« 雪の京都 渡月橋を渡る | トップページ | 雪の京都 鷹峯・常照寺 »

2021年1月 8日 (金)

雪の京都 嵐山・法輪寺

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnd_5166a
写真は全てクリックで拡大します。

新型コロナウイルス感染拡大のため外出を自粛して、京都の雪景色をお届けしています。

昨日の記事の吹雪の渡月橋を渡り、嵯峨街道を少し行くと法輪寺の参道入口があります。いつもならば向こうの石橋(轟橋)を渡るのですが、この日は手前の車道を上ります。

Jnd_084b

6世紀後半、中国から渡来した秦氏一族は、当初の拠点・深草からこの地に移住し、農耕、機織、酒造などの産業を振興しました。 秦氏は、それ以前から祀られていた葛野井宮を一族を守護する祖神として信仰しました。「山門」

Jnd_5090a

奈良時代初めの和銅6年(713)、勅願によりこの場所に行基を開山として「木上山葛井寺」が建てられたのが法輪寺の起源とされます。(石段は急で滑りやすくちょっと危ない状態でした。)

Jnd_5100a

平安時代前期の天長6年(829)空海の弟子・道昌が寺を再興して虚空蔵菩薩像を安置して、「法輪寺」と称しました。

Jnd_5103a

ところで、昨日の新型コロナウイルスの新規感染者は、大阪607人、兵庫284人、京都143人で、いずれも過去最多でした。(山の斜面にあるからか、雪が30㎝くらい積もっていました。「本堂」)

Jnd_5105a

3府県はそれぞれ本日対策会議を開いて緊急事態宣言の要請を決定し、9日に再発令を政府に求めるそうです。桜の木の下の「狛虎」、口を開ける阿形になっています。

Jnd_5121a

梅の木の下に「狛牛」、吽形です。

Jnd_5118a

本堂には本尊の虚空蔵菩薩(嵯峨虚空蔵)を祀り、智恵・福徳の仏様として信仰されています。本尊は道昌の作とされ、日本三虚空菩薩像の一つだそうです。

Jnd_5166b_2

「賓頭盧(びんずる)尊者」は十六羅漢の1人ですが、神通力をもてあそんだため釈迦にしかられ、釈迦入滅後も衆生の救済を命じられました。そのため、お堂に入れてもらえず、悪いところを触って治す「なで仏」になっています。

Jnd_5130a

平安時代初め、幼くして即位した清和天皇が数え年の13歳になったとき、成人の証として法輪寺で勅願法要を催しました。そこから、成人儀礼として法輪寺の虚空蔵菩薩に詣で智恵を授かる「十三まいり」が行われるようになりました。(寺務所)

Jnd_5133a

「多宝塔」 石段を上った左手にあり、昭和11年(1936)に再建されたものです。

Jnd_5114a

「狛山羊」 石段を上った右手にり虚空蔵菩薩の使いだそうです。

Jnd_5163a

梅の木が並んでいます。一本の木には少し梅の花が咲いていました。

Jnd_5135a

向こうは見晴らし台の舞台ですが、安全のためか門が閉まっていました。

Jnd_5150a

柵の間から覗いてみます。

Jnd_5139a

比叡山や東山までは見えません。

Jnd_5146a

今来た方向を振り返って

Jnd_5148a

中央に手すりがないので、かなり怖い思いをしました。

Jnd_5168a

石段の途中に「電電宮」へ行く道があります。道昌の時代に空から明星が降り注いで虚空菩薩が出現したいわれ、鎮守社として明星王子と同一視された「電電明神」が祀られまた。

Jnd_5171a_2

昭和31年(1965)に近畿電波監理局長・平林金之助が電電明神を電気・電波の祖神として鎮守社を再興し、電電宮と称しました。電気、電波、電子機器、放送、ソフトウェア関連企業などの業界の信仰を集めているそうです。

Jnd_5174a

電子機器・ソフトウェア企業が信仰するだけあって、法輪寺には電子みくじや、SDカードのお守りがあります。SDカードには虚空蔵菩薩の画像が入っていて、携帯がお守りの役目をします。山門までもう少しです。

Jnd_5184a_2

もう一度渡月橋の方に戻り、大堰川右岸のボート乗り場の方に立ち寄りました。向うは渡月小橋。

Jnd_5237a

松尾大社の摂社「櫟谷宗像神社(いちたにむなかたじんじゃ)」の参道入口、神社の境内に「嵐山モンキーパークへ」の受付(登り口)があります。

Jnd_5202a

雪はほとんど止みましたが、向こう岸がかすんでいます。

Jnd_5226a

この日は、保津川下りやボート、屋形船も浮かんでいませんでした。

Jnd_5218b

Jnd_5229a

ここから次の目的地・天龍寺に向かいます。

Jnd_5215a

励みにしていますので、お帰りの前にブログランキングの応援のクリック↓をして下さると嬉しいです。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnd_5155b

|

« 雪の京都 渡月橋を渡る | トップページ | 雪の京都 鷹峯・常照寺 »

コメント

雪の石段は、滑りそうで怖いですね。
雪の時は、足腰が弱い人は、あまり出ない方がよさそうですね。
緊急事態宣言は、関西はどうなるのでしょうか。
気になるところです。

投稿: munixyu | 2021年1月 8日 (金) 14:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪の京都 渡月橋を渡る | トップページ | 雪の京都 鷹峯・常照寺 »