5 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本

2015年2月 8日 (日)

雪の滝口寺と祇王寺 哀しいお話

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Dscn3165a
※写真は全てクリックで拡大します。

祇王寺には何度も訪れますが、その上にある滝口寺には滅多に訪れることはなくて・・・。今日は滝口寺の本堂から下りてくるかたちで写真を入れます。

「平家物語」滝口入道と横笛の悲恋で知られている滝口寺です。

滝口と横笛の悲恋物語・・・
平家全盛の時代。ある日、平清盛が花見の宴を催しました。ここに平重盛の部下の斎藤時頼も参加していました。
宴の余興として、建礼門院(重盛の妹)に仕えていた横笛が舞を披露し、それを見た時頼は横笛の美しさ、舞の見事さに一目惚れしてしまいました。

Dscn3172a

時頼の父はこの身分違いの恋愛を許さず、傷ついた時頼は横笛には伝えずに出家を決意。嵯峨の往生院に入り「滝口入道」と名乗り、横笛への未練を断ち切るために仏道修行に入りました。

(「滝口入道」とは、斎藤時頼が宮中警護に当たる滝口武者であった為、出家後の名前の由来となりました。また、修行に励んだ往生院が現在の「滝口寺」です)

Dscn3173a

これを知った横笛は、時頼を探しにあちこちの寺を尋ね歩きます。ある日の夕暮れ、嵯峨の地で、時頼の念誦の声を耳にします。時頼に会いたい一心の横笛でしたが、時頼は「会うは修行の妨げなり」と拒み、横笛を帰しました。

横笛は都へ帰る途中、指を斬り、その血で石に思いを書き記したといいます。 

   「山深み 思い入りぬる 柴の戸の  まことの道に 我を導け」

Dscn3167a

滝口入道は、これからも横笛に尋ねてこられては修行の妨げになるからと、女人禁制の高野山静浄院へ居を移します。
それを知った横笛は、悲しみのあまり病に伏せ亡くなりました。(大堰川に身を投げたともいわれています)

Dscn3179a

向こうに見えるのは「小松堂」。時頼の主君・小松内大臣・平重盛を祀ります。

Dscn3169a

横笛の歌石

Dscn3162a

1枚古い写真を入れます。(2007年の撮影ですが石柱も新しいですね)

横笛が自らの指を切り、血で歌を書いたという石が右の自然石。

Imj_6826b

横笛の死を聞いた滝口入道は、ますます仏道修行に励み、高野聖となり、高野山真言宗別格本山の大円院の第8代住職にまでなったといいます。

Dscn3180a

『平家物語』における横笛との悲恋は、明治26年に高山樗牛がそれらを題材にした小説『滝口入道』として発表されました。

青もみじの頃の滝口寺はこちらでご覧ください。

Dscn3183a

滝口寺から下りて行くと「祇王寺」細い一本道(山道)です。

Dscn3182a

----------------------祇王寺---------------------

Dscn3093a

こちらも哀しいお話・・・祇王、仏御前の物語を「平家物語 巻の一」  

平氏全盛の頃、都に白拍子の上手「祇王と祇女」という姉妹がいました。
姉の祇王が清盛の寵愛を得、妹の祇女も有名となり、毎月百石百貫の手当てもあって安穏と暮らしていました。

Dscn3189a

ある日、仏御前と呼ばれる白拍子が清盛の館にやって来て、舞をお目にかけたいと申し出ました。「祇王がいるところには叶うまいぞ」と追い返したものの、祇王が「私も同じ白拍子の身」と取り成して、今様を歌わせました。

Dscn3134a

昨日までの祇王への寵愛は何処へやら、清盛は仏御前に心を移し祇王を追放します。
もとの貧乏暮らしに戻った祇王の家族に代わり、仏御前の家族は栄えます。翌年、清盛は仏御前が退屈しているからと祇王を無理矢理呼び寄せました。

はるか下の座敷に祇王が通されたのを知った仏御前は気の毒でなりません。祇王をこちらへ通し自分には暇を出して下さいと願いますが清盛は聞き入れませんでした。

Dscn3107a

「かくて都にあるならば 又うき目を見むずらん 今は都を外に出でん」と言い、祇王(21才)、祇女(19才)、母刀自(45才)3人は尼となり嵯峨野のこの地で仏門に入りました。

Dscn3113a

母子三人が念仏しているところに竹の編戸をたたく者が。。。
清盛の館を抜け出し剃髪して尼の姿でやって来た仏御前(17才)でした。

Dscn3115a

祇王は「わずか十七にこそなる人の、浄土を願わんと深く思い入り給うこそ」と4人で住むこととし、みな往生の本懐を遂げたのでした。

Dscn3129a

秋に来たとき、本堂の前に白猫のまろみちゃんの像がありましたが、この日見つけました・・・手水鉢の横に石に彫られたまろみちゃん。お賽銭があげられて、皆から可愛がられていたことが忍ばれます。

Dscn3131a

寒牡丹。白雪の中で鮮やかに花開いていました。

Dscn3148a

滝口寺と祇王寺・・・どちらも男性に振り回された哀しい身の上ですね。

Dscn3139a

今日も御覧いただき有り難うございます。励みになりますので、クリックよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Dscn3153a

| | コメント (6)

2015年2月 7日 (土)

雪の化野念仏寺

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmq_6898a
※写真は全てクリックで拡大します。

先日の雪の日に愛宕念仏寺、平野屋を訪れた後で、愛宕街道を南に下がり化野念仏寺にやって来ました。ここまで来ると雪はそれほど積もっていなくて、「雪の化野念仏寺」は少し大げさかも知れません。

