« 桜の岡崎疏水 神宮道から南禅寺船溜 | トップページ | 桜の北白川疏水 御蔭通から銀閣寺道へ »

2024年4月18日 (木)

夜桜の木屋町通 四条から六角へ

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Anj_1624a
※写真は全てクリックで拡大します。

先日嵐山を訪れたあと、木屋町通の四条から北に歩きました。この通りは江戸時代初期の高瀬川開削に伴って開通した通りです。「四条小橋」からすぐのところに喫煙所があります。

Anj_1631a

大坂や伏見から薪炭・木材が高瀬舟に積まれて集まり、この地に材木問屋・材木商の倉庫や店舗が立ち並んだことから「木屋町」と呼ばれたそうです。通りや橋に当時の地名が残っています。

Anj_1632a

現在の木屋町は、喫茶店、バー、スナック、料亭、各国料理のレストランなどが並ぶ繁華街になっています。

Anj_1633a

「真橋」の上から、左は「京の焼肉処 弘 四条木屋町店」、その先に「酒ト和食 ほっこり 京都木屋町本店」があります。以下では、お店の説明はありませんが、最近の店名はお店の説明を兼ねているようです。

Anj_1635a

「十軒町橋」の上から、左は「鉄板道場 鉄板焼き店」。

Anj_1649a

「西村花店」

Anj_1653a

高瀬川にアオサギが立っていました。餌をくれるのを待っているようです。

Anj_1660a

「京 ホルモン大社」

Anj_1670a

「寿司と天ぷらと京料理 だいあん 京都河原町木屋町店」

Anj_1673a

「紙屋橋」の上から。高瀬川に沿って積み荷を降ろすための水路「船入」が造られ、この橋を通る通りは「八之船入通」です。

Anj_1677a

「THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC」 前の広場で「高瀬川桜祭り」をしていました。4月6・7日にフリーマーケットや、縁台囲碁・将棋、投扇興、けん玉教室などが行われたようです。

Anj_1684a

ここには、七之舟入や土佐藩邸があり、その跡地に立誠小学校が建てられました。小学校が廃校となったあとにホテルが建てられ、立誠自治会館や会議室など住民のための施設も入っています。川の中にかがり火が焚かれていました。

Anj_1691a

ここは初めて映画の撮影がお行われた「日本映画発祥の地」でもあり、「立誠シネマ」が続いていました。ホテルが建設されるときに立誠シネマは移転して、先日紹介した「出町枡形商店街」で再出発しました。

Anj_1705a

下はホテルのエントランス、ちょっと立ち寄ってみました。ホテルのロビーの手前にはレストランやブランド品などの販売店が並んでいました。この部分は小学校の外観が保存され、客室は奥に新しく建てられた建物にあるようです。

Anj_1713a

向うは「蛸薬師橋」。蛸薬師通の先に「土佐稲荷」(岬神社)があり、坂本龍馬も訪れて龍馬の像があります。この辺りに来たときはいつも訪れているのですが、この日はそこまで行く元気はありませんでした。

Anj_1724a

向うは「七之舟入自転車駐車場」、名前もさることながら、個人が経営する駐輪場は珍しいと思います。

Anj_1733a

「麺房 美よし」

Anj_1737a

「南車屋橋」の上に人だかりがありました。

Anj_1739a

高瀬舟が置いてありました。一ノ船入の高瀬舟はおなじみですが、ここにもあることは初めて知りました。

Anj_1748a

ここから、高瀬川の向こうに「西木屋町通」が始まります。

Anj_1767a

この辺りでは桜のライトアップはありませんが、街の灯りで夜桜を楽しめました。

Anj_1770a

向うの建物は第二観光ビルと第一観光ビル、1階には飲食店が入っているようです。

Anj_1772a

「韓国料理店 マヤクカルビ 京都木屋町店」。今日は「車屋橋」(最後の写真)までですが、木屋町通は二条までつづきます。

Anj_1775a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Anj_1781a

 

|

« 桜の岡崎疏水 神宮道から南禅寺船溜 | トップページ | 桜の北白川疏水 御蔭通から銀閣寺道へ »

コメント

ここは、いつも桜でお腹がいっぱいになる気がします。
咲いて咲いて咲き乱れる。そんな桜たちですよね。
言葉にならない美しさだと思います。

投稿: munixyu | 2024年4月18日 (木) 17:45

こんばんは。ゆーしょーです。
5枚目以下がいいですね。
食事?お茶?しながら川や桜を
眺められるのですから最高です。
ポチ♪2

投稿: ゆーしょー | 2024年4月19日 (金) 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜の岡崎疏水 神宮道から南禅寺船溜 | トップページ | 桜の北白川疏水 御蔭通から銀閣寺道へ »