2 博物館~六波羅蜜寺 大和大路

2014年6月22日 (日)

寿延寺 それとビックリな話

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Dscn2570a
※写真は全てクリックで拡大します。

5月の末に従妹を京都案内した時のものです。
昼食に『半兵衛麩・むし養い』をいただいた後、建仁寺までの道で見つけたお寺です。案内・観光が目的なので、重いカメラは持たず、小さなコンデジです。
使い慣れてないのと、一応撮っておこうくらいの気持ちだったので、見辛い写真で申し訳ございません。(修正するのも無理なほど歪んでました)

記事の最後に、ある寺院が撮影禁止にしたビックリの話を書いておきます。

平安時代、この辺りには十禅師の森があり、牛若丸(源義経)と弁慶が主従の誓いを立てた場所と伝えられています。地図です

Dscn2572a

寿延寺 (じゅえんじ)
山梨県身延の身延久遠寺を祖山に仰ぐ日蓮宗。
江戸時代に十禅師の森の旧跡に建てられたのが寿延寺。水の徳で諸病平癒等のご利益がある。

Dscn2569a

参道には、洗心殿があり、浄行菩薩の石像を祀る。通称「洗い地蔵」と呼ばれる浄行菩薩の石像が祀られている。諸病平癒等で日々全国各地よりの参詣者が多い。

Dscn2567a

境内中庭には、五条大橋旧跡の碑がある。

Dscn2565a

Dscn2564a

本堂右奥には傳教大師作と伝えられる、油涌(あぶらわき)大黒天を祀り、門前から南へ続く現在の大黒町通の名称の由来となっている。また当地は十禅師の森の旧跡であり、参道には地主十禅大明神を祀っている。

Dscn2549a

本堂には、中央に一塔両尊(釈迦如来・多宝如来)。日蓮上人、脇には四大菩薩、四天王(持国天・増長天・広目天・多聞天)、その他諸尊を祀っている。

Dscn2559a

京都案内の最後の日に行ったお寺で、撮影が禁止になった理由を聞いた話です。あえて寺院名は伏せておきます。(お分かりになると思います)

 「あまりにも酷いことをしているから見に行って下さい」と、参拝者から通報があったそうです。行って見ると・・・
柵の中に入って、仏様たちに水をかけて、ろうそくまで灯して皆で撮影していたそうです。・・・それをやっていたのが、カメラクラブの引率の先生。
注意をすると、「ろうそくは後で消すし、クラブ内で見るだけだから問題は無いでしょう」と・・・そもそも柵は何のためにあるのですか!
その写真クラブと先生の非常識・不道徳な行為が撮影禁止になった大きな理由の1つです!。 (水をかける行為・・・ボタンのお寺でスプレー禁止の張り紙。他にも蓮の葉に水滴を落として怒られている人も見ました。撮影の為に石仏様にもですか・・・飽きれました)

撮影禁止になった時、お寺から当方に「ネットに写真公開してるから、お寺から注意してほしいと言ってきた人がありまして・・・」とメールが来たことを申し上げたら・・・
ネットで写真を調べて、電話でヤイヤイ言ってくる人があるとか、「写真を見れば、禁止以前の写真かどうかは竹の具合などで直ぐに分るから」と言っても聞き入れないんです」って。。。写真やってる人はコワイ・コワイ・・・恐い!!! 「もう写真辞めよっかな~」と思う今日この頃。
当ブログ開設時からここは撮り続けており、単独のカテゴリーにするほど記事にしています。写真検索すれば1番に出るでしょうね。

それと・・・この頃はどこでも「お賽銭」だらけですね。柵の中に入らなくては置けない場所の仏様の頭に1円玉がキラキラ。。苔むして落ち着いた処にshine・・・何とも無粋。私は辞めてほしいと思います。お賽銭の回収も大変だと思います。

帰りに、撮影出来なかったからこれを・・・と、絵葉書セットを3人分いただきました。有り難うございました。m(_ _)m
              またまた余計なことを申しました。m(_ _)m

ランキングの応援を宜しくお願いします。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Dscn2554a

| | コメント (6)

2014年6月15日 (日)

博物館の噴水  京の四季 桂離宮 その3

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Amn_6970a
※写真は全てクリックで拡大します。

噴水はちゃんと噴水でなくっちゃあね。

御池通りの噴水、どうなったんでしょうね。。。
水不足で節水・・・辞めてから・・・どうなったんでしょうね。。。1度辞めてしまうと復活は出来ないんでしょうかね?
もしかして・・・もう復活して勢いよく水を噴き上げているんでしょうか??

Amn_6968a

一人の声でも大きいと・・・ビビッて直ぐに辞めて。。。2度と元には戻らない。

大勢の人が待っているのに・・・そういう例、他にもたくさん。

Amn_6974a

ちょっとぉ・・・そこの「考える人」・・・もう一度考え直してくださいね。

Jmo_4792a

・・・・・

Amn_6940a

うやむやにしないで。。

Jmo_4841a

跳びはねて頑張る人居ないのですか?