Jmq_6869a

化野念仏寺
弘仁2年(811年)空海が五智山如来寺を建立し、野ざらしになっていた遺骸を埋葬したのが始まりとされ、後に法然が念仏道場を開き念仏寺となりました。

Jmq_6874a

入口から順路に沿って歩くと仏舎利塔(写真奥の左)があります。その右に京都ではこの寺しか見ることができないトラナ(鳥居)が建っています。

Jmq_6883a

化野(あだしの)の地は古来より葬送の地で、葬られた人々のお墓としてたくさんの石仏・石塔が置かれていました。何百年という歳月を経てこれらのお墓は無縁仏となってしまい、化野の山野に散乱埋没していました。

Jmq_6882a

明治36年頃に地元の人々も協力して、散在していた約8000体の石仏・石塔を集め、賽の河原に模した「西院の河原」としてこの場所に安置したのです。

Jmq_6884a

その多くは、長年の風雨にさらされて原型をとどめていません。

Jmq_6888a

毎年8月23、24日に、西院の河原にまつられている多数の無縁仏にロウソクを灯して供養する「千灯供養」(せんとうくよう)が行われます。

Jmq_6892a

延命地蔵尊 新しく生まれた子を守り、その寿命を延ばすとか。

Jmq_6900a

寺務所の中央のはり紙には、「子供しかるな来た道だ 年寄り笑うな行く道だ」とあります。永六輔氏が、浄土宗の信徒の言葉として紹介したものだそうです。実は、この続きもあるのですが…

Jmq_6902a

境内の奥に水子地蔵尊が祀られています。

Jmq_6945a

龍の背中のよう

Jmq_6921a

更に奥に進むと、竹林の坂道があります。それほど長くはないのですが洗練された美しさがあり、いろいろなところで写真や動画が使われています。

Jmq_6923a

坂道を上ると、六面六体地蔵が祀られています。地獄、餓鬼、畜生、修羅、人道、天道の六つの世界(六道)のお地蔵さんで、それぞれ人々を救ってくれるそうです。

Jmq_6934a

天道から人道への時計回りで水を掛けてお参りして、そのとき「オン・カカカ・ビサンマエイ・ソワカ」と唱えるのだそうです。

Jmq_6938a

帰る頃にまた雪が降ってきました。

Jmq_6958a

化野念仏寺を出て、愛宕街道をさらに南に行きました。

Jmq_6968a

ここまで来ると、ようやく雪も止んで明るくなってきました。

Jmq_6977a

この日の後、京都南部に雪が降るかも知れないという天気予報が何度かありましたが、積もる程ではありませんでした。このまま暖かくなるのでしょうか?

今日も見に来てくださって、ありがとうございます。励みになりますので、ブログランキングの応援のクリック↓をしていただけると嬉しいですheart 

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmq_6959a

| | コメント (4)

2015年2月 3日 (火)

雪・嵯峨鳥居本 平野屋

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmq_6812a
※写真は全てクリックで拡大します。

愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)から3-4分下れば「平野屋」が見えてきます。

このあたりは「嵯峨野鳥居本伝統的建造物群保存地区」とされており、特に愛宕神社の一の鳥居に近い上地区は葺の農家風の歴史的風致を形成しています。

Jmq_6778a

平野屋 400年の歴史のある鮎料理屋さん

Jmq_6781a

Jmq_6780b

四季折々に美しい平野屋さん辺りです。下に過去記事です。

  紅葉2007  2011 青もみじ2011 / ★旧 

Jmq_6783a

つたや

Jmq_6788a

Jmq_6791a

愛宕念仏寺から下って4-5分のところです。

Jmq_6849a

先を行くと「化野念仏寺」、数分で着きます。

Jmq_6793a

平野屋を上から

Jmq_6817a

Jmq_6807a

つたやさんを上から

Jmq_6799a

この辺りも京都市です・・・

Jmq_6796a

市内にもこのような風景が見れるのも不思議です。

Jmq_6824a

Jmq_6825a

この先をずっと歩くと・・・嵐山まで。

Jmq_6830a

ランキングの応援のクリックが、ブログの更新の大きな励みです。今日もよろしくお願いします。(できましたら毎日よろしく)

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

京都タワーが意外に近くに見えます。

Jmq_6834a

| | コメント (4)

2013年9月 4日 (水)

落柿舎と去来の墓

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Jmm_9445a
※写真は全てクリックで拡大します。

先日の「嵯峨の送り火」に行く前に、落柿舎の前を通りました。拝観時間を過ぎていましたので周辺の写真だけです。常寂光寺の山門から東に行くと、視界が開けてきます。

Jmm_9419a

この田畑の向こう側に落柿舎があります。ところで、この田畑は落柿舎にとって大事な役割をはたしています。

Jmm_9424a

この田畑のおかげで、去来らが句に詠んだ嵐山を望むことができ、小倉山や竹藪などとともにこのあたりの嵯峨野の景観が保たれているからです。

Jmm_9423a

この田畑や周囲の藪は昭和7年までに風致地区に指定され、昭和41年には田畑が歴史的風土特別保存地区(歴風特別)に指定されました。

Jmm_9433a

つまり、ここでは農業用の小規模な建築物、地下に設ける建築物などを除いて建物の新築や宅地の造成,木の伐採などの現状変更が禁止されています。こちらは比叡山

Jmm_9431a

落柿舎の前から南の方

Jmm_9439a

落柿舎の西にある嵯峨天皇皇女有智子(うちこ)内親王の墓 皇女は初代の賀茂齋院で、女性としては珍しい漢詩人として知られています。

Jmm_9437a

落柿舎の北には向井去来の墓があります。

Jmm_9447a

ここは、天龍寺の塔頭、弘源寺の小倉山墓地になっています。歌碑や句碑が乱立しており、周囲の石垣にも彫ってあります。

Jmm_9450a

ここには去来の遺髪が埋められており、実際の墓は真如堂にあるそうです。

Jmm_9453a

このあたりも、落柿舎に滞在した芭蕉が「嵯峨日記」で詠んだ趣を残しているといわれています。

Jmm_9459a

この後、Googleマップを頼りに大覚寺までなんとかたどり着くことができました。

更新の励みになります。ランキングの応援を宜しく。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmm_9422a

| | コメント (6)

