■散策4 醍醐 山科

2011年4月17日 (日)

桜の醍醐寺 五重塔 金堂 

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Dsl_5602a
※写真は全て拡大します。

今日は醍醐寺の五重塔と金堂の枝垂れ桜です。

五重塔 (国宝)
国宝の五重塔は、醍醐天皇のご冥福を祈るために朱雀天皇が起工、村上天皇の天歴5年(951年)に完成した、京都府下最古の建造物。内部の壁画(国宝)は、日本密教絵画の源流をなすものといわれている。総高37メートル。

Dsl_5626a

今日は「桜と五重塔」だけ。無理のある桜の枝ですが、無理して撮りました。

Dsl_5631a

醍醐寺には「霊宝館」「三宝院」「醍醐寺・伽藍・弁天堂」と広大な境内に・・・サスガと思わせるだけ桜があります。

Dsl_5620a

3ヶ所それぞれに拝観料が必要。3ヶ所廻ると割引されますが、それでも・!!(゚ロ゚屮)屮

Dsl_5632a

info02 醍醐寺   3ヶ所 (三宝院、伽藍、霊宝館) 
       拝観料: 1ヶ所 600円
             2ヵ所:1000円  3ヶ所:1500円

Dsl_5617a

つづいて・・・金堂と枝垂れ桜です。

Dsl_5702a

金堂(国宝)
豊臣秀吉の命によって、紀州の湯浅から移築されたもので、主要部は平安末期の様式を完全に残している。本尊の薬師如来と両脇侍は鎌倉時代の作(重文)。

Dsl_5651a

Dsl_5654a

Dsl_5660a

内緒にしておいてもいいのですが・・・実はこれは昨年の写真なのですよ。
桜を撮り過ぎて、「桜も食傷気味ではないだろうか」と、仕舞いこんだ写真です。

Dsl_5681a

昨年撮ってるのに拝観料を払って撮りにだけ行くなんて・・・主婦として出来ない!!。
・・・で、今年は霊宝館だけ撮りに行きました。

Dsl_5663a

あと2-3ヶ所昨年の桜の時を入れますが内緒にしておきます。気付かないふりをお願い致します。(^-^;

Dsl_5673a

赤い金堂に枝垂れ桜・・・向こうには五重塔が見えます。

Dsl_5672a

昨年の二の舞はイヤ!・・・
と、撮影場所はセーブしたつもりですが、また撮り過ぎてるみたいです。

ニュースを見るのが怖くなってきました。
・・・せめて・・・京都の桜がひとときの安らぎになればと思います。

「京都を歩くアルバム」は毎日更新で京都の桜の風景をお届けしています。

ランキングの応援が励みです。是非応援のクリックをお願いします。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ   こちらも是非 → にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Dsl_5664a

| | コメント (8)

2011年4月 6日 (水)

醍醐寺 霊宝館の桜

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Amg_3704b
※写真は全て拡大します。

今年は見に行く計画はしていませんでしたが、この桜を青空の下で撮ってみたかった。

醍醐寺 霊宝館前の枝垂れ桜。これで1本の木です。
特別に名前が付いた桜ではありません。
樹齢150年、枝の幅が25mです。左に2m、右に1mはあると思ってください。

全体を写したかったのですが、人が入ってどうしても無理でした。
去年、突然の雨の為に無人になった写真がありますので最後に入れておきます。

Amg_3756a

樹齢150年の桜を毎年これほどまでに咲かせる管理・・・それはそれはヽ(´▽`)/

Amg_3697a

右端から 桜の奥行き・・・ボリュームもあります。

Amg_3728a

Amg_3735a

2010年の霊宝館前の桜の写真こちらです
 突然の雨の為、無人。思いっきり撮っています。また違った趣です。是非見て下さい。

Amg_3733a

今年は人が多過ぎて、思ったようには撮れませんでした。 

Amg_3814a

右にも立派な枝垂桜。今年は・・・

Amg_3714a

古くて土台が朽ちかけた歴史ある仏像が桜の下で瞑想。

Amg_3739a

他にも、ソメイヨシノ・・・こちらも大きくて古そうです。(樹齢100年)

Amg_3791a

早くも満開。

Amg_3755a

Amg_3785a

雲ひとつ無い青空の下で煌いていました。

Amg_3772a

霊宝館入口の門を入った所から・・・
土塀の向こうに三宝院の唐門が見えます。こちらの枝垂れ桜もスゴイ。

Amg_3671a

そして、霊宝館の後ろにも・・・醍醐寺仁王門までの参道から見えていました。

Amg_3808a

手前の枝垂れ桜と後ろの大きな紅の枝垂れ桜を。

Amg_3835a

去年は霊宝館、三宝院、醍醐寺・伽藍・・・と3ヶ所廻りましたが、 「醍醐寺・伽藍の桜」は記事にせず終いです。今年、遅ればせながらいつか記事に致します。

ちょっと腰に痛みがきていて・・・長く歩く自信がありません。
撮りに行きたい桜はいっぱいあるのですが、厳選して廻りたいと思います。 

この日はこの後・・・勧修寺の桜はどうか?(中に入らず無駄な行動)・・・続いて、法金剛院に行きました。・・・地下鉄東西線とJRを使って大移動です。
「京都を歩くアルバム」は毎日更新です。明日も宜しく。 

いつも応援有り難うございます。今日もクリック宜しく m(_ _)m。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ   こちらも是非 → にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

2010年の写真、桜の全体像です。このあと急に雨が降って青空はなくなりました。

Dsl_5251b

| | コメント (18)

2011年4月 5日 (火)

