3 大徳寺 今宮神社 船岡山

2014年10月26日 (日)

船岡山 城跡と五山送り火

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmp_5318a
※写真は全てクリックで拡大します。

先日、建勲神社の船岡祭を見た後で、船岡山の頂上を通って仁和寺に向かいました。神社の参道石段上からは比叡山が正面に見えます。石段を下りて西側に行くと、神社の玉垣沿いに道が続いています。

Amo_3189a

水平な道をしばらく行くと、船岡山山頂の平地に着きます。すぐ大きな岩が目に入りますが、かって神が降臨した磐座」(いわくら)の祭祀跡ともいわれています。

Amo_3192a

山頂にある三等三角点、標高は111.89mだそうです。後ろの煙突のようなものはよく分かりませんでした。

Jmp_5338a

平安時代から船岡山は玄武(北方の守護神)にたとえられ、景勝の地でもあり様々な文学作品に登場します。西南の方には仁和寺の五重塔が見えます。

Amo_3201a

保元の乱(1156)では、敗北した源為義たちがここで処刑された。室町時代の応仁・文明の乱(1467-1477)では、西軍の山名宗全がこの地に城を築き、1511年にも合戦がおこった(船岡山永正の戦い)。ここは軍事的な要所でもあったようです。西の方には左大文字。

Amo_3208a

もう少し近づくと、火床まではっきりと見えます。

Amo_3211a

本能寺の変(1582)の後、光秀を打ちとった秀吉はここで信長の法要を行い廟を建設した。その後、建勲神社が建立されるいきさつは先日の記事にあります。山頂から下る途中にも公園があります。

Amo_3231a

この公園からは東の方が開けていて、北山から東山が一望できます。正面は比叡山。

Jmp_5357a

ここは、送り火の五山のうち四つが見える貴重な場所です。まず、大文字(如意ヶ岳)

Jmp_5363a

妙・法

Amo_3227a

船形

Jmp_5365a

左大文字は山頂からの方がよく見えます。一度は船岡山から送り火を見てみたいと思いますが、何時間も前から場所取りをしなければいけないほどの混雑だそうで、躊躇します。途中にある、国指定史跡と応仁・永正の戦跡の石碑

Amo_3185aAmo_3237a

昭和43年に船岡山全体が国の史跡、昭和6年には京都府指定風致地区、平成7年には京都の自然200選に指定され、地形や現状の変更が行われないように保護されています。

Jmp_5368a

船岡山は、京都盆地特有の樹相が保たれ、外来種がほとんど入り込んでいない貴重な森でもあるそうです。

-------------------------------------------------------------------

いつも応援ありがとうございます~♪ thanks!!

         今日も応援のクリックを頂けましたらとても嬉しいです(*^-^) 

 

  ★こちらを是非宜しく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

-------------------------------------------------------------------

Jmp_5348a

| | コメント (4)

2014年10月20日 (月)

織田信長の建勲神社 船岡祭

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmp_5201a
※写真は全てクリックで拡大します。

今日も京都から、今の京都をお届けします。

昨日19日はお祭りラッシュといいましょうか・・・迷う程でした。

嵐山の野々宮神社の斎宮行列御禊の儀は既に行って記事にしているし・・・

他に上賀茂神社、城南宮、泉涌寺・即成院、等々あるけれど・・・開始時間や混み具合を想像して・・・建勲神社の船岡祭と仁和寺で福王子神社のお御輿を見ることにしました。

建勲神社 ・・・正式には「たけいさお神社」といいますが、宮司さんたちも「けんくん神社」って仰ってたので、それで良いようです。

Amo_3184a

建勲神社
天下を統一した織田信長の偉勲を称え、明治2年明治天皇が創建。
明治43年(1910)船岡山の山腹にあった社を山頂に遷祀した。建勲の神号は明治天皇が下賜。明治8年別格官幣社指定される。

