■散策1 北白川 疏水も

2009年4月 2日 (木)

桜の並木 北白川疏水~哲学の道へ

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。写真は全てクリックで拡大します。

Dsh_6980a

昨日は変な天気、コロコロ変りました。朝は晴れるかな?と思わせる薄曇りの空。昼には強い風と雨。。。それが通り過ぎると。ポカポカで・・・晴れ。
気になっていた、北白川の疏水沿いにある「銀月アパートメント」の前の枝垂桜を見に行って来ました。

疏水沿いのソメイヨシノはまだだろうと思っていたら・・・見ごろ間近になっていました。

Dsh_6982a

「銀月アパートメント」だけ見て帰って来る予定が、桜に誘われて「哲学の道」まで行ってしまいました。  地図です。中心は「銀月アパートメント」です。
昨日(4月1日)の私の散策コースのままに紹介します。写真が多くなります。

Dsh_6983a

「銀月アパートメント」

Dsh_6991a

2年ほど前に外壁が塗り直されています。

Dsh_6988a

・・・今回で3度目の記事ですが、毎年花の数が少なくなってるように思うのですが。
1回目の記事です。桜がスゴイです。

Dsh_6994a

Dsh_6987a

駒井邸の前です。公開が再開したようです。一度入ってみます。

Dsh_7010a

北白川の疏水沿いの桜は早いですね。

Dsh_7017a

木によって咲き具合は違いますが、満足出来ます。

Dsh_7033a

少し前までの荒天がうそのような青空です。

Dsh_7031a

この道は自転車に乗ってはいけません。走るのなら横の道。

Dsh_7045a

京大グラウンドです。アメフト部でしょうか。

Dsh_7053a

Dsh_7057a

京大の「人文科学研究所附属漢字情報研究センター」。前の桜はまだ蕾。

Dsh_7058a

いよいよ哲学の道に入ります。

Dsh_7061a

白沙村荘の前あたり。先日残念ながら茶室が焼けましたが、公開はされていました。

Dsh_7073a

白沙村荘の記事です 

Dsh_7084a

可愛い枝垂桜越しの「NOANOA」です。

Dsh_7070a

哲学の道の入口。賑わい出したらこんなもんじゃありませんよ。

Dsh_7077a

さて、哲学の道の桜ですが・・・今日はここまでです。
 北白川の疏水沿いよりは花が僅かに遅れているようでしたが、そろそろ見頃旬。

Dsh_7080a

今日は予定を変更して「桜速報」としてお届けしました。
「祇園白川のライトアップの宵桜」、「旧京都府庁の枝垂桜」・・・その他、いろいろ撮ってますのに、天気になるとつい出かけてしまいます。(自重しなくては身体がもたない)
これからも毎日、京都の桜をお楽しみいただければ幸いです。

 ◆ ブログランキング応援クリックが、毎日の更新の励みになっています。
 --------------------------------------------------------------
      是非よろしく→    こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

北白川の疏水の桜並木の入口近くの。。。鴨東教会・幼稚園のさくら。

Dsh_6970a

| | コメント (18)

2008年10月14日 (火)

北白川天神宮 還幸祭2

Imn_3187a

※昨日の続きです。

昨日は還幸祭(神輿巡幸)の前半をお届けしました。子供白川女の皆さんも加わり、白川通を南に下ります。

Imn_3190a

今出川通との交差点では、先導していた大太鼓と若太鼓が行列を待ち構えます。

Imn_3201a

 Imn_3206a

本神輿がやってきました。

Imn_3214a

追いついた女性神輿と広い交差点を練り歩きます。この後は女性神輿が先を行きます。

Imn_3225a

子供神輿も来ました。

Imn_3235a

今出川通を西に行くと、京大農学部前に後二条天皇陵北白川陵があります。そこでも、途上祭が行われます。

Imn_3284a

再び今出川通を東に戻り、今度は白川口に入ります。大分陽が傾いてきました。ちなみに、先達の布令太鼓は今年から復活したそうです。

Imn_3305a

この道の名前は志賀越え道だそうです(比叡山の太鼓馬鹿さんありがとう)。荒神口から東北に伸びて、東一条から京都大学で遮られますが、今出川通を斜めに横切り、白川口から北白川神社を通り山中越に続きます。ここまでくると神社はもう少しです。

Imn_3340a

ここで巡幸が立ち止まり、布令太鼓と

Imn_3349a

大太鼓が鳴り響きます。途切れることなく素早く叩き手が交代します。

Imn_3357a

この道の途中まで提灯が迎えに来ます。

Imn_3409a

神社に帰ってから、白川太鼓が打ち鳴らされます(お迎え太鼓)。

Imn_3433a

Imn_3443a

その後、御神霊が乗った神輿に先立って、太鼓が山上の本殿に至る階段を上ります。

Imn_3482a

長い綱を階段に渡し、本神輿につけます。太鼓の子供達が小さな提灯をもって、宮入する神輿の前をチャトコイ、チャトコイとはやしながら先導します(「チャトコイ」とは、さっさと来いという意味だそうです)。これも今年復活したものだそうで、頑張ってね!

