« 鷹峰・光悦寺と各地の光悦垣 | トップページ | 滝口寺 その後の滝口入道 »

2022年12月 9日 (金)

祇王寺 敷き紅葉

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amo_6988b
※写真は全てクリックで拡大します。

先日の記事の二尊院を出て、嵯峨野路を北に歩いたところにある祇王寺を訪れました。ここは庭に散紅葉が積もった「敷き紅葉」が見事なことで知られます。今日の記事は、何年かの記事を再編集してお届けします。

Jnc_3903a

「祇王寺」は、山号を高松山といい、真言宗大覚寺派に属する大覚寺の塔頭です。『平家物語』に登場する白拍子姉妹・祇王と祇女ゆかりの寺として知られています。

Amo_7035a

平安時代の末、法然上人の門弟良鎮によって往生院が創建されました。往生院は山上山下にわたって広い寺域を占め、数多くの坊が建ち並んでいたといいます。三宝寺はその支院で、融通念仏弘通道場として栄えました。

Amo_6962a

祇王寺も三宝寺と同様に往生院の一院だったといいます。(拝観順路は苔庭の周りを一周するようになっていて、その周回路の右手の垣根の中には石仏や花壇などがあります。)

Amo_6971a

中世以降に往生院は荒廃し、三宝寺とささやかな尼寺の祇王寺だけが残されました。

Amo_6969a

平清盛の寵愛を失い、尼となった白拍子・祇王と、妹の祇女、母の刀自(とじ)らがこの寺にこもり尼僧として余生を送ったことにちなんで、祇王寺とよばれるようになりました。

Amo_6975a

やがて祇王寺も廃絶してしまいましたが、江戸時代になって再建されました。明治政府の神仏分離令後(1868年)の廃仏毀釈により、祇王寺は廃寺となり大覚寺がその跡地や墓と仏像を管理しました。

Amo_7014a

散策路の途中に竹林があります。

Amo_6956a

大覚寺門跡の楠玉諦師はこれを惜しみ、再建を計画していた時に、元京都府知事北垣国道氏が祇王の話を聞き、明治28年に嵯峨にあった別荘一棟(茶室)を寄付しました。この建物が現在の本堂です。

Jnc_3972a

そして、楠玉諦師や文人画家、儒学者の富岡鉄斎らの尽力によって1895年に祇王寺は再建され、水薬師の智鏡尼が住職となりました。1902年には大覚寺から本尊の大日如来像、平清盛、祇王、祇女、刀自、仏御前の木像、墓を当寺に遷しました。

Jnc_3975a

この尼寺も荒廃してしまいましたが、1936年に高岡智照が無住の寺に入り、祇王寺を再興しました。高岡たつ子(のちの智照)は親に騙されて花街に売られましたが、新橋で美貌の人気芸妓になりました。

Amo_6953a

芸妓時代に、情夫への義理立てに小指をつめたことで有名になり、絵葉書のモデルとして人気を集め、海外でも"Nine Finger Geisha"として知られました。

Jnc_4050a

高岡智照は1919年に北浜の相場師で映画会社社長の小田末造と結婚しました。夫について渡米して帰国後、夫婦仲がうまくいかなくなり、2度の自殺未遂を起こしました。本堂の丸窓は「虹の窓」というそうです。

Amo_7024a

独りでアメリカからヨーロッパを渡り歩き、帰国後の1923年には小田照葉の名で映画『愛の扉』に主演。1925年に離婚が成立して、医者と再婚しましたがこれも破綻し、大阪でバーを経営しました。

Amo_7028a

本堂横の手水鉢、どういう仕組みが分かりませんが水琴窟になっています。

Joa_6211a 

1928年には自伝『照葉懺悔』、その後も自らの体験を綴った本を出版し、1935年に久米寺で得度し、智照を名乗りました。39歳のときです。(本堂と垣根を隔てた山際に墓地があります。)

Amo_7003a

翌年、寂れていた京都の祇王寺の庵主となり復興させました。以後、祇王寺は傷ついた女性たちの心の拠り所として話題を集め、智照は瀬戸内寂聴の小説『女徳』のモデルになりました。左の「宝筐印塔」が祇王、祇女、母刀自の墓、右が平清盛の供養塔、

Amo_7034a

どちらも鎌倉時代に造られたものだそうです。高岡智照は明治、大正、昭和を生き抜き、平成6年(1994)に98歳で亡くなりました。上の宝筐印塔の横に智照の墓があり、いつも花が供えられています。

Jnc_4028a

ところで、以前「まろみちゃん」というカワイイ猫がいて、よく本堂の虹の窓の下に座っていました。受付の方と話しをすると「連れて帰ってもいいですよ」なんておっしゃっていて、飼い猫ではなくかってに境内に住みついていたようでした。

Amo_6995a

それでも皆さんから可愛いがられていたようで、20歳まで生きて現在は木像になっていました。

Amo_7020a

受付の横の垣根

Amo_6952a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amo_7015a

|

« 鷹峰・光悦寺と各地の光悦垣 | トップページ | 滝口寺 その後の滝口入道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鷹峰・光悦寺と各地の光悦垣 | トップページ | 滝口寺 その後の滝口入道 »