● 智積院

2010年3月 3日 (水)

智積院の梅の花 今日は雛祭

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Dsl_2768a

今日は3月3日 お雛祭りですね。
可愛い色の梅の花・・・バックも華やかなお雛様イメージで・・・

京都では雛祭を旧暦でお祝いをする家が多く、4月3日にされると思います。
「桃の節句」だと言うのに桃はまだ咲いて無い。桃の花をお雛様に添えることが出来ない。。。だから私はこの時期のひな祭りはピンとこなくて。。。

仁和寺の御殿に飾ってあったお雛様をまずは紹介して。

Dscn3596a

今日は智積院の梅の花をお届けします。

Dsl_2741a

智積院といえば「岩下志麻さんのCM庭園」ですね。◆智積院はカテゴリーが独立していますので【カテゴリー目次】から見てくださいね。

Jmg_0244a

雑然としているようですが・・・「和」を感じる景色に思えて・・・。智積院所蔵の長谷川等伯(一門)筆の【桜図】【楓図】に通じるものがあるように思います。

Dsl_2790a

木の形が優雅ですね。

Dsl_2808a

智積院で梅だけを撮った・・・そんな訳はありませんが・・・今日は梅の花だけで我慢。

Dsl_2775b

花だけをアップで撮ると、どこで撮った花か分からないので・・・それとなくお寺が分かる雰囲気のものを撮るようにしています。

Dsl_2747b

花をアップする時もバックには・・・寺院の屋根などを入れて・・・

Jmg_0280a

トップの写真もこの写真も・・・バックがカラフルなのは・・・

Dsl_2783a

五色の幕をバックにしました。

Dsl_2788a

こちらは鐘楼なんですよ。

Dsl_2802a

これは絶対にお寺だと。( ´艸`)プププ

Jmg_0272a

空に向かって・・・白梅に青空が似合いますね。

Dsl_2756a

Dsl_2752a

京都タワーがここからは見えます。

Jmg_0285a

今日は下鴨神社で「京の流しびな」が行われます。
4年前に行った時、凄い人出でした。毎年多くなってそう。それに益々カメラマンも増えてそうなので今年も行きません。・・・せめても雅な雰囲気をどうぞ。

Dsc23866b

他にも撮った智積院はまた何時か記事にします。

 ◆ ブログランキング応援クリックが、毎日の更新の励みになっています。
          両方クリックしていただくと、とっても嬉しいです。
 --------------------------------------------------------------
      是非よろしく→    こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

流しびな

Dsc23900b

| | コメント (12)

2009年10月 7日 (水)

智積院 若い修行僧

Imr_5922a

泉涌寺のライトアップに行く前に行った智積院、1日の修行の終りなのでしょうね・・・鐘が鳴った後、三々五々宿舎に帰って行かれたよう。

修行僧のことは皆、「雲水」って呼んで良いのかしら? 分らないので修行僧と書きますね。女性も男性の修行僧と一緒に学んでおられます。

後ろ姿じゃ分りませんねえ・・・女性の声も聞かれたのですが・・・皆さん丸坊主で。

Imr_5921a

この方は女性です。挨拶を交わして分りましたよ。

Imr_5863a

各所にお水をあげて回ってられました。

Imr_5880a

この木には栄養剤? 薬剤?・・・注入中のようですね。元気になるように。

Imr_5812a

写真はたくさん撮ってますが・・・智積院へは何度も来ているので同じようなのばかりもナンなので・・・なのですが・・・適当に好きなのを入れます。

Dsj_6749a

五色の幕が結構好きなので・・・

Dsj_6742a

・・・こんなのも。

Dsj_6750a

密厳堂も五色の幕が掛かっています。

Dsj_6761a

いつもなら緑に囲まれた静寂の場所に鮮やかな五色の幕。

Imr_5838a

智積院についてはこちらを見てくださいね。結構詳しく載せています。

五色の幕についてはこちらを見てくださいね。CMに使われた庭園も。

Imr_5840a

落ち着いた・・・静けさ。

Dsj_6758a

あの建物が何とも素敵。

Dsj_6756a

金堂へ

Dsj_6763a

みんな楽しそう。

Dsj_6787a

明王殿の向こうに見えるのが・・・宿舎だと思うのですが。。。大きいですね。

Imr_5923a

金堂はいつも五色の幕が掛かっています。

Imr_5910a

巨大台風が近畿地方に来るようですね w(゚o゚)w。
小さく・小さく小さくなって消滅しますように。 

ブログランキングに参加しています。応援してくださるととっても嬉しいです。
 --------------------------------------------------------------
    是非よろしく→     こちらも是非 → にほんブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

Dsj_6824a

| | コメント (16)

2009年9月23日 (水)

紅葉の訪れ・・・智積院

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。※写真は全て拡大します。

Imr_5962a

秋の行楽シーズン。
京都では五条通りから上が凄い渋滞。東山通りも三条から五条まで車が動かない。
七条を下がれば車もスムーズに流れます。
上の写真・・・今から渋滞の五条方面に向かう車の列・・・並んでますねえ。

智積院・・・もみじの色づきが進んでいました。 もう9月も終りですものね。

Imr_5974a

泉涌寺に行くまで智積院で時間つぶしです。

智積院の観月会は10月3日。フルート、ハープ、チェロのお月見コンサート。

Imr_5789a

楓・・・ほのかに赤みが差して来ました。

Imr_5808a

Dsj_6723a

1本ひょろっと伸びた枝の先・・・

Dsj_6713a

朝夕の冷え込みがもみじの色の付き加減に影響するとか・・・

Dsj_6802a

今年は期待できそう??
葉の先もチリチリしてないから、綺麗な紅葉が絶対期待できそう。

Dsj_6803a

智積院の境内もウロウロしています。今日は紅葉の訪れ中心ですので、またの機会に記事にしますね。

Dsj_6806a

良い色になってます。

Dsj_6808a

智積院の境内は凄く広いから・・・こんなお庭もありました。

Dsj_6795a

萩も綺麗に咲いていました。

Imr_5821a

彼岸花も・・・曼珠沙華って言う方が神秘的。

Imr_5888a

Imr_5892a         

 ◆ いつも応援のクリック有り難う御座います。とても励みになります。今日も宜しく。
 --------------------------------------------------------------
      是非よろしく→    こちらも → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