Amo_3178a

建勲神社のある船岡山は標高112mの孤立丘陵。

Amo_3172a

絶景です。~大文字山が見えます。

Jmp_5292a

10月19日の大祭は「船岡祭」といい、
祭神の織田信長が永禄11年(1568)、戦国の世を終わらすべく初めて入洛した日を記念した祭典です。

Amo_3087a

神殿祭のあと信長公ゆかりの「敦盛」の仕舞、舞楽奉納があり、年により信長公ゆかりの宝物などの公開や火縄銃の実射等の奉納があります。

Jmp_5064a

神殿祭

Jmp_5090a

  人間五十年  下天の内をくらぶれば 夢まぼろしの如くなり・・・

桶狭間の合戦出陣に際し信長公が舞った「敦盛」の一節です。

Amo_3176a

仕舞「敦盛」が奉納されます。

Jmp_5155a

建勲神社の過去記事はこちらです

Amo_3105a

「妙音鳥の舞」の奉納  小学3年生と4年生の舞です。

妙音鳥って、先日の記事方広寺の鐘楼の天井に描かれていた極楽に住むという「迦陵頻伽」(かりょうびんが)の意訳です。

Amo_3130a

終わってから舞殿を撮りました。

Amo_3152a

格天井で中には武士の絵が掲げてあります。

Amo_3154a

玉ぐしの奉納では織田信長直系の子孫の方など招待客の奉納がありました。

船岡山公園から「鳥居」以外の五山(送り火)が見えます。いつかまたお届けします。

今日も京都を楽しんでいただけましたでしょうか。

いつも見に来てくださってる皆様、是非応援クリックをお願いしますm(_ _)m
       

-------------------------------------------------------------------
 

  ★こちらを是非宜しく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

創建当時の船岡山を描いた『洛北舟岡山鎮座 建勲神社旧態の真景』(複製)

Jmp_5272a

| | コメント (6)

2014年2月 9日 (日)

2014 雪の高桐院  

Youtube000

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Jmo_1513a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日、雪が積もってることを期待して、撮りに行くところまで決めていたのですが・・・積もったのは数センチで、雨になっていました。
今日は久しぶりに今年の雪景色です。1月19日撮影。

大徳寺の高桐院、意外に積雪がありませんでした。

Jmo_1448a

高桐院 (こうとういん)
江戸時代初期の武将で茶人としても有名な細川忠興(三斎)が、父・幽斎の弟・玉甫紹琮を開祖として建立した大徳寺の塔頭で、細川氏の菩提寺です。

Jmo_1453a

三斎は茶人としては利休七哲の一人といわれる名手で、当院の書院は利休の邸宅を移築したものといわれる。

Jmo_1455a

Jmo_1573a

玄関  額縁で景色が見えます。

Jmo_1469a

Jmo_1491a

書院に続く茶室松向軒は三斎好みの二帖台目で、三帖の水屋がつき、壁や天井にも趣向が凝らされていて有名。

Jmo_1488a

Jmo_1569a

Jmo_1483a

本堂を通して向こうが見えています。

Jmo_1500a

Jmo_1499a

本堂前の庭園は江戸初期の作庭で、通称「楓の庭」。

Jmo_1507a

簡素ながら趣のある庭で、一面の苔地の中に一基の灯籠が据えられています。

Jmo_1496a

本堂

Jmo_1561a

Jmo_1554a

Jmo_1512a

Jmo_1516a

三斎とガラシャ夫人の墓が見えます。

Jmo_1525a

昨日は久しぶりの雪景色かと期待したのですが・・・
ライブカメラをいろいろ見てみましたが、僅かな積雪を雨の中撮りに行くのはやはり無理。。。家に閉じこもっていました。もう一回ぐらいは積もってほしい。

ランキングの応援を宜しくお願いします。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

袈裟形のおり蹲踞・・・紅葉の頃に行った時、苔がスッカリ無くなっていたもの。

Jmo_1540a

|

2013年12月30日 (月)

今宮神社とあぶり餅と泉仙と

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Amn_2235a
※写真は全てクリックで拡大します。

今日は大徳寺を訪れた時の、お昼ご飯と、あぶり餅の紹介です。

高桐院を出た後、今宮神社に向かいました。

Amn_2210a

大徳寺の塀は色々な瓦が入っていて面白いですよ。

Amn_2216a

今宮神社

Amn_2219a

Amn_2220a

目的は「あぶり餅」なので素通りです。

Amn_2227a

東の門を出ると・・・

Amn_2232a

左右にあぶり餅屋さんが二軒、元祖と本家、実にややこしい。

Amn_2233a

左は 元祖 「いち和さん」

Amn_2242a

右は 本家 「かぎりやさん」

Amn_2244a

さあ、どっちに入ろうか、2軒とも入って食べ比べしたいけれど・・・今日は1軒のみ。

Amn_2248a

あぶり餅  ほんと美味しい

Amn_2245a

ゆっくりし過ぎて・・・もうこんな

Amn_2247a

・・・日が暮れるのは早い。

Amn_2249a

・・・で、ここからはお昼をいただいたところ・・・

Amn_2229a

大徳寺 大慈院 門を入ると・・・

Amn_2056a

精進鉄鉢料理の「泉仙」(いずせん)があります。

Amn_2064a

あやめ(3150円)をいただきました。 お抹茶とわらび餅

Amn_2065a

梅酒

Amn_2066a

お料理の前に出てきて、皆でほぼ食べてしまってからパチリ

Amn_2067a

なんか少ないなあ・・・と・・・肝心なのを撮って無いですね。(u_u。)

メインも胡麻豆腐も・・・

泉仙←でお料理は確かめてくださいね。m(_ _)m

Amn_2072a

丸いお鉢は空になったら、一番大きな鉢の中に順番に入って、1つに纏まりました。

その写真も忘れてます。(^-^;

