« 三千院門前通りと大原陵 | トップページ | 宝泉院 秋の額縁庭園 »

2021年11月24日 (水)

勝林院 証拠の阿弥陀と本堂大改修

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amz_0515a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事に続いて勝林院の前まで来ると、テントで拝観や御朱印の受付をしていました。「勝林院」は山号を魚山(ぎょさん)という、天台宗延暦寺の別院です。前に大原問答に向かう法然が休んだとされる「法然腰掛石」があります。

Amz_0528a

勝林院は平安時代初期の承和2年(835)、慈覚大師円仁によって開かれ、来迎院とともに古くから天台声明の根本道場でした。「鐘楼」は鎌倉時代の建造、江戸初期に春日局による再建、梵鐘は無銘ですが藤原期のもので重要文化財。

Amz_0883a

平安時代中期の長和2年(1013)寂源によって再興され、勝林院と称しました。寂源は左大臣・源雅信の子で右少将の時に出家したので、大原入道少将とも呼ばれます。この頃は藤原氏が権勢を誇った時代で、藤原道長、頼通らの信仰を集めました。

Amz_0739a

平安時代末の1156年、大原に梶井門跡の政所(後の三千院)が設置され、来迎院や勝林院などを管理しました。本堂は江戸時代(1736年)に焼失、1778年に徳川家の寄進により後桜町天皇の常御所を移して再建、市の登録有形文化財です。

Amz_0741a

江戸時代には理覚坊、実光坊、法泉坊、普暁坊の4坊を有しました。明治以降、勝林院は4坊を含む総称から本堂だけの呼称となり、かっての4坊の内、宝泉院と実光院だけが支院として残りました。

Amz_0850a

Amz_0868a

常御所の建物だけあって、本堂の装飾は見事です。欄間には梅の花、鶴、雉、松などが立体的に彫られています。そのにはめでたい鳥の山鵲(さんじゃく)とともに翁がいますが、誰だか分かりません(浦島太郎という方もいます)。

Amz_0869a

柱の上には、獏の木鼻、

Amz_0843a

龍や波が彫刻された蟇股(かえるまた)

Amz_0834a

こちらに延びているのは菊と牡丹が彫刻された手挟(たばさみ)です。

Amz_0832a

本堂には本尊の阿弥陀如来、左に不動明王立、右に毘沙門天が祀られています。阿弥陀如来の手元から五色の綱(善の綱)が延びていて、参拝者が弥陀如来に間接的に触れることができます。

Amz_0760a

旧本尊は平安時代の長保・寛弘年間(999-1012)に康尚の作といわれますが、江戸時代に本堂焼失とともに焼損しました。現本尊は、翌年(1737)仏師・香雲により造立(補修)されたといわれます。

Amz_0774a

平安時代中期の1020年寂源が勝林寺で法華八講という法要を行いました。その際、天台僧・覚超と偏朮(偏求、へんく)が議論となりました。覚超が主張するとき本尊は隠れ、偏朮のときには姿を現して支持し、以後「証拠の阿弥陀」といわれました。

Amz_0794a

平安時代後期の1186年、浄土宗の宗祖・法然(1133-1212)を勝林院に招いて宗論「大原問答」が一昼夜にわたって行われました。明遍・智海・貞慶など諸宗の高僧が用意した難題について、

Amz_0775a

法然は浄土の宗義、念仏の功徳、弥陀の本願の旨を説いて問者の本成坊がついに信伏、専修念仏が他派を論破しました。念仏により極楽往生ができるかどうかの問答のとき、本尊は手から光を放ち証拠を示したとされます。

Amz_0757a

本堂の右手に安置されている「十一面観世音菩薩像」は樟の木の一木造で、もと北野天満宮の本尊で菅原道真の本地仏とされていました。神仏分離の際に勝林院に遷されました。

Amz_0804a

本堂を出て、東の斜面にある古跡を見にいきます。

Amz_0853a

昨年8月に放映されたNHKBSの「歴史発掘ミステリー 京都 千年蔵 大原 勝林院」では、全国の専門家とともに蔵の中身を全部出し、1853点の文化財から勝林院と織田信長から藤原道長までとの知られざるつながりを追っていました。

Amz_0877a

蔵の前に平井乙麻の歌碑があります(自然石で、今では文字が読めません)。「苔の上をまろ深如く 流れゆく呂律の里の 弥陀の声明」

Amz_0877b

向かいの参道東にも歌碑があります。海道「夕ほたる 末は一つの 律呂川」、佳子「大阿弥陀 いだく魚山に 初音澄む」 丸山海道は京都在住で俳句結社「京鹿子」を主宰、妻の佳子も京鹿子の指導者でした。

Amz_0892a

ところで、勝林院の本堂は江戸時代中期に再建されてから約250年がたち、近年は礎石の沈み込みによる建物全体の傾きやシロアリなどによる虫害が深刻化しています(東斜面への石段があります。)

Amz_0881a

本来はこけら葺(ぶ)きの屋根ですが、2018年9月の台風では屋根が破損して現在はトタンで覆う応急措置を施しています。また、屋根を支える屋根裏の材木も、長年の雨漏りによって腐食しつつあります。梶井門跡ら歴代の供養塔

Amz_0898a

大規模改修が必要とされますが、檀家も信徒も持たない勝林院は大規模な工事を進めていくだけの資金がありません。鎌倉時代の正和5年の銘がある「石造宝篋印塔」(重文)

Amz_0907a

関係寺院の僧侶や研究者が中心となって2019年末に「勝林院友の会」を結成。年会費5千円で、会員は勝林院や宝泉院、実光院を無料拝観できるなどの特典を付けて支援者を募っています。日吉山王社(左)と観音堂(右)

Amz_0914a

また寄付を募っています。一口2千円としてご寄付いただいた方は芳名帳に記載し、芳名帳は最終的に本尊・阿弥陀如来坐像(証拠の阿弥陀)の胎内に奉納するそうです。詳しくは勝林院のHPをご覧ください。

Amz_0918a

3年後には寂源の千年遠忌も控え、住職の藤井宏全さん(68)は勝林院復興に向けて協力をお願いしています。少しでも参拝しやすいようにトイレ(受付兼)を新設中です。

Amz_0735a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amz_0518a

|

« 三千院門前通りと大原陵 | トップページ | 宝泉院 秋の額縁庭園 »

コメント

なるほど、シロアリですか。
木造建築には、火事の他にも色んな問題があるのですね。
大規模改修の時は、シロアリ対策の薬も要りそうです。
たくさん資金が集まるといいですね。
ここら辺もクラウドファンディングが活躍してほしいところです。
あと、国も少しは助けてほしいものです。

投稿: munixyu | 2021年11月24日 (水) 16:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三千院門前通りと大原陵 | トップページ | 宝泉院 秋の額縁庭園 »