桜満開 醍醐寺 仁王門 

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Amg_3866a
※写真は全て拡大します。

昨日はスッキリ晴れた青空。・・・桜には青空が良く似合います。

予定をしていた所を急遽変更して、昨日は醍醐寺に行って来ました。

今日は総門から仁王門までの桜をお届けいたします。

cherryblossom 枝垂れ桜はもう満開・・・人がいっぱいで・・・いつもなら門の手前の枝垂れ桜越しに総門を撮るのですが、諦めて撮らずに入ります。

Amg_3655a

霞のかかったような・・・

Amg_3907a

参道のソメイヨシノはまだチラホラ。中にはたくさん開いている木もありました。

Amg_3658a

こちらは霊宝館前の道の桜並木・・・かなり咲いています。
霊宝館のあの桜・・・それはそれは見事に満開でした。次回にお届け致します。

Amg_3842a

京都の桜観光もキャンセルが多いと聞きます。醍醐寺も少ないかと思いましたが・・・

Amg_3845a

今、広範囲に桜の満開なのはココ醍醐寺とあって、凄い人出でした。

Amg_3897a

仁王門の屋根と桜。

Amg_3901a

三宝院  中を覗きました・・・土牛の桜も満開。

Amg_3904a

今回は入りませんでした。

Amg_3894a

こちらも満開。

Amg_3902a 

塀の向こうは霊宝館の敷地・・・見事な枝垂れ桜を後ろから。

Amg_3846a 

Amg_3880b

仁王門

Amg_3864a

こちらから撮ると、花で見えません。

Amg_3889a

ヽ(´▽`)/

Amg_3884a

今年の「太閤花見行列」は中止になりました。醍醐寺HP

Amg_3882a

今日も晴れ渡って青空の予報。ポカポカ陽気だとか・・・
まだ見頃には早いところばかり、今日は少しだけ出かけて休養日に致します。
コメントのお返事が出来ないかも知れません。m(_ _)m    

いつも応援有り難うございます。今日もクリック宜しく m(_ _)m。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ   こちらも是非 → にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amg_3874a

| | コメント (12)

2010年10月 8日 (金)

大乗寺の酔芙蓉

新しく来て下さった方は 目次 も ご覧くださいね。

Dsn_1275a
※写真は全て拡大します。

醍醐に行く用事があったのですが・・・山科にある大乗寺の酔芙蓉も兼ねたいと思い、お天気も最高だった昨日やっと行って来ました。
HPには「ただ今、見頃」とは書いてありましたが、やはり今年は酔芙蓉も花数が少なかったように思います。

酔芙蓉(すいふよう)
朝は白く 時間がたつと淡いピンクにそして夕刻には鮮やかな濃い色に・・・まるで酔った人の顔が色づく様に変化してゆく大きな花です。たった一日だけ咲く「一日花」です。

Dsn_1106a

大乗寺   山科にある「酔芙蓉のお寺」です。境内無料です。

Dsn_1225a

4年前にも訪れましたが・・・この感じ・・・全く同じで嬉しかった。

Dsn_1113a

蚊が多いからと団扇が置いてあったり、床机があったり、優しい心遣いも同じ。

Dsn_1208a

酔芙蓉は「一日花」だと思っていましたがHPによると・・・
「・・・急に寒くなってきたので夕方まで純白で、夕方から夜にピンク色に変わり、朝方紅色になりながら萎む「二日花」になっています。」とのことです。

やはり、この夏は異常気象でしたね。

Dsn_1211a

綺麗なピンク色になっている筈と・・・3時ころに行ったのに変だなあと思ったら・・・

Dsn_1270a 

二日花・・・花の色がまちまちなのは・・・そういうことだったのですね。

Dsn_1259a

4年前、ここで買い求めた「酔芙蓉」。ぐんぐん伸びて巨大化してます(実家で)・・・やはり大乗寺でも背丈がぐんと伸びてて花は頭上にありました。
が・・・優しい心遣い・・・踏み台が置いてあって「この上から撮影して下さい」って。
乗るの怖かったけれど・・・撮らしていただきました。↓

Dsn_1129a

酔芙蓉・・・好きなんです。豪華で、繊細で、優しくて・・・

Dsn_1213a

知恩寺でも咲いていますが、先日前を通ったら工事中だったのと、花数が少なかったので撮りに行くのは辞めにしました。

Dsn_1128a

花をめぐる道は行き帰りの2本ありますが、帰り道の方は背丈は低かったです。百人一首の歌碑が置かれています。花は少ないでしょ。

Dsn_1185a

2006年の記事です。花数は多いです。よかったらこちらをご覧ください

Dsn_1139a

ここに来る目的の1つに「お抹茶と酔芙蓉のお菓子」だったのですが・・・残念ながらこの日はダメでした。

Dsn_1187a

昨日は「詩吟」の御稽古日。素晴らしい詩吟を聴かせていただきました。

Dsn_1203a

Dsn_1250a

ブログランキングの応援、いつも有り難うございます。とっても励みになります。
                  両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ   こちらも是非 → にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

大乗寺のすぐ横にあったのが・・・「木食遺蹟③ 梅香庵址」(亀の水不動尊)
亀さんの顔が怖いんですよ・・・w(゚o゚)w

Dsn_1095a

拡大して読んでくださね。

Dsn_1093a

| | コメント (12)

2010年6月16日 (水)

小町文塚 卒都婆小町

新しく来て下さった方は目次もご覧くださいね。

Dsl_5903a
※写真は全て拡大します。

昨日京都めぐりで「随心院」をお届けして・・・今日はこの春に行った時のものです。
2日後に「はねず踊り」を控えていて・・・「はねずの梅」が満開かと思ったら、もうほとんど散った状態でした。
なので、深草少将を始め多くの貴公子たちが小町に寄せた恋文を埋めたといわれる「小町文塚」を訪ねました。
醍醐寺では枝垂れ桜が満開、こちらも染井吉野が咲きだしていました。

