2 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他

2015年5月26日 (火)

梨木神社 マンション完成

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amp_6726a
※写真は全てクリックで拡大します。

御所の東、梨木神社にマンションが建つのはニュースで知っていましたが・・・下御霊神社の帰りに寄ってみました。もう完成しているようです。

いやもうビックリ!! 鳥居と鳥居の間にギッシリ建っていました。

マンション建設は、梨木神社が社殿の修復等の資金集めに苦慮していた2013年、境内の参道を含む土地をマンション開発業者に60年の期限付きで貸し、その地代を社殿の修復費用に充てる計画をたてました。
しかし、その計画が神社本庁の承認を得られなかったことから、神社本庁から離脱をし、単立神社となりました。

Amp_6670a

このマンションは分譲タイプですが、土地は定期借地権による借地でして、60年後には購入者の一切の所有権が消滅し、更地にして土地を梨木神社に返還するという形態です。入居予定は平成27年7月上旬、この夏からです。

Amp_6671a

短くはなっていましたが、この道の木立は今 深い緑に覆われていました。

Amp_6673a

ここが梨木神社の入口、こちらも鳥居に接近しています。

Amp_6674a

境内には江戸後期の国学者で雨月物語の著者である上田秋成と、湯川秀樹博士の歌碑が建立されています。

Amp_6676a

また約500株の萩が植えられており、別名「萩の宮」とも呼ばれており、9月中旬~下旬には萩祭りがおこなわれます。

Amp_6680b

振り返れば、萩の参道の先にマンションが。

Amp_6685a

梨木神社 (なしのきじんじゃ)
久邇宮朝彦親王の令旨により、三条家の邸宅跡に三條實萬を祀るための社殿を造営し、明治18年(1885)、地名からとった梨木神社の社号と別格官幣社の列格を受けて創建。その後大正4年(1915)、大正天皇即位を記念して、子の實美を合祀しました。

Amp_6688a

いつも思うことですが、拝観寺院は拝観料で収入がありますが、神社は無料開放です。お賽銭や絵馬からの収入では到底修復費用は賄えないのでしょうね。世界文化遺産に登録されている下鴨神社でさえ、同様のマンション建設を認めざるを得ない状況です。

Amp_6693a

重要文化財などの補修には国庫補助の保存事業がありますが、それも限られた予算によって選ばれたものだけです。
もう一つ気になることがあります。「ハンミョウ」です。(撮影:2010.9)

Dsm_8910a

2010年の夏には、ハンミョウが拝殿の周りにたくさん出没していました。

Amp_6690a

2011年の拝殿、本殿の屋根の葺き替え工事などや駐車場工事で・・・ハンミョウはどうなったのでしょうね。

Amp_6696b

京都が観光都市ランキングで世界一になったとかで、外国人観光客も目立っています。観光客の多くが「古都京都の文化財」に代表される文化財やその周囲の景観を目当てに京都を訪れているのだと思います。

Amp_6708a

国が宗教に介入したり、特定の宗教と結び付くことはあってはいけないことです。でも、貴重な文化財やそれを取り巻く景観を守ることに、国や地方自治体そして(観光)業界がもっと力を入れて欲しいと願っています。

拝殿から・・・景色が変わりましたね。

Amp_6723b

「染井の水」
京都三名水(醒ヶ井・県井・染井)のうちの一つ。現存するのはここだけ。

Amp_6736a

御神木の愛の木。桂の木です。

Amp_6686a

葉っぱがハート形になっている為に名付けられました。

Amp_6735a

今日もご覧いただき、ありがとうございます。最後に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

ハート型の絵馬、「縁結び愛の木」です。

Amp_6743a

| | コメント (6)

2015年5月25日 (月)

下御霊神社と還幸祭 

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amp_6528a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日24日は下御霊神社の還幸祭でした。
嵐山・嵯峨野の嵯峨祭の還幸祭と時間が重なっていて迷いましたが、嵐山には先日の三船祭に行ったので、下御霊神社にしました。

下御霊神社は御所の南東にあり、平安時代の貴人の怨霊を祀り、疫病災厄から都を守る神社で、御所の産土神です。

Amp_6523a

桓武天皇の時代、各地で疫病が流行しました。これは御霊の祟りであるとして、貞観5年(863)神泉苑で御霊会が催されました。この御霊会が当社および上御霊神社の創祀であるとされています。

Amp_6554a

下御霊神社(しもごりょうじんじゃ)
大同2年(809)不運のうちに亡くなった伊予親王(桓武天皇の皇子)とその母の藤原吉子の霊をなだめる為、承和6年(839)に創建されたといわれます。
祭神は、後に、崇道天皇(早良(さわら)親王)、吉備真備、藤原広嗣、橘逸勢(たちばなのはやなり)、文屋宮田麿、火雷天神を加えて御霊八所神を祀ります。

当初は出雲路にあり、御霊神社の南にあったことから下御霊神社と呼ばれるようになったといわれます。以後、社地を転々とし、天正18年(1590)豊臣秀吉の都市整備により当地に移転して来ました。

Amp_6483a

現社殿は天明8年(1788)の大火で旧社殿が焼失したのち、仮皇居の内侍所仮殿を寛政3年(1791)に移建したもの。

Amp_6485a

拝殿に大宮神輿が置かれていました。

大宮神輿
宝永6年(1709)に東山天皇の御寄付による神輿を本体として修復を重ねた京都金工の粋を集めた名作。台輪(土台)が五尺六寸(170cm)という全国でも最大級の神輿で、現在は諸事情により巡幸復活には至っていません。

Amp_6486a

大宮御輿の装飾には、魚子(ななこ)という細工が随所に彫られています。(菊の御紋、鳳凰、社紋の沢潟・おもだか)
上部は天空を表し、下部は海を表し鯱(シャチ)が彫られています。また、天保年間に鋳造された鏡に玉を持った龍の彫刻もあります。

