« 南禅寺参道から二条通へ 2022年 | トップページ | 府立植物園 バラ園 その2 »

2022年5月20日 (金)

府立植物園 バラ園 その1

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Anb_9927a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日は府立植物園に行ってきました。上は今出川通から続くけやき並木のアプローチ、下は正門を入ったところに広がる「正門花壇」、1,2年生を中心とした季節の草花が植えられています。

花壇の手前に新型コロナ対策として園内での注意事項が書かれています。

Anb_9936a

最初に東南にある洋風庭園を訪れました。向うの植物園会館には、展示室や研修室、園芸サロン、植物園事務所があります。

Anb_9939a

洋風庭園には西洋シャクナゲ園、バラ園、沈床花壇があり、5月中旬から6月中旬頃までバラが見頃だそうです。

Anb_9944a

右にある「つるバラのトンネル」の前の花壇には、様々な品種のバラが植えられています。最初にお勉強のつもりでこの花壇の花とネームプレートを見て歩きました。

Anb_9952a

プレートには「プスタ Pussta 中香 1972年 ドイツ作出 F系」と書いてあります。F系とはフロリバンダ(多花)を表すそうです。

Anb_9955a

フロリバンダの最初に生まれたのが日本の野生種ノイバラとコウシンバラの交配でできたポリアンサ系です。「キャルゼール Carrousel 中香 1975年 アメリカ作出 F系」

Anb_9958a

そのポリアンサ系とハイブリッドティー系のバラを掛け合わせて、ハイブリッドポリアンサ系のバラが誕生しました。「タマンゴ Tamango 微香 1967年 フランス作出 F系」

Anb_9962a

後にフロリバンダローズと紹介されて世界中にその名前が知られる様になったそうです。「パーマネントウェーブ Parmanent Wave 微香 1932年 オランダ作出 F系」F系が続きます。

Anb_9964a

フロリバンダは中輪房咲きで多花、四季咲き性で長い間花を楽めるので、花壇やグランドカバーなどのガーデン用としても重宝されて、広く植栽されているそうです。「ムーンスプライト Moonsprite 強香 1956年 アメリカ作出 F系」

Anb_9970a

「マーガレット・メリル Margaret Merril 強香 1977年 イギリス作出 F系」

Anb_9973a

ところで、プレートに香りの強弱を書いてあるのは、バラの品種の重要な要素だからです。「八千代錦 Yachiyo‐nishiki 強香 1984年 日本作出 F系」

Anb_9977a

強香は、文字通り強い香りのことで、あたりに漂うほど強い香りを放ちます。「たそがれ Tasogare 中香 1970年 日本作出 F系」

Anb_9982a

中香は、顔を近づけるとわかる程度の強さの香りです。「花篭 Hanakago 中香 1970年 日本作出 F系」

Anb_9985a

微香は、人によっては香りがわかるかも知れないといった程度の芳香で、全く感じない人もいるそうです。「ロブ・ロイ Rob Roy 微香 1970年 イギリス作出 F系」

Anb_9988a

香りが全くない無香という品種もあるそうです。「キャルゼール Carrousel 中香 1975年 アメリカ作出 F系」

Anb_9992a

実際にはバラの香りはひとつではなく、現在のところ8種類の香りがあるとされています。「マ パーキンス Ma Perkins 中香 1952年 アメリカ作出 F系」

Anb_9996a

典型的な香りは甘さに特徴がある「ダマスク」で、他に「スパイシー」や「ミルラ」などが代表的な香りです。「ヴォーグ Vogue 強香 1951年 アメリカ作出 F系」

Anb_9999a

品種改良に伴って、複数の香りの複合や全く新しい香りの品種も確認されつつあるそうです。「ディリー・スケッチ Daily Sketch 強香 1961年 イギリス作出 F系」

Anc_0004a

向かいのつるバラのトンネルの方にはカワイイ花が咲いています。こちらは「ラベンダー・ドリーム Lavender Dream 1984年 オランダ作出 S系」

Anc_0263a

バラは樹形から、木立ち性(ブッシュ・ローズまたは木バラ)、半つる性(シュラブ・ローズ)、つる性(つるバラまたはクライミング・ローズ)の3タイプに分けられ、S系はシュラブ・ローズのことです。

Anc_0259a

この花壇にはまだ沢山の品種が植えられていますが、明日は他の花壇と合せて紹介していこうと思います。「ジーン・バーナー Gene Boerner 微香 1968年 アメリカ作出 F系」

Anc_0008a

「サプライズ Surprise 微香 1993年 ドイツ作出 F系」、最後は「ミモレ Mimore 微香 1975年 日本作出 F系」

Anc_0010a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Anc_0014a

|

« 南禅寺参道から二条通へ 2022年 | トップページ | 府立植物園 バラ園 その2 »

コメント

たくさんの薔薇。
これだけあれば、見ごたえがありますよね。
薔薇を見ていると、心が和みます。

投稿: munixyu | 2022年5月20日 (金) 18:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南禅寺参道から二条通へ 2022年 | トップページ | 府立植物園 バラ園 その2 »