1 糺の森 河合神社 流鏑馬

2008年12月21日 (日)

下鴨神社 糺の森 小川の秋

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Dsg_7512a

先日は馬場横の「池の跡」をお届けしましたが、今日は第2弾として晩秋の糺の森を流れる小川と落葉の風景をお届けします。

下鴨神社の糺の森は原生樹林残す森林で、樹齢200年から600年の樹木約600本が生い茂っているそうです。糺の森には御手洗川、奈良の小川、瀬見の小川、泉川の4つの清らかな川が流れています。
この(↓)流れは奈良の小川が瀬見の小川と名前を変えるあたりの「平安期流路」といわれるもので、泉川と結ばれています。

Dsg_7522a

「御手洗池」から「御手洗川」にそして→「奈良の小川」→「瀬見の小川」と名前を変えて森の中をながれます。また「泉川」は表参道の東側を流れており、御手洗川からの流れも合わせて水量は一番多いようです。

Dsg_7524a

糺の森は→ 6 京の川 下鴨神社 御所界隈の神社 の中の「下鴨神社・四季 糺の森」で四季折々の風情を見てください。

Dsg_7519a

泉川と交わるあたり。向こうは表参道。ここが好きで来ると必ず同じアングルで撮っています。まあるい緑の草が可愛くて。

Dsg_7516a

黄葉した木。。。ハッと目立ちます。

Dsg_7510a

泉川に架かる橋を自転車で行く人です。私はこの橋を人が渡るのをいつも待ってから撮ります。白髪のお方・・・サンタさんか、カーネルさんか・・・
いつまでも自転車が上達しない私は、ここは手押しで渡ります。

Dsg_7507a

泉川を下って行きます。

Dsg_7497a

泉川には1ヶ所だけ、川に下りれるところがあるのです。

Dsg_7436b

そこから・・・鮮やかな秋の色。

Dsg_7440a

同じ場所から上を見ると・・・。泉川はこれ以上は撮れませんのでお終いです。

Dsg_7439a

つづいて・・瀬見の小川です。

Dsg_7425a

右が流鏑馬の行われる馬場。左は葵祭の参道です。

Dsg_7422a

Dsg_7428a

瀬見の小川は手をつける事も出来ます。子供が遊んだりワンちゃんが遊んだり・・・。

Dsg_7461a

水に映る木と川の流れ・・・

Dsg_7462a

「糺の森」の風景はもう一回分ありますので、晩秋風景としてまたお届けします。

Dsg_7395a

何かと忙しい年末ですが、毎日更新していますので、お立ち寄りくださいね。

ブログランキングに参加しています。
    1日1回クリックで応援してくださいね。検索で来て下さった方も是非宜しく。
 --------------------------------------------------------------
      是非よろしく→     こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
  --------------------------------------------------------------

わざとらしく置かれた紅葉が1枚。(私が置いたのではないですよ)。

Dsg_7427a

| | コメント (2)

2008年12月10日 (水)

落葉の散歩道 糺の森

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Dsg_7471a

落葉の絨毯といえば・・・晩秋。
流鏑馬神事が行われたり、夏の古書市の馬場は落葉で埋め尽くされています。
下鴨神社は紅葉の最後に記事にしようと思ってたのですが・・・行ったばかりの処を出したいものでして。撮影は8日です。

今日は河合神社、神秘的な池跡、そして広い馬場を少し紹介します。

河合神社の南東の塀のうちにある銀杏が落葉して綺麗でした。

Dsg_7330a

去年はこの黄色い世界を期待して来たら、スッカリ掃き清められていて、ガッカリで帰りました。。。だから紅葉に来るのを忘れてしまったみたい。

Dsg_7317a

この紅葉・・・緑の時も撮ってます。古い塀に似合ってて。

Dsg_7322a

◆下鴨神社、糺の森のカテゴリーは 6 京の川 下鴨神社 御所界隈・・・の「下鴨神社の四季・糺の森」で② ① ★旧 と増えて、スゴイ枚数になってます。

Dsg_7318a

塀の外まで・・・大きな木です。

Dsg_7480a

手前の葉っぱにピントをあわせました。

Dsg_7484a

馬場から少し横に入った池跡に行きます。

Dsg_7408a

今日は先客さんが。

Dsg_7366a

Dsg_7346a

なので、後ろあたりを・・・

Dsg_7341a

Dsg_7344a

くぼみだから池跡なのでしょうが、石の並びに何かの意味を感じたりします。

Dsg_7337a

葉が落ちて、明るくなってます。

Dsg_7376a

あの木がちょっと神秘的。

Dsg_7339a

同じような写真ばかりですが、いつもこの場所、あの木に魅かれますので。

Dsg_7378a

ちょっと異様になってます。

Dsg_7355a

もっと異様ですね。

Dsg_7351a_2

後回しにする筈だった下鴨神社の糺の森を今日にしたので、順番が狂いました。表参道や小川の辺りはまたいつか記事にします。

いつも励ましの応援クリック有り難うございます。今日も宜しくお願い致します。
  --------------------------------------------------------------
       是非よろしく→     こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
  --------------------------------------------------------------

もう一度馬場です。

Dsg_7332a

| | コメント (10)

2008年10月28日 (火)

まだ緑濃い 下鴨神社・糺の森

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Dsg_0749a

「下鴨神社の糺の森」、売るほど(笑)写真を撮っているから、、、
もう撮るところも無いかしら・・・と思っていますが、なんのなんの、四季折々に美しい姿を見せてくれました。(撮影25日)

京阪電車の出町柳からすぐ、下鴨神社は正式には「賀茂御祖神社」です。

Imn_5207a

高野川と鴨川が合流する三角州地帯の森林は「糺の森」と呼ばれています。

Imn_5199a

かつては、約495万平方メートル(約150万坪)の原生林であったが、中世の戦乱や明治4年の上知令によって現在の約12万4千平方メートル、東京ドームの約3倍となりました。現在は全域を国の史跡として保存され、かつてここ一帯が山城原野であった頃の植生が今に残る森といわれています。