贅沢に金が使用された「消鍍金(けしめっき)」というという最高技術で鍍金され、鳥居は本体四面に飾られています。

Amp_6521c

還幸祭は、葵祭との関係で第3か第4の18日以降の日曜日になります。

Amp_6497a

静かな境内です。

Amp_6556a

鳳輦列がお昼に戻ってきて・・・学生アルバイトさん達も休憩に入っています。

Amp_6552a

下は江戸時代の天保年間に描かれた絵図。
現存している剣鉾もあれば、幕末に焼失してしまったのもあります。明治までは旧暦7月18日が「御輿迎(現・神幸祭)、8月18日(同)が御霊祭(現・還幸祭)でした。
世の移り変わりの中で盛衰を繰り返し、応仁の乱による中断を経ながらも絶えることなく行われてきました。

Amp_6512a

河原町通りを行く神輿列に出会いました。

Amp_6473a

若宮神輿  
宝永大火以降に加茂川より東の狭い道の多い地域用に作られた神輿、寛保3年(1743)に改造して全区域を廻るようになりました。台輪(土台)142cm)で金銅装方形神輿。

Amp_6473b

鳳輦(ほうれん)列が休憩を終えて再び出立です。

Amp_6649a

Amp_6618a

女の子の稚児行列はよく見かけますが、ここでは男の子。

Amp_6642a

勇ましいですね。

Amp_6645a

神社の境内と門前の寺町通の東側(丸太町~二条)には露店が80軒ほど並んで多くの人で賑わいます。

Amp_6662a

※今日もご覧いただき、ありがとうございます。ブログランキングの応援のクリックをよろしくお願いします。

  ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amp_6626a

| | コメント (6)

2013年10月25日 (金)

大本山 清浄華院

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Amk_5432a
※写真は全てクリックで拡大します。

御所の東隣。廬山寺、梨木神社のすぐ近く。何度も前を通るのですが、広大で、中に入って写真を撮ろうとは感じないようなお寺でしたが・・・

清浄華院(しょうじょうけいん)  地図です
浄華院ともいう。浄土宗四大本山(「金戒光明寺」「百萬遍知恩寺」「清浄華院」「知恩院:総本山」)の一つで、法然上人二十五霊場の二十三番札所。

総門 
高麗門と呼ばれる形式をとり、 両脇には番小屋が付属しています。現在番小屋は南北それぞれ地蔵堂、不動堂として改築されています。

Amk_5423a

清浄華院 (しょうじょうけいん)
貞観2年(860)清和天皇の勅願によって禁裏内道場として創建され、のち後白河法皇が受戒のとき本院を宿所としたことから浄土宗に転じたと伝えられる。
室町時代には皇室や公家・幕府の帰依を得て浄土宗の筆頭寺院となり、現在も浄土宗大本山の一つとなっている。

もとは土御門内裏の付近にあったが、天正13年(1585)豊臣秀吉によってこの地に移された。その後も再三火災にあい現堂舎は明治44年の再建である。

Amk_5399a

幕末には御所警備を担当した肥後熊本藩・会津藩・薩摩藩の宿所の一つとなり、会津藩主で京都守護職となった松平容保が半年間過ごしている。

Amk_5337a

本堂(御影堂)には本尊法然上人を安置する。寺宝として普悦筆「阿弥陀三尊像」(国宝)や「泣不動縁起」絵巻(重文)がある。

Amk_5388a

総門の右が不動堂。左が安産・子育てのお地蔵さん地蔵堂

不動堂には不動明王画像を安置するが、僧証空が師の臨終に際し身代りになろうとしたところ、不動明王が証空の身代りになろうといわれ師の病難を救ったという。世に「身代り不動」と呼ばれる。その物語を記したのが「泣不動縁起(証空絵詞)」

Amk_5394a

納骨堂

Amk_5338a

骨仏

Amk_5339a

河原町通にまで続く墓地には戦国時代以来の名士の墓が多く、東山天皇母・敬法門院の他、皇子・皇女の墓が多数営まれており、今も皇室とのゆかりが深い。

Amk_5344a

東門 (河原町通りに面する門) 薬医門形式の門
この門の梁には延宝4年(1676)の棟札が打ち付けられています。東門が設けられたのは宝永5年(1708)に境内東にあった「御土居薮」が下げ与えられ、道を通した時です。この際、宝永の大火で焼け残った勅使門を移転し東門として転用しており、延宝4年の棟札は勅使門時代の棟札であることが分かります。

Amk_5346a

天璋院篤姫の曾祖母の供養塔  阿波徳島藩・蜂須賀家ゆかりの桜 蜂須賀桜

Amk_5405a

山王権現社  山王権現は比叡山・天台宗の守護神。神使がサルであるため、魔を去る(サル)として厄除けの信仰があります。

Amk_5407a

天明の大火 焼亡横死150人の墓  (実際にはもっと多かった)

Amk_5378a

「天明の大火」・・・天明8年(1788)正月30日、鴨川東岸の宮川町団栗辻子で発生した火事で、折からの強風に煽られて鴨川を渡り、市街を縦横に嘗め尽くした火災に、二条城や御所も類焼、京都市街の大半を焼き尽くす大火災となりました。

Amk_5377a

鐘楼堂 梵鐘は江戸時代のはじめ慶長15年(1610)のに造られたものです。

Amk_5402a

金木犀

Amk_5396a

後ろは阿弥陀堂

Amk_5376a

阿弥陀堂と手水舎

Amk_5414a

清浄華院は初めての記事です。今日の写真は偶然にも昨年の今日に訪れた写真で、木々の色付きも同じようだと思います。

更新の励みになります。ランキングの応援を宜しく。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amk_5409a

| | コメント (8)

2012年10月27日 (土)

梨木神社 紅葉の気配 

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Amk_5289a
※写真は全てクリックで拡大します。

今日は「正法寺」は後回しにして・・・25日に行った「梨木神社」をお届けいたします。

紅葉に色付きが見られ、秋色の梨木神社になっていました。

Amk_5257a

萩まつりの和歌の短冊が残されています。

Amk_5267a

忘れられたように萩がまだ少し残っていました。

Amk_5274a

Amk_5278a

萩の神社だから・・・長い間「萩の木神社」と間違っていました。(*´ェ`*)