Imn_3509a

祭りの参加者や見物人が協力して、神輿を引っ張り上げます。

Imn_3521a

上って来ました。

Imn_3536a

山上の拝殿前で、ひとしきり神輿を回します。

Imn_3563a

拝殿に置かれた神輿に宮司が祝詞をあげ、その後全ての灯りを消した中で御神霊を本殿に戻します。まるで空気にふれてはいけないかのように(ご老体の)宮司が本殿に駆け込み、その間若い神官は異様な声をあげます。予期せぬ展開に写真を撮る間もありませんでした。

Imn_3575a

その後、神輿が山を下ります。これも一苦労です。
都ができてからの優雅なものが多い京都の祭りのなかで、北白川天神宮の秋季大祭は古来の祭りや生活様式を継承しているといわれています。氏子だけでなくこの地域の住民の皆さんの熱気が感じられます。

Imn_3587a

また、物やしきたりではなく、白川太鼓のような(形のない)技術を伝えるためには、長い時間と努力が必要なはずです。子供たちがけなげに叩く、小気味よい太鼓の音がいつまでも耳に残っています。

昨夜、旅行から帰って来たりせです。
せっかくの連休に二日連続で撮影に出かけて記事を更新した夫に感謝しています。

いつも励ましの応援クリック有り難うございます。今日も宜しくお願い致します。
  --------------------------------------------------------------
       是非よろしく→     こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
  --------------------------------------------------------------

御旅所に戻ってきてからも、神輿がなかなか蔵に入ってくれません。神輿庫にいるものと担ぎ手の綱引きが何回も繰り返され、まるでいつまでも祭りの終わりを惜しむようでした。これは、「あとじょい」と呼ばれるそうです。

Imn_3596a                     

| | コメント (9)

2008年10月13日 (月)

北白川天神宮 還幸祭1

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。 ※写真は全て拡大します。

Imn_2690a

昨日は北白川天神宮の還幸祭が行われました。山から下りて御旅所に滞在されている御神霊が氏子地域を神輿に乗って渡御されるのです。出発時刻が近づくと子供たちが集まって来ました。手前にある綱は、後でこの祭りの重要な役割を演じます。
子供神輿の皆さん、神妙に神官のお祓いを受けます。

Imn_2720a

萬世橋の前で、大人たちもお祓いを受けます。

Imn_2762a

注連縄切りで巡幸が始まります。

Imn_2817a

巡幸列の順番は、布令太鼓、鉾、鉾老分、神官の次に、上の写真の大太鼓

Imn_2843a

その後に、本神輿

Imn_2852a

女性神輿

Imn_2865a

そして、子供神輿の前を行く若太鼓です。その後は、子供白川女、宮司、神社役員、車ということです。上の写真にないものは、後で登場するかも知れません。行列は、神社前の道を北に乗願院まで行き、そこから御影通を西に行きます。

Imn_2874a

さっそく白川女ちゃん、発見! でもまだ行列には加わりません。

Imn_2903a

御影通から白川疎水沿いの道を北へ行きます。

Imn_2917a

その交差点(小倉町)で、先頭を行く布令太鼓がパフォーマンスを行います。

Imn_2969a

Imn_2974a

子供神輿です。

Imn_2981a

伊織町で地元の氏子の方を交えて、途上祭が行われます。

Imn_3027a

東鞍馬口通を再び東に向かいます。手前は剣鉾ですが、ずいぶん長くて電線があるところは寝せて運びます。

Imn_3078a

行列の最後の宮司さんは人力車に乗って回ります。

Imn_3115a

次は、白川通を南に下ります。立てた剣鉾を独特の足どりで運び、上につけてある鈴を小気味よく鳴らします。

Imn_3124a

威勢の良い御輿がやって来ました。

Imn_3129a

女性御輿もやって来ました。神輿は結構重そうで、時々台車に載せて運んでいました。でも、この通りではご覧のとおり頑張ります。

Imn_3131a

子供たちは元気がよく、担ぎっぱなしです。

Imn_3133a

白川通の途中から合流する子供白川女のみなさんが、行列を待っています。カワユイ!

Imn_3144a

この後行列は、最大の見せ場の今出川通との交差点から西に向かいます。そして神社に戻った後・・・、明日の記事に続きます。

※ 今日の記事も夫が代わりに更新です。コメントの返事は夜までお待ちください。

いつも励ましの応援クリック有り難うございます。今日も宜しくお願い致します。
  --------------------------------------------------------------
       是非よろしく→     こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
  --------------------------------------------------------------

Imn_2964a

| | コメント (6)

2008年10月12日 (日)

北白川天神宮 宵宮

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Imn_2617a

10月12日は北白川天神宮の秋季大祭を締めくくる還幸祭の日です。今日は、その前日の昨晩行われた宵宮の様子をお届けします。 10月5日の神幸祭早朝に行われた高盛献饌の儀の後の直会の儀が終わると、昔は神輿渡御という儀式が行われていたそうです。

Imn_2456a

それは、御旅所を出た神輿を山上の拝殿に据え、本殿から御神霊を神輿に奉載し、山を降りて氏子区内を巡幸して御旅所に奉安する儀式です。現在では神幸祭での神輿渡御はなく、御羽車によって「御神霊遷し」が行なわれて御旅所に奉安するとのことです。ちなみち、御旅所は天神宮と道を隔てたところにあります。

Imn_2458a

神幸祭から還幸祭まで神様が御旅所に滞在されるので、氏子たちが交代でお守りをして、還幸祭の前夜に万燈会を奉納するのです。中に神輿が見えます。

Imn_2459a

神社の方に行くと、夜店が出ていました。

Imn_2471a

こじんまりしていて、田舎のお祭りの雰囲気です。

Imn_2485a

長生殿 先日は雨のためここで高盛献饌の儀がおこなわれました。

Imn_2489a

夕方から宵宮前布令太鼓披露に白川各地をまわっていた白川太鼓の皆さんが帰ってきました。子供たちが中心です。

Imn_2532a

神社のすぐ近くにある「鉾仲間」(代々神事祭礼の運営奉仕をする家)の壱之鉾の前で太鼓をたたきます。

Imn_2542a

そして、見事な口上を。

Imn_2547a

歩きながらも叩くのですね。

Imn_2568a

これから、鳥居の前にある萬世橋で子供たちが太鼓を披露します。

Imn_2586a

カッコいい!

