2 鞍馬 貴船

2010年9月 4日 (土)

貴船神社 重森三玲の天津磐境 

新しく来て下さった方は 目次 もご覧くださいね。

Dsm_5917a
※写真は全て拡大します。

貴船神社の重森三玲氏作の石庭は思いがけないところにありました。
石段を上がって来て、本殿の石段の手前でした。
社務所に用事のある人じゃなかったら行かないところでした。

手前にある御神木の桂の木の向こう・・・

Jmh_1910a

御神木の「桂」 樹齢400年、樹高30m。

Jmh_1862a

社務所の前庭です。

Dsm_5896a

駒札も消えかけ・・・拡大して下さいね。全て読めるかどうか・・・無理して読みます。

Dsm_5897a

昭和の作庭家の第一人者・重森三玲氏が昭和40年に古代の人々が神祭を行った神聖な祭場「天津磐境」(あまついわさか)をイメージして作った石庭。
貴船川から産出する貴船石は緑色や紫色の美麗な水成岩で、庭石、盆栽石の名石としてその数も少なく、珍重されている。
この庭は貴船名石保存のため、すべてを貴船石で石組されているのが特徴で、庭全体が船の形になっている。

Dsm_5910a

中央の椿の木がマストで、神が御降臨になる樹・神籬 (ひもろぎ) もある。
神武天皇の母神様・玉依姫が浪速の津から水源の地を求めて黄色の船に乗ってこの地に来られたとの神社創建の伝承に因んでいる。
その黄船は今も奥宮に「船形石として残っている。

Dsm_5913a

砂の色も変わっていますね。

Dsm_5915a

苔むした石の色が素晴らしい。

Dsm_5907a

Dsm_5908a

社務所側・・・船尾から見ました。

Dsm_5900a

管理人留守の為、今日の記事はタイマー設定投稿にしています。

ブログランキングの応援あり」がとうございます。今日も宜しく。
               両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ   こちらも → にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
-------------------------------------------------------------------

Dsm_5899a

| | コメント (4)

2010年9月 2日 (木)

貴船神社 奥宮 結社 御神木

新しく来て下さった方は 目次 もご覧くださいね。

Jmh_1710a
※写真は全て拡大します。

貴船神社の本宮より先に奥宮(おくのみや)からにしました。
何度も紹介していますから、少しでも違ったアングルからの写真にしますが、杉木立の向こうのこの景色だけは何度も登場します。

奥宮は本宮より500メートル上流にあります。古社中の古社といわれます。
「思ひ川」にて・・・奥宮まで来る人は少なかったのですが、さすが、パワースポット流行りのようです。

Dsm_5710a

緑濃い向こうに赤い門が。

Jmh_1713a

門を入って・・・初めて気づきました。御神木「連理の杉」がありました。下鴨神社では「連理の枝の木」がありました。記事はこちらです

Dsm_5742a Dsm_5746a

奥宮の中に説明板がいくつかありますが、今回は撮っていませんので・・・
こちらの記事をご覧ください。

Dsm_5744a

「御船形石」と今も龍穴がある「奥宮の本殿」

Dsm_5738a

奥宮 (貴船神社HPより)
伝説によると第18代の反正天皇の御代(1600年程前)の御創建といわれています。
浪花の津(大阪湾)に黄色い船に乗った女の神様が現れ、「われは玉依姫なり、この船の留まるところに社殿を建てて、そこの神様を大事にお祀りすれば国土を潤し、庶民に福運を与えん」とのお告げがあり、その船は淀川、鴨川をさかのぼって水源の地・奥宮辺りの川のそばから水の湧き出るところに船を留め、そこに御社殿を建てたと伝えられています。
白鳳6年(1300年程前)には社殿を造り替えたとの社伝が残っています。
キフネの地名は、玉依姫の乗ってこられた黄船から起こったともいわれています。

Jmh_1724a

貴布禰(きふね)神社は下鴨神社の摂社の河合神社の中にもあります。
記事はこちら。この記事の写真で確認しましたが・・・この当時の河合神社の看板には「女性の守り神」って書かれていませんでした。(*^-^)

Jmh_1731a

奥宮をあとにします。

Jmh_1738a

道を戻って、本宮まで

Jmh_1746a

ここにも御神木がありました。「相生の杉」同じ根から生えた2本の杉。樹齢1000年。
相生は「相老」に通じ、夫婦共に長生きの意味。

Dsm_5704a

結社
和泉式部が不和となった夫と復縁を願いお詣りしたことで知られています。

Jmh_1754a

平安の昔から、日照りや長雨がつづいた時、また国家有事の際には必ず勅使が差し向けられ、祈念がこめられました。

Jmh_1782a

水の神様としての信仰、心願成就、えんむすび、航海安全、火防せ・消防の神様として信仰が今もつづいています。

Jmh_1779a

御神木の「桂の木」 樹齢400年

Jmh_1778a

船形の自然石「天の岩船」  他に和泉式部の歌碑などもあります。

Jmh_1774a

続いて・・・本宮に向かって下ります。

Jmh_1783a   

本宮では今まで気付かなかった重森三玲氏の庭園がありました。次回紹介します。

前回の「貴船の川床」の写真、数枚増やしました。       

ブログランキングの応援ありがとうございます。今日も宜しく。
            両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ   こちらも → にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
-------------------------------------------------------------------

Dsm_5785a

| | コメント (9)

2010年8月31日 (火)

貴船の川床

新しく来て下さった方は 目次 もご覧くださいね。

Jmh_1768a
※写真は全て拡大します。

夏は市内より5度は涼しいといわれる貴船です。貴船川に置かれた床でのお食事・・・夏には最高。 貴船のHP
鞍馬寺から山を越えて貴船に着きました。そこは涼しい貴船川に沿った道です。

Dsm_5644a

川床には提灯が灯っています。

Jmh_1797a

どうぞーお入りやす。

Jmh_1802a

床で料理を楽しんでらっしゃる風景を上から覗いて歩きました。

Dsm_5673a

この日、お昼は鞍馬寺山門手前の「雍州路」で食べたので川床では食べず。

Dsm_5690a

「川床」・・・貴船の他に「鴨川」・「高雄」・「鷹が峰」とあります。
今年は結局どこへも行かなかった。

Dsm_5681a

赤い傘が似合ってます。

Dsm_5683b

綺麗どころもお来しです。川の中を歩いてらっしゃいました。

Dsm_5762a
/

Dsm_5781a

川床料理は川上に行くに従って高くなるって聞いてますが、どうなのかしら?

