁寺 塔頭 |  3 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  3 智積院 |  3 東大路通 丸太町通 聖護院 |  3 東寺 塔頭 界隈 |  3 東山七条 三十三間堂 |  3 植物園 北山通り |  3 比叡山 延暦寺 |  3 清水寺の四季 |  3 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  3 真如堂の四季 |  3 空 犬 猫 鳥 |  3 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  3 西山 大山崎 大原野 |  3 西陣 市中 |  3 西陣 白峰神宮ほか |  3 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  3 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  3 近代建築 |  3 青蓮院 将軍塚 |  3 鞍馬 貴船 |  3 食事 懐石 甘党 |  4 三条 四条 木屋町 新京極 |  4 上賀茂神社 深泥池 他 |  4 下鴨神社の四季 |  4 京の川  |  4 京都駅 界隈 |  4 伏見 稲荷 藤の森 鳥羽 |  4 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  4 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  4 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  4 南禅寺 塔頭 水路閣 |  4 吉田山 散策 |  4 大覚寺 大沢の池 |  4 天龍寺と塔頭 |  4 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  4 宇治 |  4 岡崎公園 岡崎疏水 |  4 嵐山 渡月橋 保津川 |  4 嵯峨野 鳥居本 |  4 平安神宮の四季 |  4 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace |  4 比叡山 延暦寺 |  4 泉涌寺 その界隈 |  4 真如堂の四季 |  4 空 犬 猫 鳥 |  4 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  4 西陣  |  4 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  4 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  4 鞍馬 貴船 |  4 食事 懐石 甘党 |  5 下鴨神社の四季 |  5 京の川  |  5 伏見 酒蔵 濠川 |  5 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  5 南禅寺 塔頭 水路閣 |  5 吉田山 散策 |  5 宇治 |  5 嵐山 渡月橋 保津川 |  5 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  5 御所(京都御苑) 四季 |  5 真如堂の四季 |  5 空 犬 猫 鳥 |  5 糺の森 河合神社 |  5 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  5 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  5 醍醐 山科 |  6 下鴨神社の四季 |  6 京の川  |  6 吉田山 散策 |  6 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  6 御所(京都御苑) 四季 |  6 東福寺 塔頭 |  6 糺の森 河合神社 |  6 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  6 醍醐 山科 |  7 下鴨神社の四季 |  7 京の川 |  8 京の川 | おみくじ お守り | ご挨拶 | その他 | 一休寺 京田辺市 | 京都めぐり 1 | 京都めぐり 2 | 京都めぐり 3 | 京都めぐり 4 | 京都めぐり 5 雪特集 | 京都めぐり 6 | 京都めぐり 7 | 光明院の四季 1 (東福寺・塔頭) | 光明院の四季 2 (東福寺・塔頭) | 嵯峨野 竹林 1 | 携帯・デジカメ | 松ヶ崎疏水 春秋 | 滋賀県 琵琶湖 福井県など近県 | 石峰寺 (五百羅漢・伊藤若冲) | 祇園祭 2009 2010 | 祇園祭 2011 | 祇園祭 2011 2  | 祭 行事 ライトアップ 冬 1 | 祭 行事 ライトアップ 冬 2 | 祭 行事 ライトアップ 冬 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 1 | 祭 行事 ライトアップ 夏 2 | 祭 行事 ライトアップ 夏 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 4 | 祭 行事 ライトアップ 夏 5 | 祭 行事 ライトアップ 夏 6 | 祭 行事 ライトアップ 春 1 | 祭 行事 ライトアップ 春 2 | 祭 行事 ライトアップ 春 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 1 | 祭 行事 ライトアップ 秋 2 | 祭 行事 ライトアップ 秋 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 4 | 祭 行事 ライトアップ 秋 5 | 花の京都 初夏 1 | 花の京都 初夏 2 | 花の京都 初夏 3 | 花の京都 初夏 4 | 花の京都 初夏 5 | 花の京都 初夏 6 | 花の京都 初夏 7 | 花の京都 夏 1 | 花の京都 夏 2 | 花の京都 夏 3 | 花の京都 夏 4 | 花の京都 夏 5 | 花の京都 新緑 青もみじ 1 | 花の京都 新緑 青もみじ 2 | 花の京都 春 1 | 花の京都 春 2 | 花の京都 春 3 | 花の京都 春 4 | 花の京都 春 5 | 花の京都 春 6 | 花の京都 秋 1 | 花の京都 秋 2 | 花の京都 秋 3 | 著作権 | 葵祭 1 | 葵祭 2