« 槇尾から栂尾へ 周山街道の紅葉 | トップページ | 高山寺 復旧した境内をめぐる »

2021年11月19日 (金)

栂尾高山寺 石水院の紅葉

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amy_9705a
※写真は全てクリックで拡大します。

高山寺の表参道の入り口に来ました。左は「栂ノ尾山 高山寺」右は「仏足石参道」とあります。「高山寺」は山号を栂尾山(とがのおさん)という、真言宗の単立寺院です。

Amy_9620a

高山寺の歴史は古く、奈良時代後期の774年、光仁天皇の勅願により、慶俊らを開創として創建されました。当初は、神願寺都賀尾(じんがんじとがのお)坊と称しました。世界文化遺産の碑(平成6年)

Amy_9626a

平安時代初期には天台宗の寺でしたが、その後衰退しました。平安時代後期に、度賀尾寺は文覚(もんがく)により復興され、神護寺別院となりました。(拝観入口)

Amy_9627a

鎌倉時代初めの1206年、明恵上人が後鳥羽上皇の帰依を得て院宣を賜り、神護寺別院を贈られました。上人は華厳宗の根本道場として再興し、寺名を高山寺と改めました。

Amy_9630a

近衛家、鷹司、西園寺家などの公家の帰依も受けて、明恵上人は堂宇を復興していきました。1219年に金堂が建立されて釈迦如来が安置されました。 杉木立の中をまっすぐ行くと、金堂(本堂)への石段があります。

Amy_9636a

1216年に僧坊の石水院が金堂のそばに建立されましたが、1228年に洪水により流出して禅堂院に移されました。1232年に明恵は禅堂院で亡くなりました。(最初に右にある石水院に向かいました。 )

Amy_9638a

その後、高山寺は天文16年(1547)の兵火によって石水院を残して焼失。明治22年(1889)石水院は金堂の東から現在地に移転しました。「石水院」(国宝)の山門

Amy_9653a

石水院の建物は鎌倉時代初期の寝殿風住宅建築で、後鳥羽院の賀茂別院を移築したものといわれています。寺宝として、鳥獣人物戯画(国宝)をはじめ、数多くの貴重な文化財を蔵しています。

Amy_9659a

撮影禁止のビラが貼ってありますが、伺うと個人の撮影はOKということです。ただし、混雑しているときにこのあたりで撮影すると、他の参拝客の迷惑になります。

Amy_9661a

ここは「廂(ひさし)の間」というそうです。

Amy_9667a

「善哉童子像」 西村虚空作の一木造で、童子はインドの長者の子に生まれ、仏教に目覚め文殊菩薩の勧めにより、53人のさまざまな人々を訪ね教えを請いました。

Amy_9766a

修行を積んで最後に普賢菩薩の所で悟りを開いたといわれています。扁額の「石水院」は、文儒学者の富岡鉄斎(1837-1924)の最晩年の書だそうです。

Jnb_8107a

善哉童子像の横を回り込んで仏間に上がります。

Amy_9673a

この日の紅葉は様々な色合いで見飽きませんでした。秋が深まると一面に紅葉しますが、枯葉や落葉も目立ってきます。部屋の奥でカメラを持って待機している方がおられたので伺うと、日陰になるのを待っていたそうです。

Amy_9675a

確かに日があたると影の部分とコントラストが強すぎて色彩がうまく表現されません。晴れた日に苔寺にいって失敗した経験があります。

Amy_9686a

国宝の「鳥獣人物戯画」4巻は、乙・丙巻が京都国立博物館、甲・丁巻が東京国立博物館に寄託されていて、石水院には複製が置いてあります。隣の間のガラスケースの中にありました。

Amy_9723a

2009年からの鳥獣人物戯画の修復作業で、紙のすき方から現在の絵の順番が当初と異なっていることが分かったそうです。(裏に回ると鮮やかな紅葉がありました。)

Amy_9727a

失われている絵もある上で再編集したと思われるので、現在の順番を治すことはしないそうです。

Amy_9734a

後ろからだと善哉童子像は一層可愛く見えます。

Amy_9739a

廂の間の前は苔庭になっていて、中門まで石畳が続いています。

Amy_9746a

名前が分かりませんが、庭の木から柑橘系の果実が落ちています。

Amy_9750a

向いの書院はお茶席になっていました。

Amy_9758a

建物の前の石に果実が並べてありました。私の感じでは自由にお持ち帰りくださいという意味だと思いましたが、手を出す人はいませんでした。

Amy_9655a

この後、3年前の台風被害の跡と復興した境内の伽藍を見ながら金堂に向かいました。

Amy_9774a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amy_9754a

|

« 槇尾から栂尾へ 周山街道の紅葉 | トップページ | 高山寺 復旧した境内をめぐる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 槇尾から栂尾へ 周山街道の紅葉 | トップページ | 高山寺 復旧した境内をめぐる »