2013年8月27日 (火)

祇王寺 緑の絨毯と青もみじ 

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Amm_5833a
※写真は全てクリックで拡大します。

大沢の池で始まる宵弘法の前に祇王寺に寄ってきました。

緑の絨毯と青もみじ。。。暑い京都の片隅にこのような別世界があります。

祇王寺に来ると・・・

白猫の「まろみちゃん」はどうしているかなあと気になるのです。

Amm_5823a

いつも寝転んでいる所・・・そこだけ苔が無くなってて、お気に入りだったのですね。

Amm_5824a

まろみちゃんは20才だったそうです。7月14日に老衰(多分)で亡くなりました。

Amm_5825a

周りには・・ヤブラン(藪蘭)が咲いていました。

Amm_5832a

緑の中でひっそりと目立たなく・・・優しく咲いていました。

Amm_5855a

2007年に撮ったまろみちゃん。みんなに可愛がられたまろみちゃん。(壁紙です)

Dsc00423s

ふわふわで、正にベットのような苔ですね。

Amm_5862a

苔のベットは涼しくて気持ち良かったでしょうね。

Amm_5911a

淋しくなりました。

Amm_5850a

紅葉の頃、敷き紅葉の頃・・・このお庭は全く色を変えます。

Amm_5852a

Amm_5859a

少しだけ射し込む光にもみじが輝いていました。

Amm_5861a

Amm_5857a

Amm_5877a

Amm_5890a

他にシャムに似た猫ちゃんがいるらしいのですが、人見知りするので出て行かないのですって仰ってました。

更新の励みになります。ランキングの応援を宜しく。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

祇王寺の苔のいろいろ

Amm_5871a

| | コメント (11)

2013年8月25日 (日)

常寂光寺の夏

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Jmm_9380a
※写真は全てクリックで拡大します。

嵯峨の送り火の後半は次回にして、今日の記事は御髪神社の次に訪れた常寂光寺にしました。

常寂光寺は、安土桃山時代末の慶長元年(1596)に、本圀寺の日禎(にっしん)上人の隠棲の地として開かれた。寺号は、永遠で絶対的な浄土を表わす「常寂光土」にちなんだといわれている。(山門)

Jmm_9308a

日禎上人は、六条堀川の大本山本圀寺の法灯をわずか18歳で継ぎ、宗学と歌道への造詣が深く、加藤清正や小早川秀秋などの武将や京都町衆の帰依者も多数いました。

Jmm_9310a

ところが、文禄4年 (1595)秀吉が建立した方広寺大仏殿の千僧供養への出仕をめぐって本山が二派に分裂し、上人は不受不施の宗制を守って出仕に応じず、本圀寺を出てこの地に常寂光寺を開いたのです。写真は仁王門

Jmm_9315a

仁王門は本圀寺客殿の南門を移築したもので、境内で最も古い建造物。仁王像は、身の丈七尺で運慶の作と伝えられています。

Jmm_9321a

仁王像は目と足腰の病にご利益があるとされ、病気平癒の祈願のためにわらじが奉納されています。

Jmm_9316a

本堂は、第2世通明院日韶上人の時代に、小早川秀秋の助力で桃山城客殿を移築したもの。

Jmm_9326a

本堂の左手にある妙見堂 祀られているのは、慶長年間(1596-1610) の保津川洪水の際に上流から流れついた妙見菩薩象。当初船頭が拾って町内に祀られていたが、後の享和年間 (1801-1803)に境内に移された。

Jmm_9357a

御所から西の方角に当たることから「酉の妙見菩薩」とよばれ、江戸末期から昭和初期にかけて、京都市内だけでなく関西一円から開運、厄除けの御利益を願う参拝者で賑わったとのこと。

Jmm_9363a

本堂の裏にある小さな庭園、紅葉の頃は美しいところです。

Jmm_9365a

庭の横を通って小倉山を少し登ると、国の重要文化財・多宝塔があります。元和6年(1620)に京都町衆によって寄進されたと伝えら、内部に釈迦、多宝二仏を安置することから並尊閣とも呼ばれる。

Jmm_9401a

もう少し登ると視界が開けてきます。

Jmm_9394a

さらに登ると、時雨亭跡があります。藤原定家が小倉百人一首を編纂した小倉山の山荘跡とされる場所です。他にも二尊院や厭離庵も時雨亭跡の候補地とされています。

Jmm_9397a

このあたりからは、市内北部が一望できます。

Jmm_9382a

この日は空気が澄んでいて、東山まではっきり見えました。手前の山は双ヶ丘。

Jmm_9389a

Jmm_9385a

奥は比叡山、手前に仁和寺の五重塔が見えます。

Jmm_9387a

上から見た仁王門、紅葉の頃は見事です。

Jmm_9405a

Jmm_9408a

連日の猛暑のせいか、ほとんど人に出会いませんでした。

更新の励みになります。ランキングの応援を宜しく。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmm_9360a

| | コメント (6)

2013年8月23日 (金)

御髪神社と藤原政之 

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Amm_5796a
※写真は全てクリックで拡大します。

嵯峨野の竹林の道が終わるあたりに、トロッコ嵐山駅があります。

Jmm_9257a

駅のすぐそばに小倉池があり、その畔に「日本で唯一の髪の神社」として知られる御髪(みかみ)神社があります。

Jmj_4030a

御髪神社は、京都市の理美容業界関係者らによって昭和36年に創建され、藤原鎌足の末孫・藤原采女亮政之(うねめのすけまさゆき)を祀っている。では、藤原政之とはどんな人物だったのでしょうか。