Jmo_4806a

そんなことは私には関係ないので置いておいて、自分はちゃっちゃとやってます。

----------------------------YouTube-------------------------   

Slide00

桂離宮の3回目。

「京の四季 桂離宮 その3 賞花亭 園林堂 笑意軒」 写真38枚 約3分40秒

※右下の「YouTube」または「全画面」で見てくださいね。

Slide2

ランキングの応援を宜しくお願いします。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amn_6994a

| | コメント (5)

2014年6月14日 (土)

国立博物館 南山城の古寺巡礼展

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Jmo_4763a
※写真は全てクリックで拡大します。

もう明日で終わってしまうのですが・・・時間のある方は是非。
京都国立博物館の「南山城の古寺巡礼展」、行って参りました。良かったですよ。見応えがありました。

平日なのに、結構な賑わいでした。

Amn_7009a

京都府の南部 木津川の流域は、その旧名から「南山城」と呼ばれています。

縄文時代以来の遺跡も多く見つかり、奈良時代から平安時代にかけて創建された古い寺院がいくつも存続しています。

Jmo_4754a

この地域は、南都・奈良の仏教文化、京都・平安京の貴族文化の交差するところ。

Jmo_4753a

10ヶ所あまりの寺院の、平安時代から江戸時代にかけての仏像彫刻、絵画、工芸品の展示。「海住山寺(かいじゅうせんじ)」に始まり、「酬恩庵・一休寺」まで。

Amn_7008a

当ブログでは、南山城も含めて府下の寺院をまとめています。下にリンクします。

 八幡市 加茂 浄瑠璃寺 岩船寺     /★旧 

   正法寺 石清水八幡宮(山上・上院 山麓・下院) 高良神社 エジソン記念
   海住山寺 恭仁宮跡 男山ケーブル 松花堂 流れ橋 神應寺 善法律寺 
   飛行神社 
   浄瑠璃寺 岩船寺 当尾石仏めぐり 白山神社 春日神社

  ★ 一休寺 (酬恩庵) 紅葉、サツキ、新緑 mapletulipclover

Amn_6935a

Jmo_4760a

博物館・・・サツキ、ツツジがさぞ綺麗だったと思います。もっと早く来てお伝えすればよかったです。

噴水が爽やか・・・噴水だけもまたお届けします。

ランキングの応援を宜しくお願いします。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amn_6939a

| | コメント (5)

2013年6月11日 (火)

鐘馗さん 宮川町 2

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Aml_9824a
※写真は全てクリックで拡大します。

只今、旅行中ですので、タイマー更新しております。

今日も京都の五花街の一つ「宮川町」です。鐘馗さんがたくさん見られます。

この辺りは「宮川町歴史的景観保全修景地区」に指定されています。

可愛い舞妓さん・・・舞妓さんに変身。

Jml_8458a

おこしやす。m(_ _)m

Aml_9768d

Aml_9787a

宮川町につきましては・・・こちらの記事で説明しています。ご覧くださいね。

Jml_8460a

Aml_9773a

Jml_8413a

Aml_9789a

両脇に龍が置かれていました。

Jml_8416a

仁丹の住所表示

Jml_8415a

新緑が綺麗・・・藤がさいています。

Jml_8487a

お茶屋さんが並んでいます。

Aml_9762a

でも、芸・舞妓さんには全然会わず。

Jml_8450a

Aml_9779a

Aml_9799a

Jml_8433a

Jml_8434a

Jml_8426a

Jml_8436a

Aml_9798a

Jml_8431a

綺麗ですねえ・・・

Jml_8454a

Aml_9765a

2階の手摺りの下・・・獅子

Jml_8475a

古そうです。

Jml_8482a

虫小窓の下の鐘馗さん

Aml_9803a

Aml_9803c

次回は宮川町から花見小路に向かいます。

更新の励みになります。ランキングの応援を宜しく。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

団栗橋のところの公園

Aml_9801a

|

2013年6月 8日 (土)

鐘馗さん 宮川町 1

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Aml_9747a
※写真は全てクリックで拡大します。

小雨まじりの日に宮川町通りを歩いてみました。地図です

この通りには鐘馗(しょうき)さんを置いてあるところが多く、つい夢中で撮ってしまいました。お昼の芸・舞妓さんに会えるかと思いましたが・・・残念! 全然でした。

今日は宮川町通りで見かけた鐘馗さんと、宮川町の雰囲気をお楽しみ下さい。

Jml_8382a

屋根の庇の上に鐘馗さんが睨みを効かせています。

Jml_8419a

ほらッ

Aml_9737a

過去記事からそっくりコピーです。鐘馗さんの由来は・・・

玄宗皇帝が熱で病に伏していた時の夢で、楊貴妃の香袋と笛を盗もうとしている小鬼をひげ面の大男があっという間に食べてしまったという。
夢から覚めた玄宗皇帝の病は治っていたことから、夢に見た鐘馗を描かせ災厄を祓う守り神とした。(このサイト様より抜粋させていただきました。鐘馗像を製造販売)

Jml_8374a

また、京都のある奥方が原因不明の病で伏していた時、向かいの屋根の鬼瓦がこちらを向いているのに気付き、「向かいの鬼瓦で除けられた災いがこちらに降りかかっているためかもしれない」。
そこで深草の瓦職人に鐘馗像を作ってもらい鬼瓦と睨みあう位置に据えたところ、たちまち病は全快したという。(〃)

Jml_8377a

ところで・・・鐘馗さんを置く場所ですが・・・

向かいに【鬼瓦】がある家の場合には・・・鐘馗さんを正面から向かい合うように据える。

お向かいに既に【鐘馗さん】が乗ってる時は・・・お互い睨み合うことがないよう目線をはずして据えたり、鐘馗さんの睨みを笑い飛ばすという意味で代わりに【お多福さん】をのせるのだそうです。(〃)

Jml_8389a

Jml_8379a

囲いの中で・・・大切に。

Aml_9745a

Jml_8407a

簾を持ち上げる勢い。

Aml_9755a

Jml_8388a

Jml_8391a

Jml_8395a

Aml_9783a

Jml_8465a

簾に隠れて・・・

Jml_8397a

Jml_8402a

Jml_8401a

Jml_8400a

Jml_8418a

陰で見えづらいですが・・・

Jml_8408a

Jml_8409a

向こうは「恵比寿神社」

Aml_9766a

Jml_8480a

Aml_9793a

黄色いくくり申と。

Jml_8445a

鐘馗さんにもいくつかのパターンがあるようですね。・・・続きます。。。

※旅行中なので、タイマー予約更新にしています。

更新の励みになります。ランキングの応援を宜しく。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Aml_9761a

|

2012年6月26日 (火)