河原の秋を1枚・・・ススキ・・・高野川です。

Dscn1410a

| | コメント (10)

2009年6月13日 (土)

智積院 落ち着いた境内

Dsi_3449a

智積院の境内、急に木々が育ったようで緑が溢れてきています。
ここ3-4日、写真・記事作りが何だか充実し過ぎて・・・このまま続くと私がちょっとしんどくなって困ることに・・・。
今日は智積院でまだ少ししか紹介したことの無いところの写真だけで済まします。

毎日更新です。今日も応援のクリックは忘れずに是非宜しく人気ブログランキングへ

金堂にはいつも五色の幕が張られています。

Dsi_3471a

その横を上がって行くと・・・

Dsi_3468a

金堂の横の道を上がると・・・密厳堂があります。
真言宗中興の祖、興教大師覚鑁の像を安置する密厳堂は、智積院第七世運敞僧正が末寺・学侶に寄付を募り、寛文7年(1667)に建立したものです。

Dsi_3446a

正面に寛文12年(1672)運敞僧正自筆の「密厳堂」の額が掲げられています。

Dsi_3451a

廃仏毀釈の波で困難な時代、それに加え明治2年、土佐藩の陣所となっていた教学研鑚の根本道場の勧学院が爆発炎上、明治15年に一山の象徴である金堂を焼失してしまいます。

Dsi_3453a

智積院の歴史については・・・こちらの記事を見てください。こちらです

Dsi_3443a

この辺りには古い建物が残っていて、厳粛な落ち着いた所。1人では恐いくらい。

Dsi_3460a

Dsi_3465a

Dsi_3461a

こちらは大師堂。真言宗開祖、弘法大師空海の像を安置するお堂です。

Dsi_3439a

大師堂は江戸浅草の宝持院真融法印の寄付金三百両を基金に、役寺の愛宕円福寺の胎通法印と真福寺の純雅法印が尽力して費用を用意しました。
落慶は寛政元年(1789)です。

Dsi_3441a

Dsi_3440a

金堂への道の両側には桔梗が育ち、そろそろ花をが咲いていそうです。

Dsi_3436a

明王殿前の小さな池・・・夏には蓮の花が美しいところ。

Dsi_3475a

Dsi_3481c

こちらの新しい鐘楼も緑に溢れて・・・屋根の上で羽根を広げているのは・・・

Dsi_3484a

カラスですが・・・楽しそうでした。

Dsi_3486a

このあたり・・・緑の散策路。

Dsi_3498a

苔が綺麗です。

Dsi_3496a

写真だけにするつもりが、やっぱり頑張ってしまいました・・・

※昨日の「利休好みの庭園」、写真を2-3枚入れ替えました。

ブログランキング応援クリックが、記事作りの励みになっています。
 -----------------------------------------------------------
    是非よろしく→   こちらも是非 → にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
 -----------------------------------------------------------

智積院会館の食堂「桔梗」で・・・甘いものをいただきました。

Dsi_3500a

| | コメント (10)

2009年6月12日 (金)

智積院 利休好みの名勝庭園

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。2006・1・27から毎日更新。

Dsi_3351a
※写真は全て拡大します。

智積院(ちしゃくいん)  ※場所はここです
今年2月に訪れた時は池が工事中だった為に、あまり撮らなかった大方丈前の庭園です。今、岩下志麻さん化粧品のCMが流れなくなって淋しく感じますが。
「サツキの咲く頃に」と予定をしていましたので、行って来ました。
今日は池の工事も終り、綺麗になった庭園をお楽しみください。

この庭は「利休好みの庭」と伝えられ、中国の盧山を模したものといわれています。

Dsi_3312a

豊臣秀吉公が建立した祥雲禅寺(智積院の前身寺院)時代に原形が造られその後、智積院になり第七世運敞僧正が修復し、東山随一の庭と言われるようになります。
築山・泉水庭の先駆をなした貴重な遺産といわれ、中国の盧山を象って土地の高低を利用して築山を造り、その前面に池を掘るとともに、山の中腹や山裾に石組みを配して変化を付けています。

Dsi_3315a

正面右側より奥は智積院がまだ祥雲禅寺時代だった時のもので、桃山時代の特色ある刈込みを主体としています。  (庭園説明:説明板に書かれていたもの)

Dsi_3421a

Dsi_3324a

Dsi_3417a

中央の築山は阿弥陀ヶ峰の山麓を利して造られ、江戸好みの感じを出しています。

Dsi_3380a

庭は第七世運敞僧正(江戸三大名墨家)に依って修築されたもので、

Dsi_3336a

平安期の寝殿造りの釣殿のように、庭園の池が書院の縁の下に入り込んでいます。

Dsi_3337a

庭には歩く庭、立見の庭、座っての庭とありますが、この庭は座って見る庭で名勝庭園の中でも傑作の一つに数えられています。

Dsi_3341a

全体的に庭は小さく、池に築山が影を映して借景を利用し奥深い幽玄さをみせ、洗練された美を感じさせます。

Dsi_3355a

国宝の障壁画がかつて飾られていた大書院はこの庭園に面して建っています。

Dsi_3358a

岩下志麻さん 智積院の化粧品のCMを。

長谷川等伯の障壁画のレプリカで美しい大書院です。

Dsi_3371a

楓の図と桜の図が並びます。

Dsi_3361a

尚、植え込みの見頃は5月中旬から6月上旬にかけて、つつじ、さつきの頃が一段と艶やかさを添えてくれます。(撮影:5月29日)

Dsi_3378a

アンケートに多くの皆様お応えくださいまして有り難う御座います。m(_ _)m

ブログランキング応援クリックが、毎日の更新の励みになっています。
 --------------------------------------------------------------
    是非よろしく→   こちらも是非 → にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
 --------------------------------------------------------------