Amm_5791a

政之の父・北小路左衛尉藤原基春は、亀山天皇の時代(鎌倉時代)に京都御所の北面の武士として宝物の警護にあたっていました。ところが、宝刀・九龍丸の紛失事件の過失により職を解かれ 三男の政之を連れて下関に下ります。

Jmm_9289a

当時の幕府は、蒙古襲来に備えて下関に大勢の武士を集めていたので、刀も集まると考えこの地で宝刀を探そうとしたのです。この日は神職が不在でした。

Jmm_9283a

しかし生活は苦しく、基晴親子は下関で髪結をしていた新羅人からその 技術を学び、武士を客として髪結所を開きました。

Amm_5792a

店の床の間には、亀山天皇と藤原家の先祖を祭る祭壇があり、いつしか下関の人々は「床の間のある店」、「床屋」という屋号で呼ぶようになりました。

Jmm_9281a

その後「床屋」という言葉は全国に広まり、下関には床屋発祥之地の碑があります。一方、父基春の過失を償おうと、長男は反物商人、次男は染物師となって京都で宝刀を探します。

Jmm_9274a

下の写真は髪塚 髪に感謝して、所願成就を祈念するため、髪の一部を副髪として奉納し、永代供養します。

Jmm_9277a

藤原基晴は弘安元年(1278)に没してしまいますが 政之は床屋をつづけながら宝刀の探索を続け、豪商の協力により逐に九龍丸を捜し出して天皇に奉還しました。

Amm_5794a

政之の髪結いは評判を呼び、幕府から京都風の髪を結う髪結職として重用され 鎌倉で屋敷も賜り代々その職を受け継ぎました。

Jmm_9273a

時代は変わり元亀3年(1572)、17代目・籐七郎は、武田信玄との戦いで敗走中の徳川家康を助けた功績により、江戸八百八町の髪結職の営業権を与えられました。また橋見守役や火事の際の奉行所の重要書類搬出などの役目も仰せつかりました。

Amm_5799a

さらに、二代将軍秀忠が「四民髪を結うは勝手のこと 身を綺麗にするは長寿の元なり」という触れ書を出してから、庶民もこぞって髪を結うようになり、江戸時代の風俗文化に大きな影響を与えました。

Amm_5805a

御髪神社は、髪の守護、理美容業界の繁栄、学業成就などの御利益があるとのことです。

Jmm_9303a

小倉池の畔の道を行くと、人形工房&カフェテラスの「アイトワ」があります。

Jmm_9304a

この道をもう少し行くと、常寂光寺の山門に・・・。嵯峨野散策の名所が続きます。

更新の励みになります。ランキングの応援を宜しくm(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

絵馬には理容・美容学校入学祈願や髪の毛の切実な祈願なども。絵馬には黒髪豊かなお姫様が描かれ、「くし形」になってるのも良いですね。

Jmm_9280a

| | コメント (5)

2012年11月28日 (水)

2012 秋 鳥居本から愛宕街道

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Aml_0728a
※写真は全てクリックで拡大します。

下に降りてきました~♪
愛宕神社の一の鳥居も紅葉の中です。(撮影:11月20日)

Aml_0732a

嵯峨野鳥居本
嵯峨野の西北に位置する鳥居本地区は、室町末期頃、農林業や漁業を主体とした集落として開かれました。その後江戸時代中期になると愛宕詣の門前町としての性格も加わり、江戸時代末期から明治・大正にかけてこの愛宕街道沿いには、農家、町家のほかに茶店なども建ち並ぶようになりました。

Aml_0727a_3

平野屋さん

Aml_0754a_2

苔むしたこの屋根が良いのですが・・・いずれまた葺き替えられるんでしょうね。

Aml_0735a_2

「おしんことお抹茶・(桜茶つき)」。(おしんこと甘酒もあります)。 840円

Aml_0749a_2

私、この日は帰るまでポケットに入れたおやつのチーズと、これしか食べていませんでした。撮影時間は短くて・・・休んでなんかいられません。
・・・最後、バスに乗る前に甘春堂でわらび餅を食べました♪甘いのばっかり。

Aml_0751a_2

平野屋の前には嵯峨菊。大覚寺も嵯峨菊展をしていることでしょう。

Aml_0756a

「つたや」さん

Aml_0738a

またこんど入らせていただくことにして。

Aml_0772a

この保存地区は嵯峨野の西北愛宕街道に沿った長さ約600メ-トルの地域で、化野念仏寺を境として、愛宕神社の一の鳥居に近い上地区は主としてかや葺の農家風。下地区は町家風の建物が建ち並んでいます。

Aml_0717a

嵯峨鳥居本町並み保存館には、この辺り一帯の昭和初期を再現した模型が展示されていて、当時の生活の様子を知ることができるそうです。

Aml_0784a

化野(あだしの)念仏寺のところまで下りてきました。

Aml_0798a

今日は無縁仏さんを見る気がしなかったので・・・

Aml_0786a

紅葉に誘われて入り口までだけ行ってみました。

Aml_0788a_2

このあたりのお店屋さんを覗くのはとても楽しい。京都かしら??って気分です。

Aml_0817a

鳥居本からは下りばかりで楽です。

Aml_0832a

京都の紅葉はそろそろ終盤の散紅葉、敷き紅葉に移りかけているようです。

昨日は疲れてしまって・・・ブログに手がいきませんでした。
少し休むと気力は回復します。明日から元通りで記事更新します。

お気に召したら応援のクリック↓をお願いします。元気が出ます。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