Amn_2073a

師走の忙しさとは関係無いブログになっていますが・・・今日はもう30日。以前とは違って随分楽な正月準備になりましたが、それでも、あと2日。w(゚o゚)w

ランキングの応援を宜しくお願いします。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

クチナシの実・・・おせちのきんとんの色付けに。。。

Amn_2059a

| | コメント (3)

2013年12月27日 (金)

大徳寺・仏殿の天井画 2013 紅葉

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Amn_2080a
※写真は全てクリックで拡大します。

久しぶりに大徳寺に行ったので、例のあそこの写真を撮り直してきました。

大徳寺  臨済宗大徳寺派の大本山 龍宝山と号する。
鎌倉時代末期の正和4年(1315)に大燈国師宗峰妙超が開創。室町時代には応仁の乱で荒廃したが、一休和尚が復興。桃山時代には豊臣秀吉が織田信長の葬儀を営み、信長の菩提をとむらうために総見院を建立併せて寺領を寄進、それを契機に戦国武将の塔頭建立が相次ぎ隆盛を極めた。
勅使門から三門、仏殿、法堂(いずれも重文)、方丈(国宝)と南北に並び、その他いわゆる七堂伽藍が完備する。下は金毛閣

Amn_2076a

金毛閣
千利休によって増築された三門二階部分を金毛閣と称し、利休の像を安置したことから秀吉の怒りをかい利休自決の原因となった。

Amn_2086a

あそことは・・・仏殿  仏殿の天井画です。
2010年に撮って、きっと雲龍図が描かれているに違いないと思った天井画です。

天井の雲龍図シリーズにも入れてましたのに・・・

Amn_2084a

拡大してみたら、雲龍ではありませんでした。雲らしきものだけ見て・・・てっきり雲龍図だと早とちりするところは・・・実に、私らしい。

Amn_2082b

逆さにしてみました。・・・もうハッキリ分りましたよね。「飛天」でした。

これだけ色が剥げ落ち退化していたら・・・いつか描き換えられるでしょうね。

Amn_2082d

仏殿の中には入れないから、精々これくらいしか拡大できませんが。

天を舞う、飛天。 雲も素晴らしいですね。

Amn_2082e

仏殿から法堂に続くところ。

Amn_2088a

ここは紅葉が最高潮

Amn_2089a

Amn_2092a

Amn_2091a

非公開の塔頭寺院

Amn_2087a

中は紅葉が綺麗

Amn_2078a

今日は法堂の雲龍図好きが故のこだわりでした。

ランキングの応援を宜しくお願いします。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amn_2077a

| | コメント (10)

2013年12月26日 (木)

2013 紅葉 高桐院 敷き紅葉

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Amn_2115a
※写真は全てクリックで拡大します。

参道の敷き紅葉が美しいことで知られている、大徳寺の塔頭 高桐院。

訪れたのは12月3日。今年最後の紅葉を見に友人たちと大徳寺に行きました。

Amn_2110b

高桐院(こうとういん) 大徳寺塔頭。
1601年(慶長6)利休七哲の一人細川忠興(三斎)の創建。
利休邸移築の書院につづく茶室松向軒は秀吉の北野大茶会に用いられたものを移したと伝える。江戸初期につくられた庭に三斎とガラシャ夫人の墓がある。
寺宝の李唐筆「絹本墨画山水図」2幅は南宋初期山水画の名作で国宝。

Amn_2126a

Amn_2199a

Amn_2193a

2007年の紅葉の記事こちらを見てください。寺院説明なども入っています。

Amn_2196a

この景色も高桐院の定番 

Amn_2180a

青もみじ、雪景色も撮りに行きました。

Amn_2186a

天井の電球の傘・・・何かを代用したみたい。細川家の九曜の紋もあります。

Amn_2181a

お庭に出ます。

Amn_2161a

Amn_2144a

衝撃的なものを見ました・・・袈裟形の折り蹲踞の今の姿です。

2007年は見事に苔むしていたのに・・・記事にも書きましたが、蹲踞に乗って真上から撮影していた人が居ました。そこだけ苔が剥げていました。

その後も何人もの非常識なカメラマンが乗り続けたのでしょうね。・・・そして今。

Amn_2165a

2007年の写真。腕を伸ばしてもこれくらい撮れるのに、なぜ蹲踞に乗る必要があるのでしょうね。・・・そして私は人気のお寺に撮影に行く気が失せるのです。

Dsc_6435a Dsc_6439a

この苔むした蹲踞を見ることが楽しみの一つだったのに・・・ガッカリで。。。

Amn_2147a

Amn_2175a

Amn_2173a

Amn_2146b

いよいよ暮れも押し迫ってきましたが、紅葉で出来るだけ毎日更新いたします。

ランキングの応援を宜しくお願いします。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amn_2200a

| | コメント (4)

2011年2月 5日 (土)

雪の京都 あぶり餅と今宮神社

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Dso_0531a
※写真は全て拡大します。

すっかり春めいてきましたね。
例年、2日の夜は吉田神社の追儺式に行くのですが、今年は3日のお昼に古い御札を納めにだけ行って来ました。
昨日は立春、ぽかぽか陽気・・・そんな時にナンなのですが・・・
・・・思いっきり今日は雪景色です。
先取りも良いけれど・・・例年になく雪の多かった「京の雪景色」を楽しんで下さいね。