6月15日(月)は「智積院・青葉まつり」(弘法大師 興教大師のご誕生を祝う)で、
法要及び雅楽演奏、各種イベント、まんだら市(青空市)。。。
そして・・・「無料拝観」です。(利休好みの名勝庭園・国宝障壁画)
田渕俊夫画伯襖絵も公開中です。 問い合わせ:075-541-5361

何ももらえないのに、人を見ると鯉がわんさとやってきます。

Dsi_3418a

| | コメント (10)

2009年2月15日 (日)

長谷川等伯の障壁画 智積院

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。※写真は全て拡大します。

Dsh_0815a

3度目の智積院の登場です。 飽きないで下さいね。智積院の場所です。
今日は智積院の大書院の壁を飾る長谷川等伯らによって描かれた障壁画(レプリカ)などの紹介と、小さなお庭です。本物は収蔵庫で見せていただけます。
(今日も2006年の写真を加えています)

収蔵庫には、桃山時代に長谷川等伯らによって描かれ、祥雲禅寺の客殿を飾っていた金碧障壁画の「楓図」「桜図」「松と立葵の図」「松に秋草図」(いずれも国宝)ほか多数が展示されています。   トップの写真は「桜図」。下は「松と立葵の図」

Dsc26908a

「楓図」

Dsh_0814a

描かれたばかりの時はこのように煌めいていたのでしょうが、収蔵庫の本物は、落ち着きがあってそれは素晴しいですよ。是非。

Dsh_0816a

大書院の横(左)の建物には堂本印象氏の襖絵が飾られていますが、普段は立ち入り禁止です。

Dsh_0831a

・・・なので、2006年のライトアップの時のものを1枚。池に映ったのも綺麗です。

Img_4531a

こちらは別のお部屋の襖絵です。素晴しいです。 後藤順一氏  「浄」

Dsh_0873a

後藤順一氏 「百雀図」(右)

Dsc26935a

智積院では講堂の襖絵60面が新しく奉納されました。

岩下志麻さんのCMの庭園(昨日の記事)で、最後に水墨画の襖絵の前に座られます。その襖絵展「田渕俊夫展」が今、全国を廻っています。こちらです

Dsc26932a

智積院は桔梗が綺麗に咲くことでも知られています。桔梗紋の幕。

Dsh_0847a

智積院は室町時代の初期に紀州の根来にあった真言宗の巨刹根来寺の学問所として創建されました。
以来真言宗の学問の寺として栄えましたが、豊臣秀吉に攻められ荒廃してしまいます。
難を逃れた玄宥(げんゆう)と学侶達は、徳川家康の寄進を受け現在の地に智積院を再興しました。

Dsc26931a

その後全国から雲集する学侶が1000人を超え、その様は『朝粥をすする音が七条河原まで聞こえた』ほどであったと伝えられています。
現在の智積院は、真言宗智山派3000カ寺の総本山として学問と修業道場です。

Dsh_0842a

智積院は以前にも何度も記事にしています。目次から御覧下さいね。

Dsh_0845a

私は智積院が宣伝もせず、観光に乗っていないところが好きなのですよ。

Dsh_0839a

こちらには坪庭が。

Dsh_0849a

「智積院」はいかがでしたか? 連続3回、楽しんでいただけましたでしょうか? 今年はつつじの頃に忘れずに来ようと思っています。その時にはまたお届けします。

ブログランキングに参加しています。
   1日1回 クリックで応援してくださいね。検索で来て下さった方も是非宜しく。
 --------------------------------------------------------------
    是非よろしく→     こちらも是非 → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

もう一度、智積院の梅の花です。

Dsh_0895a

| | コメント (12)

2009年2月14日 (土)

智積院 CM庭園と五色幕

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。※写真は全て拡大します。

Dsh_0825a

この縁側を右から左に岩下志麻さんがゆっくり歩かれるメナード化粧品のCMを今見ますね。季節は緑の美しい頃のようです。。。その庭園は、ここ智積院のお庭です。
岩下志麻 メナード化粧品 CM 庭園 どこ?
今日は講堂から大書院の庭園。池が工事中で拝観料が割引になっていました。

Dsh_0889a

講堂は、灌頂道場や各種研修の道場として使用しています。現在の建物は、平成4年(1992)の興教大師850年御遠忌記念事業として計画し、平成7年(1995)10月に完成したものです。

Dsh_0778a

講堂はかつて方丈と呼ばれていて、玄宥僧正が現在の京都東山の地に智積院を再興した折りに、徳川家康公より寄贈された祥雲寺の法堂が基になっています。この祥雲寺ゆかりの建物自体は、天和2年(1682)7月に焼失しました。 
その後幕府から与えられた東福門院の旧殿・対屋を基に、貞亨元年(1684)に再建されましたが、この建物も昭和22年におしくも焼失してしまっています。

Dsh_0790a

私は寺院に張られている五色の幕が好きなのです。意味はあるのだろうな・・・と思うものの調べていませんでしたのでちょっと載せます。(以下説明はWikipedia)

Dsh_0857a

五色幕(ごしきまく) 仏教の寺院の壁などに掛けられている5つの色の幕のこと。
配色には差異があるようですが、一例として緑・赤・黄・白・青がある。

仏教の寺院であることを表し、釈迦如来の説いた教えを広く宣べて流布させることを表している。寺院の落慶時の法要などや、花まつりなどの年間の大祭で寺院の壁面や堂内の入り口にこの五色幕が掛けられる。(智積院ではいつも掛っているようです)

仏教では万物を構成するとされるのが「地・水・火・風・空」の五つの要素で「五大」といわれる。
地 ・・・ 大地・地球を意味し、固い物、動きや変化に対して抵抗する性質。
水 ・・・ 流体、無定形の物、流動的な性質、変化に対して適応する性質。
火 ・・・ 力強さ、情熱、何かをするための動機づけ、欲求などを表す。
風 ・・・ 成長、拡大、自由を表す。
空 ・・・ 天空(そら)のことであり、また、仏教の思想の空のことでもある。