Jmh_1691a

貴船神社の鳥居です。この日はまだ七夕飾りが飾ってありました。

Jmh_1980a

貴船神社の紹介は次にして・・・

Jmh_1978a

川床が並ぶあたりから道幅が狭く、車のすれ違いは大変。

Jmh_1678a

道の反対側から料理を運んで来られます。

Dsm_5775a

Jmh_1690a

貴船川が涼しそう。

Jmh_1791a

貴船神社の奥の宮に向かって歩いています。   

Jmh_1687a

Dsm_5697a

奥の宮の最初の鳥居が見えて来ました。次回は奥の宮です。

Jmh_1695a

ブログランキングの応援ありがとうございます。今日も宜しく。
              両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ   こちらも → にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
-------------------------------------------------------------------

この辺りの貴船川で昔は川遊びをしたものです。

Dsm_5700a

| | コメント (6)

2010年8月27日 (金)

鞍馬山 僧正ヶ谷 義経堂 

新しく来て下さった方は 目次 もご覧くださいね。

Jmh_1609a
※写真は全て拡大します。

昨日の鴨川は・・・心配な程に水が少なかったです。
昼から大気の状態不安定、夕立があるって毎日天気予報で言ってますが、降りません。

今日はやっと貴船に到着します。不動堂が見えて来ました。TOPも不動堂です。

僧正が谷 不動堂  謡曲の鞍馬天狗が牛若丸と出会ったと言われる所。
堂内の不動明王は開祖 伝教大師がここに参篭された時に刻まれたと伝えられます。

Jmh_1597a

「鞍馬山 僧正が谷の天狗」
僧正が谷は・・・ 大杉権現、不動堂、魔王殿の辺りをいいます。

   Dsc08745a

義経堂  義経を遮那王尊として祀っています。

Dsm_5594a

また牛若丸が鞍馬天狗から兵法を学んだところはこの辺りです。

Jmh_1619a

謡曲「鞍馬天狗」と僧正ヶ谷

  Dsc08830a

木の根道
鞍馬山の硬い地質のため、杉の根が地中に入り難く、地表を這っている珍しい姿です。

Jmh_1626a

木の根は樹木を育て生命を支える大切な働きをしています。大切にしなくては。

Jmh_1629a

根を踏まないよう、気をつけて・・・。

Jmh_1632a

奥の院 魔王殿が見えて来ました。ここで一服。貴船はすぐそこ。

Jmh_1638a

奥の院魔王殿
本殿から西の貴船神社へ抜ける山道の途中にあって、奇岩の上にある小堂。

Jmh_1645a

650万年前に金星から地球に降り立ったという魔王尊を祀っている。現在の建物は1945年(昭和20)の焼失後の再建。

Jmh_1643a

この凄い木・・・枯れてるのか生きてるのか・・・またお目にかかれました。恐竜?

Jmh_1659a

Jmh_1665a

この辺りから急な下りになります。貴船に急ぎます。

Jmh_1651a

鞍馬山の「極相林」

  Imj_3964a

Dsm_5626a

Dsm_5630a

お不動さんも山を見守ります。

Dsm_5640a

写真を撮りながら・・・一服してお饅頭を食べたりしながら・・・ゆっくり歩いて約2時間。
1時間半もあれば貴船まで十分来れますが、ゆっくりしましょう。
貴船から登る逆コースの方がキツイです。

貴船は貴船川の川床で賑わっていました。涼しげな川床、今人気のパワースポット貴船神社は次回に。

ブログランキング、いつも応援ありがとうございます。今日も宜しく。
            両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ   こちらも → にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
-------------------------------------------------------------------

貴船に到着です。

Jmh_1672a

| | コメント (6)

2010年8月26日 (木)

鞍馬山 大杉権現へ 木の根道

新しく来て下さった方は 目次 もご覧くださいね。

Jmh_1578a
※写真は全て拡大します。

叡電の鞍馬から始まって今日は6回目になりました。見どころが多いからこんなに何回もになってしまいました。
貴船への道は遠いです。・・・実際は快適なコースですよ。

奥の院への石段を上がって・・・鐘楼・・・自由に撞けます。

Jmh_1547a

見下ろして・・・ ここで、山門からの標高差が200mほどです。

Dsm_5533a

転法輪堂が見えます。

Jmh_1557a

冬柏亭  与謝野晶子書斎、東京から移築されました。

Jmh_1559a

左は霊宝殿
1階は鞍馬山自然博物苑で、鞍馬山の動植物に関する展示。
2階は寺宝展示室と与謝野鉄幹・与謝野晶子の遺品等を展示した、与謝野記念室がある(鞍馬弘教を開宗した信楽香雲は与謝野門下の歌人であった)。
3階は仏像奉安室で、国宝の木造毘沙門天立像、木造吉祥天立像、木造善膩師童子、立像の三尊像をはじめとする文化財が展示。鞍馬寺の本尊はこの毘沙門天の三尊像であったとする説や、同じく霊宝館に安置されている平安時代後期の重要文化財兜跋毘沙門天の姿と近いものでなかったかとする説もある。
平安時代中期以降の末法思想から生み出された経塚遺跡からの発掘品も見ることができる。(Wikipedia)