Dsl_5897a

小野小町に「百夜通い」・・・謡曲「通小町」と随心院です。
その時の「榧の実」(かやのみ)が大きくなったというお寺はまた京都めぐりで紹介します。
深草少将の住んでいた「欣浄寺」はこちらです

Dsc09624a

小町文塚まで意外に距離があって・・・

Dsl_5896a

ぐるっと回りました。随心院の築地塀に趣があります。

Dsl_5884a

「卒都婆小町」(そとばこまち)という謡曲があります。
高野山の高僧が都へ上る道すがら、道端の朽ちた卒都婆に腰をおろしている乞食のような老婆を見て、卒都婆は仏体そのものを現しているので、他の場所で休むように諭します。
ところが老婆は僧の言葉に一つ一つ反論を加え、迷悟は心の問題で、世界は本来無一文と気付けば仏も衆生も隔たりはないのだと論破するので、僧は悟り深い乞食だと恐れ敬います。 名を尋ねると、実は小野小町だと言います。 (下は小町文塚です)

Dsl_5889a

才色兼備で世の男性たちを魅了した小町も今は乱れた白髪に破れ笠を頂き、汚れた袋を首に掛けて人に物を乞う身の上です。
そのうち小町の様子が変わり、自分で「小町のもとに通おう」と叫びます。小町に殊更心深かった深草四位少将の怨霊が乗り移ったのでした。少将の怨霊は生前の百夜通いの様を繰り返し、その怨みに苦しめられて心を狂わせるといいます。やがて我に返り、後生を願いつつ仏道に入りたいと願います。(「宝生の能」平成10年8・9月号より)
以上は「謡曲めぐり・・・謡曲初心者の方のためのガイド」様から。

Dsl_5894a

以前に随心院に行った折に撮らせていただいた絵です。
咲き誇る石楠花と老いて放浪する小野小町。「花小町」と題する絵ですが、鬼気迫る絵です。記事には入れていませんでした。(拡大させてご覧くださいね) 

  花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに

Dsc09658a

「はねずの梅」です。

Dsl_5852a

来年は忘れずに「はねず踊り」を見に行きたいと思います。

 ◆ ブログランキング応援クリックを、毎日の更新の励みに作っています。
          両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ    こちらも → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
-------------------------------------------------------------------

Dsl_5851a

| | コメント (8)

2010年4月17日 (土)

醍醐 三宝院 土牛の桜

新しく来て下さった方は目次もご覧くださいね。

Dsl_5431a
※写真は全て拡大します。

醍醐の桜を見に行ったのが随分前のように思えます。
この写真が3月26日ですから、枝垂れ桜は早く見頃を迎えていたのですね。

醍醐寺 三宝院「土牛の桜」 推定樹齢150年の枝垂れ桜です。

Dsl_5558a

雨が降ったり、青空だったり、目まぐるしく変わりました。

Dsl_5434a

「土牛の桜」と呼ばれるようになったのは、日本画家の奥村土牛が1972年に「醍醐」という絵を描いたことに由来するようです。

Dsl_5548a

豊臣秀吉が“醍醐の花見”として盛大な花見をした桜の子孫と言われています。

Dsl_5549a

Dsl_5429a

Dsl_5562a

醍醐寺は醍醐天皇の御願によって、延喜7年(907)に薬師堂が建立され、上醍醐の伽藍、つづいて下伽藍が完成。
永久3年(1115)に「三宝院」が建立され醍醐寺発展の基礎が確立されました。

三宝院の中は一切撮影禁止の為、中には今回も入らず。勿体ないことです。

Dsl_5544a

庫裏の横の茶店にも見事な枝垂れ桜があるので行ってみます。

Dsl_5436a

憲深林苑(けんじんりんえん)というお庭です。こちらの枝垂れ桜も見事です。

Dsl_5442a

桜は透かして見ると美しいですね。

Dsl_5488a

Dsl_5525a

Dsl_5526a

濃い色の枝垂れはかなり散っていました。

Dsl_5459a

Dsl_5492a

塀のこちらから土牛の桜。

Dsl_5504a

裏から見ても大きいです。

Dsl_5509a

Dsl_5516a

醍醐寺はあと、五重塔を残しています。

京都の桜の最後を飾る「御室・仁和寺」が見頃は今週いっぱいとか、まだ大丈夫です。
比叡山延暦寺の桜まつりはGWです。
このブログはまだまだ京都の桜は続きます。

 ◆ ブログランキング応援クリックを、毎日の更新の励みに作っています。
          両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
-------------------------------------------------------------------
   是非よろしく→ 人気ブログランキングへ    こちらも →  にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
-------------------------------------------------------------------

平成16年バイオ技術で増殖した「土牛の桜」のクローン。可愛い花を付けています。

Dsl_5554a

| | コメント (15)

2010年4月 3日 (土)

醍醐寺 桜の弁天堂

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Dsl_5759a

今日は3月26日に訪れた醍醐寺。五重塔、金堂を後回しにして先に弁天堂です。

雨が降ったり、青空が出たり・・・ややこしい天気でしたが ここでは専ら晴れていました。
この朱色の門をくぐると大講堂、弁天堂に向かいます。(写真は帰りに撮りました)