Dsh_0881a

真言宗などでは五智如来の色とも言われ、5つの智慧を表す色として知られる。
五智如来(ごちにょらい) 五大如来ともいう
・大日如来 ・阿閦如来  ・宝生如来  ・阿弥陀如来  ・不空成就如来

Dsh_0805a

「緑・赤・黄・白・青」と「地・水・火・風・空」がどう一致するか??? ハッキリ書いていないので深く調べるのは止めます。
「五色幕」から「五大」「五輪」「五輪塔」などにWikipediaは広がるのですが、ややこしくなって分らなくなってきたのでここで辞めます。

Dsh_0791a

真夏の早朝にこの講堂で「暁天講座」が開かれます。
ちょうど聞きたい人のお話があって1度来た事があります。朝6時半に始りまり1時間ほどのお話の後、智積院会館で朝粥を頂いて、お土産まで貰って帰りました。早起きは・・ナントカ・・・です。真夏の早朝・・・蓮の花が綺麗に咲いていましたよ。

Dsh_0782a

つづいて大書院前の庭園へ・・・。
「利休好みの庭」と伝えられ、豊臣秀吉が建立した祥雲禅寺時代に原形が造られ、その後智積院になってから運敞僧正が修復し、東山随一の庭と言われるようになります。

Dsh_0802a

築山・泉水庭の先駆をなした貴重な遺産といわれ、中国の盧山を象って土地の高低を利用して築山を造り、その前面に池を掘るとともに、山の中腹や山裾に石組みを配して変化を付けています。

Dsh_0866a

岩下志麻さんメナード化粧品のCM(YouTube)はこちらの記事に入れています。

サツキの花が綺麗な新緑の庭です。写真もいっぱい入っています。

Dsh_0817a

ツツジの花の咲く頃が訪れる人も多くなります。その時期に是非訪れたいと思っていますが・・・以前撮った写真でちょっと紹介します。満開だと見事でしょうね。

Dsc26895a
岩下志麻 メナード化粧品 CM 庭園 コマーシャル
国宝の障壁画がかつて飾られていた大書院はこの庭園に面して建ち、平安期の寝殿造りの釣殿のように、庭園の池が書院の縁の下に入り込んでいます。

Dsc26904a

長谷川等伯の障壁画のレプリカで美しい大書院は次回に紹介します。
ゆっくり更新と言いながら、写真がたくさんあって・・・。

ブログランキングに参加しています。
    1日1回 クリックで応援してくださいね。検索で来て下さった方も是非宜しく。
 --------------------------------------------------------------
    是非よろしく→     こちらも是非 → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

CMのイメージってこの緑でしょ。これも上と同じ2006年5月下旬の写真です。

Dsc26902a

| | コメント (10)

2009年2月12日 (木)

智積院と梅と

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。写真は全てクリックで拡大します。

Dsh_0744a

七条通りの東の突き当たりにある大きなお寺の智積院。
私にはとても馴染みがあるというか、懐かしいお寺です。中学時代、帰りが遅くなった時に山側の垣根の隙間から入って、草ボーボーの境内のお墓の横を駆け抜けて東山通りまで下りました・・・恐かったんですよ。ハーちゃん覚えてる? 必死で走ったよね。

女坂を10年間通った私は、智積院と北側にある妙法院、京都国立博物館、現ハイアットリージェンシーの辺りの景色は京都市の中でも一番好きな景色かもしれません。

Dsh_0663a

智積院 (ちしゃくいん)  真言宗 智山派総本山
真言宗智山派の総本山で全国に3000余の末寺がある。もと紀州根来山の学頭寺智積院であったが、豊臣秀吉にせめられたとき、京の学頭玄宥僧正は、難を京都に避け、後に徳川家康の帰依を受けて慶長5年(1600)この地の祥雲寺を賜わり、智積院の名を継いだ。祥雲寺は、秀吉が長男棄丸の菩提のため建立した寺で、当時は東山第一といわれた。
智山派大本山として、成田山として知られる「成田山新勝寺」、「川崎大師」の通称で知られる川崎大師平間寺(初詣の人出で例年日本一を争う)及び東京都八王子市の高尾山薬王院がある。

Dsh_0674a

智積院は何度も火災にあい、近代に入って1947年にも火災があり、当時国宝に指定されていた宸殿の障壁画のうち16面が焼失してしまいました。
この時焼けた講堂は1995年に再建されました。講堂再建に先だって、1992年に発掘調査が実施されたが、その結果、祥雲寺客殿の遺構が検出され、日本でも最大規模の壮大な客殿建築であったことがあらためて裏付けられました。

Dsh_0686a

収蔵庫にある豪華な襖絵(国宝)は祥雲寺以来のもので、長谷川等伯の筆といわれ、桃山時代の代表的障壁画として知られている。
このほか、張即之筆金剛経(国宝)、南画の祖といわれる王維の瀧図(重文)をはじめ、仏画・経巻など多数の指定文化財を蔵していまする。

Dsh_0679a

智積院はいつもお庭の造成、手入れをされています。新しく柵ができたり、季節の花々を植えられていたり。

Dsh_0685a

天神さんの梅園も良いけれど、梅を見に智積院に行きました。

Dsh_0693a

金堂

Dsh_0710a

春の夜にも催された「大倉正之助氏の大鼓コンサート」のもようはこちらです

夜のライトアップはこちらです。 ★→こちらも綺麗です

Dsh_0730a

Dsh_0717a

Dsh_0698a

明王殿から見た金堂

Dsh_0749a

鐘楼

Dsh_0774a

Dsh_0764a

今日は行けませんでした。

Dsh_0702a

最近、岩下志麻さんの化粧品のCMで智積院の書院庭園が使われています。次回は続いてそのお庭を紹介します。

ブログランキングに参加しています。
    1日1回 クリックで応援してくださいね。検索で来て下さった方も是非宜しく。
 --------------------------------------------------------------
    是非よろしく→     こちらも是非 → にほん
ブログ村 旅行ブログへ
 --------------------------------------------------------------

Dsh_0684a

| | コメント (14)

2008年3月28日 (金)

