« 東寺 金堂と講堂の諸仏 | トップページ | 弘誓寺 下立売通の寺院たち »

2022年1月16日 (日)

東寺 食堂と北部のお堂たち

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amz_8115a
※写真は全てクリックで拡大します。

東寺の五重塔、金堂、講堂を拝観した後、北部にあるお堂を見て歩きました。下の二つの「夜叉神堂」は、もとは南大門の左右に置かれていた西(左)の雌、東(右)の雄の夜叉を安置しています。

当初、旅人が拝まずに通るとたちまち罰があたったので、中門(金堂右前の灯籠付近)に遷され、慶長元年(1596)中門倒壊の後、現在の小堂を建立して安置しました。神像は弘法大師の作とされ歯痛平癒の信仰があります。

Amz_8270a

「食堂(じきどう)」僧が生活の場で修業を見いだす場とされ、平安時代の843年までには建立され、1930年焼失、1933年に再建されました。南北朝時代には足利尊氏がここに陣を敷きました。

Amz_8315a

南大門、金堂、講堂、食堂が一直線に配置されています。本尊は些細な事でも聞き逃さず救済してくれるという十一面観音像で、洛陽三十三観音巡礼の札所。納経所、御朱印の授与所でもあり、時に応じて様々な展示会が行われます。

Amz_8317a

北の「築地塀」、東寺では平成22年より史跡整備として築地塀の修理を行っており、東西南北4面のうち東面から始められ、現在は北面が工事中です。その前に「開運 弁財天」の大きな石標があります。

Amz_8326a

「御手浄の御水(おてきよめのおみず)」 中央に石造りの桃があります。

Amz_8328a

「北大門」(重文)は鎌倉時代前期に再建、江戸時代(1601年)に補修された八脚門です。 この外にいくつかのお堂や塔頭「観智院」があります。

Amz_8336a

「善女大龍王」の石標、工事中で門を通れません。

Amz_8600a

北大門の外には堀(蓮池あるいは亀池)があり、左は「洛南高校、付属中学」。

Amz_8343a

石橋の上から東、向うにも橋があり、背後の建物は「洛南会館」。

Amz_8350a

橋のたもとの「贔屓(ひき)」は龍が生んだ9頭の神獣・竜生九子の一つで、姿は亀に似ているとされます。重いものを背負うことを好むといわれ、古来石柱や石碑の土台の装飾に用いられました。

Amz_8590a

手前は「大元堂」 安置されている大元帥明王は、国土を護り敵や悪霊の降伏に絶大な功徳を発揮するといわれ、「必勝祈願」「敵国粉砕」「国土防衛」の祈願として宮中では秘法「大元帥法(たいげんのほう)」が正月に行われていました。

Amz_8516a

大元帥法は緊急の場合にも行われました。939年、朝廷に反旗を翻した平将門が「天皇」に即位して「新皇」と名乗りました。朝廷の意を受けて、東寺の高僧泰舜が将門調伏の大元帥法を行いその効果がたちまち現れたとされます。

Amz_8527a

さらに、1274年と1281年の元寇の際には、亀山上皇が大元帥法を行ったことが知られています。毎月21日に大元堂が開帳されるそうです。

Amz_8528a

石橋のたもとに「弘法大師 壱千百年 御忌記念大元橋碑」があります。

Amz_8536a

東寺の七不思議の一つに、亀の背中に名前を書いて放すと長寿になるというのがあります。今もこの池には放された亀がたくさん住んでいるといわれ、絵馬に亀が描かれているのはそのためです(最後の写真)。

Amz_8541a

「弁天堂」 弁財天を祀り、江戸時代の天保年間(1830-1843)に創建されました。かつて毎年土用丑の日に大般若転読(てんどく)の法要が行われ、皮膚に塗ると冬に霜やけにならない「東寺泥」という池の泥を授けていたそうです。

Amz_8546a

弁天堂の裏に鳥居があり「善女大龍王」の神号標があります(社殿はありません)。善女大龍王は、法華経に登場する八大龍王の一尊、娑伽羅龍王(しゃがらりゅうおう)の三女で、仏教の護法神です。

Amz_8569a

北大門前にある石標からは想像できないほど小さく、知らなければ場所も分かりません。それでも、常時供養をしているようで新鮮な花がお供えしてありました。

Amz_8566a

工事中の塀沿いにはもう一つのお堂がありますが、扁額(看板)やお供えなどもなく遷座しているようです。

Amz_8581a

以前の記事を調べていたら、弁天堂の前の塀に門があり五重塔が見えました。

Jmx_8832a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amz_8293a

|

« 東寺 金堂と講堂の諸仏 | トップページ | 弘誓寺 下立売通の寺院たち »

コメント

旅人が拝まずに通るとたちまち罰があたるって、
凄く怖い夜叉なのですね。
場所を変えると大人しくなって良かったですよね。

投稿: munixyu | 2022年1月16日 (日) 13:43

★munixyuさん こんばんは♪
この夜叉はちょっと「かまってちゃん」の神様ですね。

投稿: りせ | 2022年1月27日 (木) 01:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東寺 金堂と講堂の諸仏 | トップページ | 弘誓寺 下立売通の寺院たち »