« 高雄から槇尾へ 清滝川の紅葉 | トップページ | 槇尾から栂尾へ 周山街道の紅葉 »

2021年11月17日 (水)

槙尾山・西明寺 2021紅葉

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amy_9436a
※写真は全てクリックで拡大します。

清滝川にかかる指月橋を渡り、西明寺への坂道を上ってきました。下の石碑「大界外相(だいかいげそう)」とは、俗世間と聖域の境界(結界)のことだそうです。

Amy_9490a

「西明寺」は、山号を槙尾(まきお)山、院号を平等心王院という、真言宗大覚寺派の準別格本山です。表門の横の石塔。

Amy_9484a

「表門」(市指定有形文化財)は、江戸時代の元禄13年(1700)に桂昌院の寄進により建立された一間薬医門です。薬医門は2本の本柱の背後に控え柱を立て、切妻屋根を載せた門のことです。

Amy_9486a

「西明寺」は、平安時代前期の天長年間(824-834)、空海の弟子で甥の智泉大徳(789-825)が開創した神護寺の別院が始まりといわれています。「本堂」も表門と同年に建立され、市指定有形文化財。

Amy_9473a

表門を入った右手にある「聖天(しょうでん)堂」 祀られている大聖歓喜天は、仏法を守護し、 仏道を行ずる人々を守護する神様で、夫婦和合の神でもあります。

Amy_9367a

その後西明寺は荒廃しましたが、鎌倉時代中期の建治年間(1275-1278)、和泉国槙尾山寺の我宝自性(じしょう)上人が中興、出家者の律院としました。律院は戒律を厳守する寺、すなわち修行道場のことです。

Amy_9384a

本尊の釈迦如来像(重文)は、鎌倉時代の仏師・運慶が清凉寺の釈迦如来像を模して作ったといわれています。脇侍に十一面千手観世音菩薩像(重文)、脇陣に愛染明王像が祀られています。(本堂から苔庭を)

Amy_9389a

1288年には後宇多天皇から平等心王院の院号を賜り、1290年に神護寺から独立しました。(本堂から聖天堂への渡り廊下、かってはこの下をぐくり修行の滝や斜面にある鎮守社に行けました。二つ上の写真も)

Amy_9407a

室町時代の永禄年間(1558-1570)兵火により焼失し、その後再び神護寺に合併されました。(本堂から客殿への渡り廊下から、山側には小さな池があります。)

Amy_9410a

安土桃山時代の1602年、明忍律師(1576-1610)により再興され、真言律宗の本寺(本山)となりました。「客殿」は本堂より古く、江戸時代前期に移築されました。当時は食堂と称し、僧侶の生活や戒律の道場として使用されたそうです。

Amy_9423a

江戸時代の1700年、第5代将軍・徳川綱吉の母・桂昌院(1627-1705)の帰依により再建されたといわれますが、後水尾天皇中宮・東福門院(1607-1678)の寄進という説もあります。

Amy_9420a

境内に下ります。本堂前にある背が高い木は高野槇で、樹齢700年の日本最古とされます。鎌倉時代の中興の祖・自性上人の手植えともいわれています。

Amy_9374_78a

高野槇の根本には自性上人の歌碑があります。「白露のおのが姿をそのままに紅葉におけば紅の玉」

Amy_9379a

「鐘楼」 元禄時代(1688-1704)の造営で、梵鐘には月潭道澄(1636~1713)の銘文が刻まれています。時を告げる鐘として、毎朝・毎夕に打ち鳴らされ、鐘の音が周囲の山々に染み入るように響くそうです。

Amy_9446a

鐘楼から表門に弧を描いて石灯籠が並んでいます。それぞれはかなり古く、苔むしています。

Amy_9448a

戦後の昭和22年(1949)、戦時中に結成された大真言宗が解消され真言宗大覚寺派が独立したのにともない、西明寺は準別格本山として真言宗大覚寺派に属するようになりました。(客殿)

Amy_9456a

境内の奥に行くと、客殿と庫裏の間に小さな庭があります。

Amy_9454a

「阿育王石柱」 作者の石像彫刻家・小松寅吉(1844-1915)は、狛犬(獅子像)彫刻を芸術にまで高めた名工といわれます。地元の福島に残る記録では、最晩年に京都に滞在していたことが分かっていました。

Amy_9329a

しかし、京都で制作したと思われる作品の存在が不明でした。研究者らが探していたところ、私のブログの写真からその作品が西明寺にあることが確認されてちょっと嬉しい経験をしました。

Amy_9331a

阿育王とはインド・マウリヤ朝の君主(在位BC268~232年頃)のアショーカ王です。王になると熱心な仏教信者となり、粗暴な行いを悔いて法による統治に改めました。(向うに裏参道の入口があります。)

Amy_9347a

阿育王はブッダゆかりの聖地に何本もの石柱を建てました。最も有名なのはネパールのルンビニにあり、碑文から釈迦が実在の人物でこの村に生まれたことが証明されたそうです。(ここから表門の方に戻ります。)

Amy_9352a

ルンビニの石柱には4頭の馬が乗っていましたが現在では破片しか残っていません。小松寅吉はこの4頭の馬を再現したようです。寅吉は石彫刻では不可能と思えるほどの細かな紋様や透かし彫り、斬新なデザインを得意としました。

Amy_9475a

寅吉の卓越した技術は後の石工たちに大きな影響を与え、福島県南地域一帯は、明治から昭和にかけて高度な技術で彫られた狛犬の聖地として、全国から狛犬ファンが訪れるそうです。ここから高山寺の方に向かいました。

Amy_9409a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amy_9465a

|

« 高雄から槇尾へ 清滝川の紅葉 | トップページ | 槇尾から栂尾へ 周山街道の紅葉 »

コメント

「阿育王石柱」 
りせさんのブログは、
重要文化財みたいになってきましたよね。

それにしても紅葉が綺麗ですね。
四季のあるおかげで、日本に生まれてよかったと思う瞬間です。
春の緑に秋の紅葉に、いつも思いますが凄いものです。

投稿: munixyu | 2021年11月17日 (水) 18:51

★munixyuさん こんばんは♪
洗練された庭園のモミジのいいですが、山の紅葉も季節を感じますね。

投稿: りせ | 2021年11月19日 (金) 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高雄から槇尾へ 清滝川の紅葉 | トップページ | 槇尾から栂尾へ 周山街道の紅葉 »