« 宝厳院 紅葉の庭園を巡る | トップページ | 来迎院と良忍上人 »

2021年12月 2日 (木)

嵐山羅漢と羅漢信仰

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amz_3045a
※写真は全てクリックで拡大します。

宝厳院の山門を出ると外塀の内側が紅葉のトンネルになっていて、嵐山羅漢が並んでいます。今日は、個性的な表情の羅漢像を奉納する「羅漢信仰」の歴史を紹介しながら、この周囲を歩きます。

Amz_3048a

外塀の門(右)の点前には、動物の像が並んでいます。詳しく見ていませんが十二支かもしれません。

Amz_3066a

外塀の門(出口)の正面には「歌碑」や「句碑」が並んでいます。おそらく、宝厳院の呼びかけで奉納したものと思われます。この道の右(大堰川方向)に歩きます。

Amz_3068a

「嵐山羅漢」 ここに羅漢像が置かれたのは古いことではなく、宝厳院の呼び掛けで、阪神淡路大震災(1995年)の犠牲者を供養するため、全国の人々が石仏を寄進したの始まりです。

Amz_3070a

現在では、先祖供養、嵐山の守護、企業繁栄祈願などのために、羅漢像を奉納することができます。石柱は企業の奉納が多く、神獣やインドの神が乗っています。下はトロッコ電車の嵯峨野観光鉄道の寄進。

Amz_3071a

こちらはインドやペルシャの獅子をかたどった狛犬のようで、神仏を守護する神獣です。特定の個人の冥福を祈るのではないので、企業の奉納が多いと思われます。他に、四つの霊獣(龍、鳳凰、麒麟、亀)もあります。

Amz_3073a

ところで、羅漢とは悟りを開いた高僧を表す、サンスクリットの「アラハン」を表す阿羅漢が語源です。(この一画は「嵐山羅漢の杜」というそうで、中心の一番高い場所に「宝厳塔」が建っています。)

Amz_3075a

特に、釈迦の教えを受け継ぎ人々に伝えていく弟子たちを指し、釈迦の入滅後に直弟子であった五百人の羅漢たちがインド各地から集まった(第一結集)のが五百羅漢です。

Amz_3080a

羅漢が日本に伝わったのは天平時代まで遡ります。平安時代には羅漢を供養すれば大きな功徳が得られるとして、貴族の間で羅漢供養が行われ、時の権力者・藤原道長が盛大な羅漢供養を行った記録も残っています。

Amz_3082a

鎌倉末期以降、禅の興隆とともに羅漢信仰が広まり、中でも曹洞宗の道元禅師が『羅漢供養講式文』を著したことにより、羅漢を供養する「羅漢講式」が重要視されてきました。

Amz_3083a

現在でも、多くの禅宗寺院の山門(三門)楼上あるいは本堂には、護法と仏道修行の安泰を願って十六羅漢(あるいは十八羅漢)が安置されています。これらは、釈迦の弟子の中でも特に優れたものたちです。

Amz_3084a

江戸時代中期から、力を蓄えてきた庶民の間でも羅漢供養が流行し、羅漢像は庶民的な明るさを漂わせてて表情が豊かになりました。「湯豆腐 嵯峨野」この建物は村野藤吾設計の道頓堀の旅館・富田屋の建物を昭和36年(1961)に移築したものです。

Amz_3087a

さらに、身内の生前の姿を表現した羅漢像を奉納することによって、死者を弔うことができるという信仰も生まれました。愛宕念仏寺では、そのような羅漢像が1000体以上奉納されています。

Amz_3090a

羅漢はそれぞれ個性的な人物とされています。賓頭盧(びんずる)尊者は、不必要に霊力を使ったとして釈迦に叱責されて、常に人々の近くにいて救済にあたることを命じられます。撫で仏として、寒い日でもお堂の外にいます。

Amz_3093a

周利槃特(しゅりはんどく)は、経文を何回習っても覚えられないというほどの愚鈍でした。釈迦は箒を一本与え、難しいことはよいから掃除をしなさいと命じました。槃特はいわれたとおり一生懸命に掃除をして、

Amz_3092b

ついに「智慧をもって煩悩を払うことは、掃除と同じ」と悟りました。日本では、周利槃特の墓から芽が出た植物が茗荷(ミョウガ)で、「ミョウガを食べると物忘れする」という、ちょっと失礼な言い伝えがあります。

Amz_3076b

湯豆腐・嵯峨野の北塀にそって石庭と「魚雷観音」があります。ここには太平洋戦争末期に海軍が開発した特攻兵器の人間魚雷「回天十型」が置かれていました。

Amz_3095a

昭和40年頃ホノルル空港入口の中古自動車屋に展示されていたものを、嵯峨野のご主人が手に入れてこの庭に展示していましたが、2005年に開館した「大和ミュージアム」(呉市海事歴史科学館)に寄贈されました。

Amz_3100a

同じ通りの隣には「パンとエスプレッソと嵐山庭園」、東京や大阪などに13店舗を構える[パンとエスプレッソと]の京都1号店です。こちらはベーカリーの「パンと」です。

Amz_3097a

「旧小林家住宅」が改装され、カフェ「エスプレッソと」になっています。建物は江戸時代後期(1809年)に船井郡園部町(現南丹市)に建てられた小林家住宅を昭和54年にここに移築したもので、京都府指定文化財。

Amz_3102a

暖簾の左に「中川宮屋敷跡」の石標、幕末から明治にかけての中川宮朝彦親王(1824-1891)は安政5年幕府の条約調印に反対してこの地で謹慎、明治5年に謹慎を解かれて東京に移住を命じられるも従わず明治政府の中枢には加わりませんでした。

Amz_3106a

「エスプレッソと」の入口、「パンと」で焼き上げたパンを使ったランチセット(松・竹・梅)が人気だそうです。

Amz_3119a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amz_3117a

|

« 宝厳院 紅葉の庭園を巡る | トップページ | 来迎院と良忍上人 »

コメント

[パンとエスプレッソと]の京都1号店ですか。
東京や大阪などに13店舗も構える、大きなパン屋さんなのですね。
なんか人がたくさん並んでいると、気になってしまいます。
きっと美味しいパンが並んでるのでしょうね。

投稿: munixyu | 2021年12月 2日 (木) 14:19

★munixyuさん こんばんは♪
最近の話題のお店は、本当に美味しいからなのかよく分かりません。成功する秘けつがあるのでしょうが、ともかくお客が来れば周囲も賑やかになります。

投稿: りせ | 2021年12月 7日 (火) 01:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宝厳院 紅葉の庭園を巡る | トップページ | 来迎院と良忍上人 »