Imn_2602a

小さい子供たちも、全員が交代で叩きます。

Imn_2613a

ずいぶん練習したのでしょう、見事なものでした。            

Imn_2623a

こちらの子供たちは、かなり馴れたものです。

Imn_2648a
m

Imn_2642a

※ 今日は夫が代わりに更新です。コメントの返事は13日の夜までお待ちください。

明日に続きます。

いつも励ましの応援クリック有り難うございます。今日も宜しくお願い致します。
  --------------------------------------------------------------
       是非よろしく→     こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
  --------------------------------------------------------------

Imn_2497a 

| | コメント (6)

2008年10月 6日 (月)

北白川天神宮 高盛献饌の儀

Imn_2179a

昨年「北白川天神宮の秋祭」を記事にしたご縁で、白川太鼓の方から「高盛献饌の儀で白川街道を北白川天神宮にむけて太鼓を叩いてあがります」。と連絡が入りました。残念ながら雨の為、儀式は境内にある長生殿で行われ白川太鼓も聞けませんでしたが。。。。。

北白川高盛献饌の儀 北白川高盛御供(きたしらかわたかもりごく)
昨日(5日・・・毎年10月第1日曜日)の早朝、北白川天神宮に高く盛りつけた立体的な神饌(しんせん)を朝御飯として神前にお供えする儀式がありました。
この日から1週間続く北白川天神宮の秋の大祭の初めの儀式です。

Imn_2143a

神饌は小芋、大根なます、きざみ鯣(するめ)をそれぞれ円錐形に高く盛ったもの、炊き上がりの白飯を臼の型にはめ込み太い注連縄で縛った盛相(もっそう)と呼ばれるもの、さらに白豆腐の上に神箸や開いた干物の飛魚やシイラ、柿や青豆などです。

Imn_2201a

これらは前日4日の夜から袴姿の白川の男衆の手で徹夜でつくられたものです。
例年は、早朝に黒木綿の着物に紅の三幅前垂を腰に巻き白足袋を着けた白川女が神饌を頭上に載せて北白川天神宮まで行列します。

Imn_2180a

昨日はあいにくの雨で、部屋の向こうからこちらまで運びます。

Imn_2202a

高盛を、氏子から神官に献上します。

Imn_2213a

そして、神前にお供えします。

Imn_2217a

見事に円錐形に盛られています。

Imn_2218a
M

Imn_2221a

最後に、参列者の代表が玉串を奉納します。

Imn_2277a

宮司さんは面白い方で、白川女に歩き方のコーチをしていました。

Imn_2282a

中央の供物は、小芋、大根なます、きざみ鯣の高盛、左右にも小型のものがあります。左にあるのは鏡餅ではなく、盛相(もっそう)。

Imn_2286a

柿や青豆などは参列者に配るために既に下げられています。

Imn_2283a

この後、「直会(なおらい)の儀」が行われました。因みに、「直会」とは神祭りの終了後神饌や神酒の下ろしものを参加者が分かち飲食する行事とのことです。

Imn_2304a

気さくな宮司さんに誘われて参加させていただくことになり、お酒、白飯にするめとなます、豆腐と小芋が入った味噌汁をいただきました。

Imn_2316a

最後に、お土産までいただきました。薯蕷(上用)饅頭と先ほどの柿、枝豆、栗。ありがとうございました。

Imn_2324a

北白川の地域は、京都では最も古くから集落ができたところです。高盛供養は、白川女や白川太鼓とともに、都ができる以前の古い時代の生活や祭りを引き継いでいるといわれています。このような文化をいつまでも継承して欲しいものですね。

Imn_2347a

※剣鉾を先頭に、勇壮な男神輿と女神輿が出る北白川天神宮の秋祭は10月12日。
白川太鼓も聞けます。こちらも女性が大活躍です。去年の記事はこちらです。可愛い白川女ちゃんの行列もあります。

Imn_2343a
0

Imn_2339a

今週・来週あたりは、秋祭りが各神社で催されます。

いつも励ましの応援クリック有り難うございます。今日も宜しくお願い致します。
  --------------------------------------------------------------
       是非よろしく→     こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
  --------------------------------------------------------------

Dsf_8277a

| | コメント (6)

2008年9月30日 (火)

レトロ 京大人文科学研究所

目次 からたっぷり京都をご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Imn_1794a

昨日はシトシト雨の降る寒い一日でした。10月末から11月初めくらいの気温だったとか。今日も寒そうです。
疏水沿いの道を逸れて、住宅街に入ると現れるのが「京都大学人文科学研究所分館・漢字情報研究センター」です。
元々は外務省の東方文化学院京都研究所だったそうです。
昭和5年(1936)の建築です。

Dsf_7878a
m (ちんぷんかんぷん研究所)

Imn_1781a

日時計・何時ですか?デジカメの記録では14:52なのですが。(曇ってましたね)

Imn_1778a

門はもう閉まってますので、周りをぐるっと・・・。

Imn_1773a

Dsf_7886a

満開の桜の頃に疏水沿いとレトロな建物を見ながら歩いた記事は→こちらです。門扉が開いていたので玄関まで行って撮ってます。

Imn_1798a

Dsf_7888a

回って来ました。

Dsf_7889a

※明日は朽ちかけた土塀に萩の花が美しい「迎称寺」です。

Imn_1800a

いつも励ましの応援クリック有り難うございます。今日も宜しくお願い致します。
  --------------------------------------------------------------
       是非よろしく→     こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
  --------------------------------------------------------------

Imn_1797a

| | コメント (4)

2008年9月29日 (月)

北白川・疏水沿いの道

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。 ※写真は全て拡大します。

Dsf_7874a

この道、自転車は押して歩いてくださいね。

階段の上り下りはまだちょっと辛いし、長い距離を歩くのは嫌だけれども、自転車ならば良いか・・・で、吉田山の迎称寺の萩を見に行って来ました。
途中の北白川の疏水沿いの道です。残念、ここは自転車に乗ったまま走れません。
北から南に行きます。