智積院 梅・こぶし・桔梗

新しく来て下さった方は 目次 もご覧ください。※写真は全て拡大します。

Iml_4908a

七条通の東の突き当たりにある「智積院」です。この大きな「こぶしの花」が眼に入ったので行ってみました。

今日の記事を作りながら以前の記事をリンクしようかと見てみると・・・「無い! あの写真が~!」・・・そうなのです。以前は寺院の細かい部分の写真は撮っていても全然載せてないのです。1日の写真の枚数が7-8枚。なんて勿体ない事をしてたのでしょうね。
智積院の諸堂が新しいので何でだろう?・・・とHPを見ていたら、寺院の歴史や焼失した事などを知って・・・
七条通の突き当たりの目立つ大きな寺院なのに、、、有名観光寺院とは少し違うから、忘れていたようです。(この辺りの散策と、特別な時だけ記事にしていました)

Iml_4180a

庫裏

Dsd_6871a

智積院 (ちしゃくいん)
真言宗の宗祖弘法大師空海が高野山でご入定されたのは、承和2年(835)。それからおよそ260年後、興教大師覚鑁(かくばん)が高野山に大伝法院を建て、荒廃した高野山の復興と真言宗の教学の振興におおいに活躍。
その後、保延6年(1140)に、修行の場を高野山から和歌山県内の根来山へと移し、真言宗の根本道場とした。
鎌倉時代の中頃に、高野山から大伝法院を根来山へ移し、これにより根来山は学問の面でも大いに栄え、最盛時には2900もの坊舎と、約6000人の学僧を擁するようになります。智積院は、その数多く建てられた塔頭寺院のなかの学頭寺院でした。

Iml_4947a

しかし同時に、巨大な勢力をもつに至ったため、豊臣秀吉と対立することとなり、天正13年(1585)、秀吉の軍勢により、根来山内の堂塔のほとんどが灰燼に帰してしまいました。
その時、智積院の住職であった玄宥(げんゆう)僧正は、難を京都に逃れ、苦心のすえ、豊臣秀吉が亡くなった慶長3年(1598)に、智積院の再興の第一歩を洛北にしるしました。

Iml_4990a

そして慶長6年(1601)、徳川家康公の恩命により、玄宥僧正に東山の豊国神社境内の坊舎と土地が与えられ、名実ともに智積院が再興されました。
その後、秀吉公が夭折した棄丸の菩提を弔うために建立した祥雲禅寺を拝領し、さらに境内伽藍が拡充されました。再興された智積院の正式の名称は、「五百佛山(いおぶさん)根来寺智積院」といいます。(智積院HPより抜粋)

Iml_4992a

智積院の大きな狛犬はかなり変わっています。

Iml_5020a Iml_5021a

庭園(名勝)、桃山時代の作庭といわれ、築山と苑池からなる観賞式林泉で京洛名園の一つに数えられている。庭園はこちらです。

Iml_4907a

桃山時代に長谷川等伯らによって描かれ、祥雲禅寺の客殿を飾っていた金碧障壁画が収蔵庫は残されています。「楓図」「桜図」「松と葵の図」「松に秋草図」等は国宝に指定されています。 このほか、張即之筆金剛経(国宝)、南画の祖といわれる王維の瀧図(重文)をはじめ、仏画・経巻など多数の指定文化財を蔵している。
書院にはその襖絵のレプリカの襖が使用されています→こちらです。

夜桜の時のライトアップはこちら    綺麗ですよ。

京都駅からの散策コースとしては→こちらです。

Iml_4986a_2

あまり記事にしなかったのは「新しい」ということから建物に魅力が無かったように思います。歴史を読むうちに「ちゃんとしておこう」という気になりました。次にはしっかり残っている諸堂の写真もあわせて記事にします。
今日は「梅・こぶし・桔梗」を予定してたのですが、なんだか途中変更で「様にならない」感じです。(いつもの事ですが)
この日行った時、梅の手入れと通路工事が行われていました。そしてたくさんの「桔梗の苗」が用意されていました。

Dsd_6883a

智積院といえば・・・桔梗の紋ですものね。ほらッ。紺地に綺麗。

Iml_4902c

夏から秋にかけての桔梗がこれから植えてゆかれます。。。毎年放っておいても咲くのかと思ってた。(なんにも考えてませんでした)

Dsd_6895a

これも「梅」なのか? はたまた「桃」なのか?

Dsd_6890a

5時に鐘が撞かれました。

Iml_5014a

いつも御覧いただき有り難うございます、今日もクリックよろしくお願いします。
  --------------------------------------------------------------
    ブログランキング参加中。毎日の励みになりますのでポチッと宜しくね 
       是非よろしく→     こちらも → にほん

ブログ村 旅行ブログへ
  --------------------------------------------------------------

Iml_4918a

| | コメント (8)

