« 祇園祭始まる 2022年日程 | トップページ | 紫陽花の咲く風景 濠側と十石舟 »

2022年7月 3日 (日)

宗忠神社 神井戸の謎

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Dsk_2366a
※写真は全てクリックで拡大します。

吉田山山頂にある竹中稲荷神社と山越えの道をはさんで宗忠神社があります。山越えの道は神社の車参道でもあり、真如堂が近くに見えます。今日はこの神社の境内に掘られた「神井戸」の謎を紹介します。

Dsk_2363a

「宗忠神社」は黒住教の教祖・黒住宗忠を祀る神社です。宗忠は、江戸時代の安永9年(1780)備前国(岡山県)の今村宮の神主の家に生まれました。

Dsk_2370a

文化11年(1814)の冬至の日、朝の太陽を拝しているうちに神人一体の霊感を受け、黒住教を創始したとされます。以後、宗忠は布教を重ね嘉永3年(1850)に亡くなり、幕末の安政3年(1856)朝廷から「宗忠大明神」の神号を与えられました。

Dsk_2373a

高弟の赤木忠春は美作(岡山県)の出身で眼病のため失明しましたが、宗忠の教えによって視力を回復したといわれます。宗忠の死後、忠春は京都で黒住教の布教に努めました。

Dsk_2375a

文久2年(1862)に吉田神社からこの地を譲渡され、宗忠を祀ったのが宗忠神社です。(奥の本殿の左に宗忠大明神、右に二条家より遷した天照大神を祀っています。)

Dsk_2377a?

幕末の慶応元年(1865)には孝明天皇の勅願所とな り、民衆だけでなく皇室や二条家、九条家などの公家からも深い崇敬を受けることになりました。「拝殿」は昭和12年(1937)、奥の本殿は明治46年(1912)の改築。

Dsk_2380a

拝殿の左の摂社「忠春社」は忠春を祀っています。

Dsk_2382a

ところで、神社が創建されて間もなく境内に井戸を掘ることになりました。しかし、宗忠神社は山上に建っているため、水が湧き出ることは期待できませんでした。*山では、より高い部分に蓄えられた水が湧き出すのが普通です。

Dsk_2383a

人夫も赤木忠春に水は出ないだろうといいます。忠春はとにかく30尺(10m)ほど掘ってみるように命じ、人夫もそれに従い掘りましたが、やはり水は湧き出ませんでした。

Dsk_2381a

忠春は人夫に明日の朝、再び井戸を見に来るようにいい、その夜、神前に供えた御神水を井戸に注いで一心に祈りました。(下の写真の左が井戸。)

Dsk_2389a

翌朝、再び神社に訪れた人夫が井戸に向かって石を投げ込んでみると、水が湧き出す音がしてきたそうです。井戸は「神井戸」と呼ばれ、御神慮にかなわないことが起こると濁ると伝えられています。

Amx_0387a

実際に上のようなやり取りがあったかどうかは分かりません。しかし、その後吉田山の地形の調査が進むと山頂付近から10mの深さで水が湧き出すことはありうることだと考えられています。「神楽岡中教会所」この日は結婚式が行われたようです。

Amx_0445a

吉田山は、南北800m、東西300m、周囲の平地より50-60m突出していて、古生層を基盤とした洪積層の丘陵です。北端は今出川通に面して急崖をなしています。(銀閣寺展望台からの吉田山)

Jod_1857a

西端を花折断層が通っており、比叡山地・東山の北白川扇状地から、活断層の花折断層が繰り返し水平ずれを起こして吉田山が分離・隆起したと考えられています。(吉田神社の二の鳥居)

Amx_0129a

一方、吉田山の北に隣接する扇状地には縄文中期から晩期の遺跡が発見されています。これらは扇状地の西端部の低湿地の中の微高地にあることが分かっています。吉田神社の石段は花折断層の断層崖です。

Amx_0142a

結局、吉田山はもともとは扇状地の西端の水が湧き出す低湿地が隆起した丘陵なので、山頂から深くないところに水脈が通っていると考えられています。(春には桜のトンネルとなります。)

Dsk_2395a

下の鳥居まで来ると、真如堂が見えてきました。

Dsk_2405a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amx_0479a

|

« 祇園祭始まる 2022年日程 | トップページ | 紫陽花の咲く風景 濠側と十石舟 »

コメント

神井戸。
10m掘れば湧いてくる可能性があるといえど、
井戸を当てるだけでも難しいので、
やっぱりお祈りの力なんだと思います。
こういう話は、結構信じる方です。
ご利益ありそうですね。

投稿: munixyu | 2022年7月 3日 (日) 16:45

★munixyuさん こんばんは♪
井戸を掘りあてるための、特殊な能力があるのかも知れませんね。

投稿: りせ | 2022年7月 5日 (火) 02:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祇園祭始まる 2022年日程 | トップページ | 紫陽花の咲く風景 濠側と十石舟 »