Dsm_5543a

もっと山道へ・・・

Jmh_1562a
   

Jmh_1564a

義経 息つぎの水
牛若丸が東光坊から奥の院へ兵法の修行に通う途中、この清水を汲んで喉の渇きを潤したと伝えられている。

Jmh_1565a

革堂地蔵尊 この辺りは「屏風坂」というらしく、ジグザグです。

Jmh_1570a

横道には「クマやマムシ毒虫がいます」という注意書きを見ながら進みます。
義経 背比べ石のあるところ。峠になってます。

Dsm_5562a

義経 背比べ石 - 奥州に下る牛若丸が名残を惜しんで背を比べたと言われる石です。

Jmh_1576a

大杉権現社に向かいます。木の根道の始まりです。

Jmh_1579a

硬い地質のため杉の根が地中に入り難く、根が地表を這っています。とても神秘的。

Jmh_1582a

小学校か中学校の遠足、ここでお弁当を食べた記憶があります。

Dsm_5568a   

大杉権現社 - 護法魔王尊影向の杉として信仰を集めています。

Jmh_1585a

ここで突然の大雨・・・余分に持っていた折りたたみ傘を差し上げたカップルの方・・・覚えてらっしゃいますか?

Dsm_5577a

今日は貴船到着までお届けできるかと思っていましたが、とても素敵な山道が続きますので、今日はここまでにします。
続きの写真は出来てますので、明日もご期待くださいね。 

 ◆ ブログランキング応援クリックを、毎日の更新の励みに作っています。
          両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ    こちらも → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
-------------------------------------------------------------------

火の用心・・・赤い消火栓が可愛く目立ちます。

Dsm_5578a

| | コメント (10)

2010年8月23日 (月)

鞍馬寺 パワースポット ? 金堂から  

新しく来て下さった方は 目次 もご覧くださいね。

Jmh_1518a
※写真は全て拡大します。

鞍馬駅から貴船への5回目です。鞍馬寺の金堂に到着しました。山門からゆっくり歩いて40-50分くらいです。 鞍馬・貴船、今回のはまとめてこちらです。

鞍馬寺
開基は鑑真が唐から伴ってきた高弟8名の1人。最年少であった鑑禎と伝えられる。
宝亀3年(772)のある夜、鑑禎は夢で山城国の北方に霊山があると告げられ、尋ね出かけた。ある山の上方に宝の鞍を乗せた白馬の姿を見る。その山が鞍馬山であった。
山に入った鑑禎は女形の鬼に襲われ、あわやという時、枯れ木が倒れてきて鬼はつぶされてしまった。
翌朝、そこには毘沙門天の像があったので、鑑禎はこれを祀る一寺を建立したという。

Dsm_5503a

本尊は「尊天」と称し・・・「尊天」とは、毘沙門天王、千手観世音菩薩、護法魔王尊の三身一体の本尊であるという。
「尊天」とは「すべての生命を生かし存在させる宇宙エネルギー」であるとする。

Jmh_1513a

寛平年間(889年 - 897年)東寺の僧・峯延が入寺したころから、鞍馬寺は真言宗寺院となるが、12世紀には天台宗に改宗し、以後の鞍馬寺は長く青蓮院の支配下にあった。寛治5年(1091)には白河上皇が参詣、承徳3年(1099)には関白藤原師通が参詣するなど、平安時代後期には広く信仰を集めていたようである。
『枕草子』は「近うて遠きもの」の例として鞍馬寺の九十九折りの参道を挙げている。

Jmh_1509b

鞍馬寺は火災によりたびたび焼失している。文化9年(1812)には一山炎上する大火災があり、近代には1945年(昭和20)にも本殿などが焼失している。
このため、堂宇はいずれも新しいが、仏像などの文化財は豊富に伝えられている。
昭和期の住職・信楽香雲は、1947年に鞍馬弘教を開宗。1949年には天台宗から独立して鞍馬弘教総本山となっている。

Jmh_1525a

sign02不思議な光景・・・ここには何度も来てるけれど・・・こんなこと初めて見ました。
1人ずつ真ん中の円の中央に進んで、拝んで・・・後の人は待っている。
誰かが始められたら、後の人は参拝のしきたりがあると思われたのかしら? いや~それとも、本来の参拝の作法???( ゚д゚)ポカーン
私としては・・・異様、奇異に感じたから遠目に見てました。(お饅頭たべながら)。ここに誰も居なくなったらまた今まで通りになると思いますが。

後記:(さらそーじゅさんからコメント)真ん中の円の中央に立つとパワーがもらえるそうです。・・・へぇ・・・知らんかった・・・誰が始めたの?

Dsm_5508a

本殿金堂の本尊は秘仏であるが、秘仏厨子の前に「お前立ち」と称する代わりの像が安置されている。お前立ちの魔王尊像は、背中に羽根をもち、長いひげをたくわえた仙人のような姿で、鼻が高い。光背は木の葉でできている。
多宝塔に安置の護法魔王尊像も同じような姿をしている。このことから「鞍馬天狗」とはもともと護法魔王尊であったと思われる。16歳のまま永遠に年をとることのないとされているわりに歳をとった姿をしている。(以上説明はWikipediaから抜粋)

Dsm_5353b

閼伽井(あかい) 護善神   清らかな霊水がいただけます。

Dsm_5501a

瑞風庭    右は「天車」

Dsm_5514a Jmh_1538b

Dsm_5519a

ここから奥の院へ進みます。

Jmh_1541a

鞍馬山、鞍馬寺は摩訶不思議 (@Д@;
※タイトルに「パワースポット」を追加しときました。パワースポットブームですから。
次は木の根道から貴船への道・・・まだ続きますが、違うところが入るかもです。

 ◆ ブログいつも応援ありがとうございます。今日も宜しく。
             両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ    こちらも → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
-------------------------------------------------------------------