問屋町通りから六波羅蜜寺

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Amj_3520a
拡大する写真には※拡大と表示。(ブログ残量が少なくなり、拡大写真を減らしています)

今日は洛東遺芳館の春季公開の最終日(5月5日)に行った時の帰り道です。

遺芳館の展示物の美人画、建物内部の修正加工は手強そうなので次回にして・・・

洛東遺芳館の前の道(問屋町通り)を上がって行きます。・・・この日は六道珍皇寺の小野篁の冥土の井戸の公開があったので急いでいます。場所はここ

Jmk_7553a

晴鴨荘(せいこうろう)

Amj_3524a

創業が天保2年は・・・いつですか?

   Amj_3525a

稲荷大明神 市姫大明神

Amj_3526a

お稲荷さんの横で見護るのは・・・可愛い狛犬さん。ネットに入っているから古くて珍しいのでしょうね。

Amj_3527a

六波羅蜜寺   この辺りの記事はこちらも見て下さいね。

Amj_3562a

六波羅蜜寺
963年(応和3)空也上人が開いた真言宗智山派の古刹で、西国三十三ヵ所第17番札所。本堂(重文)は、南北朝時代の再建。
1183年(寿永2)の兵火で本堂を除いて焼失。空也上人像、平清盛公坐像(ともに重文)など平安、鎌倉時代の優れた彫刻が多い。

Jmk_7576a

平清盛の塚 右は阿古屋塚・・・平家物語の裏に隠された悲恋の白拍子・阿古屋

Amj_3550a

公開されています。左・平清盛像  空也証人立像・・・どちらも教科書でお馴染み。

※拡大
Amj_3555a

Amj_3549a

Amj_3553a

Amj_3567a

Amj_3566a

六道の辻  並んでらっしゃるのは・・・幽霊子育て飴のお店です。

幽霊子育て飴・・・死後に墓の中で生まれた子供のために、幽霊となった母が毎晩買い求めたという飴。 立本寺(りゅうほんじ)刹堂に祀られる日審上人は、この飴によって命を助けられた赤ん坊ということです。

Jmk_7592a

陶器でしょうか、赤い鐘馗さんです。

Amj_3569a

洛東遺芳館は明日の予定です。

更新の励みになります。ブログランキングの応援宜しく。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

あ~~~5時を回っていて・・・六道珍皇寺の門は閉まっていました。

Amj_3577a

| | コメント (8)

2011年8月10日 (水)

六道珍皇寺 六波羅蜜寺 西福寺 六道の辻

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Amh_6744a
写真は全てクリックで拡大します。

8月7日までに記事にしようと思いながら、嵯峨野、南禅寺で忘れていました。

お盆に、ご先祖のお精霊さん(おしょらいさん)が各家庭に帰ってこられます。水塔婆を流し、迎え鐘をつき、その音に乗って帰って来られる「おしょらいさん」を仏壇にお迎えする「お精霊迎え」が行われます。
そして16日の夜、天国に帰って行かれるのを五山送り火とともに見送ります。

お精霊さんは閻魔様の許可を得てから帰って来られます。小野篁が、冥府と現世を行き来していた入り口が、「六道珍皇寺」と「千本ゑんま堂」にあるといわれています。

六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ) 閻魔堂です。

Amh_6750a

閻魔堂には、閻魔大王像とともに小野篁像が合祀されています。

Amh_6752a

六道まいり・・・お精霊迎えは6つの道で迷っている故人の精霊を観音の加護により各家に迎え、 供養する仏教の行事です。

六道(りくどう、ろくどう)とは、
仏教において迷いあるものが輪廻するという、「天道」「人間道」「修羅道」「畜生道」「餓鬼道」「地獄道」の6種類の迷いある世界のこと。

Amh_6785a

京の盆の始まりはこの寺「お精霊迎えの鐘」。この鐘、鐘楼の中は見えず壁の真ん中から外に出ている綱を迎えるお精霊さんの数だけ引いて鐘を撞きます。

Amh_6760a

本堂

Amh_6773a

本堂横の小さな格子窓から小野篁の「冥土通いの井戸」が覗けます。

Amh_6766a

「小野篁 冥土通いの井戸」・・・拡大して読んでくださいね。

Amh_6775a

小野篁(おののたかむら)「冥土通いの井戸」

Amh_6767a

「六道(ろくど)さん」と呼ばれる六道珍皇寺の建つ辺りは、 平安の昔、山麓にかけて「鳥辺野(鳥部野)(とりべの)」といわる亡くなった人を送る葬送の地でした。
死者の霊魂を冥界へ引導を渡すの入口にあたる辻といわれ、この世とあの世の境とされ、「六道の辻」とも言われています。

Amh_6787a

幽霊子育て飴  六道の辻のところにあります。 地図です
死後に墓の中で生まれた子供のために、幽霊となった母が毎晩買い求めたという飴。落語やゲゲゲの鬼太郎にもあります。

