« 桜散歩 加茂大橋から二条大橋へ | トップページ | 桜散歩 琵琶湖疏水(田辺橋-冷泉橋) »

2021年4月 3日 (土)

山科聖天双林院と山科疏水

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amx_6771a
※写真は全てクリックで拡大します。

先日の記事の毘沙門堂門跡の宸殿前から、西門の外に「山科聖天 裏参道 すぐそこ←」という看板が見えます。

Amx_6688a

「双林院(そうりんいん)」は毘沙門堂の北西にある塔頭で、祀られている歓喜天(聖天)にちなんで「山科聖天(しょうてん)」とも呼ばれています。

Amx_6713a

山道を少し歩くと、谷に双林院の建物が見えてきます。

Amx_6715a

双林院は江戸時代前期の寛文5年(1665)毘沙門堂を再興した公海大僧正によって、その塔頭として建立されました。

Amx_6716a

明治元年に公遵法親王の念持仏「大聖歓喜天(だいしょうかんきてん)」を本尊とする聖天堂が建てられました。(裏参道からは山門の横に出ます。)

Amx_6720a

大聖歓喜天は仏教の守護神で、十一面観音とガネーシャ神( ヒンドゥー教の神)の化身の姿をしており、頭が象、首から下は人間という、二体が向かい合って抱擁されている陰陽和合の「男女合体神」です。

Amx_6725a

山門の右手の聖天堂の厨子に直接見ることはできない秘仏として安置され、約100体の歓喜天像(男女和合の状態を表現した仏像)が合祀されています。

Amx_6728a

これらの聖天さんは、夫婦和合・子授け・財富の霊験があるとして崇拝されてきました。聖天堂の向かいに「授与所」があります。

Amx_6766a

左は「正一位太郎須大明神」、右は「正一位八ッ房龍神」で、ともに聖歓喜天の守護神です。

Amx_6734a

「稲荷大明神」(荼枳尼天)、五穀豊穣、商売繁盛の神です。

Amx_6759a

「不動堂」中央に比叡山無動寺より勧請された不動明王(五大明王)、右に准胝観世音像、左に弁財天女が祀られています。堂中で大護摩が焚けるように屋根の最上部が煙突になっています。明治16年(1883)の建立。

Amx_6731a

「阿弥陀堂」 西明寺(滋賀県犬山郡)より勧請された阿弥陀如来が祀られ、お盆・両彼岸施餓鬼会法要時のみ公開されます。左に寺務所の建物があります。

Amx_6737a

「不動の滝」 不動堂の右奥の崖下には一本の滝が落ち、石造りの「お滝不動」(石不動明王)が祀られています。不定期で滝行体験も行っているそうです。

Amx_6746a

帰りは表参道を通り、TOPの写真は双林院の山門前にある鳥居(神仏習合の名残?)です。双林院は紅葉が美しいことで知られますが、鳥居の横に鮮やかなピンクの桜が咲いていました。

Amx_6777a

山科聖天の表参道の途中で、毘沙門堂の勅使門が見えます。この石段は散り紅葉が美しいところです。

Amx_6789a

毘沙門堂の極楽橋を渡り山科駅に向かいます。この道は「毘沙門道」とよばれるそうです。

Amx_6799a

琵琶湖疏水にかかる「安朱橋」 毘沙門堂からこのあたりは「安朱(あんしゅ)町」で、安祥寺村と朱雀村(朱雀口)が一つになって、江戸時代に安朱とよばれるようになったそうです。 (西の方)

Amx_6376a

琵琶湖疏水が山科を通る四ノ宮~日ノ岡間の約4.2kmは、「山科疏水」と呼ばれています。東の方

Amx_6377a

この区間の散策路沿いには約600本の桜が植えられ、柵沿いの菜の花は住民が植えたものです。

Amx_6806a

京都では数少ない菜の花と桜が同時に撮影できるスポットで、秋の紅葉も美しい場所です。

Amx_6811a

ところで、京都府では新型コロナの再拡大を受け、昨日の対策本部会議で飲食店などに対し再び営業時間短縮の要請をすることが決まりました。

Amx_6808a

 対象は京都市や宇治市など府南部の16市町村で、期間は今月5日から21日まで、午後9時までの営業時間短縮が要請されます。

Amx_6809a

あわせて、大阪・兵庫・首都圏の1都3県などの感染拡大地域との往来を極力控えること、府内の往来も必要性を検討して行動するように求められています。

Amx_6813a

この一帯は風致地区として景観が守られ、「京都の自然200選(歴史的自然環境部門)」にも選ばれています。

Amx_6814a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amx_6747a

|

« 桜散歩 加茂大橋から二条大橋へ | トップページ | 桜散歩 琵琶湖疏水(田辺橋-冷泉橋) »

コメント

疎水の桜は、
元気があっていいですね。
桜と菜の花の組み合わせも、
元気な感じがします。
嬉しい春の色たちですよね。

投稿: munixyu | 2021年4月 3日 (土) 16:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜散歩 加茂大橋から二条大橋へ | トップページ | 桜散歩 琵琶湖疏水(田辺橋-冷泉橋) »