650万年前、金星から本尊の尊天が降臨した場所とされています。w(゚o゚)w

Dsm_5505a

| | コメント (11)

2010年8月21日 (土)

鞍馬山 4 由岐神社を後に

新しく来て下さった方は 目次 もご覧くださいね。

Jmh_1439a
※写真は全て拡大します。

鞍馬駅から始まって、今日は「鞍馬山 4」 になってます。
この辺りから山に入る感じになります。貴船に下るまで・・・まだまだですよ。

鞍馬山は左京区鞍馬にある。標高569メートル。場所はここです
東の鞍馬川、西は貴船川にはさまれ分水界をなし、全山老杉巨桧が生い茂る。植物は原生ものが多い。古名「暗部山」。
平安時代から春は雲珠桜、秋は紅葉の名所で、中腹には鞍馬寺がある。鞍馬天狗や牛若丸ゆかりの山でもある。叡山電車鞍馬下車。(京都Navi)

Jmh_1445a

川上地蔵堂・・・牛若丸の守り本尊の地蔵尊が祀られており、剣術修行の傍ら手を合わせていたという。

Jmh_1440a

義経供養塔  
牛若丸が7歳から約10年間住んだ東光坊があった場所。義経供養塔が建っている。

Jmh_1442a

小さなお堂や歌碑などが現れます。

Jmh_1451a
 

Jmh_1454a

道はとても歩きやすいなだらかな坂道です。

Jmh_1464a

Jmh_1463a

「町石」・・・本殿までの道のりを示すもの、八町七曲がりの九十九(つづら)折り参道に一町ごとに立てられている。(一町は約110メートル)

Imj_3820b Imj_3821b

九十九(つづら)折りの道

Jmh_1465a

今日はちょっとケーブル降り場にある多宝塔まで行ってみます。

Jmh_1474a

燈篭がずっと続いていますが、夜、夜中と灯りが点いているのでしょうか。陽が落ちるのは早い山の中・・・怖そうです。

Dsm_5454a

多宝塔・・・ここで標高364m、金堂まではまだ遠いです。桜が綺麗そう。

Dsm_5438a

また戻って・・・上へ

Dsm_5465a

石段は最後の登りへ・・・長く続きます。

Dsm_5472a

転法輪堂 1969年(昭和44年)再建。

Jmh_1486a

転法輪堂からの眺め、この下は休憩所です。

Dsm_5470a

この辺りの石段の横はシャガを多く見かけます。花の季節に是非来てみたいと。

Jmh_1491a

鞍馬山、鞍馬寺はこのあと、金堂、木の根道、貴船神社、へと続きます。

 ◆ ブログいつも応援ありがとうございます。今日も宜しく。
             両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ    こちらも → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
-------------------------------------------------------------------

Dsm_5482a

| | コメント (9)

2010年8月19日 (木)

鞍馬山 由岐神社

新しく来て下さった方は 目次 もご覧くださいね。

Jmh_1395a
※写真は全て拡大します。

鞍馬寺の山門から5-6分で「由岐神社」に着きました。(途中魔王の滝に寄り道)
魔王の瀧もこの由岐神社も・・・ケーブルカーに乗ってしまうと、行けない所です。

由岐神社(ゆきじんじゃ)
鞍馬寺の鎮守社で、通称:靫明神(ゆきみょうじん)。
大己貴命と少彦名命を主祭神として「由岐大明神」と総称、八所大明神を相殿に祀る。
祭神は元は宮中に祀られていたが、都で大地震・天慶の乱が起き、当時の天皇である朱雀天皇の勅により、天慶3年(940)御所内に祀られていた祭神をこの地に勧請したのが当社の初めといわれる。
例祭の鞍馬の火祭は、そのときに里人がかがり火を持って神霊を迎えたことによるものである。
天皇の御病気や世上騒擾(そうじょう)のとき、社前に靭(ゆぎ)(矢を入れる器具)をかかげて平安を祈ったため靭社の名がついたと伝え今日では由岐神社とかえている。

Jmh_1384a

拝殿(重文)は別名を荷拝殿または割拝殿といい、桁行六間・梁間二間・入母屋造桧皮葺の桃山建築で、慶長15年(1610)豊臣秀頼によって再建されました。

Jmh_1393a

崖にのぞんで建てられ、後方は崖上に出て、前部は舞台造となっている。

Jmh_1402a

Jmh_1401a

願掛け杉 樹齢800年。(京都市天然記念物)

Jmh_1412a

「大杉さん」と呼ばれ、心に願えば願い事が叶うとされる。

Jmh_1416a

本殿も豊臣秀頼により再建。

Jmh_1420a

この前にライブカメラが備えてあり、雪の日などは様子を見ています。

Jmh_1417a

石造の狛犬さん一対も重要文化財に指定されています。

Jmh_1425a

Jmh_1428a

キーホルダーの中におみくじが入ってます。

Jmh_1422a

三宝荒神社
三宝荒神大神 は火の神、竈の神。火難除けの神として、古くから祀られています。

Jmh_1424a

「鞍馬の火祭」はこの由岐神社の例祭で、毎年10月22日夜行われます。
祭神遷座の時、葦のかがり火をたいたという故事にかたどったもので、里人が松明(たいまつ)をかついで鞍馬街道から当社へ参詣します。
2009年に行って記事にしています。こちらです
炎、火の粉が凄い勇壮なお祭りです。是非見て下さいね。

Jmh_1438a

続いて山道を山頂の金堂に向かいます。

今年の暑さはマシかなあと、思ったとたんのこの暑さ・・・堪えますねえ。
皆さまも、くれぐれも御自愛くださいね。

 ◆ ブログいつも応援ありがとうございます。今日も宜しく。
             両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ    こちらも → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
-------------------------------------------------------------------

この龍さんも可愛い。

Jmh_1436a

| | コメント (13)

2010年8月18日 (水)