Imn_5152a

ケヤキ、ムク、エノキ等の落葉広葉樹を中心に約40種、樹齢200年から600年の太い樹木が約600本生い茂っています。

Imn_5175a

樹林の間には「奈良の小川」、「瀬見の小川」、「泉川」、「御手洗川」の清流が流れています。泉川にはホタルの飛翔も見られ、市民の憩いの場として古くから親しまれてきました。

Dsg_0752a

Dsg_0744a

源氏物語、枕草子など数々の物語や詩歌・管弦にうたわれている名所旧跡です。

Dsg_0747a

ノーベル物理学賞受賞の湯川英樹博士がよく散策されていた処でも知られています。

Imn_5139a

少しぼやけていますが。

Imn_5142a

Imn_5144a

カラスの縄手(縄手とは細い狭い道)。ヤタガラスの神様への参道です。

Imn_5146a

流鏑馬や納涼古本市などで賑わう馬場です。翌日の糺市の準備中でしたが、当日は雨。どうなったのでしょうか?

Imn_5154a

京都でも紅葉の遅い下鴨神社糺の森です。まだまだ緑の濃い糺の森です。

見て下さっている実感として、クリック応援が励みです。是非宜しくお願い致します。
  --------------------------------------------------------------
       是非よろしく→     こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
  --------------------------------------------------------------

Imn_5129a

| | コメント (16)

2008年6月27日 (金)

河合神社 鴨長明と方丈

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Dse_6529a_2
※写真は全てクリックで拡大します。

下鴨神社の摂社の河合神社。こじんまりとしていて下鴨神社とはまた違った雰囲気が、とっても気に入っています。

Dse_6329a

ぐるりと塀に囲まれた落ち着いたところです。

Dse_9218a

河合神社も何度も記事にしていますので、、、今更何を書けばいいのかなあ・・・??で、なかなか記事作りが進みません。

Dse_9202a

今日の河合神社はきらきら華やか。お気づきですか?Dse_9217a

以前よりかなり「つり灯篭」の数が増えてます。比べてください。。こちらです

Dse_6531a

「方丈記」の著者、鴨長明はこの河合神社の神官の家に生まれたが、いろいろの事情によって、この重職を継ぐことができなかった。
このことから強い厭世感を抱くようになり、『方丈記』を書くにいたったといわれている。

Dse_9207a

長明は50才のとき全ての公職から身を引き、大原に隠遁しました。
その後、世の無常と人生のはかなさを随筆として著したのが「方丈記」です。
大原から各所を転々として、承元2年(1208)、54歳のころ日野(現・伏見区)に落ち着いた。

Dse_6483a

「方丈記」 冒頭・・・
 ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、
 かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたる例なし。
「方丈記」 結び・・・
 干時、建暦のふたとせ、やよひのつごもりごろ、桑門の蓮胤、外山の庵にて、これを
 しるす。

Dse_6509a

河合神社では今「鴨長明と河合神社」資料展がされています。
内容は鴨長明像、三十六歌仙、方丈記 影写本3点、鴨長明絵像などです。撮影は許可を得ていますので公開します。
各地を移動している間に「栖(すみか)」として仕上げたのがこの「方丈」。
移動に便利なように全て組み立て式になっている。

Dse_6478a

広さ1丈(約3m)、畳5帖半程度。間口、奥行とも一丈四方ということから「方丈」の名がある。
方丈内部には、①阿弥陀絵像、②普賢絵像、③法華経、④経机、⑤衝立障子、⑥琴(折り琴)⑦琵琶(継ぎ琵琶)⑧革籠、⑨吊棚、⑩ほどろ(夜)の床(うらじろを敷く)、⑪閼伽棚(あかだな)があります。

Dse_6503a_2

Dse_6504a

Dse_6505c

Dse_6505d

方丈記 影写本3点、鴨長明像、三十六歌仙、鴨長明絵像。

Dse_6502a

Dse_6499a

Dse_6493b

展示室から外を・・・

Dse_6508a

屋根の苔も緑が綺麗です。

Dse_9210a

いつも励ましの応援クリック有り難うございます。今日も宜しく。
  --------------------------------------------------------------
       是非よろしく→     こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
  --------------------------------------------------------------

京都はサミットの警戒で、各地から応援の警官、機動隊が動員されているようです。ここ河合神社の横にもたくさん停まってました。(上の記事は日にちが違います)

Dse_9215a

| | コメント (8)

2008年6月 9日 (月)

下鴨神社・糺の森 紫陽花と樹林

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Dse_6341a

蛍火の茶会が催された下鴨神社。御手洗池で放たれた蛍が飛びかっていたのが糺の森の小川です。撮影は蛍火の茶会の前日です。

糺の森の写真も数多く撮ってますので、よく似たアングルになっていると思いますが、季節が少し違うとまた違った趣になっているかと。

史跡「糺の森」 (ただすのもり) 現在は全域を国の史跡として保存されています。 
高野川と鴨川が合流する三角州地帯の森林をそのように呼ばれています。現在は約12万4千平方メートル、東京ドームの約3倍あります。

