« 八坂通を下る 庚申堂まで | トップページ | 紅葉散歩 竹中稲荷と宗忠神社 »

2023年11月21日 (火)

紅葉散歩 吉田神社

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Ang_8045a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日は紅葉の様子が気になって吉田山周辺の寺社に行ってきました。上は京大正門前(旧東一条)のバス停から見た東大路、街路樹が黄色に色づいていました。

京都大学の正門前を通る吉田神社の参道を通って、下の一の鳥居からは吉田神社の境内です。

Ang_8060a

二の鳥居、ここから石段と車が通る坂道に分かれます。今年の節分と6月の紫陽花の頃に記事にしたので、今日は吉田神社の説明は省略します。

Ang_8073a

坂道の横にある「吉田幼稚園」、アスレチックのような遊戯が見えます。

Ang_8076a

石段を上ります。

Ang_8082a

石段上の高台は広場になっていて、山際に摂社の「若宮社」があります。

Ang_8083a

吉田神社の社殿がある領域は玉垣で囲まれています。

Ang_8085a

二の鳥居をくぐると「拝殿」があり、節分の日にはここで追儺(ついな)式が行われます。

Ang_8091a

「本宮(本殿)」 健御賀豆知命(たけみかづちのみこと)、伊波比主命(いわいぬしのみこと)、天之子八根命(あめのこやねのみこと)、比売神(ひめがみ)を祀ります。

Ang_8098a

この日は神前結婚が行われていました。

Ang_8099a

授与所の前に鮮やかな紅葉がありました。

Ang_8105a

「社務所」の玄関

Ang_8109a

ここで、ちょっと珍しい現象を見ました。向うの龍澤池のあたりだけ雨が降っていて、あまりの珍しさに驚いて写真を撮るのも忘れてしまいました。すぐに雨は止んで、気を取り直して池の横を通って吉田山の山上に向かいました。

Ang_8111a

「龍澤池」 吉田山はかっては神楽岡といい、平安京造営以前から雷神を祀る霊地だったそうです。ここに奈良の猿沢の池を模した池をつくったところ、どんな日照りでも水が枯れず、村人たちは池の周りで雨乞いの儀式をしたと伝わっています。

Ang_8116a

上の伝承を知っていたのでかなり動揺しました。霊的な現象は信じていないのですが、地形によってこの場所に集中的に雨が降ったのか、偶然だったのは分かりません。左は「菓祖神社」、右の鳥居をくぐって山道を歩きます。

Ang_8124a

今年の紅葉は例年よりも遅いとされ、延暦寺の横川でも紅葉が遅れていました。しかし、昨日は所々で見かけるカエデの紅葉はかなり進んでいました。

Ang_8128a

また、夏は猛暑で雨が少なく、秋の冷え込みや天候不順によって紅葉の色合いが危ぶまれていました。最近ようやく気温が下がって日差しがある日が続いたからか、思ったより綺麗に色づいていました。

Ang_8133a

「山蔭神社」藤原山蔭と恵比須神を祀ります。

Ang_8137a

山蔭神社の前が開けていて見晴らしがよくなっています。秋らしい景色になってきました。

Ang_8141a

さらに坂道を上ります。

Ang_8149a

「斎場所 大元宮」 吉田神道の始まりの神(虚無大元尊神)を祀り、そこから八百万(やおよろず)の神々が生まれ、全国の神々の様々な御神徳を授かることができるとされます。

Ang_8150a

大元宮は吉田神道の根元殿堂で、正月3日間と節分祭、および毎月1日に限り、その本殿や東西諸神社などの特別参拝があります。

Ang_8155a

ここから吉田山の山上にある竹中稲荷と宗忠神社に向かいました。大元宮の横にある鳥居には竹中稲荷大神の扁額があります(最後の写真)。

Ang_8156a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Ang_8165a

 

|

« 八坂通を下る 庚申堂まで | トップページ | 紅葉散歩 竹中稲荷と宗忠神社 »

コメント

珍しい現象。向うの龍澤池のあたりだけ雨が降っていて、すぐに雨は止んで。
これは、片時雨でしょうね。冬に起きる現象ですが、僕は見たことはありません。
見れたのは、幸運だと思います。
俳人が数人いたら、季語なので、その場で句会になってしまうかもしれません。

投稿: munixyu | 2023年11月21日 (火) 13:28

こんばんは。ゆーしょーです。
吉田神社で神前結婚をしていたのですね。
という僕も数十年前、神前式をしました。
あれから60年以上も過ぎました。
次はプラチナ婚です。
ポチ♪2

投稿: ゆーしょー | 2023年11月22日 (水) 00:11

★munixyuさん こんばんは♪
片時雨というのですか。名前があることだけで、ちょっと安心しました。

投稿: りせ | 2023年11月22日 (水) 01:03

★ゆーしょーさん こんばんは♪
夫婦ともに長生きしていることは幸せですね。

投稿: りせ | 2023年11月22日 (水) 01:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八坂通を下る 庚申堂まで | トップページ | 紅葉散歩 竹中稲荷と宗忠神社 »