鞍馬寺 魔王の滝まで

新しく来て下さった方は 目次 もご覧くださいね。

Jmh_1372a
※写真は全て拡大します。

この夏は梅雨明けから急に猛暑になって、先が思いやられると思っていましたが、その後は意外にも猛暑日が少なかったなあと思っています。

今日はまた鞍馬寺です。鞍馬山から貴船に下りるコースが好きで・・・夏には京都の奥座敷と言われる鞍馬から貴船へ。

Jmh_1313a

以前の記事を見るとやっぱり同じ所を撮ってたりしたますね。

Jmh_1312a

狛犬さんは・・・狛トラさんです。

Dsm_5395a

ここの狛トラさんは優しそう。 

Dsm_5393a

Jmh_1321a

鞍馬寺
開基は鑑真(がんじん)の弟子の鑑禎(がんてい)。
鑑禎は、鑑真が唐から伴ってきた高弟8名のうちの1人。最年少であった。
もともとは天台宗の寺院であったが、1949年以来は単立寺院として、独立して鞍馬弘教の総本山になっています。牛若丸義経が修行した場として有名です。

Dsm_5399b

仁王像は湛慶(たんけい)作と伝えられます。(鎌倉時代の慶派仏師)
運慶のもうけた男子は皆、仏師になったが、なかでも嫡男の湛慶は、運慶、快慶とならぶ大家として知られています。

Jmh_1325a

これくらいしか撮れませんでしたが・・・何故か撮影し易いようにここだけ網が破れている!?・・・いやぁ~凄い形相・・・目ですね。素晴らしい。

Jmh_1324a

Jmh_1333a

お嬢さんたちは貴船からの逆コース? それとも金堂までだけ?

Jmh_1340a

鞍馬寺は不思議です・・・650万年前に金星からやってきたという魔王を祀っていて、

Jmh_1349a

鞍馬寺本殿金堂(本堂)の本尊は「尊天」。 鞍馬寺は、どこにでも存在する「尊天」のパワーが特に多い場所にして、そのパワーに包まれるための道場であるとしています。

Jmh_1367a

鞍馬山は全山パワースポット・・・(゚ー゚)・・・山を越えて貴船も・・・パワースポットw(゚o゚)w

Jmh_1373a

「魔王の碑」「魔王の滝」があります。 

Jmh_1354a

「魔王の滝」

Jmh_1377a

今日は「魔王の滝」までにしました。

Jmh_1358a

以前は1つの場所は1記事か、精々2回でまとめてました。だから写真が余って余って勿体ない・・・で、このごろは何度にも分けてしつこくやりますね。御辛抱を。

「Twitter」しようかな・・・言いっ放しで良いんだったら・・・ で、昨日くちゃくちゃやってました。ココログの付けているのは各記事にだけなのか?・・・よお分からんままです。

 ◆ ブログいつも応援ありがとうございます。今日も宜しく。
             両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ    こちらも → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
-------------------------------------------------------------------

これは可愛い・・・( ^ω^ )

Jmh_1374a

| | コメント (7)

2010年8月14日 (土)

鞍馬駅界隈と雍州路

新しく来て下さった方は 目次 もご覧くださいね。

Jmh_1275a
※写真は全て拡大します。

今日は叡電の鞍馬から鞍馬寺までのお店と昼食をいただいた「雍州路」です。
記事はタイマーで投稿しています。

叡電の鞍馬駅  出町から30分で到着です。
車窓は動画にしました。いつかYouTubeにアップしますね。

Jmh_1265a

牛若丸と天狗でお馴染みです。

Jmh_1261a

今日は駅から鞍馬寺の山門まで。お店が並びます。

Jmh_1270a

鞍馬の名物といえば、「木の芽煮」ですが・・・

Jmh_1271a

木の芽煮の他にもいろいろありますね。

Dsm_5357a

「木の芽煮」は我が家も常備しています。ご飯の友です。
昆布、山椒の実、山椒の葉を・・・細かく細かく・・・刻んだ佃煮です。

Jmh_1278a

買って帰りました。

Jmh_1282a

山の上で食べるおやつのお餅もね。

Jmh_1281a

いちどお昼をいただきたいなあと思っていた、山門手前の「雍州路」へ。

Jmh_1287a

鞍馬・・・ここも今、パワースポットですね。

Dsm_5387a

雍州路 (ようしゅうじ) 2階へ通されて・・・民芸風が良いですね。

Dsm_5373a

山門がこの高さ。

Dsm_5369a

鞍馬の火祭りではここの席はさぞ緊迫感があるでしょうね。(予約はお早めに)

Jmh_1294a 

2009 鞍馬の火祭りはこちらです。勇壮な火祭りです。

Jmh_1302a

「花の膳」  麦とろご飯、白和え、胡麻豆腐、こんにゃくのさしみ。

Dsm_5375a

「くらま山の膳」 季節のご飯、たき合わせ、白和え、胡麻豆腐、三色田楽、とろろそば

Jmh_1297a

帰って来ました・・・コメント欄は開けました。宜しく m(_ _)m

 ◆ ブログいつも応援ありがとうございます。今日も宜しく。
             両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ    こちらも → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
-------------------------------------------------------------------