Dsl_5773a

鐘楼、大講堂の屋根が見えています。

Dsl_5780a

上は・・・

Dsl_5778a

馬酔木(あしび)の花の季節ですね。

Dsl_5709a

大講堂を中心に広がる、林泉及び弁天堂、地蔵堂、鐘楼、伝法学院等を総称して大伝法院と呼びます。
これら諸堂は、醍醐天皇一千年御忌を記念し、昭和5年(1930)山口玄洞居士の寄進により造築されたものです。大講堂は、石を積み上げた土台の上に立つ宝形造りの大建築です。
その域内にある伝法学院は仏道修行に志すものの錬成道場となっています。堂内には、平安末ごろ製作された醍醐寺最大の丈六の木造・阿弥陀如来坐像が祀られているほか、大日如来坐像や深沙大将、大黒天や地蔵菩薩が安置されています。(醍醐寺HP)

Dsl_5711a

鐘楼と枝垂れ桜。

Dsl_5771a

大講堂

Dsl_5720a

桜の向こうに弁天堂。

  Dsl_5712a

林泉と弁天堂。

Dsl_5723a

朱塗りが鮮やかに池に映っています。

Dsl_5729a

桜越しの大講堂。弁天堂とは対照的な色合いが渋いですね。

Dsl_5732a

弁天堂内には、音楽などの学芸や知識の女神であるとして広く知られている弁才天(七福神の一つ)が祀られています。

Dsl_5739a

橋を渡って・・・ぐるりと一周します。

Dsl_5743a

土産物屋も出ています。

Dsl_5746a

Dsl_5752a

Dsl_5749a

回って来ました。

Dsl_5755a

Dsl_5754a

昨日、用事のついでに前夜に訪れた祇園白川に寄ってみました。夜の暴風雨の為、かなり桜は花を落としていました。
見頃を迎えたばかりの、高野川の桜はしっかり咲いていました。

 ◆ ブログランキング応援クリックが、毎日の更新の励みになっています。
           両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
 --------------------------------------------------------------
      是非よろ しく→    こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

Dsl_5738a

| | コメント (8)

2010年3月29日 (月)

醍醐寺・霊宝館 桜 2

Dsl_5334a

先日は醍醐寺・霊宝館横の枝垂桜をお届けしました。今日は他のその枝垂桜とソメイヨシノです。(撮影:26日)

最初はsun青空だったのにrain雨が降り出して・・・暗い写真も多くなっています。m(_ _)m

霊宝館の前の道はソメイヨシノのトンネルになってます。これからが見事ですね。

Dsl_5242a

土塀の向こうは醍醐寺に続く参道。大きな枝垂桜が参道を彩ります。

Dsl_5417a

ロープが張ってあって行けませんが、色の濃い枝垂れ桜です。

Dsl_5418a

このソメイヨシノは2-3分咲き、向こうは先日紹介の枝垂桜です。

Dsl_5246a

この時点ではお天気、青空だと桜も綺麗です。

Dsl_5247a

Dsl_5248a

樹齢100年とか。

Dsl_5249a

ソメイヨシノは霊宝館には他にもたくさんありました。これからが見事でしょうね。

Dsl_5321a

この1本だけが早く咲きだしていました。

Dsl_5370a

枝垂桜のピンク色をバックに。

Dsl_5331a

そして・・・枝垂桜。特に大きくて古いのは2本。

Dsl_5375a

霊宝館横の枝垂桜に劣らないくらいの枝垂桜です。

Dsl_5311a

繊細な枝の桜です。

Dsl_5371a

昨日は昼過ぎから天気は下り坂、夕方には小雨が降り出して寒い1日でした。

Dsl_5298a

糸が垂れるように咲いています。

Dsl_5292a

Dsl_5310a

こちらは直ぐ横に枝が垂れていて、花が間近に見れます。

Dsl_5281a

Dsl_5294a

可愛いですね。

Dsl_5344a

cherryblossom桜速報 (28日) ソメイヨシノは少しずつ開花を進めています。
・御所の糸桜は早咲きは色あせ、かなり花を落としています。遅咲きの紅枝垂れは蕾が大きく膨らんでいました。
・鴨川、高野川のソメイヨシノはチラホラから2-3分咲きというところ。
・下鴨神社の楼門の山桜は見頃。今日の「京都*四季のフォト散歩」で紹介。

 ◆ ブログランキング応援クリックが、毎日の更新の励みになっています。
          両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
 --------------------------------------------------------------
      是非よろしく→    こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

出町三角州の昨日(28日)

Jmg_2853a

| | コメント (7)

2010年3月27日 (土)

桜満開 醍醐寺・霊宝館枝垂れ桜 

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Dsl_5360a

昨年(2009年・春)のJR東海「そうだ京都、行こう」のキャンペーンだった醍醐寺。昨年はぐっと堪えて行くのを我慢していましたが、週末を避けて昨日行って来ました。

行った順番だと今日は「平野神社の魁」だったのですが、急遽変更で「満開速報!!」として「醍醐寺・霊宝館前の枝垂れ桜」をお届けします。
cherryblossom樹齢150年、枝の幅が25mです。元気に咲いています。醍醐寺HP

珍しいとは思われませんか??!! 人が誰も写って無い!!ヽ(´▽`)/

Dsl_5364a

ナント不思議。(v^ー゜)ヤッタネ!!