Amk_5288c

もみじの先が黄色くなってきています。

Amk_5291c

「染井の井戸」は京の三名水(醒ヶ井、県井、染井)の一つです。

Amk_5293a

染井の井の横にある御神木「愛の木」は桂の木です。

Amk_5296a

葉っぱが愛らしい?ハート形をしており、「愛の木」と呼ばれるようになりました。

Amk_5297a

秋の色ですね。

Amk_5292a

Amk_5306a

梨木神社は修復されて地面も整地されましたが・・・以前は夏にハンミョウをたくさん見かけました・・・ハンミョウ達がどうなったか気にかかります。
ハンミョウを入れた記事はこちらです

Amk_5307a

拝殿から門の外の萩。

Amk_5309a

今年は萩の花が盛りの頃には来なかったけれど、緑豊かなこの時期も良いですね。

Amk_5318a

帰り道の門の外

Amk_5320a

梨木神社は随分スッキリしました。

Amk_5326a

今まで梨木神社や廬山寺など御所界隈の寺院などは御所・京都御苑のカテゴリーに入れていましたが左京区の方に入れ直しました。
梨木神社や廬山寺は何処?って思われていた方も多かったと思います。

ブログがお役に立ちましたら、ブログランキングの応援クリックを宜しく。m(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリック宜しく 
  人気ブログランキング   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

御所との間の道がステキです。

Amk_5429a

| | コメント (10)

2011年9月20日 (火)

萩の寺 出町・常林寺 梨木神社 

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Amh_9580a
写真は全て拡大します。

今日は15日に撮影した出町 萩の寺・常林寺と梨木神社です。 

今年の萩の花はどうでしょうか・・・

Amh_9588a

常林寺 (じょうりんじ)
光明山摂取院常林寺と号する浄土宗の寺院である。
天正元年(1573)、念仏専修僧、魯道によって開創され、当初は、寺町荒神口に建てられていた。創建時より、知恩院とゆかりが深く、本末制度が確立したときには、総本山知恩院の役番としての地位を占めていました。
しかし、寛文11年(1671)には、寺町の大火により類焼し、堂宇を悉く焼失した。その後、現在の地に移転し、元禄11年(1698)、英誉によって本堂が再建されました。
また、幕末の頃当寺は、勝海舟が宿坊として利用していたといわれています。

Amh_9548a

充分見頃な程に咲いています。

Amh_9556a

特に白萩が綺麗でした。

Amh_9566a

敬老の日には、「萩供養」が催されます。

Amh_9562a

Amh_9574a

赤い萩は花数が少ないようでした。

Amh_9585a

Amh_9568a

------------------------------------------------

続いて御所の東の梨木神社です。

前回訪れた時は工事中でしたが、「萩まつり」にあわせて工事は終了していました。

Amh_9537a

夏に訪れると綺麗な色の「はんみょう」が飛び回っていましたが・・・生息は大丈夫でしょうか。ハンミョウの記事はこちらです

Amh_9525a

道路側はスッキリ・・・あまりにサッパリして驚きました。

Amh_9539a

梨木神社の萩の花は・・・まだまだのようです。

Amh_9538a

萩まつりは終了して、萩の枝には和歌の書かれた短冊がぶら下がっていることだとお思います。台風接近・・・被害が少ないことを願ってやみません。

ブログランキングには2つ参加しています。クリック宜しくm(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
 
2ヶ所クリックし宜しく 
  人気ブログランキング人気ブログランキングへ   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amh_9534a

| | コメント (16)

2011年8月25日 (木)

梨木神社ほか

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Amh_8293a
※写真は全て拡大します。

股関節と膝の治療にと水中歩行と泳ぎ・・・続けています。
・・・が、帰ると眠くて・・・。暑さがぶり返すなかを戻って来て、昨夜は眠さを引きずったまま うつろうつろな状態で大量の写真を見ることが出来ません。
そこで今日は最も少ないところをほんのちょっぴりです。

御所の拾翠亭の帰り・・・

Amh_8294a

寺町通りに出ると京都府立鴨沂(おおき)高校があります。鴨沂高校は、1872年に日本最古の旧制高等女学校として創立した京一女(京都一女)を前身とする高校です。(因みに男子校は洛北高校)
その鴨沂高校の正門は、元は九条家の別邸の門として土手町通り丸太町下がるにあったもので、女紅場の門として使用後、現在地に移転し鴨沂高校の正門として使用されています。 場所はここです。(※梨木神社 廬山寺も分かります)

Amh_8297a

少し北に上がった所に、萩で有名な梨木神社があります。

Amh_8316a

去年から拝殿、本殿・・・などの屋根の葺き替え工事をしています。

Amh_8306a

工事中なのでここまでしか入れません。

Amh_8314a

今日は梨木神社の過去記事にリンクします。
  梨木神社も何度も記事にしていますが・・・→◆こちらをご覧ください

Amh_8309a

尚、梨木神社の東隣には紫式部で馴染みの廬山寺(ろざんじ)があります。今は桔梗が綺麗だと思います。→◆こちらの記事をご覧ください。

  Amh_8308a

今年の萩まつりには完成するのでしょうか?

このブログを見るのを毎日の日課にしてくださってる方も多いと聞きます。
今日は物足りませんが、鴨沂高校の正門が九条家の門であったこと、梨の木神社が工事中だことの情報はこんなことも無ければボツにするところでした。
明日の記事作りの励みにする為、今日こそランキングの応援を宜しく。

ランキングの応援を励みに毎日更新しています。今日も宜しくm(_ _)m
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ   こちらも是非 → にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

御神木の愛の木(桂)です。

Amh_8302a

| | コメント (16)

2010年12月 3日 (金)

廬山寺 紅葉の源氏の庭 ゆりかもめ

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Dsn_7674a
※写真は全て拡大します。

仙洞御所の特別参観に行った帰り、もう一ヶ所寄りたくて行ったのが、紫式部ゆかりの「廬山寺」です。(撮影:11月25日)蘆山寺 廬山寺 盧山寺 ろざんじ

廬山寺 (ろざんじ) 盧山寺  
紫式部の邸宅跡として知られ、本堂前の「源氏の庭」は白砂と苔のお庭です。

Dsn_7693a

廬山寺は桔梗の咲くお庭しかイメージに無かったのですが・・・紅葉の季節もとっても良い雰囲気でした。蘆山寺 廬山寺 盧山寺 ろざんじ

Dsn_7638a

私はむしろこの強烈ともいえる「松の緑」「紅葉の赤」「砂の白」のコントラスト。紅葉の庭の方が好きになったくらいです。

Dsn_7676b

特にこの紅葉が鮮やかに、ひと際紅くお庭に映えていました。

Dsn_7644a

桔梗の源氏の庭はこちらです

Dsn_7645a

苔の形・・・いつも、何となく雅な感じで、どこかで見たことあるって思っていましたが

Dsn_7663a

「源氏物語絵巻」や「洛中洛外図」などに見られる場面などを区切った「金色の雲」の形じゃないですか?