Dsi_7097a Dsi_7098a_3

六道の辻は、松原通(旧五条通)が轆轤町(ろくろちょう)にかかるところの辻のこと。

Amh_6795a

西福寺 山号:桂光山
六道の辻・地蔵尊 六波羅地蔵堂と呼ばれる西福寺です。

Amh_6811a

ここのお不動様に水を掛けて拝みます。西福寺

Amh_6807b

地獄絵絵解きは終わりましたね。

Amh_6802a Amh_6791a

ここには恐い地獄絵があったと思いますが・・・記憶が不確か・・・

Amh_6798a

今、こんなに綺麗な襖絵がありました。どなたの作かは聞きそびれました。

コメントで教えていただきました。襖絵の作者: 森本有泉 

Amh_6797a

西福寺・本堂  天井は四季の花咲く花天井です。

Amh_6799a

全64面。
お弟子さんの作品と、うち9面(蓮、睡蓮、牡丹、紫陽花ほか)は、森本有泉氏の作品が奉納されています。拡大写真と入れ替えました。手前の1列が撮れていません。

Amh_6800c

轆轤町(ろくろちょう)
かつて、おびただしい人骨が出土したため「髑髏原(どくろはら)」と称されており、 「髑髏(どくろ)」が転訛して「六道」になったといわれています。

江戸時代初期までは「髑髏町」と云われていましたが、轆轤(ろくろ)挽職人が多く住む町だったので、京都所司代の命により轆轤町に変更されたと伝わります。

Dsi_7094a

六波羅蜜寺 (ろくはらみつじ)

Amh_6814a

応和3年(963)空也上人が開いた真言宗智山派。西国三十三ヵ所第17番札所。

Dsi_7090a

Amh_6829a

平清盛の塚 阿古屋の塚

Amh_6816a

阿古屋の塚については拡大して読んでくださいね。

Amh_6821a Amh_6818a

本堂(重文)  
南北朝時代の再建。寿永2年(1183)の兵火で本堂を除いて焼失。空也上人像、平清盛公坐像(ともに重文)など平安、鎌倉時代の優れた彫刻が多い。

Amh_6820a

空也上人立像
口からは6体の阿弥陀仏の小像が吐き出されています。6体の阿弥陀仏は「南無阿弥陀仏」の6字を象徴し、念仏を唱えるさまを視覚的に表現しています。

Amh_6815a

明日から・・・私の心のふるさととでも申しましょうか、この地を最終地として夏になると槍・穂高を歩いてきた「上高地」に行ってまいります。
今は登山の出来る足ではありませんので「上高地」あたりをぶらぶらするだけですが・・・私自身の私への「ご褒美」と思っております。(ブログは毎日更新します)

「五山送り火の大文字保存会が、東日本大震災の津波で倒れた岩手県陸前高田市のマツを使う計画を中止」・・・昨日のニュースで京都人の多くが残念な思いをしていることをお伝えしたいと思います。計画が中止になっても大震災の犠牲者の方々のご冥福をお祈りしようと思います。

ランキングの応援を励みに毎日更新しています。今日も宜しくm(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ   こちらも是非 → にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

萬燈会  今日までです。

Amh_6831a

| | コメント (21)

2011年3月30日 (水)

豊国神社 蜂須賀桜 

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Jmi_5626a
※写真は全て拡大します。

一般に「ほうこく神社」の名で親しまれている豊国神社。豊臣秀吉と蜂須賀家ゆかりの蜂須賀桜が満開でした。

豊国神社 (とよくにじんじゃ)  場所はここです
慶長3年(1598)に63才で秀吉の死去の翌年、遺体が遺命により方広寺の近くの阿弥陀ヶ峰山頂に埋葬され、その麓に方広寺の鎮守社として廟所が建立されたのに始まる。後陽成天皇から正一位の神階と豊国大明神(ほうこくだいみょうじん)の神号が贈られ鎮座祭が盛大に行われました。
しかし、元和元年(1615)に豊臣宗家が滅亡すると、徳川幕府により神号が廃され、社領は没収、社殿は朽ちるままにされ、神体は新日吉神宮にひそかに移し祀られた。

Jmi_5606a

阿弥陀ヶ峰山頂の豊国廟は記事はこちら

新日吉神宮(いまひえじんぐう)記事はこちら。 新日吉神社

Jmi_5667a

豊国神社、方広寺・鐘の説明はこちらの記事です。写真も多いです。

Jmi_5643a

花嫁、花婿さん・・・蜂須賀桜の前で記念撮影が終わったばかりでした。

Amg_2498a

唐門 (国宝) 旧伏見桃山城遺構 桃山時代

Jmi_5630a

Amg_2536a

「蜂須賀桜」については拡大して読んでくださいね。一昨年植えられたそうです。

Amg_2512a

蜂須賀桜も河津桜のよう。 

Jmi_5632a

撮影は3月27日ですので、もう散っているかもしれません。

Amg_2511a

隣の方広寺・・・「国家安康」「君臣豊楽」の鐘です。

Amg_2556a    

暖かくなってきました。京都の桜もいよいよですよ。

いつも応援有り難うございます。今日もクリック宜しく m(_ _)m。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ   こちらも是非 → にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amg_2506a

| | コメント (14)

2011年3月16日 (水)