大晦日、大徳寺の後に・・・折角ここまで来たのだから・・・もし開いていたら良いなあと、今宮神社のあぶり餅をいただきに・・・

まずは今宮神社の正面  雪たっぷりです。

Dso_0486a

本殿

Dso_0500a

Dso_0505a

あぶり餅屋さんは・・・

Dso_0514a

お休みっぽい。

Dso_0519a

また食べそびれました。すごーく悔しいけれど・・・この景色とっても良い雰囲気です。

Dso_0555a

「いち和さん」「かざりやさん」・・・いつも2軒そろって仲良くお休み。
「16日から大晦日まで休み」って書いてあったよう。紅葉終了から長いお休みです。

Dso_0557a

ここで撮った時代劇を見たことがありますが、ぴったりですね 。

Dso_0556a

あぶり餅とは縁が薄いようで、またお休みに来てしまいました。あぶり餅これです。

Dsd_3340a

2軒とも食べた記事はこちらです。両方ともとても美味しいですよ。

Dso_0534a

松の枝の雪が重そう。

Dso_0536a

どちらが本家だったか元祖だったか・・・忘れてしまいました。

Dso_0548a

明日の元旦から営業とあって、中では賑やかな声がしていました。

Dso_0539a

雪は益々降ってきています。

Dso_0552a 

このまま春に向かって、というのも良いけれど・・・私はもう少し冬の京都を楽しみたい。
snow もう一回くらい雪が積もってほしいなあ・・・と。

※このブログではもう少し京都の雪景色があります。お楽しみくださいね。

コメント下さった皆様有難うございます。やっと今日から暫く暇になります。

京都の雪景色・・・お楽しみいただけましたでしょうか。今日も応援宜しく。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ   こちらも是非 → にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Dso_0527a

| | コメント (12)

2011年1月12日 (水)

雪の大徳寺 三門 境内  

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Dso_0133c
※写真は全て拡大します。

昨日は、グタ~っとしてました。
鞍馬はやはり軽い登山だし、貴船も雪が深くてツルツルだったし・・・昔っから体力無くても登りたい山に登るのが私。次の日グッタリでも行けて良かった。

今日は平安神宮の神苑にしたかったのですが、やる気が起こらず。・・・で、こんな日もあろうかと写真だけは作っていた大徳寺の境内です。(撮影:2010・12・31)

説明部分はどの記事も「駒札」「京都観光Navi」「Wikipedia」から引用しています。

Dso_0125a

大徳寺  山号:龍宝山  臨済宗大徳寺派 大本山 
大燈国師宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)が、鎌倉末期の正和4年(1315)開創し、朝廷の深い信仰をうけて寺運は栄えた。室町時代には、幕府の保護を辞退して在野の立場をつらぬいた。応仁の乱で建物は焼失したが、四十八世住持一休宗純が堺の商人の保護をうけて復興し、ついで豊臣秀吉や諸大名も建物や寺領を寄付し、塔頭を創建して、江戸時代初期に現在の建物はほとんど整えられ、寺運は大いに栄えた。

勅使門   (重文)  ひどい写真で・・・m(_ _)m
御所の門を下賜され、寛永17年(1640年)に移築されたもの。

Dso_0124a

三門 (重文)  二層の山門
連歌師・宗長の寄進で享禄2年(1529)にまず下層のみが竣工し、天正17年(1589)、千利休が上層を増築させて金毛閣と称した。

Dso_0258a

利休は上層に自身の木像を安置した(つまり、門をくぐる者は利休の下を通ることになる)が、これが豊臣秀吉の怒りを買い、利休自決の原因となった。

Dso_0126a

勅使門、三門、仏殿、法堂がほぼ一直線に並び、これら中心伽藍の北・南・西に20ヶ寺以上の塔頭寺院が並ぶ。

Dso_0277b   

三門につづき仏殿。

Dso_0280b

応仁の乱で消失後、一休和尚等によって再建されたが寛文5年(1665)那波常有によって改めて建造された。

Dso_0264a

雲龍図があると法堂かと思っていましたら、過去記事をご覧になった方から仏殿だと教えていただきました。

Dso_0276b

天井の雲龍図・・・かなり剝げてきていますね。

Dso_0267a

法堂を横から

Dso_0284a

snow雪だるまを作ってるのかな?