つづいて・・・いざ、鞍馬山へ・・・

Jmh_1283a   

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

2012 祇園祭 | 2013 2014 祇園祭 | 2015 紅葉 1 | 2015 紅葉 2 | 2015 紅葉 3 | 2015 紅葉 4 | 2015 紅葉 5 | 2015~ 祇園祭 | You tube 1 | You tube 2 | You tube 3 | You tube 4 | You tube 5 | You tube 6 | ■ 写真掲載 当ブログ紹介■ | ■ 写真掲載 当ブログ紹介 2 ■ | ■散策・00' 京都駅 壬生界隈 五条  | ■散策・00 三条 四条通 先斗町 | ■散策・01 ◆東山七条 博物館 三十三間堂 | ■散策・02 ◆博物館~六波羅蜜寺 大和大路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 2 | ■散策・04 ◆清水寺~三年坂~ 高台寺 | ■散策・05 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ■散策・06 ◆ねねの道 石塀小路 八坂神社 | ■散策・07 祇園 柳の白川他 Gion | ■散策・08 ◆八坂神社 円山公園~平安神宮 | ■散策・09' 知恩院  | ■散策・09 青蓮院 | ■散策・10 平安神宮 四季 Heian shrine | ■散策・11 東大路通 聖護院界隈 | ■散策・11' 美術館 岡崎界隈 | ■散策・12 ◆平安神宮~南禅寺~永観堂 | ■散策・14 ◆哲学の道 (疏水沿い) | ■散策・15 ◆哲学の道 (寺院) | ■散策・17 真如堂の四季  | ■散策・19 鴨川 賀茂川 高野川 | ■散策・20 西陣 他市中の寺院 | ■散策・21 右京区 法金剛院 松尾大社 | ■散策・23 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 | ■散策・24 詩仙堂・曼殊院・比叡山麓 | ■散策・25 大原 八瀬 (紅葉は別) | ■散策・26 比叡山と延暦寺 | ■散策・27 鞍馬山~貴船 | ■散策・28 鷹峯 西賀茂 (紅葉は別) | ■散策・29 上賀茂神社 社家 深泥池 | ■散策・30 嵐山 太秦 Arashiyama | ■散策・31 嵯峨野 鳥居本 化野 | ■散策・32 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策・33 山科 醍醐 | ■散策・34 伏見 | ■散策・35 宇治 宇治の社寺 | ■散策・36 大山崎 大原野 西山 | ■散策・37 八幡 加茂町 城陽 府下 | ■散策・38 他県 海外  | ■散策1 出町・三角州 川端通り 鳥 | ■散策1 北白川 疏水も | ■散策1 平安京 聚楽第 | ■散策1 御所周辺 梨の木神社 他 | ■散策1 烏丸・六角堂あたり | ■散策1 狸谷山 | ■散策1 祇園以北 東山 | ■散策1 西陣 市中 | ■散策2’ 醍醐 山科 | ■散策2 ねねの道 八坂神社 石塀 | ■散策2 三尾(高雄 槙尾 栂尾)  | ■散策2 三年坂 二年坂 | ■散策2 三条 四条 木屋町 新京極 | ■散策2 京都駅 界隈 | ■散策2 伏見 酒蔵 | ■散策2 八幡市 加茂町 他府下 | ■散策2 北白川 疏水 | ■散策2 哲学の道 (寺院編) | ■散策2 哲学の道 (道編) | ■散策2 大原 八瀬 Ohara | ■散策2 宇治 uji | ■散策2 岡崎公園 疏水 三条通り北 | ■散策2 嵐山 渡月橋 太秦 Arashiyama | ■散策2 嵯峨野 鳥居本 | ■散策2 祇園白川 柳の白川 Gion | ■散策2 西山 大山崎 大原野 | ■散策2 西陣 市中 | ■散策2 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | ■散策2 鷹峯 西賀茂 | ■散策3 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策3 伏見 酒蔵 | ■散策3 宇治 | ■散策3 嵐山 渡月橋 太秦  | ■散策3 嵯峨野 鳥居本 | ■散策3 祇園白川 柳の白川 | ■散策3 西陣 市中 | ■散策3 醍醐 山科 | ■散策4 伏見 酒蔵 | ■散策4 醍醐 山科 | □ 2008 宵山 祇園祭 | □ 2008 宵山 祇園祭 2 | □ 2009 桜 1 | □ 2009 桜 2 | □ 2009 桜 3 | □ 2009 桜 4 | □ 2009 桜 5 | □ 2009 紅葉 1 | □ 2009 紅葉 2 | □ 2009 紅葉 3 | □ 2009 紅葉 4 | □ 2009 紅葉 5 | □ 2010 桜 1 | □ 2010 桜 2 | □ 2010 桜 3 | □ 2010 桜 4 | □ 2010 桜 5 | □ 2007 祇園祭 | □1 【桜 花】 右京区 嵐山 嵯峨野 | □2 【桜】 御所 市中 賀茂川 高野川 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い | □4 【桜 花】 東山(南) 円山 伏見区 宇治 | □4' 【夜桜】 祇園 高瀬川 他 Gion | □5 【紅葉 2】 吉田山 東山 | □5 【紅葉】 吉田山 東山 | □5' 【紅葉】 哲学の道 寺院も | □6 【紅葉】 嵐山 嵯峨野 洛西 | □6' 【紅葉】 大徳寺 など | □7 【紅葉】 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | □7' 【紅葉 2 】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □7' 【紅葉】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □8 【紅葉】 伏見 宇治 | □8' 【紅葉】 鷹ヶ峰 上賀茂 北区 上京区 | □9 【紅葉】 大原 古知谷 八瀬 | □9'【雪の日】 洛北 洛東 | □9'【雪の日】 洛西 | □ 【紅葉】 市中 下鴨神社 | □ 桜 2 右京 西陣 嵐山 西山 | □ 桜 2 哲学の道 洛北 | □2【雪の日】 洛北 洛東 | □2【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □3【雪の日】 洛北 洛東 | □3【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □4【雪の日】 洛北 洛東 | □5【雪の日】 洛北 洛東 | ○ 1 京都御苑とその界隈 Imperial Palace | ○ 2 仙洞御所 (特別参観) | ○ 3 桂離宮 (特別参観) | ○ 1 京都御所(特別参観)Imperial Palace | ○ 1 桂離宮 Katsura Imperial Villa | ○ 2 南禅寺・塔頭・水路閣 | ○ 2 天龍寺 塔頭 | ○ 2 建仁寺 塔頭 | ○ 2 東福寺 塔頭 | ○ 3 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace | ○ 3 東福寺 塔頭 | ○ 4 東福寺・塔頭 | ○ 5 東福寺 塔頭 | ○0 京都五山 別格 南禅寺・ 塔頭 水路閣 | ○1 京都五山 第一位 天龍寺・ 塔頭 | ○2 京都五山 第二位 相国寺 | ○3 京都五山 第三位 建仁寺 | ○4 京都五山 第四位 東福寺・ 塔頭 | ○5 京都五山 第五位 万寿寺 | ○1 修学院離宮 | ○2 修学院離宮 | ● 1 法然院の四季 | ● 2’ 下鴨神社の四季 | ● 2 上賀茂神社 社家 深泥池 | ● 2 泉涌寺と界隈 | ● 2 法然院の四季 | ● 2 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ● 2 