建仁寺 界隈 大和大路 八坂通 陀枳尼天

ブログ内写真 30.000枚以上 目次からどうぞ。2006・1・27から毎日更新。

Amg_1538b
※写真は全て拡大します。

今日は建仁寺の周りから・・・ゑびす神社の可愛い枝垂れ梅です。
少しでも和んでいただければ。

建仁寺の西の門から出る前に・・・土塀が美しい。

Amg_1526a

豊川稲荷 陀枳尼天 (とよかわ だきにてん)咤枳尼天

Amg_1516a

豊川稲荷さんのお堂の中です。

   豊川陀枳尼尊天はこちらを見てくださいね。

Amg_1517a

枝垂れ梅がとっても好きになりました。  

Amg_1548a

ゑびす神社のお向かいには古くからの桶屋さんがあります。

Amg_1533a 

摩利支尊天堂の通り・・・八坂通り・・・東の山の突き辺りに八坂の塔があります。

Amg_1551a

摩利支尊天はイノシシづくしです。

Amg_1555a

手摺木版画 市村一房堂
営業時間は・・・朝起きてから夜寝るまで。但、休みたい時休みます・・・

Amg_1568a

今日は何処へ・・・

夏に大和大路をウロウロしたとき、御顔を拝見しています記事はこちら

Amg_1564a

建仁寺の南の門の前です。場所はこの辺り

Amg_1571a

この街並みにも人力車は似合いますね。

Amg_1573a

もうすぐ春・・・都をどり、北野をどり、鴨川をどり、京おどり・・・

Amg_1575a

八坂の塔が東山通りの向こうに見えます。

Amg_1577a

関西から元気を出して・・・

「京都を歩くアルバム」は京都から毎日発信します。   

いつも応援有り難うございます。今日もクリック宜しく m(_ _)m。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ   こちらも是非 → にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amg_1578a

| | コメント (14)

2009年3月15日 (日)

宮川町 夕暮れの花街

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。

Dsh_1764a

宮川町は川端通の東、四条から五条の間にあり、京都の五花街の一つがあります。宮川町通は、両側にお茶屋や料理屋が並び、落ち着いた花街の雰囲気を味わうことができます。

Dsh_1731a

16世紀後半、豊臣秀吉が方広寺や伏見城を築いたことによって、大和大路(縄手通から南に続く南北の通り)は人の往来が増えて、その街道沿いに町並みができました。

Dsh_1741a

その当時、このあたりは広い鴨川の河原だったそうです。宮川町の由来は、四条河原祇園杜の前にあったことから。あるいは、四条から南の鴨川の別名が「宮河」であったからともいわれています。ここで祇園杜のミコシ洗いが行われていたからです。

Dsh_1778a

このあたりの町名を、宮川筋1丁目から8丁目と呼ぶのは、河原に発展した「筋=通路」であったためだそうです。

Dsh_1716a

寛文六年(1666)に宮川町通りが開通し、寛文十年には鴨川護岸の石積みが完成して、急速に宮川町の町並が整い、当時の歌舞伎の流行とあいまって、茶屋町として発展していきました。

Dsh_1797a

現在でも、宮川筋2-6丁目あたりは茶屋街の面影をとどめています。宮川筋4丁目には、歌舞練場と芸舞妓さんの教育施設があります。

Dsh_1749a

「東山女子学園」は、昭和44年に学校法人の認可を受けて設立されました。日本舞踊、邦楽、茶道などを教えて芸舞妓を育成するとともに、花街の伝統芸能の保存と継承につとめているとのことです。修業年限は5年だそうです。

Dsh_1750a

夕方になると、お座敷に出かける芸舞妓さんを見かけます。

Dsh_1753a

ところで、歌舞伎踊りは出雲の阿国が天正三年(1575)に北野の杜で演じたのが始まりとされています。

Dsh_1755a

そして、慶長八年(1603)頃、阿国の娘が宮川河原で「ややこ踊り」といわれる歌舞伎を興業して人気を呼び、様々な見世物小屋が建ち始め評判を呼んで、このあたりは一大歓楽場となりました。現在の南座も当時の芝居小屋の一つだそうです。

Dsh_1782a

その後、若衆歌舞伎が始まり、それに出演する若衆の宿が宮川町に軒を並べました。男だけの芝居であったため、女形を演じる若衆に美少年が選ばれました。これが現在の女形役者へと発展したのです。

Dsh_1761b

宮川町には現在でも約40軒のお茶屋があり、舞妓さんの数は五花街で2番目に多いそうです。

Dsh_1762a

うろうろしている間に、薄暗くなってきました。

Dsh_1787a

「趣味のあかり」

Dsh_1793a

写真からもわかるように、宮川町通では観光客をほとんど見かけませんでした。

Dsh_1813a

宮川町の芸舞妓さんが演じる「京おどり」は、4月4日(土)ー19日(日)に宮川町歌舞練場で行われます。 

Dsh_1819a

いつも応援のクリック有り難う御座います。とても励みになります。今日も宜しく。
 --------------------------------------------------------------
      是非よろしく→    こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

Dsh_1820a

| | コメント (4)