化野念仏寺の紅葉

Aml_0791a

| | コメント (4)

2012年11月27日 (火)

2012 秋 鳥居本 平野屋 

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Aml_0643a
※写真は全てクリックで拡大します。

愛宕(おたぎ)念仏寺からスタートの予定でしたが・・・
最近テレビで愛宕念仏寺の羅漢さんたちを取り上げることが多くて・・・。その為か人がいっぱいでした。写真を撮るどころじゃないと思えたので入りませんでした。

なので、道路を戻って・・・

Aml_0639a

「平野屋」さんを上から・・・

Aml_0646a_2

苔むした屋根と紅葉とが、とても綺麗ですね。(撮影:11月20日)

Aml_0663a_2

この日は愛宕念仏寺には入らなかったので・・・

晩秋に行った「愛宕念仏寺 2007年」こちらをご覧ください

Aml_0666a_2

Aml_0654a_2

Aml_0667a_2

愛宕神社の一の鳥居が右に少し見えています。

Aml_0674a

こちらは「つたや」さん

Aml_0668a_2

屋根も葺き替えが済んで、営業されています。

Aml_0675a_2

2007年に撮った「つたや」さんの屋根は見事一面、緑に苔むしていました。

こちらをご覧ください。苔がとても素敵だったので残念な気もします。

Aml_0673a_2

茅葺屋根と紅葉の取り合わせの色も素敵です。苔はこれからですね。

Aml_0681a_2

Aml_0679a_2

このあたりは「嵯峨野鳥居本伝統的建造物群保存地区」とされています。

Aml_0684a

この景色も定番写真になりましたね。

Aml_0698a_2

※昨日は嬉しいことがありました。詳しくは言えませんが・・・
文化財関係のところから、「古い祠の修復にあたり、昔の様子が分からない。もしかしたらブログの写真以外にもその場所を撮った写真がないだろうか・・・って。
・・・有りましたよ・・・2007年の写真でお望みどおりのが2枚。撮っておくものですね。お役に立てて嬉しいです。学術論文に使用されるようです。
来年中には学術誌に掲載され、ネット上でもPDFで公表できるかもということです。

このブログに載せているのは撮った写真の何パーセントでしょうか。
マニアックなものなど撮っても記事には入れてませんので、記録としての京都の写真の数は膨大です。
こういうお申し出は特に嬉しいですね。またどうぞって言っておきました。

そんなやり取りもあって、コメントのお返事ができていませんでしたm(_ _)mゴメンナサイ

今日も紅葉を撮りに出かける予定です。お返事が溜まってしまい申し訳ございませんが、できる限りお返事するつもりです。

お楽しみいただけましたらランキングの応援クリックを宜しく。m(_ _)m
---------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
---------------------------------------------------------------

Aml_0694a

| | コメント (10)

2012年9月 9日 (日)

亀山公園から 保津峡 列車と船 

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Amk_1035a
※写真は全てクリックで拡大します。

亀山公園の展望台から保津峡の景色をお届けします。

渇水状態のようですね。

舟が2つくっついているのは・・・この辺りは保津川下りの終着に近くて、おでんや、みたらし団子、イカ焼き等々を舟で売りに来るところ。

Amk_1026a

あの建物は高級旅館の星のやです。お客が到着されたよう。

Jml_1090a

山の大悲閣千光寺は今修復中です。

Jml_1063a

茶色の屋根の舟は星のやの舟。

Jml_1079a

向こうの山際にトロッコ列車が通っています。

Jml_1084a

桜の頃に展望台を訪れた記事こちら

トロッコ列車からの保津峡の記事こちら

保津川下りの記事 

Amk_1038a

こちらが展望台ですが・・・トロッコ列車が来るまでの間、木の柵を見ていて・・・

Jml_1051a

何かに見えませんか・・・右を頭にして、何か動物のようなのが手を伸ばして空を飛んでいるよう。男の子の顔にも見えるし。そして脊中に黒い帽子を被った人(かな?)が乗ってる。・・・後ろに魚の尻尾のようなのがあるし人魚?

Amk_1031a

こちらは左下にクジラか何かの口に吸い込まれる魚。その右上には空飛ぶ鳥の頭みたいなのが・・・う~ん、楽しい連想が出来る。

Amk_1033a

雲を見て何かを想像するのも楽しいし・・・丸太の表面の模様もまた楽しいものですね。

当ブログをお気に入りにして下さってる皆様、是非ランキングの応援を宜しく。
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

比叡山が木々を額縁にして。

Amk_1029a

| | コメント (9)

