« 妙蓮寺 秋の境内 | トップページ | 粟田祭 始まる »

2022年10月 7日 (金)

壬生狂言と円覚上人

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnq_0998a
※写真は全てクリックで拡大します。

10月8日から10日の3日間、壬生狂言が行われます。舞台となる壬生寺は新選組ゆかりの寺として知られていますが、今日はこの寺を中興した円覚(えんがく)上人と壬生狂言の物語を紹介します。(上は坊城通に面する表門⑦。)

今年の壬生狂言の情報をもとに、過去の記事を再編集してお届けします。下は壬生寺の境内図で、文章中の建物の番号は地図のものと同じです。

Jmg221007a

「一夜天神堂」⑥ 菅原道真が左遷されたとき壬生の親戚で一夜を明かした伝説があります。江戸時代前期に支院・寂静庵の開祖・託願上人の夢枕に道真が立ち、託願は神像を刻み、一夜で知恵を授かる一夜天神としました。江戸時代の1852年の再建。

Imi_0159x

「壬生寺」は平安時代の正暦2年(991)園城寺(三井寺)の快賢僧都によって創建された律宗の寺院で、古い名を地蔵院あるいは宝幢三昧寺などと称しました。 (「本堂」①、中央の参道の両側にお堂がありますが、後で立ち寄ります。)

Jnq_1012a

快賢は仏師・定朝に命じて3尺の地蔵菩薩坐像を造らせ本尊としました。都の表鬼門の比叡山に対して、裏鬼門を守護するためともいわれます。その後、朝廷や大名、幕府などからの庇護が続きました。「鐘楼」⑧ 嘉永4年(1851)に再建、梵鐘は嘉永元年(1848)の鋳造。8月の精霊迎え鐘や、大晦日の除夜の鐘として希望者が撞くことができます。

Jnq_1021a

特に、平安時代の白河天皇に篤く信仰され、「地蔵院」の勅額、寺号を贈られ、その発願によって毎年2月に節分厄除大法会が始められました。鎌倉時代には円覚上人によって中興されましたが、詳しい話は後ほど。「南門」

Jnq_1019a

昭和37年(1962)本堂を全焼し、本尊地蔵菩薩像を含む多数の寺宝を失ってしまいました。本堂の左隣にある「千体仏塔」⑨は千体の石仏がパゴダ状に祀られています。

Jnq_1016a

新たに延命地蔵菩薩立像(重文)が、律宗総本山唐招提寺から遷されて本尊とし、昭和45年(1970)に新本堂の落慶法要が行わました。他に「鑑真和上坐像」が安置され、これは姉妹寺院の中国揚州・文峰寺との間で造立された2体の像の一つです。

Jnq_1015a

表門からの参道に戻り「阿弥陀堂」④は阿弥陀三尊(阿弥陀如来、観音如来、勢至如来)」を祀ります。お堂を通り抜けた先に弁天池があり、その中ノ島が「壬生塚」⑬と呼ばれ、歴代住持や新選組隊士の墓や供養塔があります。

Jnq_1044a

阿弥陀堂の隣に「弁天堂」⑪があります。清水寺の延命院から遷された辧財天(秘仏)が祀られています。かって境内の西北にあった池の畔に鎮座して、戦後に現在地に移されました。水神で、寺の鎮守、蓄財、子孫繁栄、金運上昇のご利益があるとか。

Jnq_1007a

鎌倉時代に壬生寺を中興したのは律宗の僧「導御(どうぎょ)」(1223-1311)で、円覚上人はその通称です。(「水掛地蔵堂」③ 江戸時代の1649年作の石仏「水掛地蔵菩薩」が安置されています。)

Jnq_1008a

円覚は大和国(奈良県)の大鳥広元の子としてに生まれましたが3歳のときに父が死に、再婚した母は彼を養育することができずに捨て子にしました。(地蔵菩薩に水を掛けて祈ると願いが一つかなうといわれます。)

Jnq_1010a

向かいに「中院(ちゅういん)」⑩があります。壬生寺に唯一残る塔頭で、本尊は鎌倉時代作の十一面観音菩薩、洛陽三十三所観音霊場第28番札所、福寿無量、健康長寿の信仰があるそうです。

Jnq_1003a

円覚は東大寺に拾われて養育され、18歳で唐招提寺中興第2世長老証玄の弟子として出家。以後、法隆寺、法起寺の勧進・修造活動に奔走しました。(「歯薬師如来」は、京都十二薬師第4番札所の本尊で、歯の病平癒の信仰を集めています。)

Jnq_1052a

文永5年(1268)ごろ、法隆寺夢殿に参籠して融通念仏を弘めるようにとの聖徳太子の託宣を得て活動の拠点を京都に移し、法金剛院、壬生寺、清涼寺などの勧進・復興活動を行いました。(本堂の右横にも石仏・石塔があります。)

