« 京の名水めぐり 西山の水(その3) | トップページ | 鴨川 土木遺産に選奨される  »

2022年6月17日 (金)

大和大路七条から正面通へ

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Anb_1936b
※写真は全てクリックで拡大します。

先日豊国神社を訪れたとき、途中のお店や旅館、史跡などを見て歩きました。上は交差点北東にある「東山警察署大仏前交番」、かってこの近くに大仏があったことを示しています。

横にある道標には「左 豊国神社へ是より一丁、右 豊国廟参道口へ是より一丁、大正十四年十一月建之」と記されています。

Anb_1939a

大和大路通をはさんだ向かいは以前からパーキングです。

Anb_1940a

「旅館 やまと」 京町屋の面影を残した風情あるお宿。京都国立博物館、三十三間堂の目前に位置し、清水寺や東福寺などへも徒歩圏内と観光にも最適です。

Anb_1943a

「東山PINE」 古民家を改装、ライブなども行った趣のあるカフェでしたが、2020年8月に閉店しました。板には「15年間パインをかわいがってくださったみな様ありがとう またどこかでお会いしましょう」と書いてあります。

Anb_1945a

「方広寺の石塁」 全国を統一しつつあった秀吉は、天正16年(1588)に方広寺とその石垣の建造を始めました。自分の権力を誇示するため、人目をひく巨大な岩が使われているのが最大の特徴です。昭和44年(1969)に国の史跡に指定されています。

Anb_1947a

博物館考古室による発掘調査によって、それぞれの石の奥行はあまりなく、板状の石を積み上げたことが分かりました。また、その裏側には大量の石仏や石塔が詰め込まれ、神をも恐れぬといわれた信長の城の石垣と同様だったそうです。

Anb_1951a

左の建物が「Seven view」 広くて清潔な部屋の2つ星ホテルです。

Anb_1953a

「京都和心館」外国人観光客に日本文化体験を提供してきたワックスジャパンが、その経験とノウハウを生かして、バリアフリーの京町家で文化体験、料理教室、葡萄体験などを提供。体の不自由な方でも利用できる施設とスタッフが常駐しています。

Anb_1956a

石塁の向こうは、京都国立博物館から豊国神社に変わります。

Anb_1965a

「木馬」 雰囲気のよい喫茶・軽食ですが、この日は既に閉まっていました。

Anb_2208a

「耳塚公園」 この変わった名前は向うにある耳塚からつけられました。この公園の右が正面通です。

Anb_1972a

「明治天皇御小休所下京第二十七区小学校阯」 明治5年(1872)に明治天皇が三重、大阪、伏見を経由して京都御所に入る前にこの地で休憩されました。明治2年に市民が開校した下京第二十九番組小学校は、明治5年に市の下京第二十七区小学校となりました。

Anb_1974a

「耳塚(鼻塚)」(国の史跡) 天下を統一した豊臣秀吉は、さらに朝鮮半島に侵攻(文禄・慶長の役1592-1598)、武将らは首級の代わりに、朝鮮軍民男女の鼻や耳をそぎ、塩漬にして持ち帰りました。それらは秀吉の命によりこの地に埋められ供養されました。

Anb_1981a

「専定寺(烏寺)」 1200年初め、専定法師が木陰で休んでいると、松の枝で二羽の烏が「今日は熊谷蓮生坊が極楽往生する」と話し南の空へ飛び去りました。

Anb_1994a

同時刻に蓮生坊が死んだことを知り、烏は熊野権現の使いとしてこの地に草庵を結んだのが始まりです。

Anb_1993a

「なかにしや京扇」 厳選された竹と絹織物によって作られる京扇子を、製造から販売まで一貫して行っています。同じ建物にある風香扇はオーダーメイド扇子の専門店です。

Anb_1990a

「甘春堂東店」 菓子でできた抹茶や煎茶茶碗、コーヒーカップなどが人気だそうですが、「大仏餅」はかって門前で売られていた当初の製法を今につたえ、「京大仏」の刻印が入っています。和菓子教室も開催されています。

Anb_1999a

店先にある道標には、「東 方広寺・南 三十三間堂」と刻まれています。

Anb_2003a

「水内杏平漆庵地」という石標が立っています。水内杏平(平一郎、1909-2001)は、迎田秋悦に漆工芸を学んだ漆工芸作家で、京都府文化功労者。

Anb_2005a

新匠工芸会に所属し、市立日吉ヶ丘高校・帝塚山短期大学などで教鞭をとりました。この石標は、この地が水内杏平の旧宅であることを示しています。

Anb_2007a

大仏殿があった方広寺はこちらが入口です。天正14年(1586)豊臣秀吉は奈良の大仏に匹敵する高さ六丈三尺(約19m)の木製金漆塗坐像大仏を造営しました。大仏が安置された大仏殿は文禄4(1595)年頃に完成しました。

Anb_2084a

その周囲には巨大な石垣がめぐらされました。この石標は現存する大仏殿石垣を示すもので、国指定史跡「方広寺石塁および石塔」(昭和44年指定)です。

Anb_2088a

この「正面通」の名称は、かっての方広寺の大仏の正面につながる通りであることに由来し、渉成園(枳殻邸)、東本願寺、西本願寺で中断します。両本願寺の正面の通りにもなっています。

Anb_2014b

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Anb_2207a

|

« 京の名水めぐり 西山の水(その3) | トップページ | 鴨川 土木遺産に選奨される  »

コメント

「東山PINE」
2020年8月に閉店ということは、
ここもコロナの影響ということでしょうね。
コロナが落ち着いたとき、日本は、世界は、
どうなっているのでしょうか。心配になってしまいます。

投稿: munixyu | 2022年6月17日 (金) 18:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京の名水めぐり 西山の水(その3) | トップページ | 鴨川 土木遺産に選奨される  »