Dsn_7696a

「源氏雲」って言うらしいです。

Dsn_7683a

「源氏物語絵巻」に使われたことから、源氏雲っていわれるそうです。

Dsn_7651a
・蘆山寺 廬山寺 盧山寺 ろざんじ

Dsn_7668a

今日の「京都*四季のフォト散歩」は昨日の糺の森の紅葉風景です。

-------------------------------------------------------

今日はまだ続きがあります。廬山寺

蘆山寺の後に出町まで行くと、賀茂川の方にゆりかもめがいました。

Dsn_7707a

Dsn_7706a

餌を貰いに鳥がいっぱい集まっています。

Dsn_7827a

Dsn_7743a

もう大変な争いです。

Dsn_7788a

ゆりかもめの飛ぶ姿・・・優雅ですね。

Dsn_7810a

Dsn_7807a

 ◆ブログランキングを励みに作っています。応援宜しくお願い致します。
             両方クリックしていただくととっても嬉しいです。
-----------------------------------------------------------------
  是非よろしく→人気ブログランキングへ  こちらも是非→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-----------------------------------------------------------------

空高くゆりかもめの群れがやって来て・・・ユリカモメは夕方群れで琵琶湖に帰ります。

Dsn_7837a

| | コメント (10)

2010年9月18日 (土)

梨木神社 萩とハンミョウ

新しく来て下さった方は 目次 もご覧くださいね。

Dsm_8868a

今日、18日から御所の東の「梨木神社」では”萩まつり”が行われます。

萩祭の前日の昨日、用事のついでにちょっと様子を見に行ってみました。

出町の萩の寺「常林寺」では、青々と枝を伸ばした萩が見られて、期待を持ったのですが・・・梨木神社では、どうしたのか・・・

Dsm_8859a

茂った時にはこの参道の両脇から萩の枝が伸びているのですが・・・
今年は、暑さの為か、まだこの状態。花数も少なかったです。

Dsm_8862a

上田秋成の歌碑が参道脇の駐車場の隅にありました。無造作過ぎって感じです。

Dsm_8860a

残念なことですが・・・
今年度の萩まつりは、本殿改修工事により奉納行事等を行うことができません。萩まつり神事と「お茶会」、「俳句大会」のみが行われます。

Dsm_8875a

去年の萩まつり前日の記事です萩の花が綺麗に咲いています。

Dsm_8938a

去年は奉納行事として、狂言や小笠原流弓術などが奉納されました。

Dsm_8869a

去年の小笠原流弓術、神楽舞などの記事です。

Dsm_8948a

染井の横から・・・茶室の庭園です。

Dsm_8944a

染井の水・・・並んでいる方が少なかったので飲ませていただきました。そんなには冷たくなかったですが、美味しいお水でした。

Dsm_8949a

萩には俳句の短冊が結びつけられて・・「萩まつり」を待っています。 

Dsm_8883a

おみくじ・・・和歌おみくじ・・・珍しいですね。(普段はみかけません)

Dsm_8882a

ところで・・・鳥や珍しいものを見つけると夢中になって撮ってしまう私です。

Dsm_8893a

コレッ・・・(*゚▽゚)ノ  ハンミョウ ヽ(´▽`)/ 綺麗ですね。

Dsm_8928a

かなり近づいて正面からも撮ったのですが・・・嫌いな方もありそうなので止めますね。

Dsm_8910a

以前、検索ワードで「梨木神社 ハンミョウ」で、このブログに来て下さった方がおられて・・・ここのハンミョウって有名なのかしら?

Dsm_8927a

今年は暑さが厳しくて、秋の花が遅いのでしょうか。

Dsm_8922a

info02 梨木神社 ◆場所はここです

    東向かいの「廬山寺」では桔梗がまだ咲いているようです。

  ローマの写真を左サイドバーの★2010 ROMEで時々入れていきます。
                                   よかったら見てくださいね。

-------------------------------------------------------------------
ランキングが励みになっています。クリックしていただくと、とても嬉しいです。
               1日1回・・・過去記事にも宜しく。(*^-^)
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ   こちらも是非 → にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
-------------------------------------------------------------------

Dsm_8933a    

| | コメント (10)

2010年9月17日 (金)

緑の・・・出雲路 幸神社

新しく来て下さった方は 目次 もご覧くださいね。

Dsm_4700a
※写真は全て拡大します。

夏の初めに蘆山寺で桔梗を見に行った後に出雲路 幸神社に行きました。・・・何だか随分以前に感じます。小さな境内ですが、緑が溢れていました。

以前シッカリ記事にしているので(つもり)、緑以外新しいもを撮るものも無くて・・・お蔵入り寸前でした。

「幸神社」・・・さいのかみのやしろ・・・と読むそうです。

Dsm_4697a

「幸神社」   
祭祀は遠く神代に始り、天武天皇の白鳳元年再興、後に桓武天皇遷都の地を山城に求め、平安京創建の時(794)、都の鬼門除け守護神として都の東北の地、出雲路の道祖神を造営されました。

道祖神は道を通って外から襲来する疫神や悪霊を塞(さえぎ)る神で、サエノカミ-サイノカミといわれるようになりました。

Dsm_4699a

江戸初期、現在地に猿田彦大神と共に天細女の命が祀られ、道祖神信仰と二神を縁結びの神としています。

天鈿女命(あめのうずめのみこと)、猿田彦大神の結ばれたお話から「縁結びの神」、「ここで愛を誓った男女は永遠に結ばれる」といわれるそうですよ。

Dsm_4705a

天細女の命は芸能の始祖としても祀られており、歌舞伎踊りの創始者として有名な出雲阿国(いずものおくに)はここ出雲路辺りの地で生まれ、一時期当社の稚児、巫女として仕えました。
「出雲阿国」が、この辺りの出身だったとは・・・このような説もあるのですね。

