★ 2011 雪景色 1

2011年1月15日 (土)

雪の平安神宮 3 泰平閣 

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Jmi_2075a
※写真は全て拡大します。

今日は雪の平安神宮の最終回。(撮影:2010・12・31)
モノクロ加工してませんよ。このままの色です。

平安神宮の神苑
池泉回遊式の近代日本庭園。平安神宮の大極殿背後の周囲三方に配された南神苑、西神苑、中神苑、東神苑で構成される。面積は33,000平方メートル。

作庭は7代目小川治兵衛。明治から昭和にかけて「植治」と呼ばれ東山界隈に円山公園、無隣庵を始め幾多の名園を残しています。 国の名勝に指定。

Jmi_2095a

栖鳳池の中の釣殿・・・泰平閣です。

Jmi_2065a

素晴らしい雪景色ですね。

Jmi_2096a

平安神宮は何度も訪れていますのでカテゴリーは独立させています。

Jmi_2099a

◆ ★旧の「京都を歩くアルバム・・・その1」をリンクしますこちらです

Jmi_2066a

屋根の上の鳳凰

Jmi_2094a

尚美館 普段は非公開、公開された時のを記事にしています。
 尚美館の記事(2つ)が載っているところですこちらです。下の方にあります。 

Jmi_2100a

泰平閣へ・・・

Jmi_2107a

泰平閣  柱を額縁のように見て・・・場所を移動して数枚。

Jmi_2109a

作庭家別カテゴリー」を作っていますが、「小川治兵衛の庭」としての平安神宮は記事が多過ぎて、今日の1つだけを入れました。
良かったら見て下さい「小川治兵衛の庭」こちらです

Jmi_2112a

こちらは結婚式場のある方向です。

Jmi_2111a

尚美館と春には紅枝垂れ桜の美しい並木が見えています。

Jmi_2136a

この春は夜桜の「紅枝垂れコンサート」を見に行きたいと思っています。

Jmi_2121a

尚美館の前の枝垂れ桜も可愛い紅枝垂れです。

Jmi_2124a

東山を借景とし、中国の伝説の仙郷「蓬莱山」をあらわしているそうです。

Jmi_2125a

泰平閣を渡ったところから。

Jmi_2132a

雪が益々降って来ています。

Jmi_2143a

雪景色ばかりでは・・・と思いましたが、やはりこの時期は雪景色にしました。
暫くお付き合いくださいね。

今日リンクした以外にも平安神宮の記事は「平安神宮の四季」にあります。良かったら「目次」から見ていただきますように。

インフルエンザも流行をみせているとか、皆様ご自愛くださいね。      

雪の京都・・・お楽しみいただけましたでしょうか。今日も応援宜しく。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ   こちらも是非 → にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmi_2059a

| | コメント (12)

2011年1月14日 (金)

雪の平安神宮 2 モノトーン 神苑

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Jmi_1930a
※写真は全て拡大します。

昨日に引き続き平安神宮の神苑。西神苑と中神苑です。

西神苑 ここはモノトーンの世界でした。(撮影:2010・12・31)

Jmi_1906a

Jmi_1909a

花菖蒲が植えられているところです。

Jmi_1922a

枠の杭が歯車のように見えます。

Jmi_1924a

今日は西神苑と中神苑を1度にしますので、写真が多いです。

Jmi_1932a

夫任せで撮って来てもらった写真には・・・思ってた場所の撮影がして無くて、構図などのセンスは似ていると思っていたのですが・・・やはり物足りない。

Jmi_1925a

私は記事の流れ、構成を組み立て・・・変化も考え、余分な写真も撮るけど・・・彼は記事の事を考えないからかな。

Jmi_1929a

それでも・・・感謝・感謝・・・て、言っておかなくては。m(_ _)m。

Jmi_1960a    

中神苑に向います。

Jmi_1975a

中神苑も花菖蒲、睡蓮が美しいところ。

Jmi_1980a

写真はモノクロ加工はしていません。このままの色です。 

Jmi_1984a

Jmi_1987a

Jmi_2003a

Jmi_2023a

臥龍橋・・・綺麗に雪が積もったところが見れるかと思いましたが・・・

Jmi_2007a

残念・・・どうして綺麗なままの雪を残そうとしないのかなあ・・・何故、渡るの?!
新雪を蹴散らして渡ること・・・楽しいですか?

Jmi_2033a

以前来た時も、ぐちゃぐちゃになっていて・・・美しい景色は皆の物の筈。
悲しい。。。決して写真を撮る者のエゴでは無いですよ。

Jmi_2049a

Jmi_2050a

Jmi_2013a

中神苑に続いては・・・東神苑・・・栖鳳池の辺に建つ尚美館や釣殿の泰平閣の美しいところです。明日記事にするか・・・平安神宮ばかりは私がつまらないから・・・
どこにしようか・・・明日をお楽しみに。

雪の京都・・・お楽しみいただけましたでしょうか。今日も応援宜しく。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ   こちらも是非 → にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

波紋が美しい。

Jmi_2014a

| | コメント (10)

2011年1月13日 (木)

雪の平安神宮 神苑 1 

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Jmi_2157a
※写真は全て拡大します。

ちょっとお待たせした感じで、平安神宮です。(撮影:2010・12・31)

應天門と中の広い雪景色は何度も撮っているのですが、神苑の雪景色は過去に1度一人で撮影に行った限りなのでどうしても撮りたかったのです。・・・で、大晦日の平安神宮へは夫に行ってもらいました。初詣の準備が完了していました。

