« 濠川と伏見港 祝・みなとオアシス登録 | トップページ | ねねの道と京都ニュース(6月後半) »

2021年6月30日 (水)

円山公園と京都ニュース(6月前半)

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amy_1378a
※写真は全てクリックで拡大します。

一昨日の記事に続いて、八坂神社の東南の鳥居(上)を出て円山公園を通り抜けます。いつも通る道なので説明は省略して、私が興味を持った最近(6月前半)の京都のニュースを紹介します。京都新聞のデジタル版からです。

Amy_1383a

6月2日「京野菜ルーツ、遺伝子と古文書で解読 壬生菜に意外な野菜の遺伝子が」 中京区の壬生地域で盛んに栽培された壬生菜は1800年頃にミズナが自然交配してできたとされてきました。

Amy_1386a

京都産業大などのグループは遺伝子解析と古文書解読を組み合わせた手法で、壬生菜にカブ由来の遺伝子配列を確認、壬生菜はミズナとカブが交配してできたのかもしれないと発表しました。

Amy_1390a

 6月4日「日本最古の貨幣『無文銀銭』滋賀県の遺跡からの出土品展」 平成の30年間に滋賀県内で発掘された古墳時代から室町時代までの遺物を紹介するロビー展示が、大津市瀬田南大萱町の県埋蔵文化財センターで開かれています。

Amy_1395a

無文銀銭は県内の6遺跡から見つかり、和同開珎に先立つ飛鳥・奈良時代の日本最古の貨幣で銀製、文字が刻まれていないのが特徴です。奈良や京都周辺からも出土しているそうです。

Amy_1403a

6月13日「浦島太郎はモテモテ美男子、玉手箱二つ? 江戸期の伝説は意外な展開」 江戸期の浦島太郎伝説が残る、舞鶴市糸井文庫を調査していた畑恵里子・静岡英和学院大教授らの研究グループが研究報告書をまとめました。

Amy_1421a

同文庫は実業家の糸井仙之助が収集した、主に江戸時代の古典籍や絵画などで舞鶴市の所蔵。翻刻や現代語訳もなく未整理のままだったのを、2017年から4年間の共同研究で内容の分析や訳、学会での研究報告を進めていました。

Amy_1430a

江戸時代中期に成立した書物『水江浦島対(ついの)紫雲筺(たまてばこ)』では、乙姫以外に2人の女性が入れ違いで登場。竜宮城で乙姫は「美男子の浦島にあこがれて、亀に化けてわざとつり上げられようとした」と明かすなど意外な展開が。

Amy_1431a

次第に乙姫を煩わしく思うようになった浦島が、地上に戻ろうとすると、また会えるように願って乙姫が2個の玉手箱を浦島に渡します。一つは浦島が開けて老人となりますが、一つはなぜか真言宗を開いた空海の手に。

Amy_1433a

別の書物『新版龍宮洗濯噺(ばなし)-芋蛸(いもたこ)の由来』では、浦島と乙姫の子である小太郎が登場し、竜宮城の支配者「龍王」の座を狙う蛸入道を、わなにはめて倒します。

Amy_1438a

江戸時代までは全国に多くの異なる浦島伝説がありましたが、明治時代に国定教科書に収録されると、次第に全国で同じ物語が共有されるようになったそうです。

Amy_1458a

 6月15日 「平安京最大の荘園『小泉庄』の建物跡発見 大路削り最大級の人工河川も」平安時代から摂関家が有し、平安京内で最大の荘園「小泉庄(こいずみのしょう)」に関わる建物跡2棟が右京区の西院小で見つかったと、市埋蔵文化財研究所が発表。

Amy_1440a

小泉庄は、平安後期の11世紀後半頃に成立し、藤原摂関家が伝領し右京で計62町の広さに及びました。当時の上級貴族邸宅が1町(120m四方)ほどでした。さらに、この荘園ができる以前の遺構も残っていました。

Amy_1455a

都の主要路「道祖(さい)大路」(現春日通、佐井通)を削り、京内最大級の人工河川を通してまで排水処理しようした苦心が分かるそうです。右京の基幹排水路「西堀川」が平安中期の10世紀代に雨の土砂などで埋まった代替措置といわれます。

Amy_1460a

大路を京内最大級の人工河川「道祖川 」に変えたのに、10世紀後半には土砂で埋まってしまいました。その後は耕作地化され、排水に苦労し水に向き合った右京ゆえの変容を如実に物語っているそうです。

Amy_1461a

当初の平安京の西半分(右京)は水はけが悪く次第に荒廃、平安中期には田畑となったといわれます。そのような歴史のワンシーンを垣間見ることができたといえます。調査は6月末まで行われますが、現地発表会はないそうです。

Amy_1463a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amy_1441a

|

« 濠川と伏見港 祝・みなとオアシス登録 | トップページ | ねねの道と京都ニュース(6月後半) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 濠川と伏見港 祝・みなとオアシス登録 | トップページ | ねねの道と京都ニュース(6月後半) »