Dsl_5257a

昨日は晴れたかと思えば雨になり、ガッカリしていると青空が見える・・・

Dsl_5265a

みんな雨宿りをしに行って、誰も居なくなった桜の前です。ヽ(´▽`)/

Dsl_5275a

霊宝館の敷地には他にも素晴らしい枝垂れ桜が数本とソメイヨシノもありますが、今日は特に有名なこの桜だけをお届けします。

Dsl_5282a

近寄れませんから思った写真にはなりませんが、この桜を見ただけで「十分満足」といえる桜だと思います。

Dsl_5263a

ちょうど満開でしたが、この寒さで花は長く楽しめると思います。

Dsl_5272a

Dsl_5306a

Dsl_5268a

ソメイヨシノ(樹齢100年)が3-4分咲きくらいでした。

Dsl_5390a

どの桜も見事に大きくて立派です。

Dsl_5404a

醍醐寺の五重塔や金堂、弁天堂。三宝院の枝垂れ桜はどこもが満開でした。今日は霊宝館前のこの1本だけにしましたが、他も素晴らしいのでお待ちくださいね。

尚、今日の「京都*四季のフォト散歩」は参道にしました。ご覧くださいね。

 ◆ ブログランキング応援クリックが、毎日の更新の励みになっています。
          両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
 --------------------------------------------------------------
      是非よろしく→    こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

Dsl_5395a

| | コメント (16)

2009年9月 3日 (木)

日野薬師 法界寺

Dse_8626a

暑いけれど・・・日差しはスッカリ秋になりました。
     行く夏を惜しむかのようにセミが鳴いています。

法界寺 (ほうかいじ)
真言宗醍醐派別格本山。山号を東光山と称する。永承6年(1051)日野資業(ひのすけなり)の本願によって創建された。
本尊は薬師如来(秘仏)、開基は伝教大師最澄とされている。

醍醐寺の南方、宇治市との境界に近い、京都市伏見区日野に所在する。日野は、『方丈記』の著者である鴨長明の住んだ地であり、親鸞の生誕地としても知られる。

かつて山城国宇治郡日野と呼ばれたこの地は、日野家の領地であった。日野家は藤原北家の一族で、儒学や歌道をよくした家柄である。

Dse_8593a

法界寺  日野家の氏寺で、「日野薬師」あるいは「乳薬師」の別名で知られる薬師信仰の寺。国宝の阿弥陀堂と阿弥陀如来像を有することでも知られる。

Dse_8635a

代々日野家の一族門葉が資材をなげうって堂塔を整えたので荘厳美麗をきわめていたが、応仁の兵火にかかって焼失し、いまに残るものは本堂(重文)と阿弥陀堂(国宝)の二宇である。 左:阿弥陀堂  右:薬師堂

Imm_6116a

薬師堂(本堂)  (重文)  
康正2年(1455)の古建築で、重要文化財指定の本尊薬師如来像(伝・伝教大師作)と脇士日光月光十二神将(伝・運慶作)を安置する。この本尊に祈願すると、授乳の霊験があらたかであるという。
康正2年(1455)の古建築で、重要文化財指定の本尊薬師如来像(伝・伝教大師作)と脇士日光月光十二神将(伝・運慶作)を安置する。この本尊に祈願すると、授乳の霊験があらたかであるという。

Dse_8617a

薬師堂の格子には、「安産、子育」等の願い事が書かれた「よだれ掛け」が掛けられています。薬師如来が、胎内仏ということから、胎児をやどす婦人の姿として、安産、授乳、子授、子育のご利益があり信仰を集めています。

 Dse_8622a

阿弥陀堂 (国宝)
永承年間(1046~1053)に建造され、国宝で定朝式の阿弥陀如来座像を安置している。

Imm_6103a

Dse_8605a_2 阿弥陀堂内には・・・

宇治平等院鳳凰堂の本尊に最も近い定朝様の阿弥陀如来(国宝)が安置されています。

長押上の漆喰の壁間には天人の壁画(重文)が描かれています。

法隆寺金堂壁画焼失後、日本最古のもので絵画史上貴重なものです。

絵葉書です。

Dse_8612a

壁画47面 - 内陣長押上の小壁に描かれた23面(飛天図10面、楽器・仏具図5面、阿弥陀如来像8面)と、その上部の壁に描かれた宝相華文(ほうそうげもん)24面からなる。
板壁でなく土壁に描かれた壁画として日本における稀少な例の1つである。

Dse_8614a

四天柱4本-四天柱(仏壇周囲に立つ4本の柱を指す)にも、金剛界曼荼羅の諸仏や、十二天、迦陵頻伽などの絵画が残っているが、剥落・褪色が甚だしい。

Dse_8631a

本堂内の壁画はとっても素晴しいものでした。この日も学生グループが堂内の壁画を見に来ていました。(説明:駒札 Wikipedia)

info02 法界寺
  京都府京都市伏見区日野西大道町19
  開門時間:9時~17時(10~3月は、9時~16時)
  アクセス:京都市営地下鉄東西線 石田駅 徒歩20分
  拝観料:500円 

 ◆ いつも応援のクリック有り難う御座います。とても励みになります。今日も宜しく。
 --------------------------------------------------------------
      是非よろしく→    こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

Imm_6108a

| | コメント (9)