Jmi_2196a

平安神宮 應天門から

Jmi_2193a

見事に真っ白でしたね。

Jmi_2167a

應天門

Jmi_2154a

Jmi_2184a

神苑へ・・・今日は入った所の「南神苑」だけにします。

Jmi_2151a

南神苑は枝垂れ桜がとっても美しいところ。

Jmi_1945a

モノトーンでごちゃごちゃ気味で分かり難いですが、翔鸞池に映っています。

Jmi_1875a

凍りかけの水面と、映る枝垂れ桜の支えの枠?(何て言うのですか?)。

Jmi_1877a

寒椿が雪に耐えてるって感じです。

Jmi_1952a

Jmi_1865a

Jmi_1883a

これは「万両」ですか。

Jmi_1896a

これは「千両」でしょうか。実の数が少なくなって・・百両、十両、一両もあるようで。

Jmi_1869a

Jmi_1890a

Jmi_1887a

次回の平安神宮・神苑は初夏には花菖蒲美しいの中神苑です。

 ◆ブログランキングを励みに作っています。応援宜しくお願い致します。
             両方クリックしていただくととっても嬉しいです。
-----------------------------------------------------------------
  是非よろしく→人気ブログランキングへ  こちらも是非→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-----------------------------------------------------------------

平安神宮の創建と同じ明治28年、平安遷都1100年を記念して京都市内に敷設された、日本で初めてのチンチン電車です。

Jmi_1872a

| | コメント (10)

2011年1月12日 (水)

雪の大徳寺 三門 境内  

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Dso_0133c
※写真は全て拡大します。

昨日は、グタ~っとしてました。
鞍馬はやはり軽い登山だし、貴船も雪が深くてツルツルだったし・・・昔っから体力無くても登りたい山に登るのが私。次の日グッタリでも行けて良かった。

今日は平安神宮の神苑にしたかったのですが、やる気が起こらず。・・・で、こんな日もあろうかと写真だけは作っていた大徳寺の境内です。(撮影:2010・12・31)

説明部分はどの記事も「駒札」「京都観光Navi」「Wikipedia」から引用しています。

Dso_0125a

大徳寺  山号:龍宝山  臨済宗大徳寺派 大本山 
大燈国師宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)が、鎌倉末期の正和4年(1315)開創し、朝廷の深い信仰をうけて寺運は栄えた。室町時代には、幕府の保護を辞退して在野の立場をつらぬいた。応仁の乱で建物は焼失したが、四十八世住持一休宗純が堺の商人の保護をうけて復興し、ついで豊臣秀吉や諸大名も建物や寺領を寄付し、塔頭を創建して、江戸時代初期に現在の建物はほとんど整えられ、寺運は大いに栄えた。

勅使門   (重文)  ひどい写真で・・・m(_ _)m
御所の門を下賜され、寛永17年(1640年)に移築されたもの。

Dso_0124a

三門 (重文)  二層の山門
連歌師・宗長の寄進で享禄2年(1529)にまず下層のみが竣工し、天正17年(1589)、千利休が上層を増築させて金毛閣と称した。

Dso_0258a

利休は上層に自身の木像を安置した(つまり、門をくぐる者は利休の下を通ることになる)が、これが豊臣秀吉の怒りを買い、利休自決の原因となった。

Dso_0126a

勅使門、三門、仏殿、法堂がほぼ一直線に並び、これら中心伽藍の北・南・西に20ヶ寺以上の塔頭寺院が並ぶ。

Dso_0277b   

三門につづき仏殿。

Dso_0280b

応仁の乱で消失後、一休和尚等によって再建されたが寛文5年(1665)那波常有によって改めて建造された。

Dso_0264a

雲龍図があると法堂かと思っていましたら、過去記事をご覧になった方から仏殿だと教えていただきました。

Dso_0276b

天井の雲龍図・・・かなり剝げてきていますね。

Dso_0267a

法堂を横から

Dso_0284a

snow雪だるまを作ってるのかな?

Dso_0294a 

他に・・・唐門(国宝)は聚楽第の遺構と伝えられ、豪華な彫刻に飾られた桃山時代の代表的建物。また、方丈は禅宗方丈建築の典型で、室内は狩野探幽の襖絵(重文)で飾られている。方丈庭園も江戸初期の枯山水庭園として有名である。その他、書画、古文書寺宝も多く、諸塔頭とともに禅宗文化の宝庫となっている。

Dso_0297b

今歩いている所は高桐院に向かっています。異様な感じ・・・ちょっと素敵

Dso_0299b

妙心寺、相国寺、大徳寺など臨済宗の大寺院が京都五山から外れているのを少し調べた記事があります。こちらの記事(万寿寺)をご覧ください。

Dso_0310b

高桐院(既・記事)を撮影後・・・今宮神社に向かいます。

Dso_0453a

龍翔寺 大徳寺本派専門道場

Dso_0454a

外に出て・・・大徳寺を囲む塀は瓦を入れ込んだ素敵な築地塀です。

Dso_0470a

雪の中の竹藪 

Dso_0478a

今宮神社が見えています。

Dso_0473a

この冬の雪の写真はまだまだ沢山ありますが、時々紅葉の日に行った所も入れていきますね。   

 ◆ブログランキングを励みに作っています。応援宜しくお願い致します。
             両方クリックしていただくととっても嬉しいです。
-----------------------------------------------------------------
  是非よろしく→人気ブログランキングへ  こちらも是非→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-----------------------------------------------------------------

北大路通りにある赤い鳥居が遠くに見えてます・・・帰り道です。おお寒う。

Dso_0475a

| | コメント (12)

2011年1月11日 (火)

雪の高桐院 大徳寺・塔頭

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Dso_0367b
※写真は全て拡大します。

snow 昨日の積雪は期待した程ではありませんでした。
午後には雪も融けそうだったので思い切って鞍馬と貴船に行って来ました。
大原は?・・・って言われそうですね。雪の大原には既に行ってたっぷり撮ったのを記事にしていますので、今のところ予定はしていません。

去年の大晦日は大雪・・・大忙しでした。大徳寺の塔頭は3ヵ所廻りました。
今日はその最後「 高桐院 」です。(撮影:2010・12・31)