その他のカテゴリー

2012 祇園祭 | 2013 2014 祇園祭 | 2015 紅葉 1 | 2015 紅葉 2 | 2015 紅葉 3 | 2015 紅葉 4 | 2015 紅葉 5 | 2015~ 祇園祭 | 2016 桜 1 | 2016 桜 2 | 2016 桜 3 | 2016 紅葉1 | 2016 雪景色 1 | 2016~ 葵祭 | You tube 1 | You tube 2 | You tube 3 | You tube 4 | You tube 5 | You tube 6 | ■ 写真掲載 当ブログ紹介■ | ■ 写真掲載 当ブログ紹介 2 ■ | ■散策・00' 京都駅 壬生界隈 五条  | ■散策・00 三条 四条通 先斗町 | ■散策・01 ◆東山七条 博物館 三十三間堂 | ■散策・02 ◆博物館~六波羅蜜寺 大和大路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 2 | ■散策・04 ◆清水寺~三年坂~ 高台寺 | ■散策・05 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ■散策・06 ◆ねねの道 石塀小路 八坂神社 | ■散策・07 祇園 柳の白川他 Gion | ■散策・08 ◆八坂神社 円山公園~平安神宮 | ■散策・09' 知恩院  | ■散策・09 青蓮院 | ■散策・10 平安神宮 四季 Heian shrine | ■散策・11 東大路通 聖護院界隈 | ■散策・11' 美術館 岡崎界隈 | ■散策・12 ◆平安神宮~南禅寺~永観堂 | ■散策・14 ◆哲学の道 (疏水沿い) | ■散策・15 ◆哲学の道 (寺院) | ■散策・17 真如堂の四季  | ■散策・19 鴨川 賀茂川 高野川 | ■散策・20 西陣 他市中の寺院 | ■散策・21 右京区 法金剛院 松尾大社 | ■散策・23 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 | ■散策・24 詩仙堂・曼殊院・比叡山麓 | ■散策・25 大原 八瀬 (紅葉は別) | ■散策・26 比叡山と延暦寺 | ■散策・27 鞍馬山~貴船 | ■散策・28 鷹峯 西賀茂 (紅葉は別) | ■散策・29 上賀茂神社 社家 深泥池 | ■散策・30 嵐山 太秦 Arashiyama | ■散策・31 嵯峨野 鳥居本 化野 | ■散策・32 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策・33 山科 醍醐 | ■散策・34 伏見 | ■散策・35 宇治 宇治の社寺 | ■散策・36 大山崎 大原野 西山 | ■散策・37 八幡 加茂町 城陽 府下 | ■散策・38 他県 海外  | ■散策1 出町・三角州 川端通り 鳥 | ■散策1 北白川 疏水も | ■散策1 平安京 聚楽第 | ■散策1 御所周辺 梨の木神社 他 | ■散策1 烏丸・六角堂あたり | ■散策1 狸谷山 | ■散策1 祇園以北 東山 | ■散策1 西陣 市中 | ■散策2’ 醍醐 山科 | ■散策2 ねねの道 八坂神社 石塀 | ■散策2 三尾(高雄 槙尾 栂尾)  | ■散策2 三年坂 二年坂 | ■散策2 三条 四条 木屋町 新京極 | ■散策2 京都駅 界隈 | ■散策2 伏見 酒蔵 | ■散策2 八幡市 加茂町 他府下 | ■散策2 北白川 疏水 | ■散策2 哲学の道 (寺院編) | ■散策2 哲学の道 (道編) | ■散策2 大原 八瀬 Ohara | ■散策2 宇治 uji | ■散策2 岡崎公園 疏水 三条通り北 | ■散策2 嵐山 渡月橋 太秦 Arashiyama | ■散策2 嵯峨野 鳥居本 | ■散策2 祇園白川 柳の白川 Gion | ■散策2 西山 大山崎 大原野 | ■散策2 西陣 市中 | ■散策2 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | ■散策2 鷹峯 西賀茂 | ■散策3 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策3 伏見 酒蔵 | ■散策3 宇治 | ■散策3 嵐山 渡月橋 太秦  | ■散策3 嵯峨野 鳥居本 | ■散策3 祇園白川 柳の白川 | ■散策3 西陣 市中 | ■散策3 醍醐 山科 | ■散策4 伏見 酒蔵 | ■散策4 醍醐 山科 | □ 2008 宵山 祇園祭 | □ 2008 宵山 祇園祭 2 | □ 2009 桜 1 | □ 2009 桜 2 | □ 2009 桜 3 | □ 2009 桜 4 | □ 2009 桜 5 | □ 2009 紅葉 1 | □ 2009 紅葉 2 | □ 2009 紅葉 3 | □ 2009 紅葉 4 | □ 2009 紅葉 5 | □ 2010 桜 1 | □ 2010 桜 2 | □ 2010 桜 3 | □ 2010 桜 4 | □ 2010 桜 5 | □ 2007 祇園祭 | □1 【桜 花】 右京区 嵐山 嵯峨野 | □2 【桜】 御所 市中 賀茂川 高野川 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い | □4 【桜 花】 東山(南) 円山 伏見区 宇治 | □4' 【夜桜】 祇園 高瀬川 他 Gion | □5 【紅葉 2】 吉田山 東山 | □5 【紅葉】 吉田山 東山 | □5' 【紅葉】 哲学の道 寺院も | □6 【紅葉】 嵐山 嵯峨野 洛西 | □6' 【紅葉】 大徳寺 など | □7 【紅葉】 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | □7' 【紅葉 2 】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □7' 【紅葉】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □8 【紅葉】 伏見 宇治 | □8' 【紅葉】 鷹ヶ峰 上賀茂 北区 上京区 | □9 【紅葉】 大原 古知谷 八瀬 | □9'【雪の日】 洛北 洛東 | □9'【雪の日】 洛西 | □ 【紅葉】 市中 下鴨神社 | □ 桜 2 右京 西陣 嵐山 西山 | □ 桜 2 哲学の道 洛北 | □2【雪の日】 洛北 洛東 | □2【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □3【雪の日】 洛北 洛東 | □3【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □4【雪の日】 洛北 洛東 | □5【雪の日】 洛北 洛東 | ○ 1 京都御苑とその界隈 Imperial Palace | ○ 2 仙洞御所 (特別参観) | ○ 3 桂離宮 (特別参観) | ○ 1 京都御所(特別参観)Imperial Palace | ○ 1 桂離宮 Katsura Imperial Villa | ○ 2 南禅寺・塔頭・水路閣 | ○ 2 天龍寺 塔頭 | ○ 2 建仁寺 塔頭 | ○ 2 東福寺 塔頭 | ○ 3 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace | ○ 3 東福寺 塔頭 | ○ 4 東福寺・塔頭 | ○ 5 東福寺 塔頭 | ○0 京都五山 別格 南禅寺・ 塔頭 水路閣 | ○1 京都五山 第一位 天龍寺・ 塔頭 | ○2 京都五山 第二位 相国寺 | ○3 京都五山 第三位 建仁寺 | ○4 京都五山 第四位 東福寺・ 塔頭 | ○5 京都五山 第五位 万寿寺 | ○1 修学院離宮 | ○2 修学院離宮 | ● 1 法然院の四季 | ● 2’ 下鴨神社の四季 | ● 2 上賀茂神社 社家 深泥池 | ● 2 泉涌寺と界隈 | ● 2 法然院の四季 | ● 2 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ● 2 真如堂の四季 | ● 