« 勝林院 証拠の阿弥陀と大原問答 | トップページ | 大原陵から帰路へ »

2020年11月 3日 (火)

太子道を歩く 西小路から西大路へ

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amw_4347b
※写真は全てクリックで拡大します。

少し日にちがあきましたが、太子道(旧二条通)に戻ります。今まで広隆寺から歩いて西小路通(上)まで来ました。交差点の北東にある「Dream」オーダーグッズと贈り物のお店で、のぼりには「卒園 卒団 卒業 記念品」と書いてあります。

Amw_4355a

「(株)エスベック」 GoogleMapにはパソコンショップと書いてありますが、パーツや周辺機器のお店のようです。

Amw_4365a

「花むらさき」 和食と寿司のお店で、昔からの料理人のご主人がプロデュース、小さいながらも生簀があり新鮮な魚介類や野菜をいただけます。人気店なので予約をした方が確実です。

Amw_4368a

「馬代(ばだい)通」を渡り振り返って「花園大学 真人館」体育館です。馬代通は平安京の馬代小路に相当し、その名は平安京造営前からあった綿代(めて)郷に由来し、後に綿の字に馬を当てたのだそうです。

Amw_4378a

左は西ノ京スカイハイツ、大きなマンションです。このあたりで太子道は少し曲がっていますが、北東ぎみに進んできた道が東向きになります。

Amw_4380a

「京都民医連 中央病院別館」 正面は南を通る新二条通に面しているようです。

Amw_4382a

「西ノ京スカイハイツ」1979年築、7階建て、全247戸の分譲/賃貸マンションで、いろいろな間取りがあります。

Amw_4386a

「バウハウス」 1985年築、3階建て、15戸の賃貸マンションで、広告代理店の「(株)テイスト」が入っています。

Amw_4402a

左は大きな敷地をフェンスで囲んでいて京都民医連 中央病院の解体工事が行われています。向うにある「佐井西通」で太子道は少し南にずれ、その東南の角に「民医連中央病院産婦人科外来棟」があります。

Amw_4396a

「グラン・ドムール新丸太町」 1988年築、6階建て、全46戸の分譲マンションで、間取りは2LDK(3DK)から4LDKまであります。

Amw_4403a

向かいはビニールハウス(ビニールがありませんが)のようです。何本もある小さな畔のそれぞれに給水パイプが通っていて、カイワレ大根のような小さい植物の畑のようです。

Amw_4406a

「フォートレス朱雀野」築1996年、5階建て、11戸の賃貸マンションです。「朱雀野」とは、中世以降に平安京が荒廃したとき、メインストリートの朱雀大路が田野となったときの呼び名だそうです。

Amw_4408a

「(株)人見建具(たてぐ)」 「お家の 調整 リフォーム ドア 障子 ふすま」という看板がかかっています。

Amw_4412a

「春日通(佐井通)」平安京の道祖(さい)大路に相当、四条に春日神社があるので春日通とも呼ばれます。交差点の東南に「古蹟 壺井地蔵尊があります。

Amw_4452a

奈良時代の僧・行基(668-749)が都での疫病流行の際に、この地に霊水「壷井」を見つけ、薬を合わせて病人に飲ませたといいます。一方、江戸時代、現在の円町付近の紙屋川以西に死刑場(西土手刑場)がありました。

Amw_4425a

当時の記録によれが、罪人は六角獄舎から市中引き回しがおこなわ、三条通を西に行き御土居を出てこの壺井の井戸まで来て、一杯の水を与えられ西土手刑場に入ったとされます。

Amw_4427a

江戸時代の黒川道祐『太秦村行記』(1675年)によれば、壺井より下の地蔵が出土して壷井地蔵尊となずけられたそうです。花崗岩製で像高30cm、下は見えませんが、蓮華座に結跏趺坐、膝の上に両手で宝珠を抱えています。

Amw_4435a

地蔵尊の下に井戸穴があり水脈が変わったので現在は涸れています。中を覗くと少し湿っているので、水脈は近くを通っているのではないかと思います。

Amw_4437a

1754年、医学者・山脇東洋(1706-1762)は京都所司代の許可のもと、西土手刑場で刑死した死刑囚の解剖と観察を行い、日本最初の人体解剖書「人体解屍観臓」を著しました。

Amw_4461a

話の都合で写真は太子道を少し戻りますが、バウハウスの向かいに「壷井堂」があります。太子道は広隆寺の参詣道で江戸時代にはこのあたりに茶店がならんでいたそうです(壷井の茶所)。

Acapture58a

現在のお堂は江戸時代に建てられた茶店の一つで、江戸時代作の2mもある木造の壺井地蔵が安置されています。敷地内に、罪人の供養のため清遊上人が建てた六十六部供養塔が立ち、清遊法師の墓もあります。

Acapture57a

もう一度、壷井の井戸跡の東に戻ります。このあたりの太子道は現在住宅街になっていますが、下のお家には「ピアノ教室」の看板があります。

Amw_4468a

ハロウィンの前で通りでは時々飾り付けを見かけます。

Amw_4473a

「お食事処 あいおい」 ご夫婦が結婚した40年前に創業、今年の5月にリニューアルオープンしました。例の相生食堂ではなく、手作りのお惣菜の食堂です。看板猫の「ちーちゃん」が入り口で迎えてくれ、わんこも入店OKだそうです。

Amw_4478a

「西大路通」この通りは昭和14年(1939)に北大路-九条間が開通した新しい道路で昭和53年まで市電西大路線が走っていました。目的地は太子道の東端の千本通なのでまだ先があります。

Amw_4487a

北西の角にある「美容室 Feel」、それらしくない建物ですが営業中でした。

Amw_4498a

すぐ南は新二条通、向うの建物は「グラシィアス円町」築2009年、5階建て、総戸数は不明ですがワンルームマンションです。360°展望のある部屋があるそうです。

Amw_4489a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amw_4480a

|

« 勝林院 証拠の阿弥陀と大原問答 | トップページ | 大原陵から帰路へ »

コメント

今年のハロウィンは、
寂しいハロウィンになってしまいましたよね。
残念な気がします。
「お食事処 あいおい」
ハロウィンの飾りが可愛いですね。

投稿: munixyu | 2020年11月 3日 (火) 14:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝林院 証拠の阿弥陀と大原問答 | トップページ | 大原陵から帰路へ »