その他のカテゴリー

2012 祇園祭 | 2013 2014 祇園祭 | 2015 紅葉 1 | 2015 紅葉 2 | 2015 紅葉 3 | 2015 紅葉 4 | 2015 紅葉 5 | 2015~ 祇園祭 | You tube 1 | You tube 2 | You tube 3 | You tube 4 | You tube 5 | You tube 6 | ■ 写真掲載 当ブログ紹介■ | ■ 写真掲載 当ブログ紹介 2 ■ | ■散策・00' 京都駅 壬生界隈 五条  | ■散策・00 三条 四条通 先斗町 | ■散策・01 ◆東山七条 博物館 三十三間堂 | ■散策・02 ◆博物館~六波羅蜜寺 大和大路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 | ■散策・03 ◆建仁寺~花見小路 2 | ■散策・04 ◆清水寺~三年坂~ 高台寺 | ■散策・05 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ■散策・06 ◆ねねの道 石塀小路 八坂神社 | ■散策・07 祇園 柳の白川他 Gion | ■散策・08 ◆八坂神社 円山公園~平安神宮 | ■散策・09' 知恩院  | ■散策・09 青蓮院 | ■散策・10 平安神宮 四季 Heian shrine | ■散策・11 東大路通 聖護院界隈 | ■散策・11' 美術館 岡崎界隈 | ■散策・12 ◆平安神宮~南禅寺~永観堂 | ■散策・14 ◆哲学の道 (疏水沿い) | ■散策・15 ◆哲学の道 (寺院) | ■散策・17 真如堂の四季  | ■散策・19 鴨川 賀茂川 高野川 | ■散策・20 西陣 他市中の寺院 | ■散策・21 右京区 法金剛院 松尾大社 | ■散策・23 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 | ■散策・24 詩仙堂・曼殊院・比叡山麓 | ■散策・25 大原 八瀬 (紅葉は別) | ■散策・26 比叡山と延暦寺 | ■散策・27 鞍馬山~貴船 | ■散策・28 鷹峯 西賀茂 (紅葉は別) | ■散策・29 上賀茂神社 社家 深泥池 | ■散策・30 嵐山 太秦 Arashiyama | ■散策・31 嵯峨野 鳥居本 化野 | ■散策・32 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策・33 山科 醍醐 | ■散策・34 伏見 | ■散策・35 宇治 宇治の社寺 | ■散策・36 大山崎 大原野 西山 | ■散策・37 八幡 加茂町 城陽 府下 | ■散策・38 他県 海外  | ■散策1 出町・三角州 川端通り 鳥 | ■散策1 北白川 疏水も | ■散策1 平安京 聚楽第 | ■散策1 御所周辺 梨の木神社 他 | ■散策1 烏丸・六角堂あたり | ■散策1 狸谷山 | ■散策1 祇園以北 東山 | ■散策1 西陣 市中 | ■散策2’ 醍醐 山科 | ■散策2 ねねの道 八坂神社 石塀 | ■散策2 三尾(高雄 槙尾 栂尾)  | ■散策2 三年坂 二年坂 | ■散策2 三条 四条 木屋町 新京極 | ■散策2 京都駅 界隈 | ■散策2 伏見 酒蔵 | ■散策2 八幡市 加茂町 他府下 | ■散策2 北白川 疏水 | ■散策2 哲学の道 (寺院編) | ■散策2 哲学の道 (道編) | ■散策2 大原 八瀬 Ohara | ■散策2 宇治 uji | ■散策2 岡崎公園 疏水 三条通り北 | ■散策2 嵐山 渡月橋 太秦 Arashiyama | ■散策2 嵯峨野 鳥居本 | ■散策2 祇園白川 柳の白川 Gion | ■散策2 西山 大山崎 大原野 | ■散策2 西陣 市中 | ■散策2 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | ■散策2 鷹峯 西賀茂 | ■散策3 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | ■散策3 伏見 酒蔵 | ■散策3 宇治 | ■散策3 嵐山 渡月橋 太秦  | ■散策3 嵯峨野 鳥居本 | ■散策3 祇園白川 柳の白川 | ■散策3 西陣 市中 | ■散策3 醍醐 山科 | ■散策4 伏見 酒蔵 | ■散策4 醍醐 山科 | □ 2008 宵山 祇園祭 | □ 2008 宵山 祇園祭 2 | □ 2009 桜 1 | □ 2009 桜 2 | □ 2009 桜 3 | □ 2009 桜 4 | □ 2009 桜 5 | □ 2009 紅葉 1 | □ 2009 紅葉 2 | □ 2009 紅葉 3 | □ 2009 紅葉 4 | □ 2009 紅葉 5 | □ 2010 桜 1 | □ 2010 桜 2 | □ 2010 桜 3 | □ 2010 桜 4 | □ 2010 桜 5 | □ 2007 祇園祭 | □1 【桜 花】 右京区 嵐山 嵯峨野 | □2 【桜】 御所 市中 賀茂川 高野川 | □3 【桜】 東山区 左京区 疏水沿い | □4 【桜 花】 東山(南) 円山 伏見区 宇治 | □4' 【夜桜】 祇園 高瀬川 他 Gion | □5 【紅葉 2】 吉田山 東山 | □5 【紅葉】 吉田山 東山 | □5' 【紅葉】 哲学の道 寺院も | □6 【紅葉】 嵐山 嵯峨野 洛西 | □6' 【紅葉】 大徳寺 など | □7 【紅葉】 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 | □7' 【紅葉 2 】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □7' 【紅葉】 三尾(高雄 槙尾 栂尾) | □8 【紅葉】 伏見 宇治 | □8' 【紅葉】 鷹ヶ峰 上賀茂 北区 上京区 | □9 【紅葉】 大原 古知谷 八瀬 | □9'【雪の日】 洛北 洛東 | □9'【雪の日】 洛西 | □ 【紅葉】 市中 下鴨神社 | □ 桜 2 右京 西陣 嵐山 西山 | □ 桜 2 哲学の道 洛北 | □2【雪の日】 洛北 洛東 | □2【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □3【雪の日】 洛北 洛東 | □3【雪の日】 洛西 嵯峨野 美山 | □4【雪の日】 洛北 洛東 | □5【雪の日】 洛北 洛東 | ○ 1 京都御苑とその界隈 Imperial Palace | ○ 2 仙洞御所 (特別参観) | ○ 3 桂離宮 (特別参観) | ○ 1 京都御所(特別参観)Imperial Palace | ○ 1 桂離宮 Katsura Imperial Villa | ○ 2 南禅寺・塔頭・水路閣 | ○ 2 天龍寺 塔頭 | ○ 2 建仁寺 塔頭 | ○ 2 東福寺 塔頭 | ○ 3 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace | ○ 3 東福寺 塔頭 | ○ 4 東福寺・塔頭 | ○ 5 東福寺 塔頭 | ○0 京都五山 別格 南禅寺・ 塔頭 水路閣 | ○1 京都五山 第一位 天龍寺・ 塔頭 | ○2 京都五山 第二位 相国寺 | ○3 京都五山 第三位 建仁寺 | ○4 京都五山 第四位 東福寺・ 塔頭 | ○5 京都五山 第五位 万寿寺 | ○1 修学院離宮 | ○2 修学院離宮 | ● 1 法然院の四季 | ● 2’ 下鴨神社の四季 | ● 2 上賀茂神社 社家 深泥池 | ● 2 泉涌寺と界隈 | ● 2 法然院の四季 | ● 2 清水寺の四季 Kiyomizu Temple | ● 2 真如堂の四季 | ● 3 泉涌寺と界隈 | ● 二条城と近辺 Nijo-jo Castle | ● 伏見稲荷大社 | ● 北野天満宮 上七軒 | ● 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 大覚寺 大沢の池 | ● 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 | ● 御室 仁和寺 | ● 智積院 | ● 東寺 塔頭 界隈 | ● 東本願寺 | ● 泉涌寺と界隈 | ● 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 1  | ● 西本願寺 | ● 西本願寺 2 | ● 金閣寺 Kinkakuji Temple | ● 銀閣寺 Ginkakuji Temple | ● 黄檗山 萬福寺 | ● 龍安寺 等持院 | ● 1 下鴨神社の四季 | ● 2 大徳寺・塔頭 今宮神社 | ● 2 大覚寺 大沢の池 | ● 2 平安神宮 四季 Heian shrine | ● 2 東寺 塔頭 界隈 | ● 3’ 下鴨神社の四季 | ● 3 上賀茂神社 社家 深泥池 | ★ 2010 紅葉 1 | ★ 2010 紅葉 2 | ★ 2010 紅葉 3 | ★ 2010 紅葉 4 | ★ 2010 紅葉 5 | ★ 2010 紅葉 6 | ★ 2011 紅葉 1 | ★ 2011 紅葉 2 | ★ 2011 紅葉 3 | ★ 2011 紅葉 4 | ★ 2011 紅葉 5 | ★ 2011 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 1 | ★ 2012 紅葉 2 | ★ 2012 紅葉 3 | ★ 2012 紅葉 4 | ★ 2012 紅葉 5 | ★ 2012 紅葉 6 | ★ 2012 紅葉 7 | ★ 2012 紅葉 8 | ★ 嵐山・花灯路 2 | ★ 2011 桜 1 | ★ 2011 桜 2 | ★ 2011 桜 3 | ★ 2011 桜 4 | ★ 2012 雪景色 1 | ★ 2012 雪景色 2 | ★ 2011 雪景色 1 | ★ 2011 雪景色 2  | ★ 2011 雪景色 3 | ★ 2011 雪景色 4 | ★ 2013 雪景色 1 | ★ 2013 雪景色 2 | ★イベント情報 | ★ライトアップ寺院 お祭り | ★東山・花灯路 2 | ★東山・花灯路 3 | ☆ 2012 桜 1 | ☆ 2012 桜 2 | ☆ 2012 桜 3 | ☆ 2012 桜 4 | ☆★ 2015 桜 1 | ☆★ 2015 桜 2 | ☆★ 2015 桜 3 | ☆★ 2015 桜 4 | ☆☆2015 雪景色 1 | ☆☆2015 雪景色 2 | ☆ 2013 桜 1 | ☆ 2013 桜 2 | ☆ 2013 桜 3 | ☆ 2013 桜 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 1 | ☆ 2013 秋 紅葉 2 | ☆ 2013 秋 紅葉 3 | ☆ 2013 秋 紅葉 4 | ☆ 2013 秋 紅葉 5 | ☆ 2014 桜 | ☆ 2014 秋 紅葉 1 | ☆ 2014 秋 紅葉 2 | ☆ 2014 秋 紅葉 3 | ☆ 2014 秋 紅葉 4 | ☆ 2014 雪景色 1 | ☆ 2014 雪景色 2 |  時代祭 1 |  1  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  1 三千院 |  1 京の山を歩く |  1 京大・界隈 |  1 京懐石 普茶料理 他 |  1 京都の大学を訪ねて |  1 京都の教会 |  1 京都の眺望 |  1 京都クイズ 壁紙・投票 |  1 伏見 御香宮神社 |  1 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  1 写真集 話題 |  1 吉田山 散策 |  1 周山 美山 北山 京都北部 |  1 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂 |  1 壁紙 Wall Paper |  1 大文字山 五山送り火 |  1 寺町通り (出町から北) |  1 平等院 |  1 庭 夢想国師の庭 |  1 庭 小堀遠州の庭 |  1 庭 小川治兵衛の庭 |  1 庭 相阿弥の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 |  1 庭 重森三玲の庭 2 |  1 庭 重森三玲の庭 3 |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅰ (北部) |  1 庭園めぐり・・・洛北 Ⅱ (東部) |  1 庭園めぐり・・・洛西 Ⅰ (北部) |  1 手づくり市 |  1 植物園 花だより |  1 空 犬・猫・鳥 その他 |  1 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  1 車窓から |  1 近代建築を訪ねて |  1 高台寺 圓徳院 |  2  広沢の池 嵯峨野・田園風景 他 |  2 ご挨拶 |  2 三千院 |  2 京の川 鴨川 桂川 高野川 |  2 京大・界隈 |  2 京都の眺望 |  2 京都御苑 御所 Imperial Palace |  2 他府県 |  2 仙洞御所 |  2 伏見 御香宮神社 |  2 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  2 伏見稲荷大社 摂社 |  2 会席 甘党 |  2 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  2 出町 三角州 川端通り |  2 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  2 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  2 吉田山 散策 |  2 周山 美山 北山 京都北部 |  2 地蔵 鐘馗 名水 絵馬堂など |  2 大文字山 五山送り火 |  2 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  2 寺町通り (出町から北) |  2 平等院 |  2 御室 仁和寺 |  2 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  2 智積院 |  2 東大路通 丸太町通 聖護院 |  2 東山七条 三十三間堂 |  2 松尾大社 梅宮神社 苔寺 |  2 植物園 北山 |  2 比叡山 延暦寺 |  2 清凉寺(嵯峨釈迦堂)と界隈 |  2 