« きぬかけの路(金閣寺界わい) | トップページ | 鏡石通の南部を歩く »

2021年7月20日 (火)

霊山観音と市内からの遠望

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jng_8179a
※写真は全てクリックで拡大します。

今日は、過去の霊山観音の記事を再編集してお届けします。後半に市内各所から見た霊山観音像を載せました。下は高台寺の駐車場から

Jng_8174a

「霊山(りょうぜん)観音」は、昭和30年(1955)実業家・石川博資(ひろすけ)によって第二次大戦の戦没者・戦争犠牲者を追悼、慰霊するために建立された寺院です。「山門」に拝観受付があります。

Jng_8177a

山門の仁王像は昭和38年(1963)松久朋琳(ほうりん)の作です。

Jng_8369a

松久朋琳(1901-1987)は京都に生まれ、10歳より仏像彫刻をはじめ、大阪四天王寺仁王像、京都鞍馬寺魔王尊像などを彫り、京都仏像彫刻研究所を主宰、四天王寺、身延山久遠寺、比叡山延暦寺から大仏師の称号を与えられました。

Jng_8371a

「鏡池」 観音像は「白衣観音」をイメージして、彫刻家・山崎朝雲(ちょううん)が原型を作成、高さ24m、顔6m、総重量500t、コンクリート製。朝雲(1867‐1954)は博多に生まれ、 仏師・高田又四郎、彫刻家・高村光雲に師事、代表作に「大葉子」があります。

Jng_8185a

また、昭和天皇のご結婚奉祝品として馬の置物を献上したことでも知られます。木彫による写実的表現に新境地を開き文化功労者。「地主権現社」この地の鎮守として権現を祀っているようです。

Jng_8190a

「願いの玉」 仏教ではすべてを生み出す宇宙の根源は如意宝珠とされ、その姿は完全な球だそうです。風水的な吉地とされた地のエネルギーと観音様の妙智の力が宿ったこの球に願いを託し明日への活力を得ます。

Jng_8203a

石川博資(1891-1965)は秋田県に生まれ、鉱山業で財をなし、後に運輸・タクシー業界に乗り出しました。京都の帝産観光タクシーや帝産京都自動車はグループ企業です。観音像の下に本堂、正面に大香炉があります。

Jng_8196a

本堂の中央の内陣には本尊の「千手観音菩薩」が祀られ、左には「地蔵菩薩」が祀られています。

Jng_8303a

右には「毘沙門天」と「弁財天」。これらのご利益は、家内安全、無病息災、身体健全、病気平癒、交通安全、良縁成就、安産祈願、子宝成就、商売繁盛、事業繁栄、開運厄除、家運長久、受験合格、進学成就、学業成就、就職成就などとされます。

Jng_8302a

本堂の右の少し高くなった場所に、第二次世界大戦の戦没者の慰霊碑、韓国人犠牲者慰霊塔などが並び、奥の「護摩堂」には、霊山厄除不動明王を祀り、毎月8、18、28日に本山修験宗山伏により国家隆盛や家内安泰の護摩が焚かれます。

Jng_8332a

観音像の右後ろの「メモリアル・ホール」第二次世界大戦で、日本だけでなく国のために殉じた世界の無名戦士の御霊を供養しています。世界各地の無名戦士の墓から贈られた浄土が祀られています。

Jng_8309a

観音像の背後の右から胎内に入れます(左にも入口があります)。実際には本堂の上階で観音像の台座の部分です。

Jng_8230a

胎内には「十二支守本尊」が安置されています。自分の干支の本尊にお参りします。もっと像の上に登って外が見えるかも知れないと期待しましたが、ここまででした。

Jng_8232a

観音像から出て、左手の山の斜面にいろいろな供養碑があります。下は「京料理供養塔」、他に「ふぐ塚」と「花塚」があり、京都の各関連業界が建立したようです。

Jng_8272a

「愛染明王堂」の前に巨大な仏足石があります。

Jng_8262a

境内の北(左)には廊下が続いていて、「禅堂」と「写経堂」があり、対称の位置には「納骨堂」があります。例年8月13~16日に「万燈会
供養」があり、この日は池の周りに電灯を取り付けていました。

Jng_8363a

霊山観音では、7月23日の「水子供養大法要」と8月13~16日の「万燈会」の夜間参拝及び盆提灯への点燈が中止となりました。一方、8月1~16日の「盆提灯」および「盂蘭盆会」回向は例年どおり開催するそうです。

Jng_8342a

霊山観音象は東山のランドマークの一つです。隣の高台寺の方丈から

Jmi_0119a

ねねの道にある大雲院・祇園閣から(現在は撮影禁止になっています)。最後に秋の写真もあります。

Dsc71449a

同じく東山のランドマーク「八坂の塔」から、霊山観音象は左端、その右のクレーンは京大和の敷地に建設中のホテルです(現在開業しています)。

Jnl_9744a

市内南部の京都タワーから、手前に「八坂の塔」、山の上に青蓮院の「青龍殿」も見えます。今日の題名にある「遠望」は遠くを見通すという意味で、眺望や展望は広く見渡すという意味だそうです。

Jny_4662a

市内の反対側(西)の山腹からも見えます。嵯峨野の常寂光寺の時雨亭前から、右上の山中に幕末維新ミュージアムの「霊山歴史館」も見えます。

Amx_2659a

市内北部の鷹峯・光悦寺、山の間から市内が展望できます。

Jnj_6281a

正面を拡大すると、左に霊山観音、手前のビルが「京都ホテルオークラ」、奥に「清水寺」の三重塔と素屋根で覆われた本堂(舞台)。手前は船岡山、その前のレンガの塔は佛教大学。

Jnj_6278b

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Ami_4931b 

|

« きぬかけの路(金閣寺界わい) | トップページ | 鏡石通の南部を歩く »

コメント

今日の霊山観音さまオンパレードも りせ様のコレクションの賜物! 猛暑が続きますが どうぞご自愛くださいませ。

投稿: ジョージ夫人 | 2021年7月20日 (火) 07:55

★ ジョージ夫人さん こんばんは♪
お返事が遅れてすみませんでした。コロナで外出を自粛していたら、梅雨が明けて連日の猛暑になってしまいました。そちら様もお元気に過ごされることをお祈り申し上げます。

投稿: りせ | 2021年7月25日 (日) 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きぬかけの路(金閣寺界わい) | トップページ | 鏡石通の南部を歩く »