説明部分はどの記事も「駒札」「京都観光Navi」「Wikipedia」から引用しています。

Dso_0317a

廻った塔頭の中でもやっぱりここが一番人が多かったです。

Dso_0322a

高桐院 (こうとういん)
江戸時代初期の武将で茶人としても有名な細川忠興(三斎)が、父・幽斎の弟・玉甫紹琮を開祖として建立した大徳寺の塔頭で、細川氏の菩提寺です。

Dso_0452a

三斎は茶人としては利休七哲の一人といわれる名手で、当院の書院は利休の邸宅を移築したものといわれる。

Dso_0446

Dso_0449a

この景色を紅葉の頃に訪れて撮影する方が大勢です。

Dso_0447a

去年も紅葉の頃は敬遠しておきました。

Dso_0334a

紅葉の記事こちらでご覧くださいmaple2007年に行った時で、詳しく撮ってます。

Dso_0443a

額縁風に見えるお庭が素敵です。

Dso_0352b

書院に続く茶室松向軒は三斎好みの二帖台目で、三帖の水屋がつき、壁や天井にも趣向が凝らされていて有名。

Dso_0356a

本堂前の庭園は江戸初期の作庭で、通称「楓の庭」と呼ばれます。

Dso_0358c

簡素ながら趣のある庭で、一面の苔地の中に一基の灯籠が据えられています。

Dso_0411a

Dso_0391a

寺宝では中国南宋時代の画家李唐の山水画二幅が有名で、現存する墨絵山水画の圧巻と賞賛されています。

Dso_0420b

Dso_0369a

三斎とガラシャ夫人の墓。(2007年の記事でハッキリ撮っています
墓石となっている灯籠は、初め千利休が「天下一」と名づけ愛用の処、豊臣秀吉がその名声を聞き所望したが断ったもの。利休切腹のおり遺品として三斎に贈ったものです。

Dso_0374a

他に近世初期の歌舞伎踊りの名手、名古屋山三郎、出雲阿国の墓がある。

Dso_0380a

袈裟形のおり蹲踞 
この浄水盤は加藤清正が朝鮮王城羅生門の礎石を持ち帰り細川三齋に贈ったもので、地面低くおさめられているので「おりつくばい」と呼ばれる。

Dso_0386a

高桐院の後は今宮神社まで行きました。大徳寺境内と今宮神社はまた後ほど記事に致します。

 ◆ブログランキングを励みに作っています。応援宜しくお願い致します。
             両方クリックしていただくととっても嬉しいです。
-----------------------------------------------------------------
  是非よろしく→人気ブログランキングへ  こちらも是非→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-----------------------------------------------------------------

Dso_0415a

| | コメント (8)

2011年1月10日 (月)

雪の瑞峯院 大徳寺・塔頭 

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Dso_0241a
※写真は全て拡大します。

卵白を泡立てたメレンゲを、とろとろ~っと流したような・・・瑞峯院のお庭です。
ここまで積もっているとは・・・。(撮影:2010・12・31)

瑞峯院 (ずいほういん)  臨済宗 大徳寺派
天文4年(1535)九州の戦国大名大友義鎮(宗麟)が建立した大徳寺の塔頭である。宗麟は、徹岫宗九を開祖にむかえ自らの菩提寺として創建しました。
瑞峯院の寺号は宗麟の法名によってと名付けられた。

Dso_0251a

なお宗麟はのちにキリスト教の洗礼をうけ、キリシタン大名としても有名である。
方丈および唐門、表門は(いずれも重要文化財)は創建当寺の建物である。方丈には後奈良天皇の宸筆になる「瑞峯院」の寺額をかかげている。
内部のふすま絵は、最近の作品であるが瑞峯の院名にちなんで朝鮮の金剛山を写した大作である。境内には大友宗麟夫妻の墓がある。

Dso_0214a_2

庭園は、独坐庭(方丈南庭)、茶庭(中庭)、閑眠庭(方丈北庭)の三面があります。

いずれも昭和36年(1961)、開祖である大満国師の400年遠忌に重森三玲氏により作庭されました。
この雪では庭園が分かりませんので・・・こちらの記事をご覧くださいね

Dso_0216a

白砂の砂紋が高く盛り上がっているので、浜辺に打ち寄せる波のようになっています。

Dso_0228a

独坐庭(どくざてい)
方丈の正面に位置する蓬莱山式庭園で、大刈込と巨石で表した蓬萊山からのびる半島と小島に打ち寄せる荒波を砂紋で描いており、荒波に打ち寄せもまれながらも雄々と独坐している、大自然の活動を現しています。

Dso_0223a

百丈禅師が呼唱された「独坐大雄峰」という禅語からの銘名されました。

Dso_0229a

そろそろソフトとかアイスクリームとかショートケーキとか食べたくなりませんか?

Dso_0234a

茶室は餘慶庵 安勝軒 平成待庵と3つあります。

Dso_0182a

茶庭
方丈と餘慶庵の間にある露地で、一木一草を用いず、青石を一面に敷きつめ、中央近くに立手水鉢を設けた斬新な茶庭であった。
近年改築されて、松や苔の植栽に飛び石という典型的な茶庭になっている。

Dso_0151a

Dso_0210a

床の輝きがとっても綺麗で何枚も撮ってしまいました。寒さも伝わってきそう。

Dso_0153a

Dso_0249a

Dso_0207a

閑眠庭(かんみんてい)
キリシタン大名・大友宗麟の思いを汲んだ枯山水の庭で、東側にあるキリシタン灯篭を背にして白砂、苔地に、縦に4石、横に3石の7石が据えられ、7個の石組みが十字架を形作っています。「閑眠高臥して青山に対す」という禅語から銘名されました。

Dso_0185a

庭面に斜めの十字架が描かれています。

Dso_0196a

※雪で庭が分かりませんねえ・・・是非過去記事の緑のお庭を見て下さいね。

昨夜から大河ドラマ『江』が始まりましたね。
例年あまり見ない私ですが(去年は見ましたが)・・・第1話は見ました。
さすが、京都ロケが多かった。驚いたのが実相院の「床みどり」に座ってられたこと。
他に仁和寺・・・最後の予告では糺の森の馬場を馬で走ってましたね。。。o(*^▽^*)o
さて・・・どうしようか・・・1年間見てみようかな??