Dso_0294a 

他に・・・唐門(国宝)は聚楽第の遺構と伝えられ、豪華な彫刻に飾られた桃山時代の代表的建物。また、方丈は禅宗方丈建築の典型で、室内は狩野探幽の襖絵(重文)で飾られている。方丈庭園も江戸初期の枯山水庭園として有名である。その他、書画、古文書寺宝も多く、諸塔頭とともに禅宗文化の宝庫となっている。

Dso_0297b

今歩いている所は高桐院に向かっています。異様な感じ・・・ちょっと素敵

Dso_0299b

妙心寺、相国寺、大徳寺など臨済宗の大寺院が京都五山から外れているのを少し調べた記事があります。こちらの記事(万寿寺)をご覧ください。

Dso_0310b

高桐院(既・記事)を撮影後・・・今宮神社に向かいます。

Dso_0453a

龍翔寺 大徳寺本派専門道場

Dso_0454a

外に出て・・・大徳寺を囲む塀は瓦を入れ込んだ素敵な築地塀です。

Dso_0470a

雪の中の竹藪 

Dso_0478a

今宮神社が見えています。

Dso_0473a

この冬の雪の写真はまだまだ沢山ありますが、時々紅葉の日に行った所も入れていきますね。   

 ◆ブログランキングを励みに作っています。応援宜しくお願い致します。
             両方クリックしていただくととっても嬉しいです。
-----------------------------------------------------------------
  是非よろしく→人気ブログランキングへ  こちらも是非→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-----------------------------------------------------------------

北大路通りにある赤い鳥居が遠くに見えてます・・・帰り道です。おお寒う。

Dso_0475a

| | コメント (12)

