« 九条通を歩く 大宮から壬生通へ | トップページ | 羅城門跡と九条大路 »

2022年1月29日 (土)

九条通を歩く 矢取地蔵堂へ

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amz_9245b
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事に続いて、京阪国道口の陸橋を降りて九条通を西に歩きます。昨日の記事で紹介したように、九条通は平安京の南端を通る九条大路に相当します。

北の歩道から見た「cafe 春の日」、ドリンク付き日替わりの「平日ランチ」があります。左の「イベント・レントオール」はイベント・式典の看板製作や様々な物品のレンタルを行う会社です。

Amz_9254a

振り返って「萬字堂書店」、一般書籍やCD、DVDなどの販売、学校教科書の卸売りなどを行う老舗書店、かっては三条通に本店がありました。各種検定の申込受付もしています。

Amz_9255a

「トイ&ホビー ラクナン」 お店の詳細は分かりませんが「トイホビー」はおもちゃ、人形・フィギュア、ゲームなどのエンターテインメント商品のことだそうです、斬新的な外観ですが土曜日はお休みのようです。

Amz_9256a

「ゲストハウス ONE WORLD 東寺」 建物の外観からかっては何かのお店さんだったと思われます。しばらく九条通は平安京の九条大路と同じ場所を通ります。

Amz_9260a

向いの奥は「京都府立鳥羽高等学校」、右は「ラ・ファミーユ」 、築1993年、7階建、15戸、2DKのマンションです。

Amz_9264a

「センチュリー21 京都ハウス 東寺店」 不動産屋さんでキッズコーナーや駐車場があります。東寺からかなり離れていますが、分かりやすいのでしょうか。

Amz_9267a

「(株)オート商会」 自動車部品と用品の会社です。自動車部品ならなんでもそろっているそうです。

Amz_9272a

「林米穀店」 立派な店構えの老舗の米屋さん(京都府米穀小売商業組合員)。最近はお米屋さんで米を買う人が少なくなったといわれますが、細かく産地を限定して品質の高いものを選んでいるそうです。

Amz_9280a

「GORILA」バナナジュースのお店、2020年オープンしましたが2021年9月26日から休業、今年の春から営業再開の予定です。左は「とば屋」、看板には婦人、服飾、用品の店と書いてあります。

Amz_9284a

「京都中央信用金庫九条支店」 昨日の記事のように、東寺の向かいに新しい店舗を建設中です。

Amz_9287a

左の「59cafe」は今年の1月10日にオープンした喫茶店、右は閉まっていますが「FRUITS BASKET」という看板があり果物屋さんです。

Amz_9294a

「Cake Cafe 9(ケイキカフェナイン)」  古民家のケーキと珈琲のお店のようです。

Amz_9301a

「中利材木店」 創業150年、木材をはじめ、建材・住宅設備機など、住まいに関するあらゆるものを取り扱っているそうです。「まちの材木屋」と自称していますが、立派な店構えです。

Amz_9341a

「矢取地蔵堂」に着きました。右の小径を入ると平安京の羅城門跡がありますが、明日の記事で紹介します。近くのバス停「羅城門」は門のような雰囲気を出しています(最後の写真)。

Amz_9306a

「矢取(やとり)地蔵堂」は明治13年(1885)唐橋村(八条村)の人々の寄進によって建立されました。地蔵堂に安置されている「矢取地蔵尊」は左手に宝珠、右手に錫状と矢を持った160㎝の石像で、かつては矢負地蔵とも呼ばれていました。

Amz_9307a

この地蔵尊には伝承があります。天長元年(824)日照り続きで人々は飢えと渇きで苦しんでいました。淳和天皇の勅命によって東寺の空海と西寺の守敏(しゅびん)が神泉苑の池畔で雨乞いの法会を行ないました。

Amz_9331a

先に守敏が祈祷するも雨は降らず、空海が祈祷すると三日三晩に渡って雨が降り国土が潤ったといわれます。 守敏は空海を恨み、ついに羅城門近くで待ち伏せして矢を射かけました(地蔵尊の半身だけしか見えません)。

Amz_9331b

すると一人の黒衣の僧が現れ、身代わりとなって矢を受け空海は難を逃れました。人々は身代わりとなった黒衣の僧は地蔵菩薩の化身であると考え、羅城門の跡地に地蔵堂を建立して長く敬ってきました。空海像?

Amz_9338a

江戸時代の元禄年間(1688-1704)の寺社改めの際、矢取地蔵を祀っていた地蔵寺は誤って地蔵堂として届けられたようです。(こちらは「不動明王」)

Amz_9335a

東寺に伝わる文書によると、元文3年(1738)東寺の末寺である長福寺が地蔵堂を末寺に戻してほしいと奉行所に嘆願しています。この嘆願は認められなかったようです。

Amz_9325a

明治18年(1885)東寺と地元住民が京都府の北垣国道知事に嘆願書を出し、再興した地蔵堂を地蔵寺と認めて東寺の末寺とすることを求めています。こちらも認められなかったようで、現在に至ります。

Amz_9317a

昭和初期に行われた九条通の拡張工事で、周辺から多数の石仏が掘り出されました。現在それらは地蔵堂の脇に置かれています。

Amz_9319a

お堂の前に古い道標があります。「右 やなぎ谷   観世音菩薩」、「左 やわた・八幡宮 往来安全」とあります。やなぎ谷   観世音菩薩は先日の後七日御修法の記事で紹介した観音菩薩のようです。

Amz_9313a

地蔵堂の中や外の石仏たちにも新しいお花がお供えしてあって、現在でも付近の住民の方に敬愛されていることが分かります。

Amz_9326a

この後、横の道を入って羅城門跡を訪れました(お堂の中に羅城門の模型が飾ってあります)。

Amz_9332a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amz_9291a

|

« 九条通を歩く 大宮から壬生通へ | トップページ | 羅城門跡と九条大路 »

コメント

トイホビーで思い出しましたが、
そう言えば、おもちゃ屋さんって最近見なくなりましたよね。
昔は結構あったのに。みんなネットで買うのでしょうか。
トイザらスもそんなに見ないし、
知らないうちにおもちゃ屋さんがなくなってしまうかもしれませんね。

投稿: munixyu | 2022年1月29日 (土) 14:39

いつも、歴史散歩をさせていただいています。

文字色を「ブルー」に変更されたのですね。

可能であれば、元の色へのご検討をお願いします。

以 上

投稿: 123 | 2022年1月31日 (月) 07:09

色の件ですが、

RSSにての画面表示の文字色が「ブル-」になる現象です。

HPでは、黒の背景に白文字で鮮明に拝見しています。

以 上

投稿: 123 | 2022年1月31日 (月) 07:13

★munixyuさん こんばんは♪
京都でしたら京都駅近くの大型カメラ店に広いオモチャのコーナーがあります。最近のオモチャは、ゲームやフィギュア、模型やドローンなど子供と大人の区別がないようですね。

投稿: りせ | 2022年2月 2日 (水) 00:37

★123 さん こんばんは♪
コメントありがとうございます。ご指摘のRSSの設定を変更したことはありません。私の方ではご指摘のようにはならず、原因を調べていますのでお時間をください。

投稿: りせ | 2022年2月 2日 (水) 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九条通を歩く 大宮から壬生通へ | トップページ | 羅城門跡と九条大路 »