« 出雲路の西光寺 復興はじまる | トップページ | 狸谷不動明王道を歩く »

2024年5月23日 (木)

円山公園を下る

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Anj_4479a
※写真は全てクリックで拡大します。

先日、安養寺や吉水弁財天堂を見たあと円山公園を下りました。このあたりは円山公園の東で、かって広い寺域を誇っていた安養寺のゆかりの地が点在します。

「左阿弥」元和元年(1615)織田信長の甥・織田頼長により、安養寺の末寺として建立されました。幕末の嘉永2年(1849)に料亭となり、明治維新以降の御前会議(天皇が出席する重要会議)にも使われました。

Anj_4480a

左阿弥はかって安養寺の六つの塔頭(六阿弥、円山の六坊)の一つで、他の六阿弥も同じように貸し席、料亭、宿屋(ホテル)に変わっていきました。しかし、現存するのはこの左阿弥だけです。

Anj_4483a

「東観荘」 かって六阿弥の一つ「也阿弥」があった場所で、幕末の1860年に建てられた建物と広い庭園がある老舗料亭です。長崎商人の井上家は明治時代に也阿弥と他の六阿弥の3つを買い取り、京都で最初の本格的洋式ホテルを建てました。

Anj_4488a

分家の常盤ホテルが現在のホテルオオクラ京都です。後に井上家はホテル事業から手を引きましたが、当主が安養寺の檀家総代になり、弟は関電OBで「円山陶芸協会」の会長を務めました。

Anj_4490a

上は「大谷祖廟」の北門、下は「長楽寺」です。ここから少し下って円山公園に入ります。

Anj_4492a

「京料理 いそべ」 懐石料理やゆば料理のお店です。ゆばは店内に併設した湯葉厨房で製造。懐石料理は、海に遠い京で手に入る数少ない食材を、手間と工夫で味わい深く調理する京料理の伝統を受け継いでいるそうです。

Anj_4511a

「坂本龍馬と中岡慎太郎の像」 昭和11年(1936)に京都高知県人会有志により建立され、大戦中に供出、昭和37年に再建されました。霊山護国神社の龍馬の墓の前にある像を拡大したものだそうです。

Anj_4515a

円山公園の東の斜面から小川が流れていきます。かっては琵琶湖疏水の水が流れていましたが、今は地下水をくみ上げているそうです。

Anj_4519a

数年前に川底の修復をして、溜まった土砂を取り除いてから底に石を配置し、自然のせせらぎを再現しています。

Anj_4521a

「明治百年記念瓦斯灯」 英国で製造され神戸外国人居留地の街灯として使われていたものを実測し、復元したものです。日本に現存する初期の瓦斯灯として貴重なものだそうです。

Anj_4523a

向うの石柱は三条か五条大橋の橋脚ではないかと思います。そばに瓦などの遺物もありました。

Anj_4527a

円山公園の中央にある「ひょうたん池」に来ました。

Anj_4530a

ひょうたん池の南側、向こうはアイスクリームの「祇園円山堂」。

Anj_4528a

こちらは北側、この日は外国人観光客が目立ちました。アオサギです。

Anj_4531a

ひょうたん池のほとりの「祇園小唄の碑」 この歌はマキノ映画「絵日傘」の主題歌で、作詞・長田幹彦、作曲・佐々紅花です。毎年11月23日にこの地で「祇園小唄祭」が行われるそうです。

Anj_4155a

「祇園枝垂れ桜」の前の鳩のオブジェ、作者は分かりませんが、いろんな場所の記念碑や慰霊碑に同じような鳩の像がありました。おそらく、京都市が宣言した平和都市宣言か平和首長会議などの記念碑ではないかと思います。

Anj_4546a

「一休庵」 カフェ・甘味処で、極ごく蕨(わらび)、団子三姉妹、華団~花より団子~などのオシャレな名前の甘味や、みたらし氷、とろゆば丼・おこわと赤飯、善哉御膳などがあります。

Anj_4552a

「働く少年の像」昭和37年11月3日に建てられ、制作は朝倉響子さんです。「働く少年少女たちに仕事への誇りと責任を、大人たちには彼らへの愛情と理解を呼びかけ」る目的で作られ、11月3日には「働く少年の銅像まつり」が行われているそうです。

Anj_4558a

「丸山海道夫妻の句碑」 海道は京都出身の俳人で俳誌「京鹿子」を創刊、父は鈴鹿野風呂。「朱の宮を 神は住家として 露けし」、佳子「傘さして きく花の鐘  父おん母おん」。「ふおん、ぼおん」は近くの長楽寺と知恩院の鐘の音のことだそうです。

Anj_4561a

「中井弘の胸像」 中井は薩摩藩を脱藩して坂本龍馬などの資金で英国に密航・留学しました。帰国後、英国公使パークス襲撃事件では身を挺して護衛しました。その後滋賀県知事として北垣京都府知事とともに琵琶湖水事業を完成させました。

Anj_4565a

京都府知事となり内国勧業博覧会を開催、平安神宮を造営。尊攘派から狙われ、自分の名入りの尊王派高山彦九郎を称える詩を書いた扇子を数百本注文して代金を支払わず、扇子屋が叩き売るのを待って市内に配るなど逸話が多い人物でした。

Anj_4563a

「大弓射場 園山(えんざん)」 浪人となった萩藩士・福井元造は、日置(へき)流弓術の免許皆伝の腕前で、文久2年(1862)大弓場を開きました。元造は捕えられ獄死しますが、息子、孫に引き継がれています。

Anj_4571a

ちなみに大弓(だいきゅう)とは最もサイズが大きい本格的な弓のことだそうです。「食処 うろこ」天ぷらセット、ミニ定膳、ゆどうふセット、各種鍋物、夏はかき氷各種などがあります。

Anj_4572a

「祇園円山 かがり火」 南禅寺の順正の経営で、お手頃な値段で湯豆腐や湯葉鍋などの豆腐料理、すき焼き、鰻などが頂けます。鬱蒼とした林の中にありますが東大路はすぐそこです(最後の写真)。

Anj_4573a

お帰りの際には、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Anj_4576a

|

« 出雲路の西光寺 復興はじまる | トップページ | 狸谷不動明王道を歩く »

コメント

こんにちは。ゆーしょーです。
円山公園の東の方にもこのような
緑いっぱいの場所があるのですね。
そのみどりの中に何軒もの食事処
があるのですね。メチャ雰囲気が
いいです。
ミニ定膳やゆどうふセットを注文したいです。

投稿: ゆーしょー | 2024年5月23日 (木) 16:22

ポチ♪2

投稿: ゆーしょー | 2024年5月24日 (金) 00:51

★ゆーしょーさん こんばんは♪
円山公園の分かりにくい場所に古いお店や宿があり、商売がなりたっているのか不思議に思います。隠れ家として常連のお客があるのかも知れません。

投稿: りせ | 2024年5月28日 (火) 01:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出雲路の西光寺 復興はじまる | トップページ | 狸谷不動明王道を歩く »