その他のカテゴリー

2012 祇園祭 | 2013 2014 祇園祭 | 2015 紅葉 1 | 2015 紅葉 2 | 2015 紅葉 3 | 2015 紅葉 4 | 2015 紅葉 5 | 2015~ 祇園祭 | 2016 桜 1 | 2016 桜 2 | 2016 桜 3 | 2016 紅葉1 | 2016 紅葉2 | 2016 雪景色 1 | 2016~ 葵祭 | 2017 雪景色 | You tube 1 | You tube 2 | You tube 3 | You tube 4 | You tube 5 | You tube 6 | ■ 写真掲載 当ブログ紹介■ | ■ 写真掲載 当ブログ紹介 2 ■ | ■散策・00' 京都駅 壬生界隈 五条  | ■散策・00 三条 四条通 先斗町 | ■散策・01 ◆東山七条 博物館 三十三間堂 | ■散策・02 ◆博物館~六波羅蜜寺 大和大路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 2 | ■散策・04 ◆清水寺~三年坂~ 高台寺 | ■散策・05 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ■散策・06 ◆ねねの道 石塀小路 八坂神社 | ■散策・07 祇園 柳の白川他 Gion | ■散策・08 ◆八坂神社 円山公園~平安神宮 | ■散策・09' 知恩院  | ■散策・09 青蓮院 | ■散策・10 平安神宮 四季 Heian shrine | ■散策・11 東大路通 聖護院界隈 | ■散策・11' 美術館 岡崎界隈 | ■散策・12 ◆平安神宮~南禅寺~永観堂 | ■散策・14 ◆哲学の道 (疏水沿い) | ■散策・15 ◆哲学の道 (寺院) | ■散策・17 真如堂の四季  | ■散策・19 鴨川 賀茂川 高野川 | ■散策・20 西陣 他市中の寺院 | ■散策・21 右京区 法金剛院 松尾大社 | ■散策・23 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 | ■散策・24 詩仙堂・曼殊院・比叡山麓 | ■散策・25 大原 八瀬 (紅葉は別) | ■散策・26 比叡山と延暦寺 | ■散策・27 鞍馬山~貴船 | ■散策・28 鷹峯 西賀茂 (紅葉は別) | ■散策・29 上賀茂神社 社家 深泥池 | ■散策・30 嵐山 太秦 Arashiyama | ■散策・31 嵯峨野 鳥居本 化野 | ■散策・32 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策・33 山科 醍醐 | ■散策・34 伏見 | ■散策・35 宇治 宇治の社寺 | ■散策・36 大山崎 大原野 西山 | ■散策・37 八幡 加茂町 城陽 府下 | ■散策・38 他県 海外  | ■散策1 出町・三角州 川端通り 鳥 | ■散策1 北白川 疏水も | ■散策1 平安京 聚楽第 | ■散策1 御所周辺 梨の木神社 他 | ■散策1 烏丸・六角堂あたり | ■散策1 狸谷山 | ■散策1 祇園以北 東山 | ■散策1 西陣 市中 | ■散策2’ 醍醐 山科 | ■散策2 ねねの道 八坂神社 石塀 | ■散策2 三尾(高雄 槙尾 栂尾)  | ■散策2 三年坂 二年坂 | ■散策2 三条 四条 木屋町 新京極 | ■散策2 京都駅 界隈 | ■散策2 伏見 酒蔵 | ■散策2 八幡市 加茂町 他府下 | ■散策2 北白川 疏水 | ■散策2 哲学の道 (寺院編) | ■散策2 哲学の道 (道編) | ■散策2 大原 八瀬 Ohara | ■散策2 宇治 uji | ■散策2 岡崎公園 疏水 三条通り北 | ■散策2 嵐山 渡月橋 太秦 Arashiyama | ■散策2 嵯峨野 鳥居本 | ■散策2 祇園白川 柳の白川 Gion | ■散策2 西山 大山崎 大原野 | ■散策2 西陣 市中 | ■散策2 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | ■散策2 鷹峯 西賀茂 | ■散策3 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策3 伏見 酒蔵 | ■散策3 宇治 | ■散策3 嵐山 渡月橋 太秦  | ■散策3 嵯峨野 鳥居本 | ■散策3 祇園白川 柳の白川 | ■散策3 西陣 市中 | ■散策3 醍醐 山科 | ■散策4 伏見 酒蔵 | ■散策4 醍醐 山科 | □ 2008 宵山 祇園祭 | □ 2008 宵山 祇園祭 2 | □ 2009 桜 1 | □ 2009 桜 2 | □ 2009 桜 3 | □ 2009 桜 4 | □ 2009 桜 5 | □ 2009 紅葉 1 | □ 2009 紅葉 2 | □ 2009 紅葉 3 | □ 2009 紅葉 4 | □ 2009 紅葉 5 | □ 2010 桜 1 | □ 2010 桜 2 | □ 2010 桜 3 | □ 2010 桜 4 | □ 2010 桜 5 | □ 2007 祇園祭 | □1 【桜 花】 右京区 嵐山 嵯峨野 | □2 【桜】 御所 市中 賀茂川 高野川 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い | □4 【桜 花】 東山(南) 円山 伏見区 宇治 | □4' 【夜桜】 祇園 高瀬川 他 Gion | □5 【紅葉 2】 吉田山 東山 | □5 【紅葉】 吉田山 東山 | □5' 【紅葉】 哲学の道 寺院も | □6 【紅葉】 嵐山 嵯峨野 洛西 | □6' 【紅葉】 大徳寺 など | □7 【紅葉】 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | □7' 【紅葉 2 】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □7' 【紅葉】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □8 【紅葉】 伏見 宇治 | □8' 【紅葉】 鷹ヶ峰 上賀茂 北区 上京区 | □9 【紅葉】 大原 古知谷 八瀬 | □9'【雪の日】 洛北 洛東 | □9'【雪の日】 洛西 | □ 【紅葉】 市中 下鴨神社 | □ 桜 2 右京 西陣 嵐山 西山 | □ 桜 2 哲学の道 洛北 | □2【雪の日】 洛北 洛東 | □2【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □3【雪の日】 洛北 洛東 | □3【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □4【雪の日】 洛北 洛東 | □5【雪の日】 洛北 洛東 | ○ 1 京都御苑とその界隈 Imperial Palace | ○ 2 仙洞御所 (特別参観) | ○ 3 桂離宮 (特別参観) | ○ 1 京都御所(特別参観)Imperial Palace | ○ 1 桂離宮 Katsura Imperial Villa | ○ 2 南禅寺・塔頭・水路閣 | ○ 2 天龍寺 塔頭 | ○ 2 建仁寺 塔頭 | ○ 2 東福寺 塔頭 | ○ 3 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace | ○ 3 東福寺 塔頭 | ○ 4 東福寺・塔頭 | ○ 5 東福寺 塔頭 | ○0 京都五山 別格 南禅寺・ 塔頭 水路閣 | ○1 京都五山 第一位 天龍寺・ 塔頭 | ○2 京都五山 第二位 相国寺 | ○3 京都五山 第三位 建仁寺 | ○4 京都五山 第四位 東福寺・ 塔頭 | ○5 京都五山 第五位 万寿寺 | ○1 修学院離宮 | ○2 修学院離宮 | ● 1 法然院の四季 | ● 2’ 下鴨神社の四季 | ● 2 上賀茂神社 社家 深泥池 | ● 2 泉涌寺と界隈 | ● 2 法然院の四季 | ● 2 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ● 