« 蝉丸神社と逢坂関 | トップページ | 石山紫の道を歩く »

2024年5月26日 (日)

夕暮れの社家町を歩く

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Anj_6957a
※写真は全てクリックで拡大します。

先日上賀茂神社で葵祭を見た後、社家町を歩きました。一の鳥居を出て「酒殿橋」を渡ります(上の写真)。神社の境内を流れてきた「ならの小川」は橋の下で「明神川」 と「菖蒲園川」に分かれます。

菖蒲園川は中世には乙井川と呼ばれ、南に流れていき賀茂川に注ぎます。「明神川」は社家町に沿って東に流れていきます。

Anj_6968a

社家町space椋」 純和風の雰囲気の貸しギャラリーです。

Anj_6984a

土産物店の「京雷堂」 「雷」は上賀茂神社の正式名称の賀茂別雷神社にあやかったそうです。滋賀の旧家出身で、富岡鉄斎からの手紙などの家宝を展示、社家の建物や庭園も公開しています。

Anj_6988a

「御すぐき處 京都なり田 上賀茂本店」 国内三ヵ所に漬物野菜の自社農場を持ち、すぐき漬けを始め京漬物を製造・販売しています。12月15日からすぐき新漬けを出荷、オンラインショップもあります。

Anj_6990a

この地域は国の「上賀茂伝統的建造物群保存地区」に指定されています。通りは「上賀茂本通」で、西の御園橋東詰から東は下鴨中通まで続いています。地元では「藤ノ木通」とも呼ばれるそうです。

Anj_7000a

この通りの古い建物は。かっては上賀茂神社の神職の家屋「社家」でした。現在ではそれぞれ所有者が変遷し、お店をしている建物もあります。

Anj_7002a

「京都産業大学上賀茂研修所」と「京都産業大学同窓会館」 

Anj_7006a

「京料理 さくらい」 京会席は天然ものにこだわった海のものや上賀茂の地のものなど、季節のうつろいを目でも楽しめるとか。結婚式の披露宴もできるそうです。

Anj_7013a

「西村家庭園」 上賀茂神社の社家(錦部家)を明治時代に西村家が所有して、公開しています。庭は平安後期の作で古い社家庭園の趣きを残し、市指定名勝になっています。

Anj_7017a

京都市では、「上賀茂郷界わい景観整備地区」に指定して、美しい町並みを維持するために電線などを地中に埋めています。

Anj_7039a

鴨のカップルがいました。

Anj_7044a

手前は「上賀茂 玉屋」、上賀茂神社御用達の京料理、仕出し料理のお店です。昼の膳、夜のおまかせ会席が各種あり、披露宴もできます。

Anj_7051a

斜め向かいは「草橋」があるお宅、今の時期は青々としています。

Anj_7058a

「伊之助」 数年前にオープンした和食堂で、ボリューム満点のおばんざい、ランチメニューのうた姫膳やビーフカレー、ハイシライスなどがあります。ご主人は小川珈琲にいらしたそうで、カフェも充実しています。既に閉まっていました。

Anj_7066a

車が通れる広い橋がある建物は「葛栖庵」、GoogleMapでは宿泊所とありますが一般向けの宿ではないようです。

Anj_7075a

社家町のはずれには樹齢500年の大クスノキがあります。その下にある「藤木社」は上賀茂神社の境外末社で、明神川の守護神・瀬織津姫神(せおりつひめのかみ)を祀ります。

Anj_7077a

葵祭では上賀茂神社の社頭の儀の前に、この神社の神輿渡御が行われます。

Anj_7087a

「金谷歯科クリニック」 最後の写真は社家町を振り返って。

Anj_7083a

お帰りの際には、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Anj_7089a

|

« 蝉丸神社と逢坂関 | トップページ | 石山紫の道を歩く »

コメント

こんばんは。ゆーしょーです。
社家って言葉を初めて聞きました。
代々神社に仕えてきた世襲制の家柄のことなのですね。
勿論神社とは上賀茂神社のことですね。
すっきりしていると思ったら、電柱電線は
地中化工事がされているのですね。
ものすごく気持ちのいい町並みですね。
ポチ♪2

投稿: ゆーしょー | 2024年5月27日 (月) 00:03

★ゆーしょーさん こんばんは♪
社家の中で唯一公開されているのは「西村家住宅」です。いまでも、神職が暮らした名残りがいくつも残っています。

投稿: りせ | 2024年5月28日 (火) 03:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蝉丸神社と逢坂関 | トップページ | 石山紫の道を歩く »