Dsm_4706a

以前の「幸神社の記事」はこちらです。←こちらも是非。別の写真が入っています。

Dsm_4710a

本殿の東側壁に祀る御幣を擔ぐ猿の神像があります。
御所の内裏の東北隅の猿ヶ辻の猿の神像と共に都への邪鬼の侵入から護るものです。

Dsm_4716a

平安京の東北の表鬼門といえば・・・
「猿ヶ辻」→「幸神社」→「赤山禅院」→「比叡山延暦寺」と一直線に結ばれました。

御所の猿ヶ辻の記事はこちらです
赤山禅院の屋根の上から邪鬼の侵入を防ぐお猿さんはこちらです

比叡山・延暦寺で撮った「平安京と鬼門」について、拡大して読んでくださいね。

Dsm_1658a

Dsm_1658b

北東隅の石神さん「猿田彦神石」です。

Dsm_4707a

横に疫神社の小祠が鎮座。

Dsm_4717a

緑が綺麗です・・・今年の紅葉はいかがでしょうか?

Dsm_4723a

info02 出雲路 幸神社 ◆場所はここです
     出町三角州から出町の商店街を抜けて直ぐです。

もう来週は仲秋の名月だとか・・・爽やかな季節になって来ましたね。
京都めぐりも再開しなくては・・・(o^-^o)   

-------------------------------------------------------------------
ランキングが励みになっています。クリックしていただくと、とても嬉しいです。
               1日1回・・・過去記事にも宜しく。(*^-^)
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ   こちらも是非 → にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
-------------------------------------------------------------------

絵馬がギッシリ掛かっています。ここもネット検索するとパワースポットですって。

Dsm_4704a

| | コメント (11)

2010年7月14日 (水)

紫式部邸宅跡・廬山寺 桔梗の源氏の庭

新しく来て下さった方は 目次 もご覧くださいね。

Dsm_4350a_2
※写真は全て拡大します。

廬山寺 (ろざんじ)  紫式部の邸宅跡として知られ、本堂前の「源氏の庭」は白砂と苔の庭で、今の時期は桔梗が可憐です。蘆山寺 廬山寺

廬山寺は天台圓浄宗大本山で、正しくは廬山天台講寺といいます。
比叡山天台18世座主・元三大師良源(慈恵大師)によって、天慶年中(938年~947年)に船岡山の南に創建されました。
室町時代に応仁の乱で焼失後、元亀3年(1571)、織田信長の比叡山焼き討ちは正親町天皇の女房奉書により免れたが、豊臣秀吉の寺町建設によって天正年間(1573~1593)に現在地・紫式部邸宅跡に移りました。

Dsm_4375a

当地は紫式部の曽祖父の権中納言藤原兼輔から叔父の為頼、父の為時へと伝えられた広い邸宅で、鴨川の西の堤防に接していたため「堤邸」と呼ばれ、兼輔は「堤中納言」の名で知られていました。蘆山寺 廬山寺 盧山寺 ろざんじ

Dsm_4393a

紫式部は100年ほど前に兼輔が建てた「旧い家」で一生の大部分を過ごしたといわれ、藤原宜孝との結婚生活を送り、一人娘の賢子(かたこ・大弐三位)を育て、長元4年(1031)59歳ほどで死去したといわれています。

Dsm_4368a

紫式部は藤原香子と呼び、「源氏物語」「紫式部日記」「紫式部集」などは、ほとんどこの地で執筆されたものです。

Dsm_4326b

源氏庭 
本堂前の庭園は一面の白砂に設けられた苔地のたおやかな曲線が優しい平庭の枯山水、源氏庭と呼ばれます。源氏物語に出てくる朝顔の花は今の桔梗のことで、紫式部に因み、紫の桔梗が6月から9月末まで花開きます。(以上説明:廬山寺HP、パンフより)。

Dsm_4281a

「源氏物語」の花散里の屋敷はこのあたりであったろうといわれています。

Dsm_4329a

桔梗がこっちを向いてくれているかと・・・午前中に行ったのですが・・・

Dsm_4348a

ほとんどの花が向こうを向いていました。蘆山寺 廬山寺 盧山寺 ろざんじ

Dsm_4289a

◆ maple紅葉の「源氏の庭」はこちらです紅葉のお庭も良いもんですよ。

Dsm_4339b

2006年にも桔梗の源氏庭を撮っています。こちらです

Dsm_4352a

紫式部の邸宅址を記念する顕彰碑

Dsm_4285a

天明の大火(1788・天明8)で失った堂宇は、皇室の援助で復興されました。
現在の御仏殿(本堂)と御黒戸(尊牌殿)は寛政6年(1794)、光格天皇が仙洞御所の一部を移築し、女院、閑院宮の御下賜でもって造営されたものです。

Dsm_4365a

こちらは別のお庭。

Dsm_4380a

 めぐりあひて  見しやそれとも  わかぬ間に  雲がくれにし  夜半の月かな (紫式部)

  有馬山  猪名の笹原  風吹けば  いでそよ人を  忘れやはする  (大弐三位) 

   Dsm_4403a

裏手にまわると・・・御土居 (桃山時代・史跡) 
秀吉が都の防衛のために掘った御土居堀の跡があります。こちらは都の東側で、北野天満宮には西側、鷹ガ峰には北西の堀跡が残っています。

Dsg_8445b

「雲水の井」の井戸跡があります。謡曲「東北」にも出てくるそうです。
「・・・つれづれ編」の「京の名水 4」に載せています。こちらです

Dsk_9958a

info02 廬山寺 (ろざんじ) ◆場所はここです。 Tel  075-231-0355
   住 所 :上京区寺町通広小路上ル1丁目北ノ辺町397
           ※写経が出来ます。
   拝観料: 500円   

 ◆ ブログいつも応援ありがとうございます。今日も宜しく。
             両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ    こちらも → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
-------------------------------------------------------------------

節分の日の3鬼さん(現在本堂は屋根瓦の葺き替えで工事中です)

Dsk_9937a

| | コメント (8)