糺の森には4つのせせらぎがあります、元は蛍が放たれた「御手洗川」になります。そこから「奈良の小川」、「瀬見の小川」、「泉川」へと流れが分かれて行きます。

Dse_6348a

小川に咲く花々を撮ってみました。

Dse_6351a

小川が紫陽花で隠れるよう。

Dse_6369a

まだ咲き出したばかり。

Dse_6393a

「ガクアジサイ」・・・清楚で良いですね。

Dse_6366a

紫も。。。

Dse_6386a

Dse_6438a

緑の樹林の間に神社の赤い鳥居や柵が見えて・・・。仲の良い鴨夫婦。

Dse_6426a

夢中で食事中のメスが草に隠れています、オスは・・・「いつまで食べてんだ!」って感じで見守ってるようでした。

Dse_6403a

Dse_6402a

糺の森は、旧山代原野の原生樹林の植生を残す唯一の森林で、ケヤキ、ムク、エノキなど約40種、樹齢200年から600年の樹木約600本が生い茂っています。

Dse_6339a

平日でもツアーバスが来るようになりました。

Dse_6441a

「糺の森」は市民の憩いの場として古くから親しまれてきました。私も大好きなところです。

Dse_6395a

左は葵祭りの行列が通る道。右は流鏑馬や納涼古本市の行われるところ。源氏物語、枕草子をはじめ数々の物語や詩歌管弦にうたわれている名所旧跡でもあります。

Dse_6442a

夕方に来ると、散歩のワンちゃんたちが集まってますよ。

Dse_6446a

この辺りには倒木も多く見かけます。少し奥まっていて日光をさえぎる様に緑の濃いところ。窪地になっていて、ベンチもあり 読書、スケッチの方を見かけます。

Dse_6467a

糺の森の写真は四季折々撮ってますので、6 下鴨神社 糺の森 下鴨神社・糺の森 四季」を御覧下さいね。

Dse_6458a

河合神社が見えてきました。

Dse_6469b

今、河合神社では「鴨長明と河合神社」資料展をやっています。また紹介します。

Dse_6473a

いつも励ましの応援クリック有り難うございます。今日も宜しくお願い致します。
  --------------------------------------------------------------
       是非よろしく→     こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
  --------------------------------------------------------------

Dse_6385a

| | コメント (6)

2008年5月12日 (月)

下鴨神社 祭りの日

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Dse_3137a

5月3日 下鴨神社・流鏑馬神事の日、楼門を入った舞殿では流鏑馬に先立って神事が行われました。流鏑馬神事以外の下鴨神社の祭りの日をお届け。

下鴨神社の入口でお弁当も売っていました。

Imm_1346a

ここが馬場。有料席(ブルー席)のお客は間際まで、ゆっくりなさっているよう。

Imm_1349a

馬場の横には早くから人々が陣取って待ってました。屋台も沢山出てます。

Imm_1364a

水遊びが気持ち良さそうな暑い日でした。

Dse_3169a

楼門を入ります。

Imm_1890a

神事が始まるのを待つ人々です。

Dse_3110a

ツツジが満開でしたよ。

Dse_3146a

輪橋(そりはし)

Dse_3142a

輪橋の左手前にあるのが「光琳の梅」。

Dse_3149a

光琳の梅には実がなってました。

Dse_3314a

大きなパネルがあったので撮りました。上からの下鴨神社全景(模型だな)

   Dse_3307a

流し雛が浮んだ御手洗川・・・今日は水が少ないですね。

Imm_1875a

20分遅れの「京都時間」で神事が始まりました。暑さの中、待つほうも大変。

Dse_3114a

「京都時間」・・・始まりがゆっくり(何でもゆっくり)。私も昔は「京都時間な人」でいつも遅刻の常習。。。私の場合は単にのろいだけかしら。

Dse_3131a

Imm_1885a

Imm_1861a

鳥居の外では今年から始まった馬車がお待ちかねです。

Dse_3159a

葵祭と”フタバアオイ”
京都の3大祭りで最も歴史が古い「賀茂祭」は勅使の衣冠や牛車をフタバアオイの葉で飾ることから「葵祭」と呼ばれ、約7500本ものアオイが使われます。
かつては神社の敷地に自生するアオイ以外が葵祭で使われたことは無かったのですが、環境の変化などで量が激減し、現在は市内の山から調達しています。
今年初めて近隣(上賀茂神社)の小学校で栽培中のフタバアオイも、葵祭に使われることになりました。 (上賀茂神社・斎王代禊の儀の日の京都新聞・電子版より)

Imm_1835a

ここにも葵の葉が。

Dse_3158a

いつもクリック有り難うございます。今日も宜しく。
  --------------------------------------------------------------
       是非よろしく→     こちらも → にほん

ブログ村 旅行ブログへ
  --------------------------------------------------------------

流鏑馬の子供たち、出番待ちです。

Imm_1343a

| | コメント (6)

2008年5月 4日 (日)

下鴨神社 流鏑馬神事

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。写真はクリックで拡大します。

Imm_1692a

昨日5月3日に行なわれた下鴨神社の「流鏑馬神事」(やぶさめ)は、15日の葵祭の路頭の儀の行列に繋がる前儀です。
「流鏑馬」は「矢伏射馬」(やぶさめ)とも書かれます。文字が示すように馬を走らせながら矢を射ることです。
雄略天皇の即位の年(457)の「日本書紀」及び「賀茂祭に民衆を集めて騎射を禁ず」の記事が「続日本紀」にしるされるなど、古い歴史を持つ日本古来の馬術です。
下鴨神社、糺の森の全長500メートルの馬場で100m間隔三ヶ所の的のを、公家風、武家風の狩装束姿の射手が、疾走する馬上から的を矢で射る神事です。射手は小笠原流馬術同門会の方々です。