Dsf_7831a

散策路に入ったところで、やっぱりあそこを見ておきましょう。

Dsf_7840a

「銀月アパートメント」です。枝垂桜が今は緑で覆われています。「旧・アルバム・・・その1」の枝垂桜の銀月アパートメント→こちらです。(※その後、このブログでももう一度記事にしています)。2006年の春は誰もいないように見えたのですが、今は改修工事も済んで沢山下宿してられそう。

Imn_1689a

戻って、左の生垣は「駒井邸」。京大教授だった、駒井卓博士の私邸として建てられたものです。

Dsf_7842a

ウィリアム・メレル・ヴォーリズが設計した昭和初期の洋館です。

Dsf_7844a

金、土曜日に公開。この日は壁面の工事で足場が組まれていたので見学は止めておきました。見学料金は以前の半額(500円)になっていました。

Imn_1707a

春は見事な桜並木です。・・・桜の頃に前を通った時の記事は→こちらです

Imn_1708a_2

ご近所の方が植えられる色んな花が綺麗です。

Imn_1719a

ランチをいただこうかと・・・「リーボン」です。

Dsf_7852a

ランチメニューが増えていたような・・・。

Imn_1742a

御影通りを渡って・・・萩の花のお迎えです。

Imn_1754a

右の大きな木立は「アカシヤ」。咲く頃に撮りに来ようと思いながら、時期が分らなくて。

Dsf_7870a

道の西側は落ちていて、京大西部グラウンドです。

Imn_1763a

散策路にはベンチが並んでいます。(TOPに写真と場所はほぼ同じです)

Dsf_7876a

※真如堂まで、近くを紹介しながら進んで行きます。気が変わって全く別の場所を記事にするかもしれませんが。。。一杯溜まっているのに、季節の花と関係の無い所は後回しになってます。

いつも励ましの応援クリック有り難うございます。今日も宜しくお願い致します。
  --------------------------------------------------------------
       是非よろしく→     こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
  --------------------------------------------------------------

彼岸花が少し残っていました。

Dsf_7833a

続きを読む "北白川・疏水沿いの道"

| | コメント (8)

2008年1月 8日 (火)

うさぎの岡崎神社

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。※写真は全て拡大します。

Dsc_8764a

平安神宮北側の丸太町通りに岡崎神社はあります。
本殿の両脇にウサギが鎮座しています。子・丑・寅・そして卯、、、うさぎ年ではさぞ賑わうでしょうね、今年の大豊神社のことを思うときっと凄いだろうと今から想像してます。

Dsc_8724a

「岡崎神社」
桓武天皇延暦13年(794)に平安京遷都の際、勅願により王城鎮護のため平安京の四方に建立された社の一つ。都の東に鎮座することから東天王と称し厄除けの神。京都十六社の一つです。お正月の飾り付け、空中です。

Dsc_8779a

治承2年(1178年)中宮藤原高子の安産祈願が行われたところで安産の神として昔より信仰されています。また付近一帯が野兎の生息地であったことから、ウサギが氏神様の神使いと言われていた。境内の御手水の所にはウサギの彫像もあり、子授けの神様です。神社の説明などが詳しいのは新緑の頃→こちらです

Dsc_8781c

本殿

Dsc_8763a

本殿前の左右のうさぎさん。

Dsc_8766a*Dsc_8767a

桜の頃、枝垂桜が可愛いのは→こちらです

Dsc_8787a

Dsc_8761a

Dsc_8762a

Dsc_8776a

手水舎の子授けウサギ像です。新緑の記事にハッキリ写っています。

Dsc_8782a

鳥居の向こうに見えるのは「ウェスティン・都ホテル」です。
「ウェスティン・都ホテル」の記事はこちら、10階からの東山の眺望が素晴しいです。
数寄屋造りで醍醐三宝院の庭を模して造られたという「佳水園」はこちらです。

Dsc_8777a

境内をグルッと廻って来て、入り口の鳥居です。京都十六社朱印めぐり

Dsc_8745a

横の照明は岡崎ホテルのロビーです。

Dsc_8805a

  ----------------------------------------------------------------
    ブログランキング 参加中。毎日の励みになりますのでクリックしてね 
       是非よろしく→     こちらも → にほん

ブログ村 旅行ブログへ
  ----------------------------------------------------------------

可愛い「うさぎおみくじ」・・・たまごみたい。

Dsc49843a

| | コメント (10)

2007年10月13日 (土)

北白川天神宮 秋祭りの日

Dsc73253a

「北白川天神宮・秋の大祭」を記事(10/8)にしてから数日が経ちました。やっと今日は土地の氏神の北白川天神宮です。8日の記事と合わせて御覧下さい。
大文字山と比叡山との間の山裾に位置する北白川は、比叡山麓から花崗岩を侵食して流れる清流白川の扇状地として拡がった土地です。
既に縄文時代に集落が形成され、平安時代には南西に京都盆地を望む台地として洪水に悩む大宮人の理想郷として栄えました。北白川天神宮HP 場所はここです

ここに延喜以前より天使大明神と唱え、我国病気平癒健康長寿の神少彦名命が祀られていた。八代将軍義政公が文明年間、東山山荘造営に際し、現在の場所に造られました。

Dsc73295a

また、後小松天皇(在位1392~1413年)から黒鉾を賜り、祇園の長刀鉾等と共に白河鉾として祇園会に参加したとも言われています。その黒鉾には延喜八年(西暦908年)と刻まれているため千年以上前に創建されたものと言えます。この黒鉾(壱之鉾)に続き、弐之鉾、参之鉾と鉾組織が作られました。
大的(おおまと)・高盛(たかもり)・御輿に三十九個の提灯を付け、篝火(かがりび)の中、百三十三段の石段を担ぎ上げる還幸、担ぎ下す勇壮な秋祭り等が絶えることなく続けられている。
北白川天神宮の前にはお祭りの屋台が出ています。

