« 城南宮 春の山と平安の庭 | トップページ | 吉田東通を歩く 南部 »

2024年2月29日 (木)

吉田東通を歩く 北部

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Ani_0904a
※写真は全てクリックで拡大します。

先月の節分のときに吉田東通を歩きました。上は吉田神社の南の参道で、その途中に「重森三玲庭園美術館」があります。吉田神社の神官の邸宅を、昭和18年(1943)重森三玲が譲り受けました。

平成18年(2006)以来、東側・書院庭園部が「重森三玲庭園美術館」として一般に公開されています(予約申込制)。書院は木造平屋建てで国の登録文化財、庭園は重森三玲が自ら作庭したものです。

Ani_0908a

ここから「吉田東通(吉田本通)」が始まります。この通りは丸太町通までの短い通りで、主として北部は住宅街、南部は商店街となっています。

Ani_0915a

下は現在のGoogleMapで、吉田東通は左の京都大学吉田南キャンパスと右の吉田山の間を南北に通っています。左端はメインストリートの一つ「東大路通」ですが、吉田東通はそれよりも古くからこの地を通っていました。

Amg240229c

下は明治25年に作製された古地図で、左(西)にはまだ東大路通はありません。吉田東通りは一番右の南北の通りで、一筋左の通りと合せて、このとき既に通り沿いに建物が建っていました。

Amg240229b

下は幕末に作製された「京町御絵図細見大成」で、上の二つより広い範囲を表しています。上の東西の通りは現在の今出川通、下は金戒光明寺の参道で、吉田東通はこの二つを結ぶ唯一の南北の通りでした。

Amg240229a

「(株)福井」 300余年の歴史がある大工・工務店で、新築・増築・改修(京町家、古民家等)はもちろん、数寄家や社寺の建築も行っています。上賀茂の社家、(宇治)史跡太閤堤跡覆い小屋建築、登録有形文化財藤田家住宅改修工事などを手掛けています。

Ani_0917a

「野風呂記念館」平成9年4月に俳人・鈴鹿野風呂の生家跡に開館。野風呂夫妻の没後200年に、野風呂の功績を顕彰し、併せて俳句界の隆盛を図るために建設されました。「京鹿子」の編集や事務、句会なども行われています。

Ani_0931a

「理楽」天理教加茂川分教会出張所

Ani_0944a

「カルチャーガーデン吉田の森」 作品展や音楽会が行われます。絵画教室の「アトリエ悠夢」が開かれています。

Ani_0951a

「コーポラス吉田」、築1972年、4階建、11戸、2DKのマンションです。

Ani_0957a

「ジュアール吉田 Juar Yoshida」、築1985年、2階建、14戸、1Kのマンションです。

Ani_0961a

右から「近衛通」が突き当たります。この通りは、平安京の近衛御門大路の延長です。近衛とは、かっての「近衛府」の略で、平安京の禁中(内裏の内部)の警護や、朝廷の儀式や行幸の警備を行う役所のことです。

Ani_0964a

「ゆうちょ銀行ATM 京都吉田郵便局」

Ani_0975a

「クレール木村」、築1996年、3階建、9戸、1Kのマンションです。

Ani_0977a

「サンクスパレ吉田」、築2007年、3階建、11戸、1Kのマンションです。

Ani_0978a

この辺りから商店が見られます。右は「中華そば みみお」、魚介出汁が効いた繊細なラーメンで熱狂的なファンがいます。ただし、店主は映画を撮る芸術家で、撮影中は店を閉めるので行くときは確認をした方がいいかも。

Ani_0982a

「ゲストハウス 入ル - GUEST HOUSE iru」 入口は狭いですが、お部屋は土壁、自然木のフローリング、畳などこだわっています。植物が植えられた小さな中庭には風が通り抜け、外とは別世界の雰囲気です。

Ani_0987a

「平安湯」 銭湯には見えないモダンデザインの建物ですが、毎日替わる薬草風呂を含め6種類のお風呂、キンキンに冷たい地下天然水かけ流し水風呂、テレビも見られる100度以上の熱いサウナや昔懐かしい瓶ジュースがあります。

Ani_0997a

お風呂に入りながら京都の文化、歴史、町並みを楽しく面白く学べる「京都博物館銭湯」としても知られています。ペンキ絵には、京都の剣鉾、お神輿、葵祭、祇園祭、時代祭など古くからの引き継がれてきた祭が描かれています。

Amg240229d

「コーポ下大路」、築1983年、3階建、5戸、1Kのマンションです。

Ani_1000a

「Bel' Astile ベル・アスティーレ」、築2011年、3階建、7戸、1LDKのマンションです。

Ani_1003a

「さのやビル」地元密着のコロッケ屋さんで知られ、注文してから揚げてくれるコロッケはサクサクでとても美味しいとか。揚げ物だけでなく、お肉や惣菜、生鮮野菜なども売っていて、ワンコインでボリューム満点のお弁当が買えます。

Ani_1004a

「佐野酒店」玉乃光純米吟醸の酒かすや、南禅寺ご用達の服部さんの豆腐、焼き豆腐、すし揚げ、おから、絹あげ、ひろうすなどもあります。こちらの建物もコーポ下大路。

Ani_1005a

「ツルヤ」鮮魚店で人柄の良い女将さんと大将が信頼のおけるお魚を提供してくれます(お店の表は向うにあります)。左から吉田山を越えてきた「神楽坂通」が横切ります。今日はここまでです。

Ani_1006a

お帰りの際には、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Ani_1009a

|

« 城南宮 春の山と平安の庭 | トップページ | 吉田東通を歩く 南部 »

コメント

「さのやビル」
変わった名前のコロッケ屋さんですね。
でも、注文してから揚げてくれるということで、
近くの人なら、そのままチンせず食卓に出ているかもしれませんね。

投稿: munixyu | 2024年2月29日 (木) 20:06

こんばんは。ゆーしょーです。
つい先日何かで読みましたが京都の銭湯が
最盛期の頃に比べ今ではその10分の1に
なっているとか。
そういえばわが家の周囲にあった4軒の銭湯が
今では1軒になっています。
そこは若い後継者があったのです。
ポチ♪2

投稿: ゆーしょー | 2024年3月 1日 (金) 00:19

★munixyuさん こんばんは♪
住宅街のコロッケ屋さんは便利かもしれませんね。学生さんもお得意だそうです。

投稿: りせ | 2024年3月 7日 (木) 00:25

★ゆーしょーさん こんばんは♪
学生さんも、マンション暮らしで自宅にバスやシャワーがあるので、銭湯が少なくなるのは仕方がないかも知れませんね。でも最近まで残った銭湯がなく原因は、後継者がいないことが多いそうです。

投稿: りせ | 2024年3月 7日 (木) 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 城南宮 春の山と平安の庭 | トップページ | 吉田東通を歩く 南部 »