« 大和大路七条から正面通へ | トップページ | 菅原道真の産湯の謎 »

2022年6月18日 (土)

鴨川 土木遺産に選奨される 

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Anb_4692a
※写真は全てクリックで拡大します。

半木の道の北の入口に「土木学会選奨土木遺産 賀茂川・鴨川河川構造物群」というプレートがあります。選奨土木遺産は、土木学会が平成12年度より始めた事業で、土木遺産の顕彰を通じて、歴史的土木構造物の保存に資することを目的としています。

Anb_4693a

選奨内容は以下の通りです。所在地:京都府京都市北区、左京区、東山区、上京区、中京区及び下京区、柊野堰堤から七条大橋付近(約10km)までの玉石張・雑割石練積低水護岸、床止堰堤、みそゝぎ川。

Anb_0205a

竣工年:1947(昭和22)年、ただし、左岸の七条大橋から三条大橋間(約2.3km)は、1999(平成11)年に改修工事完了。選奨年:2019(令和元)年 *写真はしばらく今年の桜散歩です。

Anb_0211a

選奨理由:戦前に景観に配慮した設計を行い、我が国有数の河川景観と親水空間創出に貢献した貴重な土木遺産である。選奨プレートは三条大橋下流右岸スロープ下と四条大橋下・鴨川ギャラリーにも設置されています。

Anb_0214a

内容について少し説明します。鴨川では1935(昭和10年)の大水害後、翌1936年に京都の鴨川改修計画が作成されました。鴨川は、御所をはじめ千年の歴史をもつ社寺・史跡・風物のある市街地を流れていることが社会的特徴であるとして、

Anb_0283a

治水上支障のない限りにおいて鴨川の風致を配慮した計画となりました。実際の工事が竣工したのは昭和から平成にかけてです。

Anb_0316a

具体的にはコンクリートの露出をできるだけ避け、低水護岸(川に接する内側の部分)では玉石張・雑割石練積を中心にして行われました。玉石張は傾斜が1割以上の場合、石積みは1割以下の場合に用いられる工法です。

Anb_0322a

石張りも石積みも下はコンクリートで固定しています。床止堰堤とは下のような堰のことで、河川の勾配を安定させ、川底が削られるのを防く働きがあります。

Anb_0389a

昭和11年から始まった鴨川の改修工事の答申書では、京都を「本邦唯一ノ国際的観光都市」と位置づけ、鴨川を「京都ノ優雅ナル情景ヲ保持シツツアリ」としました。以下の写真は季節が変わります。

Jmv_2956a

右は「みそそぎ川」 以前の鴨川の水面もこの高さだったそうで、高水敷にみそそぎ川が設けられています。丸太町通の下で鴨川から取水され、五条手前で再び鴨川に戻されます。

Jmv_2937a

昔から鴨川での夕涼みは京都市民に親しまれ、夏には納涼床が張り出されて京都の風物詩となっています。みそそぎ川の存在が土木遺産の選奨の重要な要素となったようです。

Amr_9439a

ところで、この土木遺産選奨の根拠となったのは、栢原佑輔・林倫子・荻野幹・谷川陸、戦前の鴨川改修計画における河川構造物の風致維持手法とその継承実態、土木史研究・講演集、Vol.39、pp.81-88、2019.6です。

Amr_9390a

筆頭著者の栢原佑輔さんは、関西大学環境都市工学部都市システム工学科景観研究室に所属、その修士論文が選奨理由となりました。新型コロナのために認定書授与式は中止となりましたが、

Amr_9406a

TOPの写真の横にある京都土木事務所で修士論文の成果報告を行い、集まった職員の皆さんに祝福されたそうです。

Amy_0728a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmv_2979a

|

« 大和大路七条から正面通へ | トップページ | 菅原道真の産湯の謎 »

コメント

土木遺産ですか。
これはまた凄いことですね。
川を見る目が変わってきますよね。

投稿: munixyu | 2022年6月19日 (日) 18:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大和大路七条から正面通へ | トップページ | 菅原道真の産湯の謎 »