Dsc73297a

平安時代ここは都に近く宮廷の貴族、大宮人が風光明媚な白河街道沿いにこぞって山荘を営み、詩歌に興じたところ。
白川石と花の里でもあり、枯山水の庭園に敷き詰められる「白川砂」の産地として、束ねた花を頭に戴いて宮中へ献上することで有名な「白川女」の里です。(大原女は頭上に薪や柴) 名水にも恵まれ、遠方より水汲みに訪れる人が多い。
白川石で造られた萬世橋です。

Imk_5536a

白川女の碑と御神水

Dsc73240a Dsc73243a

山の上本殿へ神輿を担ぎ上げる時のロープでしょうか、用意されています。

Dsc73292a

萬世橋の欄干に篝火が取り付けられ、本殿のある山ノ上で「お迎え太鼓」が打ち鳴らされます。提灯に飾られより神輿は、この「白川太鼓」のリズムに勇気付けられ、雄大に揺れながら、山ノ上本殿までの133段(現在は135段ある)の石階段を登りクライマックスを迎えるのです。

Dsc73291a

下を見ると。

Dsc73290a

今日はお祭り、子供たちが三々五々やって来ます。

Dsc73284a_2

拝殿

Dsc73263a

上には三十六歌仙の額が掲げられています。これを見るのも楽しみです。

Dsc73261a

恐・可愛い狛犬さんです。

Dsc73260a 

Dsc73258a_2

こちらは参道の階段を登りきったところの狛犬さん。

Dsc73262a

もっと古く感じます。

Dsc73254a Dsc73255a

境内の社をまわってみます。昼なを暗い森の中です。

Dsc73272a

来年は夜の勇壮な神輿の担ぎ上げを見たいものです。

Dsc73278a

説明は駒札、京都市情報システムより。

  ----------------------------------------------------------------
    ブログランキング参加中。毎日の励みになりますのでクリックしてね 
      是非よろしく→     こちらも→ にほんブログ村 旅行ブログへ
  ----------------------------------------------------------------

北白川天神宮・お祭りなどを支えるのが「若中会」です。

Dsc73239b

| | コメント (6)

2007年10月 8日 (月)

北白川天神宮・秋祭 白川女ちゃんも

Dsc73320a

銀閣寺の交差点で、男神輿と女神輿がぶつかってます。北白川天神宮の秋祭りです。

一応毎日更新だったのですが、残念、今日は遅れてしまいました。6日は「京都華舞台・フォークコンサート」に行って来ました。開演が3時半、終わったのが7時半。なんと4時間も円山公園の野外音楽堂で~♪。ああ、良かった良かった~♪。
「ブログ作成は入れ忘れの写真でサボって『大将軍神社と大将軍八神社』にしようっと」。・・・それがそれが、調べてみると「サボリ記事では無理」な事が分って、、、ハイッしっかり諦めて寝ました。
7日はお祭りを追いかけてました。北白川天神宮 秋季大祭です。

Dsc73187a

まだ地元町内で、のんびり練り歩きます。子供神輿です。

Dsc73191a_2

伝統の「白川太鼓」。本神輿があちこち練り歩いている間しっかり叩き込み。

   Dsc73206a

ここのお祭りは女神輿も繰り出しますが、双方担ぎ手募集です。

Dsc73238b  Dsc73238a

各町内をまわって・・・銀閣寺の下の今出川の交差点にやってきました。
観客には観光客も混じって一気に膨れ上がります。
「剣鉾」の差し手がやって来ました。ここまでは担いでいたのですが、ここで立てて少し行進です。剣鉾とは祭礼行列の神輿などの先導を勤め、神様のお渡りになる道筋をその剣と鈴によって祓い清め、悪霊を鎮めるための祭具で京都独特のもののようです。

Dsc73306a

        Dsc73218a_2 

交差点で白川太鼓が激しく打たれます。(歩きながらもずっとです)

Dsc73302a

勇ましい本神輿と。

Dsc73317a

女神輿です。(こっちも勇ましいです)

Dsc73318a

ぶつかりあってます。トップの写真もです。わ~。

Dsc73321a

交差点でお神輿がワッショイしている間、こちらは休憩です。

Imk_5590a

先頭も休憩。

Imk_5586a

大御所は剣鉾と一緒に車で移動ですが、太鼓はずっと打ち続けられるのですよ。

Dsc73217a

最後に続くのが可愛い「お稚児さん」と可愛い「白川女さん」

   Dsc73333a

Dsc73335a

Dsc73337a_2 

グルッと廻って北白川天神宮に帰ります。夜のお祭りも良いそうです。

北白川天神宮の写真とお祭りのことは明日にします。ああ今日も疲れた。明日はゆっくり家に居るつもりです。

  ----------------------------------------------------------------
    ブログランキング参加中。毎日の励みになりますのでクリックしてね 
      是非よろしく→     こちらも→ にほんブログ村 旅行ブログへ
  ----------------------------------------------------------------

    Dsc73202a

| | コメント (9)