 ◆ブログランキングを励みに作っています。応援宜しくお願い致します。
             両方クリックしていただくととっても嬉しいです。
-----------------------------------------------------------------
  是非よろしく→人気ブログランキングへ  こちらも是非→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-----------------------------------------------------------------

Dso_0220a

| | コメント (10)

2011年1月 8日 (土)

雪の龍源院 2 大徳寺・塔頭 

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Dso_0026a
※写真は全て拡大します。

昨日に引き続き大徳寺・塔頭 龍源院。今日は方丈南庭、北庭などをお届けします。

ここは方丈南庭 「一枝坦」(いっしだん)です。
生クリームたっぷりのケーキのよう・・・美味しそうでしょ。( ´艸`)プププ

Dso_0065a

一枝坦(いっしだん)
東渓禅師が師である実伝和尚から賜った「霊山一枝之軒(りょうぜんいっしのけん)」という室号から名づけられたものす。

Dso_0073a

かつては中国産の樹齢700年の珍種の山茶花「楊貴妃」が植えられていたそうですが、昭和55年に枯れてしまったそうです。

Dso_0027a

そこで現在の和尚様が禅寺特有の枯山水庭園を創案、設計監督されて造られたのがこの「蓬莱山形式の庭園です。

Dso_0094a

蓬莱山は不老長寿の仙人が住む吉祥の島。庭の中央右よりの巨石が蓬莱山を表し、右端の石組が鶴島、苔山が亀島を表わし、白砂が大海を表している。

雪の無い緑の庭はこちらの記事をご覧くださいね。庭がよく分かります。

Dso_0043a

右に見えている巨石が蓬莱山だと思いますが、↓で見ると2つの石ですね。

Dso_0077b

方丈の中が撮影が許されていたので撮らせていただいています。

Dso_0081a

Dso_0082a

龍源院の名の龍のようですね。

Dso_0079a

Dso_0092a

方丈を廻ります。

Dso_0045a

開祖堂前庭

Dso_0040a

龍吟庭 (りょうぎんてい)・・・これも過去記事の写真を見て下さいね。

Dso_0054a

方丈北側に広がる三尊石組からなる室町時代の枯山水庭園で、中央の石組は須弥山を表し、青々とした杉苔は洋々たる大海を表わしています。

盛り上がった苔にたっぷり積もった雪でふわッふわッですね。

Dso_0053a

雪の石庭も美しい龍源院のお庭~(o^-^o) いかがでしたか・・・

次はもっとパフパフ・モフモフの生クリームケーキのお庭を紹介しますね。

 ◆ブログランキングを励みに作っています。応援宜しくお願い致します。
             両方クリックしていただくととっても嬉しいです。

-----------------------------------------------------------------
  是非よろしく→人気ブログランキングへ  こちらも是非→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-----------------------------------------------------------------

Dso_0077a

| | コメント (8)

2011年1月 7日 (金)

雪の龍源院 1 大徳寺・塔頭  

新しく来て下さった方は 目次 も ご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Dso_0014a
※写真は全て拡大します。

大徳寺の塔頭 「龍源院」(りょうげんいん)です。
まだホームページを作っていた頃に行っただけで、随分久しぶりの龍源院です。

龍源院は、方丈前庭の「一枝坦(いっしだん)」、北庭の「竜吟庭」、東にある壺庭「東滴壺」、書院の「こ沱底(こだてい)」、開祖堂前庭など名勝庭園のお寺です。

今日は「こ沱底」と「東滴壺」だけにしました。

大徳寺の東の門から入ると、ちょうどお坊さんたちがやって来られました。

Dsn_9981a

龍源院の前を通り過ぎて・・・何処へ・・・

Dsn_9986a

龍源院に入ります。

Dsn_9988a

龍源院   (駒札より)
本院は大徳寺南派の本庵で、文亀2年(1502)大燈国師八世の法孫東渓宗牧を開山として、能登(石川県)守護畠山義元が創建したものである。
方丈・唐門・表門はいずれも創建当初の建物で、大徳寺山内最古の建物であり、禅宗方丈の典型的な形式を示している。本尊釈迦如来像は建長2年(1250)行心の作、以上いずれも重要文化財に指定されている。そのほか、方丈襖絵に室町時代等春筆「列仙の図」がある。
庭園は各様式からなり、特に方丈北庭は室町時代相阿弥作と伝えられる須弥山式枯山水の名園、方丈東庭は珍しい壺石庭で有名。また、方丈前庭にはもと大宮御所にあった桃山型石燈籠があり、さらに聚楽第の礎石を配した阿・吽(あ・うん)の石庭等もある。
 
Dso_0116a

門から外を見ると・・・松の幹の恰好の良いこと。

Dso_0120a

表門

Dsn_9990a

書院

Dsn_9992a

Dso_0008a

書院南軒下の阿吽の石庭 「こ沱底」(こだてい)です。

Dso_0018a

「こ沱底」は、中国河北の鎮州城の南に流れる滹沱河より名付けられました。

Dso_0015a_2

滹沱河は、中国・鎮州城の南を流れる河で宗祖・臨済禅師が住した処です。

Dso_0003a

阿吽(あ・うん)の石と名付けられた東西の石は、秀吉が建てた聚楽第の遺構です。

Dsn_9996a

Dso_0013a

これ以上左には行けなくて・・・

Dsn_9997a

豊臣秀吉、徳川家康が対局した四方蒔絵の碁盤、天正11年(1583)在銘の種子島銃。

Dsn_9994a

方丈の東にある壺庭は「東滴壺」(とうてきこ)といいます。
屋根の間から入った雪で砂紋が綺麗ですね。

Dso_0020a

我が国では最も小さい壺庭で、格調高い壺石庭で有名です。

Dso_0019b

東滴壺  拡大して読んでくださいね。

Dso_0108a

一滴の水が集まって谷川となりやがて大河になって大海原へと・・・

Dso_0022a

別の見方で・・・飛び込んだ力で浮かぶカエルかな・・・↑の説明板を読んで下さいね。

Dso_0057a

「龍吟庭」と「一枝坦」(いっしだん)は明日紹介します。
一面真っ白、ふわふわ・もふもふの生クリームケーキのようなお庭になっていました。

京都にまた寒さがやって来ました。
snow今朝は雪景色でしたが、sun陽に照らされて・・・sweat02昼まではもたないみたい。

雪の京都・・・お楽しみいただけましたでしょうか。今日も応援宜しく。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→  人気ブログランキングへ   こちらも是非 → にほん

ブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Dso_0106a

| | コメント (10)

2011年1月 5日 (水)

雪の蓮華寺  

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Dsn_9827a
※写真は全て拡大します。

大晦日の雪の日、私は迷ったすえ北に向かって行きました。
蓮華寺・・・紅葉の頃には人で一杯になる所、この秋は敬遠しときました。

蓮華寺は、京都の高野川の上流、大原街道沿いにあります。
乗ったバスは大原行き。多くの人が乗っていたけれど、蓮華寺で降りたのは私一人。

葉を落とした楓の枝はたっぷり雪を支えていました。

Dsn_9798a

紅葉の蓮華寺はこちらの記事で見て下さいね 

Dsn_9801a

益々降りしきる雪・・・

Dsn_9977a

寒さの中、凛としてらっしゃるように思えます。

Dsn_9802a

蓮華寺     山号:帰命山  天台宗   左京区上高野八幡町
もと比叡山三千僧坊の一つであったらしいが古い沿革は明らかでない。応仁の乱で荒廃していた寺を、寛文2年(1662)加賀前田家老の今枝民部近義が祖父今枝重直の菩提のため、この地に再興しました。再興の際に石川丈山、狩野探幽、木下順庵、隠元禅師など著名文化人が協力しています。

Dsn_9910a

庭園は書院の東側から、清流を導いた奥行きのある池泉鑑賞式です。

Dsn_9861a

私以外にもう一人。詩仙堂に行かれた方で、様子を聞きましたら「雪が多過ぎるのも・・・」って。私は雪が少な目の頃に行ってますが、また行きたいと思います。

Dsn_9934a

Dsn_9864a

今がちょうど良い積り具合のようですが・・・

Dsn_9916a
a

Dsn_9888b

雪は止みません。

Dsn_9883a

本堂の方へ行くのは諦めました。

Dsn_9940a

Dsn_9826a

「寿」・・・そして杉戸絵は鷹でしょうか。

Dsn_9897a

info02 蓮華寺 拝観料:400円  (ちょっと嬉しいですね)

この後、雪は止むことなく降り続きました。
曼殊院へ・・・とも思いましたが、タクシーが坂を上れないと言うことで・・・大徳寺に向かいました。

 ◆ブログランキングを励みに作っています。応援宜しくお願い致します。
             ↓↓ 両方クリックしていただくととっても嬉しいです。
-----------------------------------------------------------------
  是非よろしく→人気ブログランキングへ  こちらも是非→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-----------------------------------------------------------------

Dsn_9953a_2

| | コメント (12)

2011年1月 3日 (月)

雪の岡崎から平安神宮へ 

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Jmi_1791a_4

2日は毎年家族が家に集まる日。息子達夫婦がやって来て楽しい日を過ごしました。私はやっぱり疲れが出て、早々に寝てしまって・・・今日の記事は夫が作りました。

大晦日、雪の京都撮影は夫とは別行動、平安神宮から清水まで下った夫の写真です。夫は「・・・つれづれ編」を全然更新してませんので、たまにブログを作るのは楽しいようで。・・・さて、私はどの方面に撮影に行ったでしょうか・・・( ´艸`)プププ

                         *

元旦の日に雪の平安神宮を記事にしましたが、その日は東大路から二条通りを平安神宮に向かいました。本山妙傳寺、東山二条の角にあります。

Jmi_1780a

木の枝に積った雪が、まるで桜の花のようでした。琵琶湖疏水にかかる橋。

Jmi_1793a

春にこのあたりの両岸はみごとな桜に覆われます。

Jmi_1795a
m

Jmi_1798a

Jmi_1796a

この日はさすがに歩いている人がほとんどいません。

Jmi_1803a

みやこメッセ

Jmi_1806a

京都会館

Jmi_1807a

岡崎公園

Jmi_1810a

神宮道に来ると、お正月の出店の準備をしていました。

Jmi_1818a

岡崎疎水じゃありませんよ
Jmi_1820a

平安神宮の応天門

Jmi_1822a

中に入って右手にある青龍、なんだかわかりません。向こうには白虎が見えます。

Jmi_1838a

大極殿、ときどき雪が激しくなります。

Jmi_1848a

右手の左近の桜、雪で満開です。

Jmi_1846a_2

左手の右近の橘

Jmi_2174a

寒そうに実がなっています

Jmi_2179a

この日訪れた神苑はいつか記事にするとして、これから神宮道を南に向かいます。応天門から大鳥居。

Jmi_2191a

今日の記事は更新を見ることなく寝てしまって・・・朝に私の言葉は追記しました。

いつも応援ありがとうございます。

 ◆今日も↓忘れないでね。
-----------------------------------------------------------------
  是非よろしく→人気ブログランキングへ  こちらも是非→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-----------------------------------------------------------------

Jmi_1802a

| | コメント (16)

