« 湧泉寺と七面大天女 | トップページ | 深泥池 2022年初夏 »

2022年5月15日 (日)

新宮神社と松ヶ崎の水路

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Anb_9085a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事の湧泉寺を出て、北山通から一筋北の府道(上賀茂山端線、上賀茂本通)を西に行くと山際に鳥居が見えます。「新宮神社」はもともと「大比叡大明神」と称する独立の社でした。

Anb_9087a

徳治元年(1306)松ヶ崎村が日蓮宗に改宗した際、紀伊国(和歌山県)の熊野新宮から諾冊二尊を勧請し「新宮大明神」と改称し、昨日の記事の湧泉寺の前身寺院・妙泉寺の鎮守社となりました。

Anb_9093a

「記念碑」は日清・日露戦争で亡くなった兵士の忠魂碑です。昭和16年から20年にかけては多くの村の若者をここから戦場に送り出したそうです。

Anb_9091a

明治以前は妙泉寺の寺僧が新宮大明神の祭祀を行い、法華経・日像直筆の曼荼羅を神体として合祀しました。「拝殿」

Anb_9097a

明治政府の神仏分離令により、妙泉寺から分離して白鬚神社と称して猿田彦神(さるたひこのみこと)を合祀しました。明治20年(1887)社号を新宮神社と復称して現在に至ります。

Anb_9107_16a

祭神として、熊野速玉神(くまのはやたまのみこと)、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、伊邪那美命(いざなみのみこと)、猿田彦神(さるたひこのみこと)を祀り、松ヶ崎の氏神・産土神として信仰されてきました。

Anb_9117a

本殿の右は末社「三光社」、三光とは、日・月・星のことで、それぞれの神を祀ります。本殿の左には八幡社がありますが、木に隠れて見えません。

Anb_9145a

ご神木の杉の切り株

Anb_9121a

境内の西には社務所・授与所があります。

Anb_9122a

授与所の前の木には珍しい扇の形のおみくじがつるされていました。

Anb_9128a

境内の東には「祭器庫」があります。例祭として 1月歳旦祭(御神酒授与)、2月節分祭に始まり、10月の最終日曜日には「例大祭」、10月8日には御火焚祭があり、境内が賑わいます。

Anb_9147a

また、4月1日には小学校入学児祈願祭があります。蔵の前には「嶋森大神」を祀るお塚があります。蔵の横から湧泉寺や松ヶ崎大黒天(妙円寺)に行く山道に行けます。

Anb_9143a

境内からは大文字山、手前は京都工芸繊維大学が見え、意外に高い場所にいることが分かります。

Anb_9138a

元の通りに戻ります。石段の両側には提灯をともすソケットがつるされていて祭の日の賑わいが想像されます。

Anb_9160a

石段の途中に氏子の方が手入れをしている歌壇があります。

Anb_9153a

府道に戻り、「焼肉ひらり 松ヶ崎庵」 この道30有余年の目利きの店主が厳選した牝・黒毛和牛、脂質の口溶け、極上の肉質と甘みが味わえるそうです。

Anb_9080a

向かいは居酒屋の「まつがさき商店 離れ」、この2軒は新宮神社の参道より東、昨日の湧泉寺(松ヶ崎小学校)の近くです。

Anb_9081a

ところで、この道(府道上賀茂川端線)の道路脇の水路は、宝が池公園の子どもの楽園の南にある「井出ヶ鼻井堰」から流れています。

Anb_9325a

「松ヶ崎立正会」昭和6年任意団体として発足、松ヶ崎妙法送り火、松ヶ崎題目踊り、さし踊りなどの伝統文化の保存継承を行ってきました。平成25年公益財団法人となり、郷土文化の振興と地域社会の発展を目的としています。

Anb_9328a

かっての松ヶ崎村は、高野川を挟んで対岸と水争いを続けていましたが、宝暦13年(1763)松ヶ崎山の北の湿田をため池に改修、安政2年(1855)年に拡張して現在の宝ヶ池となりました。

Anb_9335a

池で蓄えられた水はいったん岩倉川に流して下流の井出ヶ鼻井堰から取水し、たくさんの水路に分かれて松ヶ崎の田圃を潤しています。かっては各戸に水場があり生活用水として利用、飲用水は1か所の共同井戸だけを利用していました。

Anb_9340a

現在は防火用水や環境用水としての役割が大きく、農業用水を管理する水役に加え、松ヶ崎消防分団、おやじの会などが協力して水路を管理しています。(宝池自動車教習所、水路はこのあたりで暗渠となって、南に向きを変えます。)

Anb_9362a

水路は「泉川」として北山通、琵琶湖疏水分線、北大路通を横切り、下鴨神社の境内東を流れ、先日紹介した河合橋のたもとから高野川(鴨川)に放流されます。「宝ヶ池通」(八丁街道)

Anb_9363a

「宝ヶ池公園 球技場」 ここから山沿いに深泥池方面に向かいました。

Anb_9370a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Anb_9168a

|

« 湧泉寺と七面大天女 | トップページ | 深泥池 2022年初夏 »

コメント

毎日楽しく拝見しています。ありがとうございます。
以前にもこちらで松ヶ崎の法華信仰のことを拝読させていただきました。
当たり前のことですが、土地土地に長く伝わっていることや物には歴史があって想いの深さに敬意を覚えます。
小学校に入学したことを地域で祝ってくださったら、当人はもちろん親御さんやご親族まで幸せですね。

投稿: もっちゃん | 2022年5月15日 (日) 09:17

宝ヶ池には本当によく行きましたが、
生活用水として活躍したこともあるのですね。
今も農業用水になっているとのこと。
池としてあるだけではなく、水としても機能しているのですね。

投稿: munixyu | 2022年5月15日 (日) 19:17

★もっちゃんさん こんばんは♪
松ヶ崎の法華信仰については、京都市や松ヶ崎学区のHPに詳しく書かれています。自治体のHPに特定の宗教がクローズアップされるのは珍しいかも知れませんが、松ヶ崎の歴史や現在に伝わる文化遺産を説明するには、法華信仰は避けて通れません。

投稿: りせ | 2022年5月19日 (木) 02:27

★munixyuさん こんばんは♪
宝ヶ池は、かっての若者の思い出の地ですね。もっとも、当時はそれが人工のため池だとは思いませんでしたが。

投稿: りせ | 2022年5月19日 (木) 02:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湧泉寺と七面大天女 | トップページ | 深泥池 2022年初夏 »