その他のカテゴリー

2012 祇園祭 | 2013 2014 祇園祭 | 2015 紅葉 1 | 2015 紅葉 2 | 2015 紅葉 3 | 2015 紅葉 4 | 2015 紅葉 5 | 2015~ 祇園祭 | You tube 1 | You tube 2 | You tube 3 | You tube 4 | You tube 5 | You tube 6 | ■ 写真掲載 当ブログ紹介■ | ■ 写真掲載 当ブログ紹介 2 ■ | ■散策・00' 京都駅 壬生界隈 五条  | ■散策・00 三条 四条通 先斗町 | ■散策・01 ◆東山七条 博物館 三十三間堂 | ■散策・02 ◆博物館~六波羅蜜寺 大和大路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 2 | ■散策・04 ◆清水寺~三年坂~ 高台寺 | ■散策・05 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ■散策・06 ◆ねねの道 石塀小路 八坂神社 | ■散策・07 祇園 柳の白川他 Gion | ■散策・08 ◆八坂神社 円山公園~平安神宮 | ■散策・09' 知恩院  | ■散策・09 青蓮院 | ■散策・10 平安神宮 四季 Heian shrine | ■散策・11 東大路通 聖護院界隈 | ■散策・11' 美術館 岡崎界隈 | ■散策・12 ◆平安神宮~南禅寺~永観堂 | ■散策・14 ◆哲学の道 (疏水沿い) | ■散策・15 ◆哲学の道 (寺院) | ■散策・17 真如堂の四季  | ■散策・19 鴨川 賀茂川 高野川 | ■散策・20 西陣 他市中の寺院 | ■散策・21 右京区 法金剛院 松尾大社 | ■散策・23 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 | ■散策・24 詩仙堂・曼殊院・比叡山麓 | ■散策・25 大原 八瀬 (紅葉は別) | ■散策・26 比叡山と延暦寺 | ■散策・27 鞍馬山~貴船 | ■散策・28 鷹峯 西賀茂 (紅葉は別) | ■散策・29 上賀茂神社 社家 深泥池 | ■散策・30 嵐山 太秦 Arashiyama | ■散策・31 嵯峨野 鳥居本 化野 | ■散策・32 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策・33 山科 醍醐 | ■散策・34 伏見 | ■散策・35 宇治 宇治の社寺 | ■散策・36 大山崎 大原野 西山 | ■散策・37 八幡 加茂町 城陽 府下 | ■散策・38 他県 海外  | ■散策1 出町・三角州 川端通り 鳥 | ■散策1 北白川 疏水も | ■散策1 平安京 聚楽第 | ■散策1 御所周辺 梨の木神社 他 | ■散策1 烏丸・六角堂あたり | ■散策1 狸谷山 | ■散策1 祇園以北 東山 | ■散策1 西陣 市中 | ■散策2’ 醍醐 山科 | ■散策2 ねねの道 八坂神社 石塀 | ■散策2 三尾(高雄 槙尾 栂尾)  | ■散策2 三年坂 二年坂 | ■散策2 三条 四条 木屋町 新京極 | ■散策2 京都駅 界隈 | ■散策2 伏見 酒蔵 | ■散策2 八幡市 加茂町 他府下 | ■散策2 北白川 疏水 | ■散策2 哲学の道 (寺院編) | ■散策2 哲学の道 (道編) | ■散策2 大原 八瀬 Ohara | ■散策2 宇治 uji | ■散策2 岡崎公園 疏水 三条通り北 | ■散策2 嵐山 渡月橋 太秦 Arashiyama | ■散策2 嵯峨野 鳥居本 | ■散策2 祇園白川 柳の白川 Gion | ■散策2 西山 大山崎 大原野 | ■散策2 西陣 市中 | ■散策2 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | ■散策2 鷹峯 西賀茂 | ■散策3 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策3 伏見 酒蔵 | ■散策3 宇治 | ■散策3 嵐山 渡月橋 太秦  | ■散策3 嵯峨野 鳥居本 | ■散策3 祇園白川 柳の白川 | ■散策3 西陣 市中 | ■散策3 醍醐 山科 | ■散策4 伏見 酒蔵 | ■散策4 醍醐 山科 | □ 2008 宵山 祇園祭 | □ 2008 宵山 祇園祭 2 | □ 2009 桜 1 | □ 2009 桜 2 | □ 2009 桜 3 | □ 2009 桜 4 | □ 2009 桜 5 | □ 2009 紅葉 1 | □ 2009 紅葉 2 | □ 2009 紅葉 3 | □ 2009 紅葉 4 | □ 2009 紅葉 5 | □ 2010 桜 1 | □ 2010 桜 2 | □ 2010 桜 3 | □ 2010 桜 4 | □ 2010 桜 5 | □ 2007 祇園祭 | □1 【桜 花】 右京区 嵐山 嵯峨野 | □2 【桜】 御所 市中 賀茂川 高野川 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い | □4 【桜 花】 東山(南) 円山 伏見区 宇治 | □4' 【夜桜】 祇園 高瀬川 他 Gion | □5 【紅葉 2】 吉田山 東山 | □5 【紅葉】 吉田山 東山 | □5' 【紅葉】 哲学の道 寺院も | □6 【紅葉】 嵐山 嵯峨野 洛西 | □6' 【紅葉】 大徳寺 など | □7 【紅葉】 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | □7' 【紅葉 2 】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □7' 【紅葉】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □8 【紅葉】 伏見 宇治 | □8' 【紅葉】 鷹ヶ峰 上賀茂 北区 上京区 | □9 【紅葉】 大原 古知谷 八瀬 | □9'【雪の日】 洛北 洛東 | □9'【雪の日】 洛西 | □ 【紅葉】 市中 下鴨神社 | □ 桜 2 右京 西陣 嵐山 西山 | □ 桜 2 哲学の道 洛北 | □2【雪の日】 洛北 洛東 | □2【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □3【雪の日】 洛北 洛東 | □3【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □4【雪の日】 洛北 洛東 | □5【雪の日】 洛北 洛東 | ○ 1 京都御苑とその界隈 Imperial Palace | ○ 2 仙洞御所 (特別参観) | ○ 3 桂離宮 (特別参観) | ○ 1 京都御所(特別参観)Imperial Palace | ○ 1 桂離宮 Katsura Imperial Villa | ○ 2 南禅寺・塔頭・水路閣 | ○ 2 天龍寺 塔頭 | ○ 2 建仁寺 塔頭 | ○ 2 東福寺 塔頭 | ○ 3 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace | ○ 3 東福寺 塔頭 | ○ 4 東福寺・塔頭 | ○ 5 東福寺 塔頭 | ○0 京都五山 別格 南禅寺・ 塔頭 水路閣 | ○1 京都五山 第一位 天龍寺・ 塔頭 | ○2 京都五山 第二位 相国寺 | ○3 京都五山 第三位 建仁寺 | ○4 京都五山 第四位 東福寺・ 塔頭 | ○5 京都五山 第五位 万寿寺 | ○1 修学院離宮 | ○2 修学院離宮 | ● 1 法然院の四季 | ● 2’ 下鴨神社の四季 | ● 2 上賀茂神社 社家 深泥池 | ● 2 泉涌寺と界隈 | ● 2 法然院の四季 | ● 2 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ● 2 真如堂の四季 | ● 3 泉涌寺と界隈 | ● 二条城と近辺 Nijo-jo Castle | ● 