Jnq_1026a

円覚上人の教えは大人気で、数十万人の人々が集まったといわれます。上記の寺院において融通大念仏会を催し、その結縁者が10万人に達するごとに供養を行ったので「十万上人」と呼ばれました。(「寺務所」⑮ 中に庭園があり、御朱印が頂けます。)

Jnq_1028a

円覚は、正安2年(1300)に「大念佛会」を行い、大群衆に声が届かないので、身ぶり手ぶりの無言劇にした持斎融通(じさいゆうづう)念佛を考案しました。(境内の北西には寺が経営する老人ホーム「ウェル・エイジみぶ」があります。)

Jnq_1055a

持斎融通念佛が壬生狂言の始まりと伝えられ、仮面をつけた演者が、鉦や太鼓、笛の囃子に合わせ、無言で演じます。近世には大衆の娯楽としても発展、能や物語などから題材が取り入れられました。 寺務所の西にある「壬生寺保育園・壬生寺会館」

Jnq_1023a

北門の横に「三福川(みぶがわ)稲荷堂」⑫があります。近くを流れる壬生川にちなんだ名で、かって壬生寺の鎮守社だったといわれます。稲荷神は子孫繁栄、商売繁盛のご利益があるとされます。

Jnq_1074a

「大念仏堂」②は安政3年(1856)の再建で、綱わたりの芸をする「獣台」や鬼などが飛び込んで消える「飛び込み」などの装置を持つ、他に類例を見ない特異な建造物として、 昭和55年に国の重要文化財に指定されました。

Jnq_1069a

壬生狂言は一般の能狂言とは異なり、演者が仮面をつけ一切「せりふ」を用いず、勧善懲悪、因果応報を教える宗教劇としての性格を残し、昭和51年に京都で初めて国の重要無形民俗文化財に指定されました。現在、演目は全部で30あります。下はおなじみの演目「道成寺」。

Img_210902a

「炮烙(ほうろく)割り」 毎年、春・秋の壬生狂言の毎日初番として演じられ、多数の炮烙を割ります。2月の節分に参詣して、厄除開運の素焼きの炮烙を求めて寺に奉納したものです(壬生狂言の演目の写真は壬生寺のHPからの転載です)。

Img_210902c

今年の演目は以下のとおりです。

10月8 日(土)1 炮烙割 2 道成寺 3 土蜘蛛 4 大黒狩 5 餓鬼角力 6 棒 振
10月9 日(日)1 炮烙割 2 桶 取 3 紅葉狩 4 花 折 5 大江山  6 棒 振
10月10日(祝) 1 炮烙割 2 玉藻前 3 花盗人 4 賽の河原 5 蟹  殿  6 棒 振

「桶取」 壬生狂言で最も重要な曲目。壬生寺の近くの「照子」という美しい白拍子を金持が見初め、さんざんにロ説いて馴染みとなりますが、懐妊中の妻は嫉妬のあまり狂死してしまいます。両人は悔いて妻の霊を慰めるために円覚上人の導きで出家しますが、何故か妻が狂乱する所までしか演じられません。照子の独特の踊りが見ものです。

Img_210902d

「大黒狩」 かつて僧侶は戒律によって妻帯は許されなかった。しかし密かに妻を持つ者が露見すると、僧侶の身分を剥奪され、寺を逐われるという制裁があった。大黒天は福の神で台所を守る神という性格も持ちます。このことから、特にお寺の奥さんを「大黒さん」とも呼ぶ。この狂言は、この「大黒さん」を隠し持つ僧侶を戒める教訓劇です。

Jmg221007e

「餓鬼角力」 壬生寺の本尊は地蔵菩薩です。その地蔵菩薩はいつも弱い餓鬼(亡者)の味方であり、地獄の鬼から守って下さるということを、鬼と餓鬼の相撲試合によって表現した狂言です。

Jmg221007d

「紅葉狩」 名将の誉れ高い平維茂は、狩りの途中に一人の美女に魅せられ、酒宴で毒酒をもられます。神のお告げで鬼女であることを知り授けられた刀で鬼女を退治します。壬生狂言では神の代わりに壬生寺の本尊・地蔵尊が維茂を助けます。壬生狂言の演目の中で歴史が古く、格調高いものの一つだそうです。

Jmg221007g

「棒振」 春、秋の狂言公演の最終日の、最後の演目です。この棒振だけは覆面と赦熊をするだけで仮面はつけず、囃子もかねだけで、太鼓と笛は入らない。大念佛講全員が素面で舞台に並んで扇子を持ち、かねに合せて「チョウ、ハ、サッサイ」と棒振をはやす。この棒振は筋書きがなく、厄が払われ、悪病にかからないと信じられていました。

Jmg221007f

ところで、円覚上人は持斎融通念佛会によって生き別れた母と再会したといわれます。その母子再会譚は「嵯峨大念仏会」(下)を舞台とする謡曲「百万」の題材になっています。

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Dsh_4244a

|

« 妙蓮寺 秋の境内 | トップページ | 粟田祭 始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妙蓮寺 秋の境内 | トップページ | 粟田祭 始まる »