真如堂の四季 | ● 3 泉涌寺と界隈 | ● 二条城と近辺 Nijo-jo Castle | ● 伏見稲荷大社 | ● 北野天満宮 上七軒 | ● 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 大覚寺 大沢の池 | ● 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 | ● 御室 仁和寺 | ● 智積院 | ● 東寺 塔頭 界隈 | ● 東本願寺 | ● 泉涌寺と界隈 | ● 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 1  | ● 西本願寺 | ● 西本願寺 2 | ● 金閣寺 Kinkakuji Temple | ● 銀閣寺 Ginkakuji Temple | ● 黄檗山 萬福寺 | ● 龍安寺 等持院 | ● 1 下鴨神社の四季 | ● 2 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 2 大覚寺 大沢の池 | ● 2 平安神宮 四季 Heian shrine | ● 2 東寺 塔頭 界隈 | ● 3’ 下鴨神社の四季 | ● 3 上賀茂神社 社家 深泥池 | ★ 2010 紅葉 1 | ★ 2010 紅葉 2 | ★ 2010 紅葉 3 | ★ 2010 紅葉 4 | ★ 2010 紅葉 5 | ★ 2010 紅葉 6 | ★ 2011 紅葉 1 | ★ 2011 紅葉 2 | ★ 2011 紅葉 3 | ★ 2011 紅葉 4 | ★ 2011 紅葉 5 | ★ 2011 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 1 | ★ 2012 紅葉 2 | ★ 2012 紅葉 3 | ★ 2012 紅葉 4 | ★ 2012 紅葉 5 | ★ 2012 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 7 | ★ 2012 紅葉 8 | ★ 嵐山・花灯路 2 | ★ 2011 桜 1 | ★ 2011 桜 2 | ★ 2011 桜 3 | ★ 2011 桜 4 | ★ 2012 雪景色 1 | ★ 2012 雪景色 2 | ★ 2011 雪景色 1 | ★ 2011 雪景色 2  | ★ 2011 雪景色 3 | ★ 2011 雪景色 4 | ★ 2013 雪景色 1 | ★ 2013 雪景色 2 | ★イベント情報 | ★ライトアップ寺院 お祭り | ★東山・花灯路 2 | ★東山・花灯路 3 | ☆ 2012 桜 1 | ☆ 2012 桜 2 | ☆ 2012 桜 3 | ☆ 2012 桜 4 | ☆★ 2015 桜 1 | ☆★ 2015 桜 2 | ☆★ 2015 桜 3 | ☆★ 2015 桜 4 | ☆☆2015 雪景色 1 | ☆☆2015 雪景色 2 | ☆ 2013 桜 1 | ☆ 2013 桜 2 | ☆ 2013 桜 3 | ☆ 2013 桜 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 1 | ☆ 2013 秋 紅葉 2 | ☆ 2013 秋 紅葉 3 | ☆ 2013 秋 紅葉 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 5 | ☆ 2014 桜 | ☆ 2014 秋 紅葉 1 | ☆ 2014 秋 紅葉 2 | ☆ 2014 秋 紅葉 3 | ☆ 2014 秋 紅葉 4 | ☆ 2014 雪景色 1 | ☆ 2014 雪景色 2 |  時代祭 1 |  1  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  1 三千院 |  1 京の山を歩く |  1 京大・界隈 |  1 京懐石 普茶料理 他 |  1 京都の大学を訪ねて |  1 京都の教会 |  1 京都の眺望 |  1 京都クイズ 壁紙・投票 |  1 伏見 御香宮神社 |  1 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  1 写真集 話題 |  1 吉田山 散策 |  1 周山 美山 北山 京都北部 |  1 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂 |  1 壁紙 Wall Paper |  1 大文字山 五山送り火 |  1 寺町通り (出町から北) |  1 平等院 |  1 庭 夢想国師の庭 |  1 庭 小堀遠州の庭 |  1 庭 小川治兵衛の庭 |  1 庭 相阿弥の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 2 |  1 庭 重森三玲の庭 3 |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅰ (北部) |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅱ (東部) |  1 庭園めぐり・・・洛西 Ⅰ (北部) |  1 手づくり市 |  1 植物園 花だより |  1 空 犬・猫・鳥 その他 |  1 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  1 車窓から |  1 近代建築を訪ねて |  1 高台寺 圓徳院 |  2  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  2 ご挨拶 |  2 三千院 |  2 京の川 鴨川 桂川 高野川 |  2 京大・界隈 |  2 京都の眺望 |  2 京都御苑 御所 Imperial Palace |  2 他府県 |  2 仙洞御所 |  2 伏見 御香宮神社 |  2 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  2 伏見稲荷大社 摂社 |  2 会席 甘党 |  2 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  2 出町 三角州 川端通り |  2 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  2 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  2 吉田山 散策 |  2 周山 美山 北山 京都北部 |  2 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂など |  2 大文字山 五山送り火 |  2 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  2 寺町通り (出町から北) |  2 平等院 |  2 御室 仁和寺 |  2 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  2 智積院 |  2 東大路通 丸太町通 聖護院 |  2 東山七条 三十三間堂 |  2 松尾大社 梅宮神社 苔寺 |  2 植物園 北山 |  2 比叡山 延暦寺 |  2 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 |  2 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  2 滋賀県 福井県 奈良県など近県 |  2 知恩院と界隈 |  2 空 鳥 猫 犬 |  2 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  2 西本願寺 |  2 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  2 蹴上まで |  2 車窓から |  2 近代建築 |  2 銀閣寺 |  2 青蓮院 将軍塚 |  2 鞍馬 貴船 |  2 高台寺 圓徳院 |  2 龍安寺 等持院 |  3 ねねの道 八坂神社 石塀小路 |  3 三条 四条 木屋町 新京極 |  3 京の川 |  3 京都駅界隈 壬生 他 |  3 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  3 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  3 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  3 出町 三角州 川端通り |  3 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  3 南禅寺 塔頭 水路閣 |  3 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  3 吉田山 散策 |  3 哲学の道 寺院 |  3 哲学の道 疏水沿いの道 |  3 大原 宝泉院 勝林院ほか |  3 大徳寺 今宮神社 船岡山 |  3 大覚寺 大沢の池 |  3 天龍寺 塔頭 |  3 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  3 寺町通り (出町から北) |  3 岡崎公園 岡崎疏水 |  3 平安神宮の四季 |  3 建仁寺 塔頭 |  3 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  3 智積院 |  3 東大路通 丸太町通 聖護院 |  3 東寺 塔頭 界隈 |  3 東山七条 三十三間堂 |  3 植物園 北山通り |  3 比叡山 延暦寺 |  3 清水寺の四季 |  3 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  3 真如堂の四季 |  3 空 犬 猫 鳥 |  3 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  3 西山 大山崎 大原野 |  3 西陣 市中 |  3 西陣 白峰神宮ほか |  3 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  3 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  3 近代建築 |  3 青蓮院 将軍塚 |  3 鞍馬 貴船 |  3 食事 懐石 甘党 |  4 三条 四条 木屋町 新京極 |  4 上賀茂神社 深泥池 他 |  4 下鴨神社の四季 |  4 京の川  |  4 京都駅 界隈 |  4 伏見 稲荷 藤の森 鳥羽 |  4 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  4 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  4 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  4 南禅寺 塔頭 水路閣 |  4 吉田山 散策 |  4 大覚寺 大沢の池 |  4 天龍寺と塔頭 |  4 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  4 宇治 |  4 岡崎公園 岡崎疏水 |  4 嵐山 渡月橋 保津川 |  4 嵯峨野 鳥居本 |  4 平安神宮の四季 |  4 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace |  4 比叡山 延暦寺 |  4 泉涌寺 その界隈 |  4 真如堂の四季 |  4 空 犬 猫 鳥 |  4 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  4 西陣  |  4 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  4 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  4 鞍馬 貴船 |  4 食事 懐石 甘党 |  5 下鴨神社の四季 |  5 京の川  |  5 伏見 酒蔵 濠川 |  5 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  5 南禅寺 塔頭 水路閣 |  5 吉田山 散策 |  5 宇治 |  5 嵐山 渡月橋 保津川 |  5 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  5 御所(京都御苑) 四季 |  5 真如堂の四季 |  5 空 犬 猫 鳥 |  5 糺の森 河合神社 |  5 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  5 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  5 醍醐 山科 |  6 下鴨神社の四季 |  6 京の川  |  6 吉田山 散策 |  6 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  6 御所(京都御苑) 四季 |  6 東福寺 塔頭 |  6 糺の森 河合神社 |  6 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  6 醍醐 山科 |  7 下鴨神社の四季 |  7 京の川 |  8 京の川 | おみくじ お守り | ご挨拶 | その他 | 一休寺 京田辺市 | 京都めぐり 1 | 京都めぐり 2 | 京都めぐり 3 | 京都めぐり 4 | 京都めぐり 5 雪特集 | 京都めぐり 6 | 京都めぐり 7 | 光明院の四季 1 (東福寺・塔頭) | 光明院の四季 2 (東福寺・塔頭) | 嵯峨野 竹林 1 | 携帯・デジカメ | 松ヶ崎疏水 春秋 | 滋賀県 琵琶湖 福井県など近県 | 石峰寺 (五百羅漢・伊藤若冲) | 祇園祭 2009 2010 | 祇園祭 2011 | 祇園祭 2011 2  | 祭 行事 ライトアップ 冬 1 | 祭 行事 ライトアップ 冬 2 | 祭 行事 ライトアップ 冬 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 1 | 祭 行事 ライトアップ 夏 2 | 祭 行事 ライトアップ 夏 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 4 | 祭 行事 ライトアップ 夏 5 | 祭 行事 ライトアップ 夏 6 | 祭 行事 ライトアップ 春 1 | 祭 行事 ライトアップ 春 2 | 祭 行事 ライトアップ 春 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 1 | 祭 行事 ライトアップ 秋 2 | 祭 行事 ライトアップ 秋 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 4 | 祭 行事 ライトアップ 秋 5 | 花の京都 初夏 1 | 花の京都 初夏 2 | 花の京都 初夏 3 | 花の京都 初夏 4 | 花の京都 初夏 5 | 花の京都 初夏 6 | 花の京都 初夏 7 | 花の京都 夏 1 | 花の京都 夏 2 | 花の京都 夏 3 | 花の京都 夏 4 | 花の京都 夏 5 | 花の京都 新緑 青もみじ 1 | 花の京都 新緑 青もみじ 2 | 花の京都 春 1 | 花の京都 春 2 | 花の京都 春 3 | 花の京都 春 4 | 花の京都 春 5 | 花の京都 春 6 | 花の京都 秋 1 | 花の京都 秋 2 | 花の京都 秋 3 | 著作権 | 葵祭 1 | 葵祭 2