その他のカテゴリー

2012 祇園祭 | 2013 2014 祇園祭 | 2015 紅葉 1 | 2015 紅葉 2 | 2015 紅葉 3 | 2015 紅葉 4 | 2015 紅葉 5 | 2015~ 祇園祭 | 2016 桜 1 | 2016 桜 2 | 2016 桜 3 | 2016 紅葉1 | 2016 紅葉2 | 2016 雪景色 1 | 2016~ 葵祭 | You tube 1 | You tube 2 | You tube 3 | You tube 4 | You tube 5 | You tube 6 | ■ 写真掲載 当ブログ紹介■ | ■ 写真掲載 当ブログ紹介 2 ■ | ■散策・00' 京都駅 壬生界隈 五条  | ■散策・00 三条 四条通 先斗町 | ■散策・01 ◆東山七条 博物館 三十三間堂 | ■散策・02 ◆博物館~六波羅蜜寺 大和大路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 2 | ■散策・04 ◆清水寺~三年坂~ 高台寺 | ■散策・05 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ■散策・06 ◆ねねの道 石塀小路 八坂神社 | ■散策・07 祇園 柳の白川他 Gion | ■散策・08 ◆八坂神社 円山公園~平安神宮 | ■散策・09' 知恩院  | ■散策・09 青蓮院 | ■散策・10 平安神宮 四季 Heian shrine | ■散策・11 東大路通 聖護院界隈 | ■散策・11' 美術館 岡崎界隈 | ■散策・12 ◆平安神宮~南禅寺~永観堂 | ■散策・14 ◆哲学の道 (疏水沿い) | ■散策・15 ◆哲学の道 (寺院) | ■散策・17 真如堂の四季  | ■散策・19 鴨川 賀茂川 高野川 | ■散策・20 西陣 他市中の寺院 | ■散策・21 右京区 法金剛院 松尾大社 | ■散策・23 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 | ■散策・24 詩仙堂・曼殊院・比叡山麓 | ■散策・25 大原 八瀬 (紅葉は別) | ■散策・26 比叡山と延暦寺 | ■散策・27 鞍馬山~貴船 | ■散策・28 鷹峯 西賀茂 (紅葉は別) | ■散策・29 上賀茂神社 社家 深泥池 | ■散策・30 嵐山 太秦 Arashiyama | ■散策・31 嵯峨野 鳥居本 化野 | ■散策・32 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策・33 山科 醍醐 | ■散策・34 伏見 | ■散策・35 宇治 宇治の社寺 | ■散策・36 大山崎 大原野 西山 | ■散策・37 八幡 加茂町 城陽 府下 | ■散策・38 他県 海外  | ■散策1 出町・三角州 川端通り 鳥 | ■散策1 北白川 疏水も | ■散策1 平安京 聚楽第 | ■散策1 御所周辺 梨の木神社 他 | ■散策1 烏丸・六角堂あたり | ■散策1 狸谷山 | ■散策1 祇園以北 東山 | ■散策1 西陣 市中 | ■散策2’ 醍醐 山科 | ■散策2 ねねの道 八坂神社 石塀 | ■散策2 三尾(高雄 槙尾 栂尾)  | ■散策2 三年坂 二年坂 | ■散策2 三条 四条 木屋町 新京極 | ■散策2 京都駅 界隈 | ■散策2 伏見 酒蔵 | ■散策2 八幡市 加茂町 他府下 | ■散策2 北白川 疏水 | ■散策2 哲学の道 (寺院編) | ■散策2 哲学の道 (道編) | ■散策2 大原 八瀬 Ohara | ■散策2 宇治 uji | ■散策2 岡崎公園 疏水 三条通り北 | ■散策2 嵐山 渡月橋 太秦 Arashiyama | ■散策2 嵯峨野 鳥居本 | ■散策2 祇園白川 柳の白川 Gion | ■散策2 西山 大山崎 大原野 | ■散策2 西陣 市中 | ■散策2 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | ■散策2 鷹峯 西賀茂 | ■散策3 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策3 伏見 酒蔵 | ■散策3 宇治 | ■散策3 嵐山 渡月橋 太秦  | ■散策3 嵯峨野 鳥居本 | ■散策3 祇園白川 柳の白川 | ■散策3 西陣 市中 | ■散策3 醍醐 山科 | ■散策4 伏見 酒蔵 | ■散策4 醍醐 山科 | □ 2008 宵山 祇園祭 | □ 2008 宵山 祇園祭 2 | □ 2009 桜 1 | □ 2009 桜 2 | □ 2009 桜 3 | □ 2009 桜 4 | □ 2009 桜 5 | □ 2009 紅葉 1 | □ 2009 紅葉 2 | □ 2009 紅葉 3 | □ 2009 紅葉 4 | □ 2009 紅葉 5 | □ 2010 桜 1 | □ 2010 桜 2 | □ 2010 桜 3 | □ 2010 桜 4 | □ 2010 桜 5 | □ 2007 祇園祭 | □1 【桜 花】 右京区 嵐山 嵯峨野 | □2 【桜】 御所 市中 賀茂川 高野川 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い | □4 【桜 花】 東山(南) 円山 伏見区 宇治 | □4' 【夜桜】 祇園 高瀬川 他 Gion | □5 【紅葉 2】 吉田山 東山 | □5 【紅葉】 吉田山 東山 | □5' 【紅葉】 哲学の道 寺院も | □6 【紅葉】 嵐山 嵯峨野 洛西 | □6' 【紅葉】 大徳寺 など | □7 【紅葉】 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | □7' 【紅葉 2 】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □7' 【紅葉】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □8 【紅葉】 伏見 宇治 | □8' 【紅葉】 鷹ヶ峰 上賀茂 北区 上京区 | □9 【紅葉】 大原 古知谷 八瀬 | □9'【雪の日】 洛北 洛東 | □9'【雪の日】 洛西 | □ 【紅葉】 市中 下鴨神社 | □ 桜 2 右京 西陣 嵐山 西山 | □ 桜 2 哲学の道 洛北 | □2【雪の日】 洛北 洛東 | □2【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □3【雪の日】 洛北 洛東 | □3【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □4【雪の日】 洛北 洛東 | □5【雪の日】 洛北 洛東 | ○ 1 京都御苑とその界隈 Imperial Palace | ○ 2 仙洞御所 (特別参観) | ○ 3 桂離宮 (特別参観) | ○ 1 京都御所(特別参観)Imperial Palace | ○ 1 桂離宮 Katsura Imperial Villa | ○ 2 南禅寺・塔頭・水路閣 | ○ 2 天龍寺 塔頭 | ○ 2 建仁寺 塔頭 | ○ 2 東福寺 塔頭 | ○ 3 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace | ○ 3 東福寺 塔頭 | ○ 4 東福寺・塔頭 | ○ 5 東福寺 塔頭 | ○0 京都五山 別格 南禅寺・ 塔頭 水路閣 | ○1 京都五山 第一位 天龍寺・ 塔頭 | ○2 京都五山 第二位 相国寺 | ○3 京都五山 第三位 建仁寺 | ○4 京都五山 第四位 東福寺・ 塔頭 | ○5 京都五山 第五位 万寿寺 | ○1 修学院離宮 | ○2 修学院離宮 | ● 1 法然院の四季 | ● 2’ 下鴨神社の四季 | ● 2 上賀茂神社 社家 深泥池 | ● 2 泉涌寺と界隈 | ● 2 法然院の四季 | ● 2 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ● 2 真如堂の四季 | ● 3 泉涌寺と界隈 | ● 二条城と近辺 Nijo-jo Castle | ● 伏見稲荷大社 | ● 北野天満宮 上七軒 | ● 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 大覚寺 大沢の池 | ● 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 | ● 御室 仁和寺 | ● 智積院 | ● 東寺 塔頭 界隈 | ● 東本願寺 | ● 泉涌寺と界隈 | ● 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 1  | ● 西本願寺 | ● 西本願寺 2 | ● 金閣寺 Kinkakuji Temple | ● 銀閣寺 Ginkakuji Temple | ● 黄檗山 萬福寺 | ● 龍安寺 等持院 | ● 1 下鴨神社の四季 | ● 2 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 2 大覚寺 大沢の池 | ● 2 平安神宮 四季 Heian shrine | ● 2 東寺 塔頭 界隈 | ● 3’ 下鴨神社の四季 | ● 3 上賀茂神社 社家 深泥池 | ★ 2010 紅葉 1 | ★ 2010 紅葉 2 | ★ 2010 紅葉 3 | ★ 2010 紅葉 4 | ★ 2010 紅葉 5 | ★ 2010 紅葉 6 | ★ 2011 紅葉 1 | ★ 2011 紅葉 2 | ★ 2011 紅葉 3 | ★ 2011 紅葉 4 | ★ 2011 紅葉 5 | ★ 2011 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 1 | ★ 2012 紅葉 2 | ★ 2012 紅葉 3 | ★ 2012 紅葉 4 | ★ 2012 紅葉 5 | ★ 2012 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 7 | ★ 2012 紅葉 8 | ★ 嵐山・花灯路 2 | ★ 2011 桜 1 | ★ 2011 桜 2 | ★ 2011 桜 3 | ★ 2011 桜 4 | ★ 2012 雪景色 1 | ★ 2012 雪景色 2 | ★ 2011 雪景色 1 | ★ 2011 雪景色 2  | ★ 2011 雪景色 3 | ★ 2011 雪景色 4 | ★ 2013 雪景色 1 | ★ 2013 雪景色 2 | ★イベント情報 | ★ライトアップ寺院 お祭り | ★東山・花灯路 2 | ★東山・花灯路 3 | ☆ 2012 桜 1 | ☆ 2012 桜 2 | ☆ 2012 桜 3 | ☆ 2012 桜 4 | ☆★ 2015 桜 1 | ☆★ 2015 桜 2 | ☆★ 2015 桜 3 | ☆★ 2015 桜 4 | ☆☆2015 雪景色 1 | ☆☆2015 雪景色 2 | ☆ 2013 桜 1 | ☆ 2013 桜 2 | ☆ 2013 桜 3 | ☆ 2013 桜 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 1 | ☆ 2013 秋 紅葉 2 | ☆ 2013 秋 紅葉 3 | ☆ 2013 秋 紅葉 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 5 | ☆ 2014 桜 | ☆ 2014 秋 紅葉 1 | ☆ 2014 秋 紅葉 2 | ☆ 2014 秋 紅葉 3 | ☆ 2014 秋 紅葉 4 | ☆ 2014 雪景色 1 | ☆ 2014 雪景色 2 |  時代祭 1 |  1  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  1 三千院 |  1 京の山を歩く |  1 京大・界隈 |  1 京懐石 普茶料理 他 |  1 京都の大学を訪ねて |  1 京都の教会 |  1 京都の眺望 |  1 京都クイズ 壁紙・投票 |  1 伏見 御香宮神社 |  1 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  1 写真集 話題 |  1 吉田山 散策 |  1 周山 美山 北山 京都北部 |  1 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂 |  1 壁紙 Wall Paper |  1 大文字山 五山送り火 |  1 寺町通り (出町から北) |  1 平等院 |  1 庭 夢想国師の庭 |  1 庭 小堀遠州の庭 |  1 庭 小川治兵衛の庭 |  1 庭 相阿弥の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 2 |  1 庭 重森三玲の庭 3 |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅰ (北部) |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅱ (東部) |  1 庭園めぐり・・・洛西 Ⅰ (北部) |  1 手づくり市 |  1 植物園 花だより |  1 空 犬・猫・鳥 その他 |  1 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  1 車窓から |  1 近代建築を訪ねて |  1 高台寺 圓徳院 |  2  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  2 ご挨拶 |  2 三千院 |  2 京の川 鴨川 桂川 高野川 |  2 京大・界隈 |  2 京都の眺望 |  2 京都御苑 御所 Imperial Palace |  2 他府県 |  2 仙洞御所 |  2 伏見 御香宮神社 |  2 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  2 伏見稲荷大社 摂社 |  2 会席 甘党 |  2 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  2 出町 三角州 川端通り |  2 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  2 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  2 吉田山 散策 |  2 周山 美山 北山 京都北部 |  2 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂など |  2 大文字山 五山送り火 |  2 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  2 寺町通り (出町から北) |  2 平等院 |  2 御室 仁和寺 |  2 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  2 智積院 |  2 東大路通 丸太町通 聖護院 |  2 東山七条 三十三間堂 |  2 松尾大社 梅宮神社 苔寺 |  2 植物園 北山 |  2 比叡山 延暦寺 |  2 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 |  2 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  2 滋賀県 福井県 奈良県など近県 |  2 知恩院と界隈 |  2 空 鳥 猫 犬 |  2 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  2 西本願寺 |  2 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  2 蹴上まで |  2 車窓から |  2 近代建築 |  2 