先ず舞殿で始まりの神事が1時から行われた後に「流鏑馬神事」が始まります。(ゆっくりですから遅れ気味です) いよいよ流鏑馬神事始まりです。

Imm_1448a

「イン ヨー」(影陽)の掛け声とともに駆け抜け100mごとにおかれた的に向かって矢をうち放ちます。5人で四循環、合計で20回あります。

Dse_3247a

的の交換は、下鴨神社にあるボーイスカウト、ガールスカウトの皆さんです。京都のボーイスカウト、ガールスカウトはお祭りに参加することが多いです。

Dse_3206a

公家装束の後に武家装束での流鏑馬が行われます。

Dse_3240a

腰を浮かせたままの姿勢での疾走と矢を射る。。スピードは凄いものです。

Dse_3240b

的に当れば割れて勢い良く飛び散ります。

Dse_3241a

当った的は「当的」(あたりまと)といって縁起の良いものとして売られます。大きいのや、小さいの、当ったけれども割れなかったのもあります。

Dse_3263a

今日の記事の最後にはアニメーションが入りますので見てくださいね。

Imm_1582a

的が的中すれば「五穀豊穣」

Imm_1583a

次の的までの間に弓を用意・・・的の間を馬は5秒で疾走するそうです。

Imm_1584a

射手の方が射終わると戻ってこられます。

Imm_1551a

今日の撮影は夫任せです。私は・・・豆餅食べながらの観賞です。

Imm_1606a

Imm_1607a

2006年はこちらです。カテゴリーを三大祭にしてました。ややこしい事。

Imm_1608a

葵祭の一環ですから。。。皆さん「葵の葉」をつけておられます。

Imm_1446a

「流鏑馬神事」の終りの行列。葵祭・路頭の儀の行列までまだまだ前儀は続きます。

Imm_1795a

◆アニメーションです。下の写真をクリックして下さい。

Imm_16988_99a

いつもクリック有り難うございます。今日も宜しく。
  --------------------------------------------------------------
       是非よろしく→     こちらも → にほん

ブログ村 旅行ブログへ
  --------------------------------------------------------------

Imm_1497a

| | コメント (6)

2008年1月26日 (土)

下鴨神社の河合神社 雪景色

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。

Dsc_9423a
※写真は全て拡大します。

昨日はなんて運が悪いんだろうか・・・折角雪が少し積もった日なのに胆石手術用の検査日に当たってました。9時予約、1時間の点滴も合わせて2時間ビッチリの検査。終わった頃にはほとんど雪も溶けて、粉雪が舞っていました。
症状といえば昔から右上腹部と背中が時々痛いだけですが、昨年7月に胆石があると分ったからには取ってしまうことにしました。

京都は北を「上がる」と言い、南に行くことを「下る」というように自転車はキツイです。初めて変速付きの自転車を買ったのに、何だかこのごろ最速にしないと楽に進まない。最速は足が疲れるし、もうイヤ!。

糺の森は冬枯れで何となく侘しかったから、写真を撮る事を忘れてしまっていました。
下鴨神社の赤い楼門は雪が無さそうだったから方丈記、鴨長明ゆかりの「河合神社」をお届けします。

  Dsc_9477a

これを撮っていた時に横を通り抜けていった2人の若い女性の会話・・・。
「写真撮ったら霊が乗り移るから・・・・むにゃむにゃ~」 

え~ッ貴女たち、今どきの若い人ですよねッ!! うちのお婆ちゃんだってそんな事言いませんよ!。ねえ貴女たち!今は卑弥呼の時代ですか?
お寺、神社は悪霊が一杯なの? 先祖は子孫をたたるの? おかしくない~!?

あなた達、もう一度科学の授業を小学校からやり直して先進日本にして下さい!!。 
どうも時代が後退している。・・・って、言ってやりたかったなあ。
占いとか、スピ何とかに馴染めない私です。

Dsc_9474a

こういうの「良いなあ」と思うのです。古い神社の苔むした屋根に積もる新雪。

Dsc_9438a

古い落葉の下には新しい芽が生まれる。

Dsc_9436a

六社です。

Dsc_9447a

ここにも、ほら。 新しく葺き替えられた屋根の上は古い苔。

Dsc_9463a

ここにも新しい息吹が。

Dsc_9454a

綺麗な桧皮葺への奉納は・・・。宜しくね。私は宣伝のみです。

 Dsc_9468a

昨日の雪の「子安の塔」。未公開写真も多かったし、私の好きなのばかりでした。
でも枚数少ないし、手抜きに見られたのかなあ。。。手厳しいポイントでした。(大泣き)
入院中はどうなるのかなあ?、誰も応援してくれないのかなあ・・・せめても息子達は毎日クリックするだろうね!! そんな事を考えてます、、、あかん・あかん止めとこ。

Dsc_9467a

両側の狛犬が可愛いでしょ。いいのかな、こんな書き方して。(アッ見えませんか?)
お寺や神社のことを書くとき、とっても気を遣います。変なこと書いて笑われないないだろうか? 叱られないだろうか? 主観を入れたらダメだろうか? って。
だからいつもそっけない説明になってます。魅力無いですね。

Dsc_9466a

下鴨神社は”下鴨神社の四季”でまとめています。「つれづれ編」をリンクします

Dsc_9475a

時折り雪が舞います。

Dsc_9427a

この頃お決まりの絵馬とお守り・・・不信心とはいえ可愛い絵は大好き。
「ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」 方丈記ですね

Dsc_9439a

今日も別の検査があるのですよ。ベルトの上を歩いて心電図とるんですって。京都散策でこんなに歩いているのに。朝は雪が積もってるかな? だったらまた運が悪い。

◆いつも御覧いただき有り難うございます、今日もクリックよろしくお願いします。 
  ----------------------------------------------------------------
     ブログランキング 参加中。毎日の励みになりますのでクリックしてね  
       是非よろしく→     こちらも → にほん

ブログ村 旅行ブログへ
  ----------------------------------------------------------------

Dsc_9434a

| | コメント (10)

2007年10月 2日 (火)

下鴨神社 糺の森と藤袴

Dsc02905a

来年の平成20年、「源氏物語」が誕生して千年を迎えます。一千年の大きな節目の機会と捉えて『源氏物語千年紀』なる催しが計画されているようです。
平安時代には都のあちらこちらに自生していたであろう藤袴ですが、今は環境省の絶滅危惧種になっているそうです。今「守ろう!藤袴」キャンペーンで市内30ヶ所ほどに藤袴の鉢が置かれています。下鴨神社に置かれていました。