その他のカテゴリー

2012 祇園祭 | 2013 2014 祇園祭 | 2015 紅葉 1 | 2015 紅葉 2 | 2015 紅葉 3 | 2015 紅葉 4 | 2015 紅葉 5 | 2015~ 祇園祭 | 2016 桜 1 | 2016 桜 2 | 2016 桜 3 | 2016 紅葉1 | 2016 紅葉2 | 2016 雪景色 1 | 2016~ 葵祭 | 2017 桜1 | 2017 桜2 | 2017 桜3 | 2017 雪景色 | You tube 1 | You tube 2 | You tube 3 | You tube 4 | You tube 5 | You tube 6 | ■ 写真掲載 当ブログ紹介■ | ■ 写真掲載 当ブログ紹介 2 ■ | ■散策・00' 京都駅 壬生界隈 五条  | ■散策・00 三条 四条通 先斗町 | ■散策・01 ◆東山七条 博物館 三十三間堂 | ■散策・02 ◆博物館~六波羅蜜寺 大和大路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 2 | ■散策・04 ◆清水寺~三年坂~ 高台寺 | ■散策・05 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ■散策・06 ◆ねねの道 石塀小路 八坂神社 | ■散策・07 祇園 柳の白川他 Gion | ■散策・08 ◆八坂神社 円山公園~平安神宮 | ■散策・09' 知恩院  | ■散策・09 青蓮院 | ■散策・10 平安神宮 四季 Heian shrine | ■散策・11 東大路通 聖護院界隈 | ■散策・11' 美術館 岡崎界隈 | ■散策・12 ◆平安神宮~南禅寺~永観堂 | ■散策・14 ◆哲学の道 (疏水沿い) | ■散策・15 ◆哲学の道 (寺院) | ■散策・17 真如堂の四季  | ■散策・19 鴨川 賀茂川 高野川 | ■散策・20 西陣 他市中の寺院 | ■散策・21 右京区 法金剛院 松尾大社 | ■散策・23 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 | ■散策・24 詩仙堂・曼殊院・比叡山麓 | ■散策・25 大原 八瀬 (紅葉は別) | ■散策・26 比叡山と延暦寺 | ■散策・27 鞍馬山~貴船 | ■散策・28 鷹峯 西賀茂 (紅葉は別) | ■散策・29 上賀茂神社 社家 深泥池 | ■散策・30 嵐山 太秦 Arashiyama | ■散策・31 嵯峨野 鳥居本 化野 | ■散策・32 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策・33 山科 醍醐 | ■散策・34 伏見 | ■散策・35 宇治 宇治の社寺 | ■散策・36 大山崎 大原野 西山 | ■散策・37 八幡 加茂町 城陽 府下 | ■散策・38 他県 海外  | ■散策1 出町・三角州 川端通り 鳥 | ■散策1 北白川 疏水も | ■散策1 平安京 聚楽第 | ■散策1 御所周辺 梨の木神社 他 | ■散策1 烏丸・六角堂あたり | ■散策1 狸谷山 | ■散策1 祇園以北 東山 | ■散策1 西陣 市中 | ■散策2’ 醍醐 山科 | ■散策2 ねねの道 八坂神社 石塀 | ■散策2 三尾(高雄 槙尾 栂尾)  | ■散策2 三年坂 二年坂 | ■散策2 三条 四条 木屋町 新京極 | ■散策2 京都駅 界隈 | ■散策2 伏見 酒蔵 | ■散策2 八幡市 加茂町 他府下 | ■散策2 北白川 疏水 | ■散策2 哲学の道 (寺院編) | ■散策2 哲学の道 (道編) | ■散策2 大原 八瀬 Ohara | ■散策2 宇治 uji | ■散策2 岡崎公園 疏水 三条通り北 | ■散策2 嵐山 渡月橋 太秦 Arashiyama | ■散策2 嵯峨野 鳥居本 | ■散策2 祇園白川 柳の白川 Gion | ■散策2 西山 大山崎 大原野 | ■散策2 西陣 市中 | ■散策2 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | ■散策2 鷹峯 西賀茂 | ■散策3 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策3 伏見 酒蔵 | ■散策3 宇治 | ■散策3 嵐山 渡月橋 太秦  | ■散策3 嵯峨野 鳥居本 | ■散策3 祇園白川 柳の白川 | ■散策3 西陣 市中 | ■散策3 醍醐 山科 | ■散策4 伏見 酒蔵 | ■散策4 醍醐 山科 | □ 2008 宵山 祇園祭 | □ 2008 宵山 祇園祭 2 | □ 2009 桜 1 | □ 2009 桜 2 | □ 2009 桜 3 | □ 2009 桜 4 | □ 2009 桜 5 | □ 2009 紅葉 1 | □ 2009 紅葉 2 | □ 2009 紅葉 3 | □ 2009 紅葉 4 | □ 2009 紅葉 5 | □ 2010 桜 1 | □ 2010 桜 2 | □ 2010 桜 3 | □ 2010 桜 4 | □ 2010 桜 5 | □ 2007 祇園祭 | □1 【桜 花】 右京区 嵐山 嵯峨野 | □2 【桜】 御所 市中 賀茂川 高野川 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い | □4 【桜 花】 東山(南) 円山 伏見区 宇治 | □4' 【夜桜】 祇園 高瀬川 他 Gion | □5 【紅葉 2】 吉田山 東山 | □5 【紅葉】 吉田山 東山 | □5' 【紅葉】 哲学の道 寺院も | □6 【紅葉】 嵐山 嵯峨野 洛西 | □6' 【紅葉】 大徳寺 など | □7 【紅葉】 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | □7' 【紅葉 2 】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □7' 【紅葉】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □8 【紅葉】 伏見 宇治 | □8' 【紅葉】 鷹ヶ峰 上賀茂 北区 上京区 | □9 【紅葉】 大原 古知谷 八瀬 | □9'【雪の日】 洛北 洛東 | □9'【雪の日】 洛西 | □ 【紅葉】 市中 下鴨神社 | □ 桜 2 右京 西陣 嵐山 西山 | □ 桜 2 哲学の道 洛北 | □2【雪の日】 洛北 洛東 | □2【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □3【雪の日】 洛北 洛東 | □3【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □4【雪の日】 洛北 洛東 | □5【雪の日】 洛北 洛東 | ○ 1 京都御苑とその界隈 Imperial Palace | ○ 2 仙洞御所 (特別参観) | ○ 3 桂離宮 (特別参観) | ○ 1 京都御所(特別参観)Imperial Palace | ○ 1 桂離宮 Katsura Imperial Villa | ○ 2 南禅寺・塔頭・水路閣 | ○ 2 天龍寺 塔頭 | ○ 2 建仁寺 塔頭 | ○ 2 東福寺 塔頭 | ○ 3 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace | ○ 3 東福寺 塔頭 | ○ 4 東福寺・塔頭 | ○ 5 東福寺 塔頭 | ○0 京都五山 別格 南禅寺・ 塔頭 水路閣 | ○1 京都五山 第一位 天龍寺・ 塔頭 | ○2 京都五山 第二位 相国寺 | ○3 京都五山 第三位 建仁寺 | ○4 京都五山 第四位 東福寺・ 塔頭 | ○5 京都五山 第五位 万寿寺 | ○1 修学院離宮 | ○2 修学院離宮 | ● 1 法然院の四季 | ● 2’ 下鴨神社の四季 | ● 2 上賀茂神社 社家 深泥池 | ● 2 泉涌寺と界隈 | ● 2 法然院の四季 | ● 2 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ● 