« 二条通を歩く 烏丸通から間之町通へ | トップページ | 二条通を歩く 麩屋町通の薬師霊場へ »

2021年10月 9日 (土)

二条通を歩く 堺町通まで

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amy_4165a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事に続いて二条通を間之町通から東に歩きます。「IREMONYA」はボックス、ケース、ラックなど生活に必要な「いれもん」を独自の素材で製造・販売しています。*日が当たっている方が通りの北側です。

Amy_4191a

「鉄板焼き 仁」 鉄板焼き、お好み焼きのお店でテイクアウトもできます。お隣で引っ越しがあるようで、トラックが前に止まっています。

Amy_4194a

「(株)友屋」 店舗用什器・備品・サイン・ディスプレイ等の創案と製作販売の会社です。先ほどのIREMONYAはこの会社の事業部です。

Amy_4197a

「トモヤレジデンスホテル京都 二条高倉」 お隣の友屋の経営で客室は全14室、駐車場はありませんがバリアフリー対応の客室やトイレがあり、スタッフによる介助・補助を受けられます。

Amy_4201a

「二条たかくらやまもと」 旬の魚介や野菜を使用した天ぷらや京料理のお店です。お料理に合う各地の銘酒も取りそろえ、四季折々の食材をふんだんに使用したコース料理は、特別な一日のお祝いや、ゲストのおもてなしにも最適だとか。

Amy_4203a

「Rokka 京都 」 カウンター7席の小さな、チーズとワインとヴェルモットのお店です。お手製のメニューにワインなどにまつわる豆知識が書いてあり、優しい店主がチーズやワインについて教えてくれるそうです。午後3時頃から開店します。

Amy_4205a

ところで、先日から歩いてきた二条通には町屋が多くありましたが、 烏丸通から東はほとんど見当たりません。「大同陶器株式会社」は衛生陶器の会社で、システムキッチンやバス、ウォッシュレットなどの設置・リフォームも行っています。 

Amy_4207a

その原因は、幕末の元治元年7月19日(1864年8月20日)に起こった「禁門の変」にともなう「元治の大火」です。「嘉茂弥 京都二条」 本場で修業したシェフによるイタリヤ料理をベースにした鉄板焼きのお店です。

Amy_4209a

手の施しようもなくどんどん焼け広がったので「どんどん焼け」、市街戦で鉄砲の音が鳴り響いたことから「鉄砲焼け」とも呼ばれました。 「grande reverie Nijo Takakura(グランレブリー二条高倉)」築2021年1月、5階建、9戸のマンションです。

Amy_4214a

火元となったのは、激戦があった御所の西の蛤御門と南の堺町御門です。「(有)杉野」は不動産の管理・仲介の会社で、「高倉通」は平安京の高倉小路にあたり、名称は通り沿いに藤原氏の別邸・高倉殿があったことに由来。

Amy_4216a

交差点の南東の角は電気工事の「ヤマムラ電建」、高倉通に面した入口は「麺や 高倉二条」、地図には史跡「二条高倉邸」と書いてあり、足利尊氏の邸宅があった場所です(石碑は二条通からは見当たりませんでした)。

Amy_4221a

火災は北東の風により延焼し、京都御苑の西側から南東方向の広い範囲に広がりました。「(有}アルフ」 インテリアの設置請負の会社で、ショールームがあるようです。

Amy_4224a

焼失町数811町(全町数1459)、焼失戸数27,517軒(全戸数49,414軒)で、『連城紀聞』によると住民の負傷者744名、死者340名です。「酒房 CRAFT MAN」 地ビールを提供する レストランです、

Amy_4226a

しかし、二条城や幕府関係の施設に被害は見られなかったようで、御所の南西にあたる二条通の烏丸以西は類焼しなかったようです。「和光建物総合管理」は不動産管理の会社です。

Amy_4229a

ちなみに、戦闘による死傷者は長州側281名、会津・薩摩側101名だったそうです。「菜格(さいかく)」 まだ開店していませんが四川料理のお店で、ビルは「SHIMADA2412516」。

Amy_4230a

手前は酒屋の「赤木屋」その向うは美容室「fon」、「堺町通」は豊臣秀吉による天正の地割で新設された通りで、名称は応仁の乱以降の戦国時代に衰退していた町と田畑との境界だったことに由来。

Amy_4233a

交差点の南東角にある「恒屋伝助」 新鮮な魚介類、季節の京野菜、上質のお肉を使った洋食など、料理が美味しいと評判の居酒屋です。

Amy_4243a

交差点から北を見ると「堺町御門」が見えます。目的の京都十二薬師霊場の札所へはもう少しです。

Amy_4246a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amy_4212a

|

« 二条通を歩く 烏丸通から間之町通へ | トップページ | 二条通を歩く 麩屋町通の薬師霊場へ »

コメント

「IREMONYA」は、名前が面白いですね。
いれもんを売っている。分かりやすいです。
「元治の大火」
昔の日本はとにかく燃えたらおしまいだったのが怖いですよね。
木造の最大の弱点。石だったらまた違った歴史があったかもしれませんね。

投稿: munixyu | 2021年10月 9日 (土) 17:31

★munixyuさん こんばんは♪
戦国時代から幕末にかけての動乱の時代や、平和な時でも人口が密集している都市は火災が怖いですね。京都の寺社の歴史を調べていると、何度も焼失・再建を繰り返すのがあたりまえになっています。

投稿: りせ | 2021年10月13日 (水) 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二条通を歩く 烏丸通から間之町通へ | トップページ | 二条通を歩く 麩屋町通の薬師霊場へ »