同じ野の 露にやつるる藤袴 あはれはかけよ かごとばかりも  (源氏物語三十帖)

光源氏の使者として玉鬘を訪れた夕霧が、藤袴の花に託して、恋するひとに贈った恋の歌です。 
藤袴は、中国から渡来したキク科の多年草で、万葉集に詠まれた秋の七草の一つです。花は藤色がかった白で、平安時代から河原や野辺に咲く山野草として親しまれてきました。乾燥させた藤袴は香料としても用いられ、往事の女性達は藤袴を香袋に入れ、十二単にしのばせていたようです。(以上「守ろう!藤袴」キャンペーンのKBS京都)。
『源氏物語千年紀』の催しの宇治の記事はこちらです。

ほのかに香りがあるそうなのですが、ほのか過ぎたのか写真に夢中で分らなかった。開花期間は約2週間だそうです。

Dsc02903a

今日は下鴨神社の「糺の森」 (ただすのもり)です。
下鴨神社本殿から南へ河合神社に至る境内の12ヘクタールにおよぶ森。河合神社の祭神・多々須(ただす)玉依姫にちなむ地名とか、下鴨神社の祭神賀茂建角身命が、この地で人民の争いをしらべただしたことによるとの伝説もある。

Dsc02916a

原生樹林を残す森林で、樹齢200年から600年の樹木約600本が生い茂っているそうです。奈良の小川、瀬見の小川、泉川、御手洗川が流れています。

Dsc02917a

Dsc02914a

細い散策路を楼門まで歩きます。

Dsc02919a

カテゴリー「下鴨神社 四季」としてまとめています。「つれづれ編」はこちらです

Dsc02888a

ここは何度も撮っていますね。

Dsc02890a

水のある所「アオサギ」がいます。いつも無視されますが居るだけで嬉しい。

Dsc02895a

嫌われたようで、行ってしまいました。

Dsc02896a

湯川英樹博士が歩いておられたのはこの道でしょうね。

Dsc02897a

楼門への参道の東側に、この散策路はあります。

Dsc02898a

参道が真っ直ぐなのに対してこちらはクネクネした道です。

Dsc02899a

萩が咲いているかなあと思って訪れましたが、遅すぎたようです。

Dsc72900a

Dsc02902a

楼門。。いつ見ても綺麗です。

Dsc02908a

奈良の小川にはお祀りがされています。

Dsc02910a

ここ下鴨神社でも中秋の名月の日に「名月管弦祭」があるのですが(行った事はありません)、想像しただけでも人出が多そうだったので上賀茂神社に行きました。どうも混雑は苦手なので。

Dsc02912a

やっぱり鳥居と楼門のこの景色は外せません。

Dsc02909a

  ----------------------------------------------------------------
    ブログランキング参加中。毎日の励みになりますのでクリックしてね 
      是非よろしく→     こちらも→ にほんブログ村 旅行ブログへ
  ----------------------------------------------------------------
Dsc02889a

| | コメント (12)

2007年8月12日 (日)

下鴨神社 納涼古本まつり

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。※写真は全て拡大します。

Imk_1434a

昨日の11日(土)から16日まで、下鴨神社で「納涼古本まつり」が行われています。陶器市と並んで「夏の風物詩」になりそう。

16日といえば「大文字・五山送り火」です。ここで最終日の「古本まつり」を楽しんでから、8時点火の送り火を、出町柳の河原で見るのが良いですね。

Imk_1378a

初日の昨日はカンカン照り。

Imk_1386a

今日も36度を越えそうですが、下鴨神社の糺の森の大木の下は涼しそう。

Dsc00296a

カキ氷屋さんとうどん屋さんが出ています。

Dsc00297a

古書の店の数は40軒ほど。京都古書店のサイトです。
古書籍の市は年3回あります。
5月の連休中・・みやこめっせ。8月・・下鴨神社。11月・・知恩寺(百万遍)

Imk_1410a

100円以下から数万円、数十万円のものもあるとか。

Dsc00299b

の~んびり、の~んびり見て歩きます。
「下鴨神社の四季」として独立カテゴリーがあります。  (葵祭りは別)

Dsc00304b

古い映画のポスターは2000円だったかしら。ビデオカセットは100円。

Imk_1429a

百円均一コーナーはいつも盛況です。

Imk_1436a

浮世絵、五十三次の版画もあります。

Dsc00300b

児童書コーナーもありますよ。

Imk_1465a

私はここで、ターナーの銅版画を集めました。現在14枚、ほぼこれで満足。

Imk_1397a

下鴨神社の楼門です。

Imk_1452a

Imk_1450a_2

奈良の小川で・・・ほほえましいけど・・・いいのかしら。

Imk_1389a

宅急便で配達も出来ますよ。河合神社の横を通って駐車場です。

Imk_1529a   

今日は「瑞泉寺」の次に行った所が予定でしたが、タイムリーな記事にしました。

◆いつも御覧いただき有り難うございます。

  ----------------------------------------------------------------
    ブログランキング参加中。毎日の励みになりますのでクリックしてね 
     是非よろしく→     こちらも→ にほんブログ村 旅行ブログへ
  ----------------------------------------------------------------

