« 京阪伏見稲荷駅から稲荷橋へ | トップページ | 伏見稲荷大社 表参道から本殿へ »

2024年6月16日 (日)

稲荷橋からJR稲荷駅へ

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Anj_9636a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事に続いて、伏見稲荷大社に向かいます。上は昨日の記事に出てきた市電の「稲荷停車場跡」、下はこの辺りのGoogleMapです。昨日の記事では市電の軌道は「稲荷新道」を利用したと書きましたが、正確には左の「師団海道」から東に行き(緑の線)、稲荷橋の近くで稲荷新道に合流します。

*人気ブログランキングからお越しの方、ありがとうございます。ランキングの順位は記事の最後か右の「人気ブログランキング」のアイコンをクリックする必要がありますので、よろしくお願いします。

Amg240616b1 

伏見稲荷大社に行く公共交通機関としては明治12年に開通した旧東海道線の京都-大津駅線があります。下は近代京都オーバーレイマップから昭和初期の古地図で、市電が裏参道、JRが表参道に行くのに便利でした。

Amg240616b2

「Pico Organic Coffee & Smoothies」 珈琲はオーガニック豆を使ってドリップ、スムージーや抹茶フラッペも美味しいとか。名物は手作りクッキーだそうです。

Anj_9639a

「近江家」麺類やお寿司などの和食のお店です。美味しいお出汁のうどんと鯖寿司のセット、冷たいお蕎麦とニシンの押し寿司、稲荷ずし、太巻きが一個ずついてたお得なセットもあります。

Anj_9640a

「なかやまフローリスト」 花屋さんです。

Anj_9643a

「果菓 伊藤軒 伏見稲荷店」 ネオ和菓子とフルーツのカフェで、看板メニューは、おいなりさんをイメージしたキツネの薯蕷(とろろ)饅頭や、イチゴと季節の和菓子です。手前に袋菓子のテイクアウトコーナー、奥にイートインスペースがあります。

Anj_9644a

「まねき多幸」 たこ焼き屋さんで、1個が結構なボリュームでダシが効いててとても美味しいしとか。おやつにピッタリの良心的価格で、子供さんがよく買いに来るそうです。

Anj_9646a

「手作り箸工房 遊膳 伏見店」 店内には様々な種類のお箸があり、どれでも無料で名前を彫刻してくれます。ただし、六角箸だと幅が狭いので漢字はダメだそうです。カワイイ箸置きもありました。

Anj_9647a

「祢(ね)ざめ家」 安土桃山時代から続く茶店で店名は豊臣秀吉が名付けました。うなぎ丼、巻きずし・稲荷ずし・鯖寿司などの京寿司、うずら焼きが名物です。伏見稲荷周辺では、害鳥のウズラやスズメを食べる習慣があったそうです。

Anj_9653a

「巨大蟹カマ」カニのカマ焼きのお店で、カニが山のように積まれています。プリプリのカニは振り塩だけで味付けされていて、お好みで店頭の調味料を使えます。他にイカ串やタコ串もあり、大人気でした。

Anj_9654a

伏見稲荷大社の裏参道に来ましたが、右に曲がって表参道の方にいきます。

Anj_9656a

「ちりめん山椒 庵an」 ちりめん山椒は、ごはんのお供、ちょっと高級な進物や気の利いた手土産として愛されてます。こちらは製造直販なので、出来立ての味を、リーズナブルな価格で販売しています。

Anj_9660a

「コメダ珈琲店 京都伏見稲荷店」 フランチャイズのコメダホールディングスは、コーヒーに適した空間を創造する会社で、店内にはソファー、木の机、吹き抜けの空間に2階席があります。一休みするには適しているかも知れません。

Anj_9661a

酒店の「大栄商店」 伏見のお酒がそろっていて甘酒や酒粕もあります。店頭には伏見稲荷にゆかりがある名前のお酒が並んでいます。

Anj_9663a

「ドラッグユタカ伏見稲荷店」 ドラッグユタカのグループ店は近畿や愛知県、岐阜県に展開しています。お店は間口は狭いですが奥行があります。

Anj_9664a

「京都伏見稲荷ちりめん山椒 伍八堂」 添加物を一切使わず、原材料は産地まで足を運んで吟味しています。定番は袋詰めちりめん山椒で、お徳用の袋やからすみちりめんもあります。瓶詰の山椒のラー油やすっぱいやわらか煮干しも販売しています。

Anj_9667a

「Vermillion - espresso bar & info.」 コーヒースタンドで、外国人のお客が大勢います。珈琲や抹茶ラテなどのドリンク類以外に、ベルギー産のチョコレートを使用したチョコレートケーキが美味しいとか。

Anj_9668a

「稲荷門前茶屋」 丸もちが名物で種類は粒あん、みたらし、抹茶です。水まるもちや餅入りどら焼き、かき氷もありました。

Anj_9672a

「フル一ツ大福 一果」 定番のいちご大福は白餡を巻いた苺を羽二重餅で包んでいます。メロン、みかん、柿、マスカットもあります。左はヤマザキパンのベーカリー「Daily YAMAZAKI」、最後の写真は「JR稲荷駅」、伏見稲荷大社の一番鳥居はその前です。

Anj_9677a

お帰りの際には、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Anj_9681a

|

« 京阪伏見稲荷駅から稲荷橋へ | トップページ | 伏見稲荷大社 表参道から本殿へ »

コメント

「まねき多幸」たこ焼き屋さん
いつも思うけど、たこ焼き屋って
採算は大丈夫なのでしょうか。でも、たこ焼き屋
って結構よく見かけるので、
人通りのある所では、ある程度売れるのでしょうね。
たこ焼き屋も、謎に強い業種なのかもしれません。

投稿: munixyu | 2024年6月16日 (日) 15:02

こんばんは。ゆーしょーです。
JR伏見稲荷駅から伏見稲荷大社まで結構遠いですね。
りない駅? 古地図なので右から読むのですね。
参道には沢山の店がありますね。
ポチ♪2

投稿: ゆーしょー | 2024年6月17日 (月) 00:01

★munixyuさん こんばんは♪
たこ焼きは単価が安いので人通りが多い場所でたくさん売る必要があると思います。それでもお店を構えて人を雇うほどの利益は難しいのではないでしょうか。お店の一画で売っているのも、間借りしている場合が多いと思います。

投稿: りせ | 2024年6月18日 (火) 01:39

★ゆーしょーさん こんばんは♪
JR伏見駅の前が伏見稲荷大社です。ただし、表参道が長いのでお参りするまで随分歩かなくてはいけません。

投稿: りせ | 2024年6月18日 (火) 01:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京阪伏見稲荷駅から稲荷橋へ | トップページ | 伏見稲荷大社 表参道から本殿へ »