その他のカテゴリー

2012 祇園祭 | 2013 2014 祇園祭 | 2015 紅葉 1 | 2015 紅葉 2 | 2015 紅葉 3 | 2015 紅葉 4 | 2015 紅葉 5 | 2015~ 祇園祭 | You tube 1 | You tube 2 | You tube 3 | You tube 4 | You tube 5 | You tube 6 | ■ 写真掲載 当ブログ紹介■ | ■ 写真掲載 当ブログ紹介 2 ■ | ■散策・00' 京都駅 壬生界隈 五条  | ■散策・00 三条 四条通 先斗町 | ■散策・01 ◆東山七条 博物館 三十三間堂 | ■散策・02 ◆博物館~六波羅蜜寺 大和大路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 2 | ■散策・04 ◆清水寺~三年坂~ 高台寺 | ■散策・05 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ■散策・06 ◆ねねの道 石塀小路 八坂神社 | ■散策・07 祇園 柳の白川他 Gion | ■散策・08 ◆八坂神社 円山公園~平安神宮 | ■散策・09' 知恩院  | ■散策・09 青蓮院 | ■散策・10 平安神宮 四季 Heian shrine | ■散策・11 東大路通 聖護院界隈 | ■散策・11' 美術館 岡崎界隈 | ■散策・12 ◆平安神宮~南禅寺~永観堂 | ■散策・14 ◆哲学の道 (疏水沿い) | ■散策・15 ◆哲学の道 (寺院) | ■散策・17 真如堂の四季  | ■散策・19 鴨川 賀茂川 高野川 | ■散策・20 西陣 他市中の寺院 | ■散策・21 右京区 法金剛院 松尾大社 | ■散策・23 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 | ■散策・24 詩仙堂・曼殊院・比叡山麓 | ■散策・25 大原 八瀬 (紅葉は別) | ■散策・26 比叡山と延暦寺 | ■散策・27 鞍馬山~貴船 | ■散策・28 鷹峯 西賀茂 (紅葉は別) | ■散策・29 上賀茂神社 社家 深泥池 | ■散策・30 嵐山 太秦 Arashiyama | ■散策・31 嵯峨野 鳥居本 化野 | ■散策・32 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策・33 山科 醍醐 | ■散策・34 伏見 | ■散策・35 宇治 宇治の社寺 | ■散策・36 大山崎 大原野 西山 | ■散策・37 八幡 加茂町 城陽 府下 | ■散策・38 他県 海外  | ■散策1 出町・三角州 川端通り 鳥 | ■散策1 北白川 疏水も | ■散策1 平安京 聚楽第 | ■散策1 御所周辺 梨の木神社 他 | ■散策1 烏丸・六角堂あたり | ■散策1 狸谷山 | ■散策1 祇園以北 東山 | ■散策1 西陣 市中 | ■散策2’ 醍醐 山科 | ■散策2 ねねの道 八坂神社 石塀 | ■散策2 三尾(高雄 槙尾 栂尾)  | ■散策2 三年坂 二年坂 | ■散策2 三条 四条 木屋町 新京極 | ■散策2 京都駅 界隈 | ■散策2 伏見 酒蔵 | ■散策2 八幡市 加茂町 他府下 | ■散策2 北白川 疏水 | ■散策2 哲学の道 (寺院編) | ■散策2 哲学の道 (道編) | ■散策2 大原 八瀬 Ohara | ■散策2 宇治 uji | ■散策2 岡崎公園 疏水 三条通り北 | ■散策2 嵐山 渡月橋 太秦 Arashiyama | ■散策2 嵯峨野 鳥居本 | ■散策2 祇園白川 柳の白川 Gion | ■散策2 西山 大山崎 大原野 | ■散策2 西陣 市中 | ■散策2 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | ■散策2 鷹峯 西賀茂 | ■散策3 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策3 伏見 酒蔵 | ■散策3 宇治 | ■散策3 嵐山 渡月橋 太秦  | ■散策3 嵯峨野 鳥居本 | ■散策3 祇園白川 柳の白川 | ■散策3 西陣 市中 | ■散策3 醍醐 山科 | ■散策4 伏見 酒蔵 | ■散策4 醍醐 山科 | □ 2008 宵山 祇園祭 | □ 2008 宵山 祇園祭 2 | □ 2009 桜 1 | □ 2009 桜 2 | □ 2009 桜 3 | □ 2009 桜 4 | □ 2009 桜 5 | □ 2009 紅葉 1 | □ 2009 紅葉 2 | □ 2009 紅葉 3 | □ 2009 紅葉 4 | □ 2009 紅葉 5 | □ 2010 桜 1 | □ 2010 桜 2 | □ 2010 桜 3 | □ 2010 桜 4 | □ 2010 桜 5 | □ 2007 祇園祭 | □1 【桜 花】 右京区 嵐山 嵯峨野 | □2 【桜】 御所 市中 賀茂川 高野川 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い | □4 【桜 花】 東山(南) 円山 伏見区 宇治 | □4' 【夜桜】 祇園 高瀬川 他 Gion | □5 【紅葉 2】 吉田山 東山 | □5 【紅葉】 吉田山 東山 | □5' 【紅葉】 哲学の道 寺院も | □6 【紅葉】 嵐山 嵯峨野 洛西 | □6' 【紅葉】 大徳寺 など | □7 【紅葉】 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | □7' 【紅葉 2 】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □7' 【紅葉】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □8 【紅葉】 伏見 宇治 | □8' 【紅葉】 鷹ヶ峰 上賀茂 北区 上京区 | □9 【紅葉】 大原 古知谷 八瀬 | □9'【雪の日】 洛北 洛東 | □9'【雪の日】 洛西 | □ 【紅葉】 市中 下鴨神社 | □ 桜 2 右京 西陣 嵐山 西山 | □ 桜 2 哲学の道 洛北 | □2【雪の日】 洛北 洛東 | □2【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □3【雪の日】 洛北 洛東 | □3【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □4【雪の日】 洛北 洛東 | □5【雪の日】 洛北 洛東 | ○ 1 京都御苑とその界隈 Imperial Palace | ○ 2 仙洞御所 (特別参観) | ○ 3 桂離宮 (特別参観) | ○ 1 京都御所(特別参観)Imperial Palace | ○ 1 桂離宮 Katsura Imperial Villa | ○ 2 南禅寺・塔頭・水路閣 | ○ 2 天龍寺 塔頭 | ○ 2 建仁寺 塔頭 | ○ 2 東福寺 塔頭 | ○ 3 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace | ○ 3 東福寺 塔頭 | ○ 4 東福寺・塔頭 | ○ 5 東福寺 塔頭 | ○0 京都五山 別格 南禅寺・ 塔頭 水路閣 | ○1 京都五山 第一位 天龍寺・ 塔頭 | ○2 京都五山 第二位 相国寺 | ○3 京都五山 第三位 建仁寺 | ○4 京都五山 第四位 東福寺・ 塔頭 | ○5 京都五山 第五位 万寿寺 | ○1 修学院離宮 | ○2 修学院離宮 | ● 1 法然院の四季 | ● 2’ 下鴨神社の四季 | ● 2 上賀茂神社 社家 深泥池 | ● 2 泉涌寺と界隈 | ● 2 法然院の四季 | ● 2 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ● 2 真如堂の四季 | ● 3 泉涌寺と界隈 | ● 二条城と近辺 Nijo-jo Castle | ● 