伏見稲荷大社 | ● 北野天満宮 上七軒 | ● 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 大覚寺 大沢の池 | ● 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 | ● 御室 仁和寺 | ● 智積院 | ● 東寺 塔頭 界隈 | ● 東本願寺 | ● 泉涌寺と界隈 | ● 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 1  | ● 西本願寺 | ● 西本願寺 2 | ● 金閣寺 Kinkakuji Temple | ● 銀閣寺 Ginkakuji Temple | ● 黄檗山 萬福寺 | ● 龍安寺 等持院 | ● 1 下鴨神社の四季 | ● 2 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 2 大覚寺 大沢の池 | ● 2 平安神宮 四季 Heian shrine | ● 2 東寺 塔頭 界隈 | ● 3’ 下鴨神社の四季 | ● 3 上賀茂神社 社家 深泥池 | ★ 2010 紅葉 1 | ★ 2010 紅葉 2 | ★ 2010 紅葉 3 | ★ 2010 紅葉 4 | ★ 2010 紅葉 5 | ★ 2010 紅葉 6 | ★ 2011 紅葉 1 | ★ 2011 紅葉 2 | ★ 2011 紅葉 3 | ★ 2011 紅葉 4 | ★ 2011 紅葉 5 | ★ 2011 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 1 | ★ 2012 紅葉 2 | ★ 2012 紅葉 3 | ★ 2012 紅葉 4 | ★ 2012 紅葉 5 | ★ 2012 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 7 | ★ 2012 紅葉 8 | ★ 嵐山・花灯路 2 | ★ 2011 桜 1 | ★ 2011 桜 2 | ★ 2011 桜 3 | ★ 2011 桜 4 | ★ 2012 雪景色 1 | ★ 2012 雪景色 2 | ★ 2011 雪景色 1 | ★ 2011 雪景色 2  | ★ 2011 雪景色 3 | ★ 2011 雪景色 4 | ★ 2013 雪景色 1 | ★ 2013 雪景色 2 | ★イベント情報 | ★ライトアップ寺院 お祭り | ★東山・花灯路 2 | ★東山・花灯路 3 | ☆ 2012 桜 1 | ☆ 2012 桜 2 | ☆ 2012 桜 3 | ☆ 2012 桜 4 | ☆★ 2015 桜 1 | ☆★ 2015 桜 2 | ☆★ 2015 桜 3 | ☆★ 2015 桜 4 | ☆☆2015 雪景色 1 | ☆☆2015 雪景色 2 | ☆ 2013 桜 1 | ☆ 2013 桜 2 | ☆ 2013 桜 3 | ☆ 2013 桜 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 1 | ☆ 2013 秋 紅葉 2 | ☆ 2013 秋 紅葉 3 | ☆ 2013 秋 紅葉 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 5 | ☆ 2014 桜 | ☆ 2014 秋 紅葉 1 | ☆ 2014 秋 紅葉 2 | ☆ 2014 秋 紅葉 3 | ☆ 2014 秋 紅葉 4 | ☆ 2014 雪景色 1 | ☆ 2014 雪景色 2 |  時代祭 1 |  1  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  1 三千院 |  1 京の山を歩く |  1 京大・界隈 |  1 京懐石 普茶料理 他 |  1 京都の大学を訪ねて |  1 京都の教会 |  1 京都の眺望 |  1 京都クイズ 壁紙・投票 |  1 伏見 御香宮神社 |  1 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  1 写真集 話題 |  1 吉田山 散策 |  1 周山 美山 北山 京都北部 |  1 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂 |  1 壁紙 Wall Paper |  1 大文字山 五山送り火 |  1 寺町通り (出町から北) |  1 平等院 |  1 庭 夢想国師の庭 |  1 庭 小堀遠州の庭 |  1 庭 小川治兵衛の庭 |  1 庭 相阿弥の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 2 |  1 庭 重森三玲の庭 3 |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅰ (北部) |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅱ (東部) |  1 庭園めぐり・・・洛西 Ⅰ (北部) |  1 手づくり市 |  1 植物園 花だより |  1 空 犬・猫・鳥 その他 |  1 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  1 車窓から |  1 近代建築を訪ねて |  1 高台寺 圓徳院 |  2  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  2 ご挨拶 |  2 三千院 |  2 京の川 鴨川 桂川 高野川 |  2 京大・界隈 |  2 京都の眺望 |  2 京都御苑 御所 Imperial Palace |  2 他府県 |  2 仙洞御所 |  2 伏見 御香宮神社 |  2 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  2 伏見稲荷大社 摂社 |  2 会席 甘党 |  2 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  2 出町 三角州 川端通り |  2 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  2 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  2 吉田山 散策 |  2 周山 美山 北山 京都北部 |  2 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂など |  2 大文字山 五山送り火 |  2 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  2 寺町通り (出町から北) |  2 平等院 |  2 御室 仁和寺 |  2 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  2 智積院 |  2 東大路通 丸太町通 聖護院 |  2 東山七条 三十三間堂 |  2 松尾大社 梅宮神社 苔寺 |  2 植物園 北山 |  2 比叡山 延暦寺 |  2 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 |  2 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  2 滋賀県 福井県 奈良県など近県 |  2 知恩院と界隈 |  2 空 鳥 猫 犬 |  2 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  2 西本願寺 |  2 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  2 蹴上まで |  2 車窓から |  2 近代建築 |  2 銀閣寺 |  2 青蓮院 将軍塚 |  2 鞍馬 貴船 |  2 高台寺 圓徳院 |  2 龍安寺 等持院 |  3 ねねの道 八坂神社 石塀小路 |  3 三条 四条 木屋町 新京極 |  3 京の川 |  3 京都駅界隈 壬生 他 |  3 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  3 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  3 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  3 出町 三角州 川端通り |  3 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  3 南禅寺 塔頭 水路閣 |  3 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  3 吉田山 散策 |  3 哲学の道 寺院 |  3 哲学の道 疏水沿いの道 |  3 大原 宝泉院 勝林院ほか |  3 大徳寺 今宮神社 船岡山 |  3 大覚寺 大沢の池 |  3 天龍寺 塔頭 |  3 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  3 寺町通り (出町から北) |  3 岡崎公園 岡崎疏水 |  3 平安神宮の四季 |  3 建仁寺 塔頭 |  3 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  3 智積院 |  3 東大路通 丸太町通 聖護院 |  3 東寺 塔頭 界隈 |  3 東山七条 三十三間堂 |  3 植物園 北山通り |  3 比叡山 延暦寺 |  3 清水寺の四季 |  3 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  3 真如堂の四季 |  3 空 犬 猫 鳥 |  3 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  3 西山 大山崎 大原野 |  3 西陣 市中 |  3 西陣 白峰神宮ほか |  3 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  3 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  3 近代建築 |  3 青蓮院 将軍塚 |  3 鞍馬 貴船 |  3 食事 懐石 甘党 |  4 三条 四条 木屋町 新京極 |  4 上賀茂神社 深泥池 他 |  4 下鴨神社の四季 |  4 京の川  |  4 京都駅 界隈 |  4 伏見 稲荷 藤の森 鳥羽 |  4 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  4 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  4 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  4 南禅寺 塔頭 水路閣 |  4 吉田山 散策 |  4 大覚寺 大沢の池 |  4 天龍寺と塔頭 |  4 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  4 宇治 |  4 岡崎公園 岡崎疏水 |  4 嵐山 渡月橋 保津川 |  4 嵯峨野 鳥居本 |  4 平安神宮の四季 |  4 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace |  4 比叡山 延暦寺 |  4 泉涌寺 その界隈 |  4 真如堂の四季 |  4 空 犬 猫 鳥 |  4 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  4 西陣  |  4 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  4 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  4 鞍馬 貴船 |  4 食事 懐石 甘党 |  5 下鴨神社の四季 |  5 京の川  |  5 伏見 酒蔵 濠川 |  5 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  5 南禅寺 塔頭 水路閣 |  5 吉田山 散策 |  5 宇治 |  5 嵐山 渡月橋 保津川 |  5 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  5 御所(京都御苑) 四季 |  5 真如堂の四季 |  5 空 犬 猫 鳥 |  5 糺の森 河合神社 |  5 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  5 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  5 醍醐 山科 |  6 下鴨神社の四季 |  6 京の川  |  6 吉田山 散策 |  6 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  6 御所(京都御苑) 四季 |  6 東福寺 塔頭 |  6 糺の森 河合神社 |  6 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  6 醍醐 山科 |  7 下鴨神社の四季 |  7 京の川 |  8 京の川 | おみくじ お守り | ご挨拶 | その他 | 一休寺 京田辺市 | 京都めぐり 1 | 京都めぐり 2 | 京都めぐり 3 | 京都めぐり 4 | 京都めぐり 5 雪特集 | 京都めぐり 6 | 京都めぐり 7 | 光明院の四季 1 (東福寺・塔頭) | 光明院の四季 2 (東福寺・塔頭) | 嵯峨野 竹林 1 | 携帯・デジカメ | 松ヶ崎疏水 春秋 | 滋賀県 琵琶湖 福井県など近県 | 石峰寺 (五百羅漢・伊藤若冲) | 祇園祭 2009 2010 | 祇園祭 2011 | 祇園祭 2011 2  | 祭 行事 ライトアップ 冬 1 | 祭 行事 ライトアップ 冬 2 | 祭 行事 ライトアップ 冬 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 1 | 祭 行事 ライトアップ 夏 2 | 祭 行事 ライトアップ 夏 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 4 | 祭 行事 ライトアップ 夏 5 | 祭 行事 ライトアップ 夏 6 | 祭 行事 ライトアップ 春 1 | 祭 行事 ライトアップ 春 2 | 祭 行事 ライトアップ 春 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 1 | 祭 行事 ライトアップ 秋 2 | 祭 行事 ライトアップ 秋 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 4 | 祭 行事 ライトアップ 秋 5 | 花の京都 初夏 1 | 花の京都 初夏 2 | 花の京都 初夏 3 | 花の京都 初夏 4 | 花の京都 初夏 5 | 花の京都 初夏 6 | 花の京都 初夏 7 | 花の京都 夏 1 | 花の京都 夏 2 | 花の京都 夏 3 | 花の京都 夏 4 | 花の京都 夏 5 | 花の京都 新緑 青もみじ 1 | 花の京都 新緑 青もみじ 2 | 花の京都 春 1 | 花の京都 春 2 | 花の京都 春 3 | 花の京都 春 4 | 花の京都 春 5 | 花の京都 春 6 | 花の京都 秋 1 | 花の京都 秋 2 | 花の京都 秋 3 | 著作権 | 葵祭 1 | 葵祭 2