2 真如堂の四季 | ● 3 泉涌寺と界隈 | ● 二条城と近辺 Nijo-jo Castle | ● 伏見稲荷大社 | ● 北野天満宮 上七軒 | ● 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 大覚寺 大沢の池 | ● 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 | ● 御室 仁和寺 | ● 智積院 | ● 東寺 塔頭 界隈 | ● 東本願寺 | ● 泉涌寺と界隈 | ● 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 1  | ● 西本願寺 | ● 西本願寺 2 | ● 金閣寺 Kinkakuji Temple | ● 銀閣寺 Ginkakuji Temple | ● 黄檗山 萬福寺 | ● 龍安寺 等持院 | ● 1 下鴨神社の四季 | ● 2 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 2 大覚寺 大沢の池 | ● 2 平安神宮 四季 Heian shrine | ● 2 東寺 塔頭 界隈 | ● 3’ 下鴨神社の四季 | ● 3 上賀茂神社 社家 深泥池 | ★ 2010 紅葉 1 | ★ 2010 紅葉 2 | ★ 2010 紅葉 3 | ★ 2010 紅葉 4 | ★ 2010 紅葉 5 | ★ 2010 紅葉 6 | ★ 2011 紅葉 1 | ★ 2011 紅葉 2 | ★ 2011 紅葉 3 | ★ 2011 紅葉 4 | ★ 2011 紅葉 5 | ★ 2011 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 1 | ★ 2012 紅葉 2 | ★ 2012 紅葉 3 | ★ 2012 紅葉 4 | ★ 2012 紅葉 5 | ★ 2012 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 7 | ★ 2012 紅葉 8 | ★ 嵐山・花灯路 2 | ★ 2011 桜 1 | ★ 2011 桜 2 | ★ 2011 桜 3 | ★ 2011 桜 4 | ★ 2012 雪景色 1 | ★ 2012 雪景色 2 | ★ 2011 雪景色 1 | ★ 2011 雪景色 2  | ★ 2011 雪景色 3 | ★ 2011 雪景色 4 | ★ 2013 雪景色 1 | ★ 2013 雪景色 2 | ★イベント情報 | ★ライトアップ寺院 お祭り | ★東山・花灯路 2 | ★東山・花灯路 3 | ☆ 2012 桜 1 | ☆ 2012 桜 2 | ☆ 2012 桜 3 | ☆ 2012 桜 4 | ☆★ 2015 桜 1 | ☆★ 2015 桜 2 | ☆★ 2015 桜 3 | ☆★ 2015 桜 4 | ☆☆2015 雪景色 1 | ☆☆2015 雪景色 2 | ☆ 2013 桜 1 | ☆ 2013 桜 2 | ☆ 2013 桜 3 | ☆ 2013 桜 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 1 | ☆ 2013 秋 紅葉 2 | ☆ 2013 秋 紅葉 3 | ☆ 2013 秋 紅葉 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 5 | ☆ 2014 桜 | ☆ 2014 秋 紅葉 1 | ☆ 2014 秋 紅葉 2 | ☆ 2014 秋 紅葉 3 | ☆ 2014 秋 紅葉 4 | ☆ 2014 雪景色 1 | ☆ 2014 雪景色 2 |  時代祭 1 |  1  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  1 三千院 |  1 京の山を歩く |  1 京大・界隈 |  1 京懐石 普茶料理 他 |  1 京都の大学を訪ねて |  1 京都の教会 |  1 京都の眺望 |  1 京都クイズ 壁紙・投票 |  1 伏見 御香宮神社 |  1 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  1 写真集 話題 |  1 吉田山 散策 |  1 周山 美山 北山 京都北部 |  1 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂 |  1 壁紙 Wall Paper |  1 大文字山 五山送り火 |  1 寺町通り (出町から北) |  1 平等院 |  1 庭 夢想国師の庭 |  1 庭 小堀遠州の庭 |  1 庭 小川治兵衛の庭 |  1 庭 相阿弥の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 2 |  1 庭 重森三玲の庭 3 |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅰ (北部) |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅱ (東部) |  1 庭園めぐり・・・洛西 Ⅰ (北部) |  1 手づくり市 |  1 植物園 花だより |  1 空 犬・猫・鳥 その他 |  1 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  1 車窓から |  1 近代建築を訪ねて |  1 高台寺 圓徳院 |  2  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  2 ご挨拶 |  2 三千院 |  2 京の川 鴨川 桂川 高野川 |  2 京大・界隈 |  2 京都の眺望 |  2 京都御苑 御所 Imperial Palace |  2 他府県 |  2 仙洞御所 |  2 伏見 御香宮神社 |  2 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  2 伏見稲荷大社 摂社 |  2 会席 甘党 |  2 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  2 出町 三角州 川端通り |  2 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  2 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  2 吉田山 散策 |  2 周山 美山 北山 京都北部 |  2 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂など |  2 大文字山 五山送り火 |  2 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  2 寺町通り (出町から北) |  2 平等院 |  2 御室 仁和寺 |  2 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  2 智積院 |  2 東大路通 丸太町通 聖護院 |  2 東山七条 三十三間堂 |  2 松尾大社 梅宮神社 苔寺 |  2 植物園 北山 |  2 比叡山 延暦寺 |  2 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 |  2 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  2 滋賀県 福井県 奈良県など近県 |  2 知恩院と界隈 |  2 空 鳥 猫 犬 |  2 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  2 西本願寺 |  2 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  2 蹴上まで |  2 車窓から |  2 近代建築 |  2 銀閣寺 |  2 青蓮院 将軍塚 |  2 鞍馬 貴船 |  2 高台寺 圓徳院 |  2 龍安寺 等持院 |  3 ねねの道 八坂神社 石塀小路 |  3 三条 四条 木屋町 新京極 |  3 京の川 |  3 京都駅界隈 壬生 他 |  3 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  3 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  3 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  3 出町 三角州 川端通り |  3 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  3 南禅寺 塔頭 水路閣 |  3 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  3 吉田山 散策 |  3 哲学の道 寺院 |  3 哲学の道 疏水沿いの道 |  3 大原 宝泉院 勝林院ほか |  3 大徳寺 今宮神社 船岡山 |  3 大覚寺 大沢の池 |  3 天龍寺 塔頭 |  3 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  3 寺町通り (出町から北) |  3 岡崎公園 岡崎疏水 |  3 平安神宮の四季 |  3 建仁寺 塔頭 |  3 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  3 智積院 |  3 東大路通 丸太町通 聖護院 |  3 東寺 塔頭 界隈 |  3 東山七条 三十三間堂 |  3 植物園 北山通り |  3 比叡山 延暦寺 |  3 清水寺の四季 |  3 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  3 真如堂の四季 |  3 空 犬 猫 鳥 |  3 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  3 西山 大山崎 大原野 |  3 西陣 市中 |  3 西陣 白峰神宮ほか |  3 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  3 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  3 近代建築 |  3 青蓮院 将軍塚 |  3 鞍馬 貴船 |  3 食事 懐石 甘党 |  4 三条 四条 木屋町 新京極 |  4 上賀茂神社 深泥池 他 |  4 下鴨神社の四季 |  4 京の川  |  4 京都駅 界隈 |  4 伏見 稲荷 藤の森 鳥羽 |  4 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  4 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  4 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  4 南禅寺 塔頭 水路閣 |  4 吉田山 散策 |  4 大覚寺 大沢の池 |  4 天龍寺と塔頭 |  4 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  4 宇治 |  4 岡崎公園 岡崎疏水 |  4 嵐山 渡月橋 保津川 |  4 嵯峨野 鳥居本 |  4 平安神宮の四季 |  4 建仁寺 塔頭 |  4 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace |  4 比叡山 延暦寺 |  4 泉涌寺 その界隈 |  4 真如堂の四季 |  4 空 犬 猫 鳥 |  4 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  4 西陣  |  4 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  4 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  4 鞍馬 貴船 |  4 食事 懐石 甘党 |  5 下鴨神社の四季 |  5 京の川  |  5 伏見 酒蔵 濠川 |  5 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  5 南禅寺 塔頭 水路閣 |  5 吉田山 散策 |  5 宇治 |  5 嵐山 渡月橋 保津川 |  5 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  5 御所(京都御苑) 四季 |  5 真如堂の四季 |  5 空 犬 猫 鳥 |  5 糺の森 河合神社 |  5 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  5 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  5 醍醐 山科 |  6 下鴨神社の四季 |  6 京の川  |  6 吉田山 散策 |  6 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  6 御所(京都御苑) 四季 |  6 東福寺 塔頭 |  6 糺の森 河合神社 |  6 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  6 醍醐 山科 |  7 下鴨神社の四季 |  7 京の川 |  8 京の川 | おみくじ お守り | ご挨拶 | その他 | 一休寺 京田辺市 | 京都めぐり 1 | 京都めぐり 2 | 京都めぐり 3 | 京都めぐり 4 | 京都めぐり 5 雪特集 | 京都めぐり 6 | 京都めぐり 7 | 光明院の四季 1 (東福寺・塔頭) | 光明院の四季 2 (東福寺・塔頭) | 嵯峨野 竹林 1 | 携帯・デジカメ | 松ヶ崎疏水 春秋 | 滋賀県 琵琶湖 福井県など近県 | 石峰寺 (五百羅漢・伊藤若冲) | 祇園祭 2009 2010 | 祇園祭 2011 | 祇園祭 2011 2  | 祭 行事 ライトアップ 冬 1 | 祭 行事 ライトアップ 冬 2 | 祭 行事 ライトアップ 冬 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 1 | 祭 行事 ライトアップ 夏 2 | 祭 行事 ライトアップ 夏 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 4 | 祭 行事 ライトアップ 夏 5 | 祭 行事 ライトアップ 夏 6 | 祭 行事 ライトアップ 春 1 | 祭 行事 ライトアップ 春 2 | 祭 行事 ライトアップ 春 3 | 祭 行事 ライトアップ 春 4 | 祭 行事 ライトアップ 秋 1 | 祭 行事 ライトアップ 秋 2 | 祭 行事 ライトアップ 秋 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 4 | 祭 行事 ライトアップ 秋 5 | 花の京都 初夏 1 | 花の京都 初夏 2 | 花の京都 初夏 3 | 花の京都 初夏 4 | 花の京都 初夏 5 | 花の京都 初夏 6 | 花の京都 初夏 7 | 花の京都 夏 1 | 花の京都 夏 2 | 花の京都 夏 3 | 花の京都 夏 4 | 花の京都 夏 5 | 花の京都 新緑 青もみじ 1 | 花の京都 新緑 青もみじ 2 | 花の京都 春 1 | 花の京都 春 2 | 花の京都 春 3 | 花の京都 春 4 | 花の京都 春 5 | 花の京都 春 6 | 花の京都 秋 1 | 花の京都 秋 2 | 花の京都 秋 3 | 著作権 | 葵祭 1 | 葵祭 2