銀閣寺 |  2 青蓮院 将軍塚 |  2 鞍馬 貴船 |  2 高台寺 圓徳院 |  2 龍安寺 等持院 |  3 ねねの道 八坂神社 石塀小路 |  3 三条 四条 木屋町 新京極 |  3 京の川 |  3 京都駅界隈 壬生 他 |  3 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  3 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  3 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  3 出町 三角州 川端通り |  3 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  3 南禅寺 塔頭 水路閣 |  3 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  3 吉田山 散策 |  3 哲学の道 寺院 |  3 哲学の道 疏水沿いの道 |  3 大原 宝泉院 勝林院ほか |  3 大徳寺 今宮神社 船岡山 |  3 大覚寺 大沢の池 |  3 天龍寺 塔頭 |  3 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  3 寺町通り (出町から北) |  3 岡崎公園 岡崎疏水 |  3 平安神宮の四季 |  3 建仁寺 塔頭 |  3 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  3 智積院 |  3 東大路通 丸太町通 聖護院 |  3 東寺 塔頭 界隈 |  3 東山七条 三十三間堂 |  3 植物園 北山通り |  3 比叡山 延暦寺 |  3 清水寺の四季 |  3 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  3 真如堂の四季 |  3 空 犬 猫 鳥 |  3 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  3 西山 大山崎 大原野 |  3 西陣 市中 |  3 西陣 白峰神宮ほか |  3 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  3 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  3 近代建築 |  3 青蓮院 将軍塚 |  3 鞍馬 貴船 |  3 食事 懐石 甘党 |  4 三条 四条 木屋町 新京極 |  4 上賀茂神社 深泥池 他 |  4 下鴨神社の四季 |  4 京の川  |  4 京都駅 界隈 |  4 伏見 稲荷 藤の森 鳥羽 |  4 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  4 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  4 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  4 南禅寺 塔頭 水路閣 |  4 吉田山 散策 |  4 大覚寺 大沢の池 |  4 天龍寺と塔頭 |  4 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  4 宇治 |  4 岡崎公園 岡崎疏水 |  4 嵐山 渡月橋 保津川 |  4 嵯峨野 鳥居本 |  4 平安神宮の四季 |  4 建仁寺 塔頭 |  4 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace |  4 比叡山 延暦寺 |  4 泉涌寺 その界隈 |  4 真如堂の四季 |  4 空 犬 猫 鳥 |  4 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  4 西陣  |  4 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  4 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  4 鞍馬 貴船 |  4 食事 懐石 甘党 |  5 下鴨神社の四季 |  5 京の川  |  5 伏見 酒蔵 濠川 |  5 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  5 南禅寺 塔頭 水路閣 |  5 吉田山 散策 |  5 宇治 |  5 嵐山 渡月橋 保津川 |  5 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  5 御所(京都御苑) 四季 |  5 真如堂の四季 |  5 空 犬 猫 鳥 |  5 糺の森 河合神社 |  5 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  5 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  5 醍醐 山科 |  6 下鴨神社の四季 |  6 京の川  |  6 吉田山 散策 |  6 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  6 御所(京都御苑) 四季 |  6 東福寺 塔頭 |  6 糺の森 河合神社 |  6 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  6 醍醐 山科 |  7 下鴨神社の四季 |  7 京の川 |  8 京の川 | おみくじ お守り | ご挨拶 | その他 | 一休寺 京田辺市 | 京都めぐり 1 | 京都めぐり 2 | 京都めぐり 3 | 京都めぐり 4 | 京都めぐり 5 雪特集 | 京都めぐり 6 | 京都めぐり 7 | 光明院の四季 1 (東福寺・塔頭) | 光明院の四季 2 (東福寺・塔頭) | 嵯峨野 竹林 1 | 携帯・デジカメ | 松ヶ崎疏水 春秋 | 滋賀県 琵琶湖 福井県など近県 | 石峰寺 (五百羅漢・伊藤若冲) | 祇園祭 2009 2010 | 祇園祭 2011 | 祇園祭 2011 2  | 祭 行事 ライトアップ 冬 1 | 祭 行事 ライトアップ 冬 2 | 祭 行事 ライトアップ 冬 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 1 | 祭 行事 ライトアップ 夏 2 | 祭 行事 ライトアップ 夏 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 4 | 祭 行事 ライトアップ 夏 5 | 祭 行事 ライトアップ 夏 6 | 祭 行事 ライトアップ 春 1 | 祭 行事 ライトアップ 春 2 | 祭 行事 ライトアップ 春 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 1 | 祭 行事 ライトアップ 秋 2 | 祭 行事 ライトアップ 秋 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 4 | 祭 行事 ライトアップ 秋 5 | 花の京都 初夏 1 | 花の京都 初夏 2 | 花の京都 初夏 3 | 花の京都 初夏 4 | 花の京都 初夏 5 | 花の京都 初夏 6 | 花の京都 初夏 7 | 花の京都 夏 1 | 花の京都 夏 2 | 花の京都 夏 3 | 花の京都 夏 4 | 花の京都 夏 5 | 花の京都 新緑 青もみじ 1 | 花の京都 新緑 青もみじ 2 | 花の京都 春 1 | 花の京都 春 2 | 花の京都 春 3 | 花の京都 春 4 | 花の京都 春 5 | 花の京都 春 6 | 花の京都 秋 1 | 花の京都 秋 2 | 花の京都 秋 3 | 著作権 | 葵祭 1 | 葵祭 2