« 銀閣寺道とNOANOA | トップページ | 法然院 緑の境内を巡る »

2021年10月18日 (月)

哲学の道 幸せ地蔵尊から洗心橋へ

過去の全記事  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amy_5170a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事に続いて、銀閣寺道をさらに東に歩きます。上の写真の手前の本家八ッ橋、その向うのたこ焼き屋さんは閉まっています。

「融合カレー」 開店祝の胡蝶蘭があり、この日(10月15日)の開店でした。さらさらのスパイスカレーのお店で、店名はビーフカレーのことです。「地元の方々に愛されるカレー屋を目指してまいります」と書いてあります。

Amy_5172a

「原喜久食堂」 昭和2年創業の大衆食堂。日替わりや洋食の定食をはじめ、カレー、チキンライスから麺類、丼物まで各種あります。テーブルには100円おみくじもあるそうです。となりは「林酒店」 アイスクリームやドリンクもあります。

Amy_5177a

琵琶湖疏水分線にかかる「銀閣寺橋」、その向うは銀閣寺参道、冷泉天皇稜の参道でもあります(途中から右に曲がりますが)。 

Amy_5181a

「KAFUKA(花風香)」 軽食やドリンクのカフェテリアで画家のご主人のギャラリーを兼ねています。手作りのアップルパイ、カレーセット、ミックスピザなどもあります。

Amy_5183a

ここから疏水沿いに道(哲学の道)を歩きます。

Amy_5184a

「銀鶴堂」 一昨年6月にオープン、ライフスタイルショップとスイーツ・ドリンクのイートインスペースがあります。ご主人は京都のサワー専門店「Sour」の店主で、原宿にもお店を出したそうです。

Amy_5186a

「kiharu(きはる)」 アイスバーと果実氷、各種のドリンクのカフェでランチもあります。入口は銀閣寺参道にあり、疏水の眺めがよさそうです。

Amy_5190a

「こづら 京の匠 ちりめん山椒 銀閣寺店」 ちりめん山椒のお店ですが、アイスクリームや京土産の小物もあります。

Amy_5198a

桜の葉はほとんどが緑でまだ紅葉していませんが、天気がよくて風が気持ちのよい日でした。

Amy_5202a

「Brown eyes Coffee」 土蔵を改造したカフェで、2階は見晴らしのよいイートインスペース。本格的なドリップコーヒーからアルコール類まで各種ドリンクがあります。胡蝶蘭は新装開店かも知れません。

Amy_5208a

「京都竹倶楽部Stream Ark」 京雑貨、小物、西陣織を現代風にアレンジしたファッションなどのお店です。35周年記念大感謝SALE 全品50%OFFだそうです。

Amy_5216a

「ガーネット哲学道」 築197年、2階建、1K8戸のアパートで、管理・洛北土地とあります。

Amy_5223a

疏水沿いの道は車が通行できる比較的広い道路と、疏水のすぐ横の散策路があります。石畳はかっての市電の敷石を利用しています。平日だからか、銀閣寺道と違いほとんど人が通っていません。

Amy_5228a

「風の館」 風をテーマにしたモビールやスタンド、オブジェなどのお店で、通販もしています。この日はお休みでした。

Amy_5230a

山門横の地蔵尊はもともと京都室町の商家がお祀りしていた子安地蔵で、戦時中に隣の弥勒院が譲り受け本堂でお祀りしていました。作られたのは江戸時代頃ではないかと考えられています。

Amy_5232a

近所の方や観光客がお参りして、「幸せになった」といわれたことから、今では「幸せ地蔵尊」と呼ばれています。厨子のアクリル板が反射して見にくいのですが、この日は何とか写りました。

Amy_5238a

隣の「乗越え不動尊」 降魔の三鈷剣と羂索(悪を縛り上げ、煩悩から抜け出せない人々を縛り吊り上げてでも救い出すための縄)を持って、山を乗越えてやって来る不動様です。

Amy_5240a

「弥勒院」は 江戸時代の天和年間(1681-1684)に聖護院の西に創建された長泉寺に始まり、富士垢離(こり)行屋の組頭として聖護院配下の寺となりました。昭和2年に聖護院からこの地に遷されて現在に至ります。

Amy_5251a

「十五 juu-go」 そば屋さんで、メニューは蕎麦とそばがきだけです。お蕎麦はお醤油をかけてお召し上がり下さいといわれ、その醤油がとても旨味があり九州産だそうです、

Amy_5267a

「お菜ところ」 京都らしいおばんざいのお店で、お惣菜セットや直伝そばもあります。

Amy_5286a

途中に石仏が祀られています。その向うは「Tsu・Ba・Ki Kyoto JAPAN」 春と秋だけ、手織り手染め、和柄のオリジナルスカーフを販売しています。

Amy_5289a

「忘我亭」ちりめん素材の鞄を中心に、和雑貨・アクセサリーなど小物や雑貨を扱っています。

Amy_5308a

「再願(さがん)」、ブレンドコーヒー、自家製ケーキ、軽食などもあります。近所の方も利用するようでいつも開いています。

Amy_5306a

「童心彫房」 「童像」を彫っている、木彫家・大町誠一氏のギャラリーです。橋のたもとのお地蔵さんが目印です。

Amy_5320a

「洗心橋」 久しぶりにこの橋を渡って法然院に向かいました。

Amy_5324a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amy_5213a

|

« 銀閣寺道とNOANOA | トップページ | 法然院 緑の境内を巡る »

コメント

開店祝の胡蝶蘭。
タイミング的に今がいいのかもしれませんね。
このまま収束してくれれば、なのですが。
こればかりはもう運でしょうね。

投稿: munixyu | 2021年10月18日 (月) 12:44

★munixyuさん こんばんは♪
開店祝が目立つということは、それだけ閉店したお店があるということですね。開店するからには、頑張って欲しいですね。

投稿: りせ | 2021年10月27日 (水) 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銀閣寺道とNOANOA | トップページ | 法然院 緑の境内を巡る »