Imk_1408a

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

2012 祇園祭 | 2013 2014 祇園祭 | 2015 紅葉 1 | 2015 紅葉 2 | 2015 紅葉 3 | 2015 紅葉 4 | 2015 紅葉 5 | 2015~ 祇園祭 | You tube 1 | You tube 2 | You tube 3 | You tube 4 | You tube 5 | You tube 6 | ■ 写真掲載 当ブログ紹介■ | ■ 写真掲載 当ブログ紹介 2 ■ | ■散策・00' 京都駅 壬生界隈 五条  | ■散策・00 三条 四条通 先斗町 | ■散策・01 ◆東山七条 博物館 三十三間堂 | ■散策・02 ◆博物館~六波羅蜜寺 大和大路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 2 | ■散策・04 ◆清水寺~三年坂~ 高台寺 | ■散策・05 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ■散策・06 ◆ねねの道 石塀小路 八坂神社 | ■散策・07 祇園 柳の白川他 Gion | ■散策・08 ◆八坂神社 円山公園~平安神宮 | ■散策・09' 知恩院  | ■散策・09 青蓮院 | ■散策・10 平安神宮 四季 Heian shrine | ■散策・11 東大路通 聖護院界隈 | ■散策・11' 美術館 岡崎界隈 | ■散策・12 ◆平安神宮~南禅寺~永観堂 | ■散策・14 ◆哲学の道 (疏水沿い) | ■散策・15 ◆哲学の道 (寺院) | ■散策・17 真如堂の四季  | ■散策・19 鴨川 賀茂川 高野川 | ■散策・20 西陣 他市中の寺院 | ■散策・21 右京区 法金剛院 松尾大社 | ■散策・23 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 | ■散策・24 詩仙堂・曼殊院・比叡山麓 | ■散策・25 大原 八瀬 (紅葉は別) | ■散策・26 比叡山と延暦寺 | ■散策・27 鞍馬山~貴船 | ■散策・28 鷹峯 西賀茂 (紅葉は別) | ■散策・29 上賀茂神社 社家 深泥池 | ■散策・30 嵐山 太秦 Arashiyama | ■散策・31 嵯峨野 鳥居本 化野 | ■散策・32 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策・33 山科 醍醐 | ■散策・34 伏見 | ■散策・35 宇治 宇治の社寺 | ■散策・36 大山崎 大原野 西山 | ■散策・37 八幡 加茂町 城陽 府下 | ■散策・38 他県 海外  | ■散策1 出町・三角州 川端通り 鳥 | ■散策1 北白川 疏水も | ■散策1 平安京 聚楽第 | ■散策1 御所周辺 梨の木神社 他 | ■散策1 烏丸・六角堂あたり | ■散策1 狸谷山 | ■散策1 祇園以北 東山 | ■散策1 西陣 市中 | ■散策2’ 醍醐 山科 | ■散策2 ねねの道 八坂神社 石塀 | ■散策2 三尾(高雄 槙尾 栂尾)  | ■散策2 三年坂 二年坂 | ■散策2 三条 四条 木屋町 新京極 | ■散策2 京都駅 界隈 | ■散策2 伏見 酒蔵 | ■散策2 八幡市 加茂町 他府下 | ■散策2 北白川 疏水 | ■散策2 哲学の道 (寺院編) | ■散策2 哲学の道 (道編) | ■散策2 大原 八瀬 Ohara | ■散策2 宇治 uji | ■散策2 岡崎公園 疏水 三条通り北 | ■散策2 嵐山 渡月橋 太秦 Arashiyama | ■散策2 嵯峨野 鳥居本 | ■散策2 祇園白川 柳の白川 Gion | ■散策2 西山 大山崎 大原野 | ■散策2 西陣 市中 | ■散策2 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | ■散策2 鷹峯 西賀茂 | ■散策3 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策3 伏見 酒蔵 | ■散策3 宇治 | ■散策3 嵐山 渡月橋 太秦  | ■散策3 嵯峨野 鳥居本 | ■散策3 祇園白川 柳の白川 | ■散策3 西陣 市中 | ■散策3 醍醐 山科 | ■散策4 伏見 酒蔵 | ■散策4 醍醐 山科 | □ 2008 宵山 祇園祭 | □ 2008 宵山 祇園祭 2 | □ 2009 桜 1 | □ 2009 桜 2 | □ 2009 桜 3 | □ 2009 桜 4 | □ 2009 桜 5 | □ 2009 紅葉 1 | □ 2009 紅葉 2 | □ 2009 紅葉 3 | □ 2009 紅葉 4 | □ 2009 紅葉 5 | □ 2010 桜 1 | □ 2010 桜 2 | □ 2010 桜 3 | □ 2010 桜 4 | □ 2010 桜 5 | □ 2007 祇園祭 | □1 【桜 花】 右京区 嵐山 嵯峨野 | □2 【桜】 御所 市中 賀茂川 高野川 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い | □4 【桜 花】 東山(南) 円山 伏見区 宇治 | □4' 【夜桜】 祇園 高瀬川 他 Gion | □5 【紅葉 2】 吉田山 東山 | □5 【紅葉】 吉田山 東山 | □5' 【紅葉】 哲学の道 寺院も | □6 【紅葉】 嵐山 嵯峨野 洛西 | □6' 【紅葉】 大徳寺 など | □7 【紅葉】 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | □7' 【紅葉 2 】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □7' 【紅葉】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □8 【紅葉】 伏見 宇治 | □8' 【紅葉】 鷹ヶ峰 上賀茂 北区 上京区 | □9 【紅葉】 大原 古知谷 八瀬 | □9'【雪の日】 洛北 洛東 | □9'【雪の日】 洛西 | □ 【紅葉】 市中 下鴨神社 | □ 桜 2 右京 西陣 嵐山 西山 | □ 桜 2 哲学の道 洛北 | □2【雪の日】 洛北 洛東 | □2【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □3【雪の日】 洛北 洛東 | □3【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □4【雪の日】 洛北 洛東 | □5【雪の日】 洛北 洛東 | ○ 1 京都御苑とその界隈 Imperial Palace | ○ 2 仙洞御所 (特別参観) | ○ 3 桂離宮 (特別参観) | ○ 1 京都御所(特別参観)Imperial Palace | ○ 1 桂離宮 Katsura Imperial Villa | ○ 2 南禅寺・塔頭・水路閣 | ○ 2 天龍寺 塔頭 | ○ 2 建仁寺 塔頭 | ○ 2 東福寺 塔頭 | ○ 3 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace | ○ 3 東福寺 塔頭 | ○ 4 東福寺・塔頭 | ○ 5 東福寺 塔頭 | ○0 京都五山 別格 南禅寺・ 塔頭 水路閣 | ○1 京都五山 第一位 天龍寺・ 塔頭 | ○2 京都五山 第二位 相国寺 | ○3 京都五山 第三位 建仁寺 | ○4 京都五山 第四位 東福寺・ 塔頭 | ○5 京都五山 第五位 万寿寺 | ○1 修学院離宮 | ○2 修学院離宮 | ● 1 法然院の四季 | ● 2’ 下鴨神社の四季 | ● 2 上賀茂神社 社家 深泥池 | ● 2 泉涌寺と界隈 | ● 2 法然院の四季 | ● 2 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ● 2 真如堂の四季 | ● 3 