« 桜紅葉 北大路橋から御園橋へ | トップページ | 上賀茂神社 摂末社と古跡を巡る »

2021年11月 9日 (火)

上賀茂神社 御園橋から本殿へ

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amy_8354a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事に続いて、賀茂川にかかる御園橋を渡って上賀茂神社を訪れました。御園橋は架け替えを行い道路と歩道が拡幅整備され、昨日の記事のように少し古風な外観になっています。下は北(上流)の方。

Amy_8377a

橋の中央に来ると、神社の裏山の「神宮寺山」を背景に上賀茂神社の新しい「大鳥居」が見え、御園橋が神社への参道の正面となっています。上賀茂神社では参道に手水舎はなく、川を渡ることが清めと考えるのだそうです。

Amy_8367a

御園橋の拡張やその東詰交差点の道路整備と併せて、上賀茂神社の宮前広場の整備が行われています。ここは市バスや京都産業大学のシャトルバスの停留所、観光バスの駐車場があり、参拝者と車が入り乱れて危険な場所でした。

Amy_8395a

大鳥居は向うの一の鳥居と同じ外観で高さが8m、「社号標」もこちらに移設されています。まだ通行はできませんが、工事はほぼ完了しているようです。

Amy_8410a

下は横にあった看板の写真で、参拝者は大鳥居から一の鳥居に向かい、この区間(宮前広場)には車が入らないようになっています。

Amy_8417a

宮前広場にあった茶店は、大鳥居の内側の神域に含まれました。

Amy_8740a

以前の表参道入口の「一の鳥居」 時間が午後4時を過ぎていて閉門時間が分からなかったので、とりあえず急いで本殿に向かいます。

Amy_8747a

二の鳥居との間は両側に広い芝生の参道で、葵祭の巡行(路頭の儀)が行われます。葵祭の巡行は2年間中止となったので、来年は大鳥居をくくる様子を見たいものです。

Amy_8730a

「二の鳥居」 ここが閉門時間になると閉じられますが間に合いました。

Amy_8448a

祭神の賀茂別雷神(かもわけいかづちのかみ)が、裏山の「神山」に降臨したことが、上賀茂神社の創建の始まりとされます。二の鳥居の正面にある「細殿」。

Amy_8454a

細殿前の立砂は神山をかたどり、先端の松葉は、降臨の目印にした神山の松を表しています

Amy_8470a

細殿の右は「橋殿」、ここでは葵祭の禊の儀など様々な神事が行われます。

Amy_8473a

橋殿の横で「御手洗川(みたらしがわ)」を渡ります。ここが第2の清めで、葵祭前儀の禊の儀もここで行われます。後に御手洗川は「ならの小川」と名を変えます。

Amy_8476a

橋殿の左に手水舎があります。祭神の賀茂別雷神(かもわけいかずちのみこと)が降臨した神山から湧く水を利用しており、古くから水質に優れていることが知られています。草花や飾り玉で彩られていました(最後の写真)。

Amy_8487a

手水舎の裏で、左から流れてくる御手洗川に右から流れてくる「御物忌川(おものいがわ)」が合流します。御手洗川は御園橋の上流、志久呂橋の下流で取水されています。

Amy_8513a

「楼門」(重文) 手前の「玉橋」(重文)は神事のときだけ神職が渡り、参拝者は右にある「片岡橋」(重文)を通ります。

Amy_8521a

片岡橋は御物忌川にかかっていて、ここが第3の清めです。御物忌川は神社の北東の山中にある「蟻ケ池(ありがいけ)」などを源として境内に流れ込んでいます。

Amy_8530a

楼門は午後4時半に閉門だそうで、ようやく間に合いました。

Amy_8544a

祭神のご利益は厄除、方除、開運、八方除、必勝、電機産業守護とされます。最後のご利益は賀茂別雷大神は雷とゆかりがあるからです。

Amy_8551a

二の鳥居の閉門は午後5時だそうで、この後少し落ち着いて境内を巡りました。

Amy_8552a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amy_8494a

|

« 桜紅葉 北大路橋から御園橋へ | トップページ | 上賀茂神社 摂末社と古跡を巡る »

コメント

ここの整備は正解ですよね。
バスに車に、あとタクシーから降りる人とか乗る人もいましたよね。
ちょっとでも歯車が狂うと大事故になっていたことでしょう。
コロナ禍が完全に正常化されるまでに、しっかり仕上がるといいですね。

投稿: munixyu | 2021年11月 9日 (火) 18:09

★munixyuさん こんばんは♪
この場所は大きくに見るとは六差路になっていて、ぞれぞれが古い道です。どの道も直線的に交差点を横切るようにはなっておらず、車が通るには混乱する場所です。御園橋の車道が広がり、そちらからの車が増えることになり今後どのような流れになるのか注目しています。

投稿: りせ | 2021年11月18日 (木) 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜紅葉 北大路橋から御園橋へ | トップページ | 上賀茂神社 摂末社と古跡を巡る »