その他のカテゴリー

2012 祇園祭 | 2013 2014 祇園祭 | 2015 紅葉 1 | 2015 紅葉 2 | 2015 紅葉 3 | 2015 紅葉 4 | 2015 紅葉 5 | 2015~ 祇園祭 | You tube 1 | You tube 2 | You tube 3 | You tube 4 | You tube 5 | You tube 6 | ■ 写真掲載 当ブログ紹介■ | ■ 写真掲載 当ブログ紹介 2 ■ | ■散策・00' 京都駅 壬生界隈 五条  | ■散策・00 三条 四条通 先斗町 | ■散策・01 ◆東山七条 博物館 三十三間堂 | ■散策・02 ◆博物館~六波羅蜜寺 大和大路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 2 | ■散策・04 ◆清水寺~三年坂~ 高台寺 | ■散策・05 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ■散策・06 ◆ねねの道 石塀小路 八坂神社 | ■散策・07 祇園 柳の白川他 Gion | ■散策・08 ◆八坂神社 円山公園~平安神宮 | ■散策・09' 知恩院  | ■散策・09 青蓮院 | ■散策・10 平安神宮 四季 Heian shrine | ■散策・11 東大路通 聖護院界隈 | ■散策・11' 美術館 岡崎界隈 | ■散策・12 ◆平安神宮~南禅寺~永観堂 | ■散策・14 ◆哲学の道 (疏水沿い) | ■散策・15 ◆哲学の道 (寺院) | ■散策・17 真如堂の四季  | ■散策・19 鴨川 賀茂川 高野川 | ■散策・20 西陣 他市中の寺院 | ■散策・21 右京区 法金剛院 松尾大社 | ■散策・23 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 | ■散策・24 詩仙堂・曼殊院・比叡山麓 | ■散策・25 大原 八瀬 (紅葉は別) | ■散策・26 比叡山と延暦寺 | ■散策・27 鞍馬山~貴船 | ■散策・28 鷹峯 西賀茂 (紅葉は別) | ■散策・29 上賀茂神社 社家 深泥池 | ■散策・30 嵐山 太秦 Arashiyama | ■散策・31 嵯峨野 鳥居本 化野 | ■散策・32 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策・33 山科 醍醐 | ■散策・34 伏見 | ■散策・35 宇治 宇治の社寺 | ■散策・36 大山崎 大原野 西山 | ■散策・37 八幡 加茂町 城陽 府下 | ■散策・38 他県 海外  | ■散策1 出町・三角州 川端通り 鳥 | ■散策1 北白川 疏水も | ■散策1 平安京 聚楽第 | ■散策1 御所周辺 梨の木神社 他 | ■散策1 烏丸・六角堂あたり | ■散策1 狸谷山 | ■散策1 祇園以北 東山 | ■散策1 西陣 市中 | ■散策2’ 醍醐 山科 | ■散策2 ねねの道 八坂神社 石塀 | ■散策2 三尾(高雄 槙尾 栂尾)  | ■散策2 三年坂 二年坂 | ■散策2 三条 四条 木屋町 新京極 | ■散策2 京都駅 界隈 | ■散策2 伏見 酒蔵 | ■散策2 八幡市 加茂町 他府下 | ■散策2 北白川 疏水 | ■散策2 哲学の道 (寺院編) | ■散策2 哲学の道 (道編) | ■散策2 大原 八瀬 Ohara | ■散策2 宇治 uji | ■散策2 岡崎公園 疏水 三条通り北 | ■散策2 嵐山 渡月橋 太秦 Arashiyama | ■散策2 嵯峨野 鳥居本 | ■散策2 祇園白川 柳の白川 Gion | ■散策2 西山 大山崎 大原野 | ■散策2 西陣 市中 | ■散策2 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | ■散策2 鷹峯 西賀茂 | ■散策3 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策3 伏見 酒蔵 | ■散策3 宇治 | ■散策3 嵐山 渡月橋 太秦  | ■散策3 嵯峨野 鳥居本 | ■散策3 祇園白川 柳の白川 | ■散策3 西陣 市中 | ■散策3 醍醐 山科 | ■散策4 伏見 酒蔵 | ■散策4 醍醐 山科 | □ 2008 宵山 祇園祭 | □ 2008 宵山 祇園祭 2 | □ 2009 桜 1 | □ 2009 桜 2 | □ 2009 桜 3 | □ 2009 桜 4 | □ 2009 桜 5 | □ 2009 紅葉 1 | □ 2009 紅葉 2 | □ 2009 紅葉 3 | □ 2009 紅葉 4 | □ 2009 紅葉 5 | □ 2010 桜 1 | □ 2010 桜 2 | □ 2010 桜 3 | □ 2010 桜 4 | □ 2010 桜 5 | □ 2007 祇園祭 | □1 【桜 花】 右京区 嵐山 嵯峨野 | □2 【桜】 御所 市中 賀茂川 高野川 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い | □4 【桜 花】 東山(南) 円山 伏見区 宇治 | □4' 【夜桜】 祇園 高瀬川 他 Gion | □5 【紅葉 2】 吉田山 東山 | □5 【紅葉】 吉田山 東山 | □5' 【紅葉】 哲学の道 寺院も | □6 【紅葉】 嵐山 嵯峨野 洛西 | □6' 【紅葉】 大徳寺 など | □7 【紅葉】 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | □7' 【紅葉 2 】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □7' 【紅葉】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □8 【紅葉】 伏見 宇治 | □8' 【紅葉】 鷹ヶ峰 上賀茂 北区 上京区 | □9 【紅葉】 大原 古知谷 八瀬 | □9'【雪の日】 洛北 洛東 | □9'【雪の日】 洛西 | □ 【紅葉】 市中 下鴨神社 | □ 桜 2 右京 西陣 嵐山 西山 | □ 桜 2 哲学の道 洛北 | □2【雪の日】 洛北 洛東 | □2【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □3【雪の日】 洛北 洛東 | □3【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □4【雪の日】 洛北 洛東 | □5【雪の日】 洛北 洛東 | ○ 1 京都御苑とその界隈 Imperial Palace | ○ 2 仙洞御所 (特別参観) | ○ 3 桂離宮 (特別参観) | ○ 1 京都御所(特別参観)Imperial Palace | ○ 1 桂離宮 Katsura Imperial Villa | ○ 2 南禅寺・塔頭・水路閣 | ○ 2 天龍寺 塔頭 | ○ 2 建仁寺 塔頭 | ○ 2 東福寺 塔頭 | ○ 3 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace | ○ 3 東福寺 塔頭 | ○ 4 東福寺・塔頭 | ○ 5 東福寺 塔頭 | ○0 京都五山 別格 南禅寺・ 塔頭 水路閣 | ○1 京都五山 第一位 天龍寺・ 塔頭 | ○2 京都五山 第二位 相国寺 | ○3 京都五山 第三位 建仁寺 | ○4 京都五山 第四位 東福寺・ 塔頭 | ○5 京都五山 第五位 万寿寺 | ○1 修学院離宮 | ○2 修学院離宮 | ● 1 法然院の四季 | ● 2’ 下鴨神社の四季 | ● 2 上賀茂神社 社家 深泥池 | ● 2 泉涌寺と界隈 | ● 2 法然院の四季 | ● 2 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ● 2 真如堂の四季 | ● 3 泉涌寺と界隈 | ● 二条城と近辺 Nijo-jo Castle | ● 