2 真如堂の四季 | ● 3 泉涌寺と界隈 | ● 二条城と近辺 Nijo-jo Castle | ● 伏見稲荷大社 | ● 北野天満宮 上七軒 | ● 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 大覚寺 大沢の池 | ● 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 | ● 御室 仁和寺 | ● 智積院 | ● 東寺 塔頭 界隈 | ● 東本願寺 | ● 泉涌寺と界隈 | ● 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 1  | ● 西本願寺 | ● 西本願寺 2 | ● 金閣寺 Kinkakuji Temple | ● 銀閣寺 Ginkakuji Temple | ● 黄檗山 萬福寺 | ● 龍安寺 等持院 | ● 1 下鴨神社の四季 | ● 2 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 2 大覚寺 大沢の池 | ● 2 平安神宮 四季 Heian shrine | ● 2 東寺 塔頭 界隈 | ● 3’ 下鴨神社の四季 | ● 3 上賀茂神社 社家 深泥池 | ★ 2010 紅葉 1 | ★ 2010 紅葉 2 | ★ 2010 紅葉 3 | ★ 2010 紅葉 4 | ★ 2010 紅葉 5 | ★ 2010 紅葉 6 | ★ 2011 紅葉 1 | ★ 2011 紅葉 2 | ★ 2011 紅葉 3 | ★ 2011 紅葉 4 | ★ 2011 紅葉 5 | ★ 2011 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 1 | ★ 2012 紅葉 2 | ★ 2012 紅葉 3 | ★ 2012 紅葉 4 | ★ 2012 紅葉 5 | ★ 2012 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 7 | ★ 2012 紅葉 8 | ★ 嵐山・花灯路 2 | ★ 2011 桜 1 | ★ 2011 桜 2 | ★ 2011 桜 3 | ★ 2011 桜 4 | ★ 2012 雪景色 1 | ★ 2012 雪景色 2 | ★ 2011 雪景色 1 | ★ 2011 雪景色 2  | ★ 2011 雪景色 3 | ★ 2011 雪景色 4 | ★ 2013 雪景色 1 | ★ 2013 雪景色 2 | ★イベント情報 | ★ライトアップ寺院 お祭り | ★東山・花灯路 2 | ★東山・花灯路 3 | ☆ 2012 桜 1 | ☆ 2012 桜 2 | ☆ 2012 桜 3 | ☆ 2012 桜 4 | ☆★ 2015 桜 1 | ☆★ 2015 桜 2 | ☆★ 2015 桜 3 | ☆★ 2015 桜 4 | ☆☆2015 雪景色 1 | ☆☆2015 雪景色 2 | ☆ 2013 桜 1 | ☆ 2013 桜 2 | ☆ 2013 桜 3 | ☆ 2013 桜 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 1 | ☆ 2013 秋 紅葉 2 | ☆ 2013 秋 紅葉 3 | ☆ 2013 秋 紅葉 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 5 | ☆ 2014 桜 | ☆ 2014 秋 紅葉 1 | ☆ 2014 秋 紅葉 2 | ☆ 2014 秋 紅葉 3 | ☆ 2014 秋 紅葉 4 | ☆ 2014 雪景色 1 | ☆ 2014 雪景色 2 |  時代祭 1 |  1  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  1 三千院 |  1 京の山を歩く |  1 京大・界隈 |  1 京懐石 普茶料理 他 |  1 京都の大学を訪ねて |  1 京都の教会 |  1 京都の眺望 |  1 京都クイズ 壁紙・投票 |  1 伏見 御香宮神社 |  1 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  1 写真集 話題 |  1 吉田山 散策 |  1 周山 美山 北山 京都北部 |  1 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂 |  1 壁紙 Wall Paper |  1 大文字山 五山送り火 |  1 寺町通り (出町から北) |  1 平等院 |  1 庭 夢想国師の庭 |  1 庭 小堀遠州の庭 |  1 庭 小川治兵衛の庭 |  1 庭 相阿弥の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 2 |  1 庭 重森三玲の庭 3 |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅰ (北部) |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅱ (東部) |  1 庭園めぐり・・・洛西 Ⅰ (北部) |  1 手づくり市 |  1 植物園 花だより |  1 空 犬・猫・鳥 その他 |  1 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  1 車窓から |  1 近代建築を訪ねて |  1 高台寺 圓徳院 |  2  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  2 ご挨拶 |  2 三千院 |  2 京の川 鴨川 桂川 高野川 |  2 京大・界隈 |  2 京都の眺望 |  2 京都御苑 御所 Imperial Palace |  2 他府県 |  2 仙洞御所 |  2 伏見 御香宮神社 |  2 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  2 伏見稲荷大社 摂社 |  2 会席 甘党 |  2 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  2 出町 三角州 川端通り |  2 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  2 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  2 吉田山 散策 |  2 周山 美山 北山 京都北部 |  2 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂など |  2 大文字山 五山送り火 |  2 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  2 寺町通り (出町から北) |  2 平等院 |  2 御室 仁和寺 |  2 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  2 智積院 |  2 東大路通 丸太町通 聖護院 |  2 東山七条 三十三間堂 |  2 松尾大社 梅宮神社 苔寺 |  2 植物園 北山 |  2 比叡山 延暦寺 |  2 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 |  2 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  2 滋賀県 福井県 奈良県など近県 |  2 知恩院と界隈 |  2 空 鳥 猫 犬 |  2 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  2 西本願寺 |  2 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  2 蹴上まで |  2 車窓から |  2 近代建築 |  2 銀閣寺 |  2 青蓮院 将軍塚 |  2 鞍馬 貴船 |  2 高台寺 圓徳院 |  2 龍安寺 等持院 |  3 ねねの道 八坂神社 石塀小路 |  3 三条 四条 木屋町 新京極 |  3 京の川 |  3 京都駅界隈 壬生 他 |  3 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  3 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  3 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  3 出町 三角州 川端通り |  3 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  3 南禅寺 塔頭 水路閣 |  3 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  3 吉田山 散策 |  3 哲学の道 寺院 |  3 哲学の道 疏水沿いの道 |  3 大原 宝泉院 勝林院ほか |  3 大徳寺 今宮神社 船岡山 |  3 大覚寺 大沢の池 |  3 天龍寺 塔頭 |  3 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  3 寺町通り (出町から北) |  3 岡崎公園 岡崎疏水 |  3 平安神宮の四季 |  3 建仁寺 塔頭 |  3 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  3 智積院 |  3 東大路通 丸太町通 聖護院 |  3 東寺 塔頭 界隈 |  3 東山七条 三十三間堂 |  3 植物園 北山通り |  3 比叡山 延暦寺 |  3 清水寺の四季 |  3 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  3 真如堂の四季 |  3 空 犬 猫 鳥 |  3 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  3 西山 大山崎 大原野 |  3 西陣 市中 |  3 西陣 白峰神宮ほか |  3 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  3 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  3 近代建築 |  3 青蓮院 将軍塚 |  3 鞍馬 貴船 |  3 食事 懐石 甘党 |  4 三条 四条 木屋町 新京極 |  4 上賀茂神社 深泥池 他 |  4 下鴨神社の四季 |  4 京の川  |  4 京都駅 界隈 |  4 伏見 稲荷 藤の森 鳥羽 |  4 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  4 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  4 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  4 南禅寺 塔頭 水路閣 |  4 吉田山 散策 |  4 大覚寺 大沢の池 |  4 天龍寺と塔頭 |  4 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  4 宇治 |  4 岡崎公園 岡崎疏水 |  4 嵐山 渡月橋 保津川 |  4 嵯峨野 鳥居本 |  4 平安神宮の四季 |  4 建仁寺 塔頭 |  4 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace |  4 比叡山 延暦寺 |  4 泉涌寺 その界隈 |  4 真如堂の四季 |  4 空 犬 猫 鳥 |  4 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  4 西陣  |  4 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  4 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  4 鞍馬 貴船 |  4 食事 懐石 甘党 |  5 下鴨神社の四季 |  5 京の川  |  5 伏見 酒蔵 濠川 |  5 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  5 南禅寺 塔頭 水路閣 |  5 吉田山 散策 |  5 宇治 |  5 嵐山 渡月橋 保津川 |  5 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  5 御所(京都御苑) 四季 |  5 真如堂の四季 |  5 空 犬 猫 鳥 |  5 糺の森 河合神社 |  5 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  5 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  5 醍醐 山科 |  6 下鴨神社の四季 |  6 京の川  |  6 吉田山 散策 |  6 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  6 御所(京都御苑) 四季 |  6 東福寺 塔頭 |  6 糺の森 河合神社 |  6 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  6 醍醐 山科 |  7 下鴨神社の四季 |  7 京の川 |  8 京の川 | おみくじ お守り | ご挨拶 | その他 | 一休寺 京田辺市 | 京都めぐり 1 | 京都めぐり 2 | 京都めぐり 3 | 京都めぐり 4 | 京都めぐり 5 雪特集 | 京都めぐり 6 | 京都めぐり 7 | 光明院の四季 1 (東福寺・塔頭) | 光明院の四季 2 (東福寺・塔頭) | 嵯峨野 竹林 1 | 携帯・デジカメ | 松ヶ崎疏水 春秋 | 滋賀県 琵琶湖 福井県など近県 | 石峰寺 (五百羅漢・伊藤若冲) | 祇園祭 2009 2010 | 祇園祭 2011 | 祇園祭 2011 2  | 祭 行事 ライトアップ 冬 1 | 祭 行事 ライトアップ 冬 2 | 祭 行事 ライトアップ 冬 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 1 | 祭 行事 ライトアップ 夏 2 | 祭 行事 ライトアップ 夏 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 4 | 祭 行事 ライトアップ 夏 5 | 祭 行事 ライトアップ 夏 6 | 祭 行事 ライトアップ 春 1 | 祭 行事 ライトアップ 春 2 | 祭 行事 ライトアップ 春 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 1 | 祭 行事 ライトアップ 秋 2 | 祭 行事 ライトアップ 秋 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 4 | 祭 行事 ライトアップ 秋 5 | 花の京都 初夏 1 | 花の京都 初夏 2 | 花の京都 初夏 3 | 花の京都 初夏 4 | 花の京都 初夏 5 | 花の京都 初夏 6 | 花の京都 初夏 7 | 花の京都 夏 1 | 花の京都 夏 2 | 花の京都 夏 3 | 花の京都 夏 4 | 花の京都 夏 5 | 花の京都 新緑 青もみじ 1 | 花の京都 新緑 青もみじ 2 | 花の京都 春 1 | 花の京都 春 2 | 花の京都 春 3 | 花の京都 春 4 | 花の京都 春 5 | 花の京都 春 6 | 花の京都 秋 1 | 花の京都 秋 2 | 花の京都 秋 3 | 著作権 | 葵祭 1 | 葵祭 2