3 泉涌寺と界隈 | ● 二条城と近辺 Nijo-jo Castle | ● 伏見稲荷大社 | ● 北野天満宮 上七軒 | ● 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 大覚寺 大沢の池 | ● 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 | ● 御室 仁和寺 | ● 智積院 | ● 東寺 塔頭 界隈 | ● 東本願寺 | ● 泉涌寺と界隈 | ● 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 1  | ● 西本願寺 | ● 西本願寺 2 | ● 金閣寺 Kinkakuji Temple | ● 銀閣寺 Ginkakuji Temple | ● 黄檗山 萬福寺 | ● 龍安寺 等持院 | ● 1 下鴨神社の四季 | ● 2 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 2 大覚寺 大沢の池 | ● 2 平安神宮 四季 Heian shrine | ● 2 東寺 塔頭 界隈 | ● 3’ 下鴨神社の四季 | ● 3 上賀茂神社 社家 深泥池 | ★ 2010 紅葉 1 | ★ 2010 紅葉 2 | ★ 2010 紅葉 3 | ★ 2010 紅葉 4 | ★ 2010 紅葉 5 | ★ 2010 紅葉 6 | ★ 2011 紅葉 1 | ★ 2011 紅葉 2 | ★ 2011 紅葉 3 | ★ 2011 紅葉 4 | ★ 2011 紅葉 5 | ★ 2011 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 1 | ★ 2012 紅葉 2 | ★ 2012 紅葉 3 | ★ 2012 紅葉 4 | ★ 2012 紅葉 5 | ★ 2012 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 7 | ★ 2012 紅葉 8 | ★ 嵐山・花灯路 2 | ★ 2011 桜 1 | ★ 2011 桜 2 | ★ 2011 桜 3 | ★ 2011 桜 4 | ★ 2012 雪景色 1 | ★ 2012 雪景色 2 | ★ 2011 雪景色 1 | ★ 2011 雪景色 2  | ★ 2011 雪景色 3 | ★ 2011 雪景色 4 | ★ 2013 雪景色 1 | ★ 2013 雪景色 2 | ★イベント情報 | ★ライトアップ寺院 お祭り | ★東山・花灯路 2 | ★東山・花灯路 3 | ☆ 2012 桜 1 | ☆ 2012 桜 2 | ☆ 2012 桜 3 | ☆ 2012 桜 4 | ☆★ 2015 桜 1 | ☆★ 2015 桜 2 | ☆★ 2015 桜 3 | ☆★ 2015 桜 4 | ☆☆2015 雪景色 1 | ☆☆2015 雪景色 2 | ☆ 2013 桜 1 | ☆ 2013 桜 2 | ☆ 2013 桜 3 | ☆ 2013 桜 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 1 | ☆ 2013 秋 紅葉 2 | ☆ 2013 秋 紅葉 3 | ☆ 2013 秋 紅葉 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 5 | ☆ 2014 桜 | ☆ 2014 秋 紅葉 1 | ☆ 2014 秋 紅葉 2 | ☆ 2014 秋 紅葉 3 | ☆ 2014 秋 紅葉 4 | ☆ 2014 雪景色 1 | ☆ 2014 雪景色 2 |  時代祭 1 |  1  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  1 三千院 |  1 京の山を歩く |  1 京大・界隈 |  1 京懐石 普茶料理 他 |  1 京都の大学を訪ねて |  1 京都の教会 |  1 京都の眺望 |  1 京都クイズ 壁紙・投票 |  1 伏見 御香宮神社 |  1 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  1 写真集 話題 |  1 吉田山 散策 |  1 周山 美山 北山 京都北部 |  1 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂 |  1 壁紙 Wall Paper |  1 大文字山 五山送り火 |  1 寺町通り (出町から北) |  1 平等院 |  1 庭 夢想国師の庭 |  1 庭 小堀遠州の庭 |  1 庭 小川治兵衛の庭 |  1 庭 相阿弥の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 2 |  1 庭 重森三玲の庭 3 |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅰ (北部) |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅱ (東部) |  1 庭園めぐり・・・洛西 Ⅰ (北部) |  1 手づくり市 |  1 植物園 花だより |  1 空 犬・猫・鳥 その他 |  1 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  1 車窓から |  1 近代建築を訪ねて |  1 高台寺 圓徳院 |  2  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  2 ご挨拶 |  2 三千院 |  2 京の川 鴨川 桂川 高野川 |  2 京大・界隈 |  2 京都の眺望 |  2 京都御苑 御所 Imperial Palace |  2 他府県 |  2 仙洞御所 |  2 伏見 御香宮神社 |  2 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  2 伏見稲荷大社 摂社 |  2 会席 甘党 |  2 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  2 出町 三角州 川端通り |  2 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  2 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  2 吉田山 散策 |  2 周山 美山 北山 京都北部 |  2 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂など |  2 大文字山 五山送り火 |  2 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  2 寺町通り (出町から北) |  2 平等院 |  2 御室 仁和寺 |  2 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  2 智積院 |  2 東大路通 丸太町通 聖護院 |  2 東山七条 三十三間堂 |  2 松尾大社 梅宮神社 苔寺 |  2 植物園 北山 |  2 比叡山 延暦寺 |  2 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 |  2 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  2 滋賀県 福井県 奈良県など近県 |  2 知恩院と界隈 |  2 空 鳥 猫 犬 |  2 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  2 西本願寺 |  2 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  2 蹴上まで |  2 車窓から |  2 近代建築 |  2 銀閣寺 |  2 青蓮院 将軍塚 |  2 鞍馬 貴船 |  2 高台寺 圓徳院 |  2 龍安寺 等持院 |  3 ねねの道 八坂神社 石塀小路 |  3 三条 四条 木屋町 新京極 |  3 京の川 |  3 京都駅界隈 壬生 他 |  3 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  3 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  3 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  3 出町 三角州 川端通り |  3 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  3 南禅寺 塔頭 水路閣 |  3 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  3 吉田山 散策 |  3 哲学の道 寺院 |  3 哲学の道 疏水沿いの道 |  3 大原 宝泉院 勝林院ほか |  3 大徳寺 今宮神社 船岡山 |  3 大覚寺 大沢の池 |  3 天龍寺 塔頭 |  3 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  3 寺町通り (出町から北) |  3 岡崎公園 岡崎疏水 |  3 平安神宮の四季 |  3 建仁寺 塔頭 |  3 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  3 智積院 |  3 東大路通 丸太町通 聖護院 |  3 東寺 塔頭 界隈 |  3 東山七条 三十三間堂 |  3 植物園 北山通り |  3 比叡山 延暦寺 |  3 清水寺の四季 |  3 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  3 真如堂の四季 |  3 空 犬 猫 鳥 |  3 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  3 西山 大山崎 大原野 |  3 西陣 市中 |  3 西陣 白峰神宮ほか |  3 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  3 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  3 近代建築 |  3 青蓮院 将軍塚 |  3 鞍馬 貴船 |  3 食事 懐石 甘党 |  4 三条 四条 木屋町 新京極 |  4 上賀茂神社 深泥池 他 |  4 下鴨神社の四季 |  4 京の川  |  4 京都駅 界隈 |  4 伏見 稲荷 藤の森 鳥羽 |  4 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  4 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  4 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  4 南禅寺 塔頭 水路閣 |  4 吉田山 散策 |  4 大覚寺 大沢の池 |  4 天龍寺と塔頭 |  4 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  4 宇治 |  4 岡崎公園 岡崎疏水 |  4 嵐山 渡月橋 保津川 |  4 嵯峨野 鳥居本 |  4 平安神宮の四季 |  4 建仁寺 塔頭 |  4 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace |  4 比叡山 延暦寺 |  4 泉涌寺 その界隈 |  4 真如堂の四季 |  4 空 犬 猫 鳥 |  4 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  4 西陣  |  4 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  4 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  4 鞍馬 貴船 |  4 食事 懐石 甘党 |  5 下鴨神社の四季 |  5 京の川  |  5 伏見 酒蔵 濠川 |  5 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  5 南禅寺 塔頭 水路閣 |  5 吉田山 散策 |  5 宇治 |  5 嵐山 渡月橋 保津川 |  5 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  5 御所(京都御苑) 四季 |  5 真如堂の四季 |  5 空 犬 猫 鳥 |  5 糺の森 河合神社 |  5 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  5 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  5 醍醐 山科 |  6 下鴨神社の四季 |  6 京の川  |  6 吉田山 散策 |  6 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  6 御所(京都御苑) 四季 |  6 東福寺 塔頭 |  6 糺の森 河合神社 |  6 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  6 醍醐 山科 |  7 下鴨神社の四季 |  7 京の川 |  8 京の川 | おみくじ お守り | ご挨拶 | その他 | 一休寺 京田辺市 | 京都めぐり 1 | 京都めぐり 2 | 京都めぐり 3 | 京都めぐり 4 | 京都めぐり 5 雪特集 | 京都めぐり 6 | 京都めぐり 7 | 光明院の四季 1 (東福寺・塔頭) | 光明院の四季 2 (東福寺・塔頭) | 嵯峨野 竹林 1 | 携帯・デジカメ | 松ヶ崎疏水 春秋 | 滋賀県 琵琶湖 福井県など近県 | 石峰寺 (五百羅漢・伊藤若冲) | 祇園祭 2009 2010 | 祇園祭 2011 | 祇園祭 2011 2  | 祭 行事 ライトアップ 冬 1 | 祭 行事 ライトアップ 冬 2 | 祭 行事 ライトアップ 冬 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 1 | 祭 行事 ライトアップ 夏 2 | 祭 行事 ライトアップ 夏 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 4 | 祭 行事 ライトアップ 夏 5 | 祭 行事 ライトアップ 夏 6 | 祭 行事 ライトアップ 春 1 | 祭 行事 ライトアップ 春 2 | 祭 行事 ライトアップ 春 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 1 | 祭 行事 ライトアップ 秋 2 | 祭 行事 ライトアップ 秋 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 4 | 祭 行事 ライトアップ 秋 5 | 花の京都 初夏 1 | 花の京都 初夏 2 | 花の京都 初夏 3 | 花の京都 初夏 4 | 花の京都 初夏 5 | 花の京都 初夏 6 | 花の京都 初夏 7 | 花の京都 夏 1 | 花の京都 夏 2 | 花の京都 夏 3 | 花の京都 夏 4 | 花の京都 夏 5 | 花の京都 新緑 青もみじ 1 | 花の京都 新緑 青もみじ 2 | 花の京都 春 1 | 花の京都 春 2 | 花の京都 春 3 | 花の京都 春 4 | 花の京都 春 5 | 花の京都 春 6 | 花の京都 秋 1 | 花の京都 秋 2 | 花の京都 秋 3 | 著作権 | 葵祭 1 | 葵祭 2