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  2 滋賀県 福井県 奈良県など近県 |  2 知恩院と界隈 |  2 空 鳥 猫 犬 |  2 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  2 西本願寺 |  2 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  2 蹴上まで |  2 車窓から |  2 近代建築 |  2 銀閣寺 |  2 青蓮院 将軍塚 |  2 鞍馬 貴船 |  2 高台寺 圓徳院 |  2 龍安寺 等持院 |  3 ねねの道 八坂神社 石塀小路 |  3 三条 四条 木屋町 新京極 |  3 京の川 |  3 京都駅界隈 壬生 他 |  3 伏見 稲荷 藤森 鳥羽 |  3 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  3 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  3 出町 三角州 川端通り |  3 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  3 南禅寺 塔頭 水路閣 |  3 博物館~六波羅蜜寺 大和大路 |  3 吉田山 散策 |  3 哲学の道 寺院 |  3 哲学の道 疏水沿いの道 |  3 大原 宝泉院 勝林院ほか |  3 大徳寺 今宮神社 船岡山 |  3 大覚寺 大沢の池 |  3 天龍寺 塔頭 |  3 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  3 寺町通り (出町から北) |  3 岡崎公園 岡崎疏水 |  3 平安神宮の四季 |  3 建仁寺 塔頭 |  3 御所界隈 梨木神社 蘆山寺 他 |  3 智積院 |  3 東大路通 丸太町通 聖護院 |  3 東寺 塔頭 界隈 |  3 東山七条 三十三間堂 |  3 植物園 北山通り |  3 比叡山 延暦寺 |  3 清水寺の四季 |  3 清水寺~高台寺 八坂の塔 |  3 真如堂の四季 |  3 空 犬 猫 鳥 |  3 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  3 西山 大山崎 大原野 |  3 西陣 市中 |  3 西陣 白峰神宮ほか |  3 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  3 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  3 近代建築 |  3 青蓮院 将軍塚 |  3 鞍馬 貴船 |  3 食事 懐石 甘党 |  4 三条 四条 木屋町 新京極 |  4 上賀茂神社 深泥池 他 |  4 下鴨神社の四季 |  4 京の川  |  4 京都駅 界隈 |  4 伏見 稲荷 藤の森 鳥羽 |  4 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  4 八瀬 岩倉 修学院 宝ヶ池 |  4 北野天満宮 上七軒 平野神社 他 |  4 南禅寺 塔頭 水路閣 |  4 吉田山 散策 |  4 大覚寺 大沢の池 |  4 天龍寺と塔頭 |  4 妙心寺・ 塔頭 他 近隣 |  4 宇治 |  4 岡崎公園 岡崎疏水 |  4 嵐山 渡月橋 保津川 |  4 嵯峨野 鳥居本 |  4 平安神宮の四季 |  4 御所(御苑) 界隈 Imperial Palace |  4 比叡山 延暦寺 |  4 泉涌寺 その界隈 |  4 真如堂の四季 |  4 空 犬 猫 鳥 |  4 糺の森 河合神社 流鏑馬 |  4 西陣  |  4 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  4 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  4 鞍馬 貴船 |  4 食事 懐石 甘党 |  5 下鴨神社の四季 |  5 京の川  |  5 伏見 酒蔵 濠川 |  5 八幡市 加茂町 城陽 府下 |  5 南禅寺 塔頭 水路閣 |  5 吉田山 散策 |  5 宇治 |  5 嵐山 渡月橋 保津川 |  5 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  5 御所(京都御苑) 四季 |  5 真如堂の四季 |  5 空 犬 猫 鳥 |  5 糺の森 河合神社 |  5 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  5 蹴上から南禅寺境内 永観堂 |  5 醍醐 山科 |  6 下鴨神社の四季 |  6 京の川  |  6 吉田山 散策 |  6 嵯峨野 北嵯峨 鳥居本 |  6 御所(京都御苑) 四季 |  6 東福寺 塔頭 |  6 糺の森 河合神社 |  6 詩仙堂 曼殊院 比叡山麓 |  6 醍醐 山科 |  7 下鴨神社の四季 |  7 京の川 |  8 京の川 | おみくじ お守り | ご挨拶 | その他 | 一休寺 京田辺市 | 京都めぐり 1 | 京都めぐり 2 | 京都めぐり 3 | 京都めぐり 4 | 京都めぐり 5 雪特集 | 京都めぐり 6 | 京都めぐり 7 | 光明院の四季 1 (東福寺・塔頭) | 光明院の四季 2 (東福寺・塔頭) | 嵯峨野 竹林 1 | 携帯・デジカメ | 松ヶ崎疏水 春秋 | 滋賀県 琵琶湖 福井県など近県 | 石峰寺 (五百羅漢・伊藤若冲) | 祇園祭 2009 2010 | 祇園祭 2011 | 祇園祭 2011 2  | 祭 行事 ライトアップ 冬 1 | 祭 行事 ライトアップ 冬 2 | 祭 行事 ライトアップ 冬 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 1 | 祭 行事 ライトアップ 夏 2 | 祭 行事 ライトアップ 夏 3 | 祭 行事 ライトアップ 夏 4 | 祭 行事 ライトアップ 夏 5 | 祭 行事 ライトアップ 夏 6 | 祭 行事 ライトアップ 春 1 | 祭 行事 ライトアップ 春 2 | 祭 行事 ライトアップ 春 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 1 | 祭 行事 ライトアップ 秋 2 | 祭 行事 ライトアップ 秋 3 | 祭 行事 ライトアップ 秋 4 | 祭 行事 ライトアップ 秋 5 | 花の京都 初夏 1 | 花の京都 初夏 2 | 花の京都 初夏 3 | 花の京都 初夏 4 | 花の京都 初夏 5 | 花の京都 初夏 6 | 花の京都 初夏 7 | 花の京都 夏 1 | 花の京都 夏 2 | 花の京都 夏 3 | 花の京都 夏 4 | 花の京都 夏 5 | 花の京都 新緑 青もみじ 1 | 花の京都 新緑 青もみじ 2 | 花の京都 春 1 | 花の京都 春 2 | 花の京都 春 3 | 花の京都 春 4 | 花の京都 春 5 | 花の京都 春 6 | 花の京都 秋 1 | 花の京都 秋 2 | 花の京都 秋 3 | 著作権 | 葵祭 1 | 葵祭 2