泉涌寺と界隈 | ● 二条城と近辺 Nijo-jo Castle | ● 伏見稲荷大社 | ● 北野天満宮 上七軒 | ● 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 大覚寺 大沢の池 | ● 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 | ● 御室 仁和寺 | ● 智積院 | ● 東寺 塔頭 界隈 | ● 東本願寺 | ● 泉涌寺と界隈 | ● 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 1  | ● 西本願寺 | ● 西本願寺 2 | ● 金閣寺 Kinkakuji Temple | ● 銀閣寺 Ginkakuji Temple | ● 黄檗山 萬福寺 | ● 龍安寺 等持院 | ● 1 下鴨神社の四季 | ● 2 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 2 大覚寺 大沢の池 | ● 2 平安神宮 四季 Heian shrine | ● 2 東寺 塔頭 界隈 | ● 3’ 下鴨神社の四季 | ● 3 上賀茂神社 社家 深泥池 | ★ 2010 紅葉 1 | ★ 2010 紅葉 2 | ★ 2010 紅葉 3 | ★ 2010 紅葉 4 | ★ 2010 紅葉 5 | ★ 2010 紅葉 6 | ★ 2011 紅葉 1 | ★ 2011 紅葉 2 | ★ 2011 紅葉 3 | ★ 2011 紅葉 4 | ★ 2011 紅葉 5 | ★ 2011 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 1 | ★ 2012 紅葉 2 | ★ 2012 紅葉 3 | ★ 2012 紅葉 4 | ★ 2012 紅葉 5 | ★ 2012 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 7 | ★ 2012 紅葉 8 | ★ 嵐山・花灯路 2 | ★ 2011 桜 1 | ★ 2011 桜 2 | ★ 2011 桜 3 | ★ 2011 桜 4 | ★ 2012 雪景色 1 | ★ 2012 雪景色 2 | ★ 2011 雪景色 1 | ★ 2011 雪景色 2  | ★ 2011 雪景色 3 | ★ 2011 雪景色 4 | ★ 2013 雪景色 1 | ★ 2013 雪景色 2 | ★イベント情報 | ★ライトアップ寺院 お祭り | ★東山・花灯路 2 | ★東山・花灯路 3 | ☆ 2012 桜 1 | ☆ 2012 桜 2 | ☆ 2012 桜 3 | ☆ 2012 桜 4 | ☆★ 2015 桜 1 | ☆★ 2015 桜 2 | ☆★ 2015 桜 3 | ☆★ 2015 桜 4 | ☆☆2015 雪景色 1 | ☆☆2015 雪景色 2 | ☆ 2013 桜 1 | ☆ 2013 桜 2 | ☆ 2013 桜 3 | ☆ 2013 桜 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 1 | ☆ 2013 秋 紅葉 2 | ☆ 2013 秋 紅葉 3 | ☆ 2013 秋 紅葉 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 5 | ☆ 2014 桜 | ☆ 2014 秋 紅葉 1 | ☆ 2014 秋 紅葉 2 | ☆ 2014 秋 紅葉 3 | ☆ 2014 秋 紅葉 4 | ☆ 2014 雪景色 1 | ☆ 2014 雪景色 2 |  時代祭 1 |  1  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  1 三千院 |  1 京の山を歩く |  1 京大・界隈 |  1 京懐石 普茶料理 他 |  1 京都の大学を訪ねて |  1 京都の教会 |  1 京都の眺望 |  1 京都クイズ 壁紙・投票 |  1 伏見 御香宮神社 |  1 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  1 写真集 話題 |  1 吉田山 散策 |  1 周山 美山 北山 京都北部 |  1 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂 |  1 壁紙 Wall Paper |  1 大文字山 五山送り火 |  1 寺町通り (出町から北) |  1 平等院 |  1 庭 夢想国師の庭 |  1 庭 小堀遠州の庭 |  1 庭 小川治兵衛の庭 |  1 庭 相阿弥の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 2 |  1 庭 重森三玲の庭 3 |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅰ (北部) |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅱ (東部) |  1 庭園めぐり・・・洛西 Ⅰ (北部) |  1 手づくり市 |  1 植物園 花だより |  1 空 犬・猫・鳥 その他 |  1 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  1 車窓から |  1 近代建築を訪ねて |  1 高台寺 圓徳院 |  2  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  2 ご挨拶 |  2 三千院 |  2 京の川 鴨川 桂川 高野川 |  2 京大・界隈 |  2 京都の眺望 |  2 京都御苑 御所 Imperial Palace |  2 他府県 |  2 仙洞御所 |  2 伏見 御香宮神社 |  2 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  2 伏見稲荷大社 摂社 |  2 会席 甘党 |  2 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  2 出町 三角州 川端通り |  2 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  2 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  2 吉田山 散策 |  2 周山 美山 北山 京都北部 |  2 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂など |  2 大文字山 五山送り火 |  2 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  2 寺町通り (出町から北) |  2 平等院 |  2 御室 仁和寺 |  2 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  2 智積院 |  2 東大路通 丸太町通 聖護院 |  2 東山七条 三十三間堂 |  2 松尾大社 梅宮神社 苔寺 |  2 植物園 北山 |  2 比叡山 延暦寺 |  2 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 |  2 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  2 滋賀県 福井県 奈良県など近県 |  2 知恩院と界隈 |  2 空 鳥 猫 犬 |  2 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  2 西本願寺 |  2 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  2 蹴上まで |  2 車窓から |  2 近代建築 |  2 