« 京の名水をめぐる 伏見編 | トップページ | 北座物語 »

2022年6月10日 (金)

京の名水をめぐる 東山の水

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnn_6061a
※写真は全てクリックで拡大します。

今日は京都の名水めぐりの3回目で、東山方面です。

「北白川天神宮」平安京以前の8世紀前半、白川村の久保田の森(現在地の南西)に病気平癒健康長寿の神・少彦名命(すくなひこなのみこと)を祀る天使大明神があり、室町時代の文明年間(1469-1487)8代将軍・足利義政が社殿を現在地に移しました。

Jnn_5687a

鳥居をくぐると、右に「花塚」と「白川女の顕彰碑」が。平安時代から白川一帯は花畑が広がり、花売りの白川女が、頭の藤蓑に花を載せて「花をいらんかえ」と売り歩いたといいます。現在でもその伝統は続き、時代祭にも登場します。

Jnn_5727a

ここから石段になりますが、その右手前に手水舎があります。この水は名水とされ、遠方から汲みに来られる方もあるとか。

Joc_2170a

足利義政が北白川天神宮の社殿を移したのは別荘東山殿(銀閣寺)を造営中のときでした。 銀沙灘(ぎんしゃだん)と向月台、「銀閣」(国宝)。

Jod_1732a

見晴らし台に行く途中に湧き水の石組「お茶の井」が残っています。湧き水はかって義政の茶の湯に使われ、現在でも茶会に用いられているそうです。1984年から1987年にかけての調査で、蹲踞(つくばい)の原型となったと考えられています。

Jod_1832a

ところで、記事の題名の「東山の水」とは、立正大・河野忠教授、福島大・藪崎志穂特任助教、カッパ研究会世話人・京都産業大学教授・鈴木康久さんらの研究によるものです。「金戒光明寺 栄摂院」

Amx_0789a

研究グループは平成 21年(2009)から 3 年かけ京都盆地を中心に江戸時代の都名所図会などで確認できた名水、寺社や和菓子店や酒蔵など計217ヵ所の井戸水や湧き水を採取、分析しました。発表は日本地下水学会の学会誌、図は京都新聞より。

Amg220610b

その結果、上図のように京都盆地の地下水の水質は市内では同じ軟水でも成分別に大きく4分類されることが分かったそうです。栄摂院の本堂右に、「黒谷明星水」という名水が湧く井戸があります。

Amx_0731a

明星水の名は、井戸水に空から明星が落ち、そこから菩薩が現れたという伝承が由来だそうです。当時の皇族や公家の方々が、この明星水を使ってお茶を楽しんだといわれています。横に庭園があります。

Amx_0736a

一方、関西大学環境都市工学部長・教授・楠見晴重氏らは、反射法地震探査や重力探査、約8000本ものボーリングによるデータから京都盆地の地下水量を調べた結果、琵琶湖の水量に匹敵する211億トンの地下水があることを発見しました。

Amg220610a

楠見氏はこれを「京都水盆」と名付け、京都はこの水盆に浮かぶ水の都であることを示しました。「八坂神社」の石段

Jna_2895a

「祇園神水」 新しく地下90mから汲み上げられたもので、「力水」との呼び名もあります。平安の昔から八坂神社本殿の下には、竜穴と呼ぶ底無し井戸があるといい伝えられています。

Jna_3021a

Amy_3029a

「美御前(うつくしごぜん)社」 三女神(宗像三女神)を祀り、右に神水「美容水」が湧きます。美を象徴する神とされ、祇園の芸舞妓、美容理容、化粧品業者の崇敬を集めています。

Jna_2944a

「正法寺」は時宗霊山派の本山で、山号を霊山(りょうぜん)または霊鷲山(りょうじゅせん)といいます。山号がこの辺りの地名、霊山の由来になっています。霊山護国神社のそばにあり、横の木戸から入ります。

Jny_0510a

本堂の右奥に「鏡水(かがみのみず)」と呼ばれる井戸があります。今も水が湧いていて、藤原明衡(989 -1066)は詩で「洞水」、菅原孝標女(1008-1059)の『更級日記』では「山の井」と詠われています。

Jny_0584a

「法然院」 哲学の道にある浄土宗系単立寺院。鎌倉時代の初め、法然が鹿ヶ谷の草庵で弟子の安楽・住蓮とともに、念佛三昧の別行を修し、六時礼讃を勤めた旧跡です。

Amy_5361a

方丈庭園は中央に阿弥陀三尊を象徴する三尊石が配置された浄土庭園です。その池には京の名水として名高い清水「善気水」が湧出ています。

Dsn_2961b

「泉涌寺塔頭・来迎院」 大同元年(806)弘法大師が唐土で感得した三宝荒神を奉安して開かれたと伝えられています。後の鎌倉時代1218年、藤原信房が帰依して寺は興隆しました。

Jnz_6321a

本堂の横の石段の上の「広幅殿荒神堂」は来迎院の鎮守社で、木像荒神坐像一躯、木像護法神立像五躯(共に重文)、布袋様などが安置されています。

Jnz_6332a

上の写真の右の祠の中に、弘法大師が独鈷で掘り当てたといわれる独鈷水が湧いていて、泉山三名水の一つです。

Jnz_6345a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amy_5402a 

|

« 京の名水をめぐる 伏見編 | トップページ | 北座物語 »

コメント

京都は、本当に水が豊かなんですね。
水道水がなくても、生活できるのかもしれませんね。
地下水が豊富だと、頼もしいですよね。

投稿: munixyu | 2022年6月10日 (金) 20:29

★munixyuさん こんばんは♪
古いお家は井戸があるので助かるかも知れませんね。

投稿: りせ | 2022年6月15日 (水) 01:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京の名水をめぐる 伏見編 | トップページ | 北座物語 »