« 京の名水をめぐる 鴨川流域 | トップページ | 京の名水をめぐる 伏見編 »

2022年6月 8日 (水)

大原女の小径にて

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Anb_6553a
※写真は全てクリックで拡大します。

今日は更新が遅れましたので、先日大原に行ったとき目についたものを紹介します。最初は大原のバス停前の「喰菜 やましょう」、麺類。丼物、定食の他に、鯖寿司もあります。

Anb_6555a

バス停前の交差点にある「飛び出し注意」の看板、滋賀県や山科でよく見かける気がします。

Anb_6562a

三千院への坂道の入口、ここは大原観光保勝会が設定した「大原女の小径」に当たります。

Anb_6572a

大原女の小径は寂光院と三千院・勝林院を結ぶルートです。毎年4月下旬に実施されている「大原女まつり」で、大原女の時代行列が巡行するルートでもあります。

Sekizou-map-5a

大原女の小径を中心に、大原の各所には「大原女石像」が配置されています。全部で24体の小さな石像ですが、見逃してしまうこともあります。左は「女ひとり」の歌碑。

Anb_6589a

立っている石像は珍しいかも。

Anb_6590a

三千院の参道から「志ば久」さんの見晴らし台に行く途中、他のお店の畑は厳重に囲いがしてあって立ち入ってはいけません。

Anb_6708a

見晴らし台から参道に戻る橋(おそらく志ば久さんの私設)、いつも季節の草花が飾ってあります。ネギ坊主?

Anb_6742a

和装小物の「洛禅」さんの店先、三千院前にもお店があります。

Anb_6755a

三千院の石段下まで来ました。左が石段、正面は来迎院への参道、右は一福茶屋。その右に念仏寺や出世稲荷神社への路があり、大原女の小径ではありませんが、石像が置かれています。

Anb_6773a

上のマップで三千院階段前とあるのはこちらです。シャゲが咲いていました。

Anb_6782a

三千院の「山門」前の「生きてごらんなさい桜」 工藤直太郎氏は英文学者の文筆家で、百歳を越えて家族のほとんどが先に逝っても、その文章は乱れを見せず格調高いものだったそうです。

Anb_6815a

その生きざまに感銘を受けた民謡研究家・竹内勉氏は「生きてごらんなさい 百歳の手紙」という書を出版しました。竹内氏と親交があった小堀光詮前門主は、工藤氏をしのんで、境内の桜にこの名を付けたそうです。

Anb_7282a

今年の春は三千院しか訪れていません。下は一福茶屋の飾り、お地蔵さんが洗練?されています。

Anb_6775a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Anb_7289a

|

« 京の名水をめぐる 鴨川流域 | トップページ | 京の名水をめぐる 伏見編 »

コメント

「大原女石像」
全部で24体ということですが、
こういうのを探すのって楽しいですよね。

投稿: munixyu | 2022年6月 9日 (木) 12:34

★munixyuさん こんばんは♪
いつか気が向いたら、写真を撮るかも知れません。

投稿: りせ | 2022年6月15日 (水) 01:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京の名水をめぐる 鴨川流域 | トップページ | 京の名水をめぐる 伏見編 »