銀閣寺 |  2 青蓮院 将軍塚 |  2 鞍馬 貴船 |  2 高台寺 圓徳院 |  2 龍安寺 等持院 |  3 ねねの道 八坂神社 石塀小路 |  3 三条 四条 木屋町 新京極 |  3 京の川 |  3 京都駅界隈 壬生 他 |  3 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  3 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  3 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  3 出町 三角州 川端通り |  3 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  3 南禅寺 塔頭 水路閣 |  3 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  3 吉田山 散策 |  3 哲学の道 寺院 |  3 哲学の道 疏水沿いの道 |  3 大原 宝泉院 勝林院ほか |  3 大徳寺 今宮神社 船岡山 |  3 大覚寺 大沢の池 |  3 天龍寺 塔頭 |  3 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  3 寺町通り (出町から北) |  3 岡崎公園 岡崎疏水 |  3 平安神宮の四季 |  3 建仁寺 塔頭 |  3 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  3 智積院 |  3 東大路通 丸太町通 聖護院 |  3 東寺 塔頭 界隈 |  3 東山七条 三十三間堂 |  3 植物園 北山通り |  3 比叡山 延暦寺 |  3 清水寺の四季 |  3 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  3 真如堂の四季 |  3 空 犬 猫 鳥 |  3 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  3 西山 大山崎 大原野 |  3 西陣 市中 |  3 西陣 白峰神宮ほか |  3 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  3 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  3 近代建築 |  3 青蓮院 将軍塚 |  3 鞍馬 貴船 |  3 食事 懐石 甘党 |  4 三条 四条 木屋町 新京極 |  4 上賀茂神社 深泥池 他 |  4 下鴨神社の四季 |  4 京の川  |  4 京都駅 界隈 |  4 伏見 稲荷 藤の森 鳥羽 |  4 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  4 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  4 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  4 南禅寺 塔頭 水路閣 |  4 吉田山 散策 |  4 大覚寺 大沢の池 |  4 天龍寺と塔頭 |  4 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  4 宇治 |  4 岡崎公園 岡崎疏水 |  4 嵐山 渡月橋 保津川 |  4 嵯峨野 鳥居本 |  4 平安神宮の四季 |  4 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace |  4 比叡山 延暦寺 |  4 泉涌寺 その界隈 |  4 真如堂の四季 |  4 空 犬 猫 鳥 |  4 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  4 西陣  |  4 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  4 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  4 鞍馬 貴船 |  4 食事 懐石 甘党 |  5 下鴨神社の四季 |  5 京の川  |  5 伏見 酒蔵 濠川 |  5 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  5 南禅寺 塔頭 水路閣 |  5 吉田山 散策 |  5 宇治 |  5 嵐山 渡月橋 保津川 |  5 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  5 御所(京都御苑) 四季 |  5 真如堂の四季 |  5 空 犬 猫 鳥 |  5 糺の森 河合神社 |  5 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  5 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  5 醍醐 山科 |  6 下鴨神社の四季 |  6 京の川  |  6 吉田山 散策 |  6 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  6 御所(京都御苑) 四季 |  6 東福寺 塔頭 |  6 糺の森 河合神社 |  6 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  6 醍醐 山科 |  7 下鴨神社の四季 |  7 京の川 |  8 京の川 | おみくじ お守り | ご挨拶 | その他 | 一休寺 京田辺市 | 京都めぐり 1 | 京都めぐり 2 | 京都めぐり 3 | 京都めぐり 4 | 京都めぐり 5 雪特集 | 京都めぐり 6 | 京都めぐり 7 | 光明院の四季 1 (東福寺・塔頭) | 光明院の四季 2 (東福寺・塔頭) | 嵯峨野 竹林 1 | 携帯・デジカメ | 松ヶ崎疏水 春秋 | 滋賀県 琵琶湖 福井県など近県 | 石峰寺 (五百羅漢・伊藤若冲) | 祇園祭 2009 2010 | 祇園祭 2011 | 祇園祭 2011 2  | 祭 行事 ライトアップ 冬 1 | 祭 行事 ライトアップ 冬 2 | 祭 行事 ライトアップ 冬 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 1 | 祭 行事 ライトアップ 夏 2 | 祭 行事 ライトアップ 夏 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 4 | 祭 行事 ライトアップ 夏 5 | 祭 行事 ライトアップ 夏 6 | 祭 行事 ライトアップ 春 1 | 祭 行事 ライトアップ 春 2 | 祭 行事 ライトアップ 春 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 1 | 祭 行事 ライトアップ 秋 2 | 祭 行事 ライトアップ 秋 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 4 | 祭 行事 ライトアップ 秋 5 | 花の京都 初夏 1 | 花の京都 初夏 2 | 花の京都 初夏 3 | 花の京都 初夏 4 | 花の京都 初夏 5 | 花の京都 初夏 6 | 花の京都 初夏 7 | 花の京都 夏 1 | 花の京都 夏 2 | 花の京都 夏 3 | 花の京都 夏 4 | 花の京都 夏 5 | 花の京都 新緑 青もみじ 1 | 花の京都 新緑 青もみじ 2 | 花の京都 春 1 | 花の京都 春 2 | 花の京都 春 3 | 花の京都 春 4 | 花の京都 春 5 | 花の京都 春 6 | 花の京都 秋 1 | 花の京都 秋 2 | 花の京都 秋 3 | 著作権 | 葵祭 1 | 葵祭 2