伏見稲荷大社 | ● 北野天満宮 上七軒 | ● 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 大覚寺 大沢の池 | ● 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 | ● 御室 仁和寺 | ● 智積院 | ● 東寺 塔頭 界隈 | ● 東本願寺 | ● 泉涌寺と界隈 | ● 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 1  | ● 西本願寺 | ● 西本願寺 2 | ● 金閣寺 Kinkakuji Temple | ● 銀閣寺 Ginkakuji Temple | ● 黄檗山 萬福寺 | ● 龍安寺 等持院 | ● 1 下鴨神社の四季 | ● 2 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 2 大覚寺 大沢の池 | ● 2 平安神宮 四季 Heian shrine | ● 2 東寺 塔頭 界隈 | ● 3’ 下鴨神社の四季 | ● 3 上賀茂神社 社家 深泥池 | ★ 2010 紅葉 1 | ★ 2010 紅葉 2 | ★ 2010 紅葉 3 | ★ 2010 紅葉 4 | ★ 2010 紅葉 5 | ★ 2010 紅葉 6 | ★ 2011 紅葉 1 | ★ 2011 紅葉 2 | ★ 2011 紅葉 3 | ★ 2011 紅葉 4 | ★ 2011 紅葉 5 | ★ 2011 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 1 | ★ 2012 紅葉 2 | ★ 2012 紅葉 3 | ★ 2012 紅葉 4 | ★ 2012 紅葉 5 | ★ 2012 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 7 | ★ 2012 紅葉 8 | ★ 嵐山・花灯路 2 | ★ 2011 桜 1 | ★ 2011 桜 2 | ★ 2011 桜 3 | ★ 2011 桜 4 | ★ 2012 雪景色 1 | ★ 2012 雪景色 2 | ★ 2011 雪景色 1 | ★ 2011 雪景色 2  | ★ 2011 雪景色 3 | ★ 2011 雪景色 4 | ★ 2013 雪景色 1 | ★ 2013 雪景色 2 | ★イベント情報 | ★ライトアップ寺院 お祭り | ★東山・花灯路 2 | ★東山・花灯路 3 | ☆ 2012 桜 1 | ☆ 2012 桜 2 | ☆ 2012 桜 3 | ☆ 2012 桜 4 | ☆★ 2015 桜 1 | ☆★ 2015 桜 2 | ☆★ 2015 桜 3 | ☆★ 2015 桜 4 | ☆☆2015 雪景色 1 | ☆☆2015 雪景色 2 | ☆ 2013 桜 1 | ☆ 2013 桜 2 | ☆ 2013 桜 3 | ☆ 2013 桜 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 1 | ☆ 2013 秋 紅葉 2 | ☆ 2013 秋 紅葉 3 | ☆ 2013 秋 紅葉 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 5 | ☆ 2014 桜 | ☆ 2014 秋 紅葉 1 | ☆ 2014 秋 紅葉 2 | ☆ 2014 秋 紅葉 3 | ☆ 2014 秋 紅葉 4 | ☆ 2014 雪景色 1 | ☆ 2014 雪景色 2 |  時代祭 1 |  1  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  1 三千院 |  1 京の山を歩く |  1 京大・界隈 |  1 京懐石 普茶料理 他 |  1 京都の大学を訪ねて |  1 京都の教会 |  1 京都の眺望 |  1 京都クイズ 壁紙・投票 |  1 伏見 御香宮神社 |  1 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  1 写真集 話題 |  1 吉田山 散策 |  1 周山 美山 北山 京都北部 |  1 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂 |  1 壁紙 Wall Paper |  1 大文字山 五山送り火 |  1 寺町通り (出町から北) |  1 平等院 |  1 庭 夢想国師の庭 |  1 庭 小堀遠州の庭 |  1 庭 小川治兵衛の庭 |  1 庭 相阿弥の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 2 |  1 庭 重森三玲の庭 3 |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅰ (北部) |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅱ (東部) |  1 庭園めぐり・・・洛西 Ⅰ (北部) |  1 手づくり市 |  1 植物園 花だより |  1 空 犬・猫・鳥 その他 |  1 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  1 車窓から |  1 近代建築を訪ねて |  1 高台寺 圓徳院 |  2  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  2 ご挨拶 |  2 三千院 |  2 京の川 鴨川 桂川 高野川 |  2 京大・界隈 |  2 京都の眺望 |  2 京都御苑 御所 Imperial Palace |  2 他府県 |  2 仙洞御所 |  2 伏見 御香宮神社 |  2 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  2 伏見稲荷大社 摂社 |  2 会席 甘党 |  2 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  2 出町 三角州 川端通り |  2 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  2 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  2 吉田山 散策 |  2 周山 美山 北山 京都北部 |  2 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂など |  2 大文字山 五山送り火 |  2 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  2 寺町通り (出町から北) |  2 平等院 |  2 御室 仁和寺 |  2 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  2 智積院 |  2 東大路通 丸太町通 聖護院 |  2 東山七条 三十三間堂 |  2 松尾大社 梅宮神社 苔寺 |  2 植物園 北山 |  2 比叡山 延暦寺 |  2 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 |  2 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  2 滋賀県 福井県 奈良県など近県 |  2 知恩院と界隈 |  2 空 鳥 猫 犬 |  2 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  2 西本願寺 |  2 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  2 蹴上まで |  2 車窓から |  2 近代建築 |  2 銀閣寺 |  2 青蓮院 将軍塚 |  2 鞍馬 貴船 |  2 高台寺 圓徳院 |  2 龍安寺 等持院 |  3 ねねの道 八坂神社 石塀小路 |  3 三条 四条 木屋町 新京極 |  3 京の川 |  3 京都駅界隈 壬生 他 |  3 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  3 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  3 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  3 出町 三角州 川端通り |  3 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  3 南禅寺 塔頭 水路閣 |  3 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  3 吉田山 散策 |  3 哲学の道 寺院 |  3 哲学の道 疏水沿いの道 |  3 大原 宝泉院 勝林院ほか |  3 大徳寺 今宮神社 船岡山 |  3 大覚寺 大沢の池 |  3 天龍寺 塔頭 |  3 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  3 寺町通り (出町から北) |  3 岡崎公園 岡崎疏水 |  3 平安神宮の四季 |  3 建仁寺 塔頭 |  3 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  3 智積院 |  3 東大路通 丸太町通 聖護院 |  3 東寺 塔頭 界隈 |  3 東山七条 三十三間堂 |  3 植物園 北山通り |  3 比叡山 延暦寺 |  3 清水寺の四季 |  3 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  3 真如堂の四季 |  3 空 犬 猫 鳥 |  3 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  3 西山 大山崎 大原野 |  3 西陣 市中 |  3 西陣 白峰神宮ほか |  3 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  3 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  3 近代建築 |  3 青蓮院 将軍塚 |  3 鞍馬 貴船 |  3 食事 懐石 甘党 |  4 三条 四条 木屋町 新京極 |  4 上賀茂神社 深泥池 他 |  4 下鴨神社の四季 |  4 京の川  |  4 京都駅 界隈 |  4 伏見 稲荷 藤の森 鳥羽 |  4 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  4 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  4 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  4 南禅寺 塔頭 水路閣 |  4 吉田山 散策 |  4 大覚寺 大沢の池 |  4 天龍寺と塔頭 |  4 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  4 宇治 |  4 岡崎公園 岡崎疏水 |  4 嵐山 渡月橋 保津川 |  4 嵯峨野 鳥居本 |  4 平安神宮の四季 |  4 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace |  4 比叡山 延暦寺 |  4 泉涌寺 その界隈 |  4 真如堂の四季 |  4 空 犬 猫 鳥 |  4 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  4 西陣  |  4 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  4 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  4 鞍馬 貴船 |  4 食事 懐石 甘党 |  5 下鴨神社の四季 |  5 京の川  |  5 伏見 酒蔵 濠川 |  5 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  5 南禅寺 塔頭 水路閣 |  5 吉田山 散策 |  5 宇治 |  5 嵐山 渡月橋 保津川 |  5 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  5 御所(京都御苑) 四季 |  5 真如堂の四季 |  5 空 犬 猫 鳥 |  5 糺の森 河合神社 |  5 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  5 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  5 醍醐 山科 |  6 下鴨神社の四季 |  6 京の川  |  6 吉田山 散策 |  6 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  6 御所(京都御苑) 四季 |  6 東福寺 塔頭 |  6 糺の森 河合神社 |  6 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  6 醍醐 山科 |  7 下鴨神社の四季 |  7 京の川 |  8 京の川 | おみくじ お守り | ご挨拶 | その他 | 一休寺 京田辺市 | 京都めぐり 1 | 京都めぐり 2 | 京都めぐり 3 | 京都めぐり 4 | 京都めぐり 5 雪特集 | 京都めぐり 6 | 京都めぐり 7 | 光明院の四季 1 (東福寺・塔頭) | 光明院の四季 2 (東福寺・塔頭) | 嵯峨野 竹林 1 | 携帯・デジカメ | 松ヶ崎疏水 春秋 | 滋賀県 琵琶湖 福井県など近県 | 石峰寺 (五百羅漢・伊藤若冲) | 祇園祭 2009 2010 | 祇園祭 2011 | 祇園祭 2011 2  | 祭 行事 ライトアップ 冬 1 | 祭 行事 ライトアップ 冬 2 | 祭 行事 ライトアップ 冬 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 1 | 祭 行事 ライトアップ 夏 2 | 祭 行事 ライトアップ 夏 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 4 | 祭 行事 ライトアップ 夏 5 | 祭 行事 ライトアップ 夏 6 | 祭 行事 ライトアップ 春 1 | 祭 行事 ライトアップ 春 2 | 祭 行事 ライトアップ 春 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 1 | 祭 行事 ライトアップ 秋 2 | 祭 行事 ライトアップ 秋 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 4 | 祭 行事 ライトアップ 秋 5 | 花の京都 初夏 1 | 花の京都 初夏 2 | 花の京都 初夏 3 | 花の京都 初夏 4 | 花の京都 初夏 5 | 花の京都 初夏 6 | 花の京都 初夏 7 | 花の京都 夏 1 | 花の京都 夏 2 | 花の京都 夏 3 | 花の京都 夏 4 | 花の京都 夏 5 | 花の京都 新緑 青もみじ 1 | 花の京都 新緑 青もみじ 2 | 花の京都 春 1 | 花の京都 春 2 | 花の京都 春 3 | 花の京都 春 4 | 花の京都 春 5 | 花の京都 春 6 | 花の京都 秋 1 | 花の京都 秋 2 | 花の京都 秋 3 | 著作権 | 葵祭 1 | 葵祭 2