« 北白川疏水から「リーボン」へ | トップページ | 桜の岡崎疏水 神宮道から南禅寺船溜 »

2024年4月16日 (火)

嵐山公園(中之島地区)を歩く

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Anj_1439a
※写真は全てクリックで拡大します。

先日の記事の天龍寺を出て、桜を見ながら渡月橋や嵐山公園の方に向かいました。

この通りは長辻通といって、お土産屋や食事処、レンタル着物店などが並んでいます。下はお土産屋の「みっふぃー桜きっちん 嵐山店」。

Anj_1441a

こちらもお土産屋の「洛楽」、この通りでは珍しい紅枝垂れ桜が目立ちます。

Anj_1445a

いつものように、渡月橋のたもとに立ち寄りました。ここは渡月橋北詰の東で、向うは嵐山の端にある「いわた山」、頂上近くにモンキーバークがあります。

Anj_1462a

「渡月橋」は観光名所であるととともに、桂川の両岸を結ぶ重要な交通路です。長辻通は橋の北詰までで、全体は府道29号になっています。

Anj_1450a

橋の向こうに「法輪寺」が見えますが、今回は訪れていません。渡月橋はかって法輪寺への参詣のための小橋だったそうです。

Anj_1463a

対岸には桜が並び、嵐山公園(中之島地区)とよばれます。

Anj_1456a

こちらにも紅枝垂れ桜がありました。

Anj_1454a

渡月橋の上から上流、ここは「大堰川」といって多数の貸しボートや屋形船がみえます。右奥に保津川下りの着船場もあります。

Anj_1479a

さらに渡月小橋を渡ります。左は「星のや京都」の送迎船の桟橋、正面は「亀山」。

Anj_1535a

大堰川を少しさかのぼると、珍しく露店が開いていました。

Anj_1544a

右の亀山の斜面にこの日最初に食事をした松籟庵があります。保津川下りの船が見当たらないのは、もう終了時間になったのかも知れません。

Anj_1570a

対岸は福田美術館のあたり。

Anj_1579a

貸しボート、屋形船に星のや京都の送迎船、渡月橋の向こうは比叡山。

Anj_1578a

もう一度、渡月橋と渡月小橋の間にもどります。ここは桂川の中の島で、嵐山公園(中之島地区)になっています。府道を渡って正面に、対岸から見えた紅枝垂れ桜があります。上に乗っているのは鳩です。

Anj_1487a

こちらは、昨年2月に京都西ロータリークラブ創立65周年記念として植樹された桜です。

Anj_1491a

和食の「錦」。看板に「桜宿膳」と書いてあり、雰囲気がよさそうなのでいつか訪れてみたいと思っています。

Anj_1502a

円山公園の「祇園枝垂桜」の子桜が2本あります。10年前の台風以降から樹勢が衰え始め、植え替えられたそうです。まだか細い木ですが、花を咲かせていました。

Anj_1503a

嵐山公園の東端(下流)には新しいお店や屋台が並んでいます。神戸元町で人気のモンブラン店「芋栗パーラー ブリキトタン 京都店」があったので、蜜をかけて焼いたスイートポテトを買いました。

Anj_1601a

スイートポテトを持って、河原でひとやすみ。

Anj_1515a

対岸は嵐山公園(臨川寺地区)です。

Anj_1514a

桜の花がガクごと落ちているので見上げたらスズメでした。

Anj_1598a

嵐山公園の下流にある「中の島橋」から。向うは保津川下りの船の吊り上げ場、山の中腹に法輪寺があります。最後は松尾橋まで続く「嵐山東公園」でこの辺りはお花見場になっています。ここから阪急の嵐山駅に向かいました。

Anj_1606a

お帰りの際には、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Anj_1616a

|

« 北白川疏水から「リーボン」へ | トップページ | 桜の岡崎疏水 神宮道から南禅寺船溜 »

コメント

この辺りは、京都の定番の名所ですが、
いつ見ても、やっぱりいいものですね。

投稿: munixyu | 2024年4月16日 (火) 13:54

こんばんは。ゆーしょーです。
メチャきれいな嵐山の桜ですね。
嵐山の桜といえば30年もの昔、
和歌山駅から嵯峨駅まで直通電車が
走っていた頃、家内と家内の母と
三人で桜咲く嵐山へ行ったことがあります。
川べりに座って弁当を食べました。
ポチ♪2

投稿: ゆーしょー | 2024年4月17日 (水) 02:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北白川疏水から「リーボン」へ | トップページ | 桜の岡崎疏水 神宮道から南禅寺船溜 »