« 京都御苑 梅の開花速報 | トップページ | 相国寺の境内を歩く 東部 »

2024年2月 9日 (金)

「キエフ」でランチ

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Ani_2807a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事の京都御苑に行く前、四条川端にある「キエフ」でランチを頂きました。川端通の一筋東の道を四条通から入ります。この道は「北座通り」といって、突き当りで左に曲がって川端通に抜けられます。

北座通りの角に「鴨東ビル」があり、キエフはその最上階の6階(屋上はビアガーデン)にあります。キエフは古くから知られたウクライナ・ロシア料理のレストランです。

Ani_2811a

「キエフ」は、1972年に京都市出身の加藤幸四郎氏がこの地で開業しました。前年に京都市とキエフ市が、文化交流と親善のための姉妹友好都市になったことにちなんで、レストランの名前をキエフとしました。エレベータを6階で降りると店の入り口です。

Ani_2867a

創業者の加藤が、旧満州国ハルビンで慣れ親しんだウクライナ・ジョージア・ロシアなど旧ソ連各地の、家庭料理からレストラン料理までを本格的に味わうことができる料理店です。

Ani_2869a

案内された席は店の一番隅にあって見晴らしがよい場所でした。

Ani_2846a

正面は鴨川まで遮るビルはなく、対岸には納涼床がある料理屋さんが並びます。

Ani_2825a

頂いた料理はCランチ(税込¥2,520)です。最初は「自家製黒パン」、香ばしい香りがする素朴なパンです。

Ani_2819a

「ザクスカ」(本日の前菜)でオイル漬けサーモンやソーセージ、豚ハム、ピクルスなどです。

Ani_2820a

「ボルシチ」 ウクライナの伝統料理で、ビーツの鮮やかな赤のスープです。キャベツやにんじん、じゃがいも、玉ねぎ、牛肉がやわらかく煮込まれてコクがあり、サワークリームの酸味がさっぱりとした味を添えています。

Ani_2822a

「カプスタサラダ」 キャベツの酢漬けです。キャベツの甘味が酢の酸味を和らげてさっぱりしたサラダになっています。もしかしたら特別な酢かも知れません。

Ani_2827a

メインディッシュは4種類から選ぶことができ、ビーフストロガノフを頂きました。こちらはロシアの郷土料理で、(デミグラスソースではなく)サワークリームで牛肉とソテーした玉ねぎを煮込んでいます。サフランライスが付いていました。

Ani_2828a

デザートに「ワレーニキ花(ダークチェリー)」を頂きました。こちらもウクライナの伝統料理で、中心のアイスクリームの周りにダークチェリーがちりばめられて、その下にギョウザのようなワレーニキが入っています。

Ani_2834a

「チャイ」 紅茶にバラの花びらのジャムが添えられています。こちらのチャイはロシアンティーのことで、語源は中国の茶だそうです。ジャムが少し酸味があるさっぱりした甘味を加えています。

Ani_2837a

ところで、創業者の加藤幸四郎氏(1910-1992)は、長年満州国で暮らしたあと、終戦(1945年)の後に日本に帰国しました。一時、マーキュリーレコードに勤務して、藤島桓夫のマネージャーを担当しました。

Ani_2847a

この時期、藤田まことの芸名の名づけ親となり、美空ひばりのオーディションに立ち会ったりしました。1957年、東京新橋でロシア料理店「スンガリー」を創業、その後に姉妹店として京都のキエフを開業しました。

Ani_2851a

1965年、幸四郎氏は娘の加藤登紀子をアマチュアシャンソンコンクールに出場させて優勝、翌年に歌手デビューを果たしました。いわゆるステージパパのような存在だったようです。

Ani_2859a

1972年には自分の好みで「日本寮歌集」を企画、ヒットさせました。その中で自分がボート部だったことから選んだ旧制三高(京都)の「琵琶湖周航の歌」は加藤登紀子の代表曲の一つになっています。

Ani_2844a

加藤登紀子は、旧満州のハルビンで生まれ、旧ソ連の歌謡曲を日本語でカバーした「百万本のバラ」も代表曲の一つです。最近ではウクライナ侵攻の避難者支援にも取り組んでいるそうです。

Ani_2864a

その後、キエフは住友金属工業の副社長を退任した息子の幹雄さんとその奥様の美知世さんが経営を引き継いでいます。現在キエフでは様々なイベントが行われています。席からは南座と(井筒屋が経営するビルの}北座が見えました。

Ani_2862a

「加藤登紀子ライブ」(次回は4月6日)、「ロココカフェ」真宗大谷派僧侶の川村妙慶法話会(次回未定)、特製ランチメニュー付きの「うたごえ喫茶」などです。うたごえ喫茶の最後は琵琶湖周航の歌だそうです。

Ani_2856a

キエフではお弁当のテイクアウトや様々なお持ち帰りメニューがあり、私は「ピロシキ」を買って帰りました。レジの近くにあるランチョンマットは自由に持ち帰ることができます。

Ani_2868a

お帰りの際には、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Ani_2875a

|

« 京都御苑 梅の開花速報 | トップページ | 相国寺の境内を歩く 東部 »

コメント

ロシア料理というと、ピロシキぐらいしか食べたことがありませんが
写真の感じからすると、そんなに重い料理ではなさそうですね。
もっと濃くて重いと思ってました。結構、日本人に合う料理なのかも。

投稿: munixyu | 2024年2月 9日 (金) 17:46

こんばんは。ゆーしょーです。
京都にある「キエフ」という名のお店で
ウクライナの料理を食べたのですね。
色んな外国の料理があるのですね。
僕は中華料理、フランス料理、洋食
ぐらいしか知らないです。
ポチ♪2

投稿: ゆーしょー | 2024年2月10日 (土) 02:40

★munixyuさん こんばんは♪
ランチということもあるかも知れませんが、割とあっさりした料理でした。

投稿: りせ | 2024年2月16日 (金) 01:23

★ゆーしょーさん こんばんは♪
京都は留学生が多いせいか、東南アジアのエスニック料理屋さんも多くあります。ただし、ほとんど入ったことはありません。

投稿: りせ | 2024年2月16日 (金) 01:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都御苑 梅の開花速報 | トップページ | 相国寺の境内を歩く 東部 »