« 八瀬から奥比叡ドライブウェイへ | トップページ | 延暦寺 にない堂から釈迦堂へ »

2022年5月 6日 (金)

延暦寺 浄土院から椿堂へ

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Anb_7871a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事に続いて、延暦寺の西塔エリアに向かいます。西塔は根本中道がある東塔から北へ1kmほどのところにあり、平安時代の825年頃から第2世天台座主・寂光大師円澄によって開かれた地域です。

下は奥比叡ドライブウェイにかかる陸橋の上から西塔方面。

Anb_7839a

陸橋の正面の高台に「山王院」があります。第5世天台座主・智證大師円珍の住房だったと伝えられ、堂内には比叡山で最古の千手観音像が祀られ、別名を千手院ともよばれています。

Anb_7841a

比叡山で修行をしていた弁慶が、近くで湧き出る弁慶水を汲んで千日間このお堂に参籠したといういい伝えがあります。

Anb_7846_50a

山王院の北の長い坂を下りていきます。以前は石段の一段が高くて歩きにくかったのですが、中央がスロープに変わって楽になりました。

Anb_7863a

石段の下に浄土院が見えてきました(TOPの写真は山門)。

Anb_7870a

「浄土院」 平安時代の弘仁13年(822)56歳で亡くなった伝教大師・最澄の遺骸を、慈覚大師・円仁が仁寿4年(854)ここに移して安置した場所です。(参拝者は山門の左にある木戸から入ります。)

Anb_7872a

円仁は開山の最澄に長年師事してその最期をみとり、後に第3世天台座主となりました。「庫裏」

Anb_7911a

浄土院は東塔と西塔の境界に位置し(所属は東塔)、比叡山で最も清浄な聖域とされています。また、比叡山で一番雪が積もるところだそうです。(山門の内側から先ほど下ってきた石段。)

Anb_7904a

山門の正面にあるのは「拝殿」です。何も案内がないのでここから引き返す方がいますが、拝殿の裏に最澄の御廟があります。この日は数人の方に出会いましたが、皆さん迷わずに裏手にまわっていました。

Anb_7876a

円仁は中国五合山竹林院を模してこの廟所を建立して大師の御遺骸を祀りました。以来ご廟を守る僧侶を侍眞といい、一生山を降りない覚悟で昼夜を分かたず霊前の給仕をしてきました。

Anb_7890a

現在は十二年籠山の僧が毎日、厳しい戒律のもとに心身を清浄にして、生身の大師に仕えるごとくに奉仕しているそうです。「伝教大師御廟」御廟には新しい花が供えてあります。

Anb_7884a

以前ここに来て4年目という若い僧の方にお会いしました。午前3時半起床から夜9時就寝まで、様々な作法(修行)が細かく決められ、それを毎日、12年間続けるのだそうです。(常香盤、常に香りを放っています。)

Anb_7889a

浄土院を出て山道を北に歩き、西塔に向かいます。下は振り返って、ここは紅葉が美しい場所でもあります。

Anb_7918a

途中には全国の教区から寄進された灯籠が並んでいます。浄土院のあたりが一番谷になっていて、最初は上り坂です。

Anb_7921a

しばらくすると下り坂になり、左の崖の上に奥比叡ドライブウェイが走っています。向うに西塔地区の拝観受付があり、各地区共通の拝観券を購入します。

Anb_7926a

草野天平の詩碑「辨慶の飛び六法 勧進帳を観て」 天平は詩人・草野心平の弟で、最初の妻を亡くした昭和16年ごろ(天平31歳)から詩作を初めました。昭和25年、詩に専念できる場を求めて比叡山に登り、

Anb_8075a

宿坊や本覚院(現在の叡山学寮)を経て松禅院へ入居。ここで詩作を続け、昭和27年病で42歳で没しました。ここから下の谷にある脇道を歩きます。途中で京都一周トレイルが分かれて行きます。

Anb_7932a

「椿堂」十一面観音を安置していて、今でも坐禅道場として使われているそうです。飛鳥時代に聖徳太子が比叡山に登ったとき、常に護持していた観音像を祀ったともいいます。

Anb_7940a

聖徳太子が杖として使っていた椿の枝を地面に挿したところ芽が出て、椿堂と呼ばれるようになったとされます。「鐘楼」右上に拝観受付があります。

Anb_7951a

今も周囲に椿の木が植えられています。お堂の裏手の斜面の道を上ると、にない堂が目の前です。

Anb_7955a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Anb_7886a

|

« 八瀬から奥比叡ドライブウェイへ | トップページ | 延暦寺 にない堂から釈迦堂へ »

コメント

12年間も、僧はここで毎日同じことをやらなければいけないのですね。
凄いとしか言いようがないです。12年後に外に出たら、浦島太郎のようでしょう。
僧は本当に大変なのでしょうね。

投稿: munixyu | 2022年5月 6日 (金) 17:25

★munixyuさん こんにちは♪
 籠山行に入るためには、最初に特別の礼拝行を行なう必要があります。仏を感得するなどの特別の境地になるまで行が続けられ、その後戒壇院で戒を受けて、初めて籠山行に入れるそうです。、
 籠山僧は、御廟に食事を供えるなどの日課のほか、坐禅や勉学、境内や道場内の清掃に明け暮れ、うつろい激しい世間の流れから離れて、一日一日を生きるのだそうです。

投稿: りせ | 2022年5月 9日 (月) 18:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八瀬から奥比叡ドライブウェイへ | トップページ | 延暦寺 にない堂から釈迦堂へ »