伏見稲荷大社 | ● 北野天満宮 上七軒 | ● 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 大覚寺 大沢の池 | ● 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 | ● 御室 仁和寺 | ● 智積院 | ● 東寺 塔頭 界隈 | ● 東本願寺 | ● 泉涌寺と界隈 | ● 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 1  | ● 西本願寺 | ● 西本願寺 2 | ● 金閣寺 Kinkakuji Temple | ● 銀閣寺 Ginkakuji Temple | ● 黄檗山 萬福寺 | ● 龍安寺 等持院 | ● 1 下鴨神社の四季 | ● 2 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 2 大覚寺 大沢の池 | ● 2 平安神宮 四季 Heian shrine | ● 2 東寺 塔頭 界隈 | ● 3’ 下鴨神社の四季 | ● 3 上賀茂神社 社家 深泥池 | ★ 2010 紅葉 1 | ★ 2010 紅葉 2 | ★ 2010 紅葉 3 | ★ 2010 紅葉 4 | ★ 2010 紅葉 5 | ★ 2010 紅葉 6 | ★ 2011 紅葉 1 | ★ 2011 紅葉 2 | ★ 2011 紅葉 3 | ★ 2011 紅葉 4 | ★ 2011 紅葉 5 | ★ 2011 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 1 | ★ 2012 紅葉 2 | ★ 2012 紅葉 3 | ★ 2012 紅葉 4 | ★ 2012 紅葉 5 | ★ 2012 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 7 | ★ 2012 紅葉 8 | ★ 嵐山・花灯路 2 | ★ 2011 桜 1 | ★ 2011 桜 2 | ★ 2011 桜 3 | ★ 2011 桜 4 | ★ 2012 雪景色 1 | ★ 2012 雪景色 2 | ★ 2011 雪景色 1 | ★ 2011 雪景色 2  | ★ 2011 雪景色 3 | ★ 2011 雪景色 4 | ★ 2013 雪景色 1 | ★ 2013 雪景色 2 | ★イベント情報 | ★ライトアップ寺院 お祭り | ★東山・花灯路 2 | ★東山・花灯路 3 | ☆ 2012 桜 1 | ☆ 2012 桜 2 | ☆ 2012 桜 3 | ☆ 2012 桜 4 | ☆★ 2015 桜 1 | ☆★ 2015 桜 2 | ☆★ 2015 桜 3 | ☆★ 2015 桜 4 | ☆☆2015 雪景色 1 | ☆☆2015 雪景色 2 | ☆ 2013 桜 1 | ☆ 2013 桜 2 | ☆ 2013 桜 3 | ☆ 2013 桜 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 1 | ☆ 2013 秋 紅葉 2 | ☆ 2013 秋 紅葉 3 | ☆ 2013 秋 紅葉 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 5 | ☆ 2014 桜 | ☆ 2014 秋 紅葉 1 | ☆ 2014 秋 紅葉 2 | ☆ 2014 秋 紅葉 3 | ☆ 2014 秋 紅葉 4 | ☆ 2014 雪景色 1 | ☆ 2014 雪景色 2 |  時代祭 1 |  1  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  1 三千院 |  1 京の山を歩く |  1 京大・界隈 |  1 京懐石 普茶料理 他 |  1 京都の大学を訪ねて |  1 京都の教会 |  1 京都の眺望 |  1 京都クイズ 壁紙・投票 |  1 伏見 御香宮神社 |  1 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  1 写真集 話題 |  1 吉田山 散策 |  1 周山 美山 北山 京都北部 |  1 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂 |  1 壁紙 Wall Paper |  1 大文字山 五山送り火 |  1 寺町通り (出町から北) |  1 平等院 |  1 庭 夢想国師の庭 |  1 庭 小堀遠州の庭 |  1 庭 小川治兵衛の庭 |  1 庭 相阿弥の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 2 |  1 庭 重森三玲の庭 3 |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅰ (北部) |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅱ (東部) |  1 庭園めぐり・・・洛西 Ⅰ (北部) |  1 手づくり市 |  1 植物園 花だより |  1 空 犬・猫・鳥 その他 |  1 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  1 車窓から |  1 近代建築を訪ねて |  1 高台寺 圓徳院 |  2  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  2 ご挨拶 |  2 三千院 |  2 京の川 鴨川 桂川 高野川 |  2 京大・界隈 |  2 京都の眺望 |  2 京都御苑 御所 Imperial Palace |  2 他府県 |  2 仙洞御所 |  2 伏見 御香宮神社 |  2 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  2 伏見稲荷大社 摂社 |  2 会席 甘党 |  2 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  2 出町 三角州 川端通り |  2 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  2 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  2 吉田山 散策 |  2 周山 美山 北山 京都北部 |  2 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂など |  2 大文字山 五山送り火 |  2 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  2 寺町通り (出町から北) |  2 平等院 |  2 御室 仁和寺 |  2 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  2 智積院 |  2 東大路通 丸太町通 聖護院 |  2 東山七条 三十三間堂 |  2 松尾大社 梅宮神社 苔寺 |  2 植物園 北山 |  2 比叡山 延暦寺 |  2 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 |  2 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  2 滋賀県 福井県 奈良県など近県 |  2 知恩院と界隈 |  2 空 鳥 猫 犬 |  2 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  2 西本願寺 |  2 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  2 蹴上まで |  2 車窓から |  2 近代建築 |  2 銀閣寺 |  2 青蓮院 将軍塚 |  2 鞍馬 貴船 |  2 高台寺 圓徳院 |  2 龍安寺 等持院 |  3 ねねの道 八坂神社 石塀小路 |  3 三条 四条 木屋町 新京極 |  3 京の川 |  3 京都駅界隈 壬生 他 |  3 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  3 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  3 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  3 出町 三角州 川端通り |  3 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  3 南禅寺 塔頭 水路閣 |  3 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  3 吉田山 散策 |  3 哲学の道 寺院 |  3 哲学の道 疏水沿いの道 |  3 大原 宝泉院 勝林院ほか |  3 大徳寺 今宮神社 船岡山 |  3 大覚寺 大沢の池 |  3 天龍寺 塔頭 |  3 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  3 寺町通り (出町から北) |  3 岡崎公園 岡崎疏水 |  3 平安神宮の四季 |  3 建仁寺 塔頭 |  3 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  3 智積院 |  3 東大路通 丸太町通 聖護院 |  3 東寺 塔頭 界隈 |  3 東山七条 三十三間堂 |  3 植物園 北山通り |  3 比叡山 延暦寺 |  3 清水寺の四季 |  3 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  3 真如堂の四季 |  3 空 犬 猫 鳥 |  3 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  3 西山 大山崎 大原野 |  3 西陣 市中 |  3 西陣 白峰神宮ほか |  3 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  3 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  3 近代建築 |  3 青蓮院 将軍塚 |  3 鞍馬 貴船 |  3 食事 懐石 甘党 |  4 三条 四条 木屋町 新京極 |  4 上賀茂神社 深泥池 他 |  4 下鴨神社の四季 |  4 京の川  |  4 京都駅 界隈 |  4 伏見 稲荷 藤の森 鳥羽 |  4 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  4 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  4 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  4 南禅寺 塔頭 水路閣 |  4 吉田山 散策 |  4 大覚寺 大沢の池 |  4 天龍寺と塔頭 |  4 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  4 宇治 |  4 岡崎公園 岡崎疏水 |  4 嵐山 渡月橋 保津川 |  4 嵯峨野 鳥居本 |  4 平安神宮の四季 |  4 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace |  4 比叡山 延暦寺 |  4 泉涌寺 その界隈 |  4 真如堂の四季 |  4 空 犬 猫 鳥 |  4 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  4 西陣  |  4 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  4 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  4 鞍馬 貴船 |  4 食事 懐石 甘党 |  5 下鴨神社の四季 |  5 京の川  |  5 伏見 酒蔵 濠川 |  5 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  5 南禅寺 塔頭 水路閣 |  5 吉田山 散策 |  5 宇治 |  5 嵐山 渡月橋 保津川 |  5 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  5 御所(京都御苑) 四季 |  5 真如堂の四季 |  5 空 犬 猫 鳥 |  5 糺の森 河合神社 |  5 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  5 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  5 醍醐 山科 |  6 下鴨神社の四季 |  6 京の川  |  6 吉田山 散策 |  6 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  6 御所(京都御苑) 四季 |  6 東福寺 塔頭 |  6 糺の森 河合神社 |  6 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  6 醍醐 山科 |  7 下鴨神社の四季 |  7 京の川 |  8 京の川 | おみくじ お守り | ご挨拶 | その他 | 一休寺 京田辺市 | 京都めぐり 1 | 京都めぐり 2 | 京都めぐり 3 | 京都めぐり 4 | 京都めぐり 5 雪特集 | 京都めぐり 6 | 京都めぐり 7 | 光明院の四季 1 (東福寺・塔頭) | 光明院の四季 2 (東福寺・塔頭) | 嵯峨野 竹林 1 | 携帯・デジカメ | 松ヶ崎疏水 春秋 | 滋賀県 琵琶湖 福井県など近県 | 石峰寺 (五百羅漢・伊藤若冲) | 祇園祭 2009 2010 | 祇園祭 2011 | 祇園祭 2011 2  | 祭 行事 ライトアップ 冬 1 | 祭 行事 ライトアップ 冬 2 | 祭 行事 ライトアップ 冬 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 1 | 祭 行事 ライトアップ 夏 2 | 祭 行事 ライトアップ 夏 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 4 | 祭 行事 ライトアップ 夏 5 | 祭 行事 ライトアップ 夏 6 | 祭 行事 ライトアップ 春 1 | 祭 行事 ライトアップ 春 2 | 祭 行事 ライトアップ 春 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 1 | 祭 行事 ライトアップ 秋 2 | 祭 行事 ライトアップ 秋 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 4 | 祭 行事 ライトアップ 秋 5 | 花の京都 初夏 1 | 花の京都 初夏 2 | 花の京都 初夏 3 | 花の京都 初夏 4 | 花の京都 初夏 5 | 花の京都 初夏 6 | 花の京都 初夏 7 | 花の京都 夏 1 | 花の京都 夏 2 | 花の京都 夏 3 | 花の京都 夏 4 | 花の京都 夏 5 | 花の京都 新緑 青もみじ 1 | 花の京都 新緑 青もみじ 2 | 花の京都 春 1 | 花の京都 春 2 | 花の京都 春 3 | 花の京都 春 4 | 花の京都 春 5 | 花の京都 春 6 | 花の京都 秋 1 | 花の京都 秋 2 | 花の京都 秋 3 | 著作権 | 葵祭 1 | 葵祭 2