« 桜紅葉 冷泉通沿いの琵琶湖疏水  | トップページ | 桜紅葉の岡崎疎水 冷泉通から仁王門通へ »

2020年11月15日 (日)

東福寺 紅葉の臥雲橋と塔頭たち

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amw_7998a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日は天気がよくて東福寺に行ってきました。岡崎の桜紅葉はもう少し残っていますが、紅葉の最新情報として東福寺参道の紅葉と塔頭たちを紹介します。

下の正面は北門、右の仁王門は工事中のようです。

Amw_7554a

左上の東大路からほぼ南に歩いて、塔頭を見ながら左の日下門まで歩きます。

Atofukuji_map01

「退耕庵」 貞和2年(1346)に東福寺43世性海霊見(しょうかいれいけん)によって創建、応仁の乱により一時荒廃、慶長4年(1599)に安国寺恵瓊によって再興されました。拝観は予約が必要。

Amw_7555a

「盛光院」鎌倉時代の文永年間(1264-1275)東福寺10世直翁智侃(じきおうちかん)が開創。通常非公開ですが現在御朱印に記帳される方のみ拝観できます。楓が植えられた池泉回遊式庭園があります。

Amw_7558a

参道はここから南に向かいます。

Amw_7560a

「霊源院」室町時代の観応年間(1350年頃)後醍醐天皇の皇子である龍泉和尚によって創建。境内に多数のお地蔵さんがいて、水子供養専用のお堂があります。

Amw_7563a

参道は少し東にずれます。

Amw_7564a

「龍眠庵」南北朝時代の正平年間(1355年頃)東福寺37世檀渓心凉(だんけいしんりょう)が創建。境内北の竹林に平安時代末期-鎌倉時代初期の伝説的な武将・藤原景清(平景清)の屋敷跡と墓があるそうです。

Amw_7565a

道の先の「勝林寺」は室町時代末期の天文19年(1550)東福寺205世高岳令松(こうがくれいしょう) が創建。秋の特別拝観中で、吉祥天のように美しい吉祥紅葉が有名、限定御朱印も発行。

Amw_7567a

社会福寺法人「洛東園」昭和27年(1952)に東福寺によって設立された(特別)養護老人ホーム。御陵にはユニット型の特別養護老人ホーム「修道洛東園」もあります。

Amw_7569a

ここから再び南に向かいます。

Amw_7571a

「栗棘(りっきょ)庵」永仁2年(1294)東福寺4世白雲慧暁禅師によって創建。当初は西陣の白雲村にあり応仁の乱後に東福寺山内に移転。中で京料理の「高澤」が営業しています。

Amw_7574a

「善慧(ぜんね)院」大永年間(1521-1528)に東福寺207世彭叔守仙が開創。普化正宗総本山明暗寺が尺八根本道場として間借りしており、善慧院住職と明暗尺八の法系を継ぐ尺八看首が同居しています。

Amw_7578a

「同聚院」室町時代中期の文安年間(1444-48)に東福寺129世琴江令薫が創建、定朝の父・康尚の作とされる本尊・不動明王坐像(重文)は藤原道長が法性寺に建立した五大堂の中尊と伝えられます。モルガンお雪の墓があります。

Amw_7582a

脇道の先に「霊雲院」明徳元年(1390)岐陽方秀が創建、肥後国細川家の信仰をうけて寛永年間(1624-1644)に「遺愛石」と銘をつけた須弥台と石船を寄贈されました。

Amw_7798a

石段を上ると「大機院」九条満家が応永27年(1420)創建、満家はその2年前に関白となり後の文安5年(1948)に出家。墓地に関白・藤原忠通と孫の摂政・良経の墓があり、その子孫が九条家と近衛家に別れました。

Amw_7802a

次の塔頭の脇門でちりめん山椒の「伍八堂」が営業していました(帰りに寄るつもりです)。

Amw_7804a

「一華院」永徳2年(1382)一華庵が創建され、後に東福67世東漸健易禅師を開山に迎えました。本尊の「白衣観音坐像」は室町時代の作、脇仏「達磨坐像」と「阿弥陀如来坐像」は江戸時代作。特別公開中です。

Amw_7964a

「月下門」 文永6年(1268)の開山堂(常楽庵)創建時に亀山天皇が下賜されたと伝わり、現在は普門院の総門。四脚門で檜皮葺き、細部に鎌倉時代の特色があるそうです。

Amw_7969a

「臥雲橋」 境内を流れる三ノ橋川(中谷)に架かる「三名橋」のひとつです。紅葉を鑑賞する名所ですが、立ち止まると危険なので近年は撮影禁止でしたが、昨日は撮影可能でした。

Amw_7972a

楓は緑から、黄、赤と様々ですが、これはこれで見頃ともいえます(東福寺の公式HPでは11月13日から見頃となっています)。

Amw_7987a

上の写真のように太陽の光が当たると写真ではコントラストが強すぎるので、 目で見た景色に近づけるために暗いところを少し明るくしました。谷底の三ノ橋川に写る紅葉も綺麗でした(最後の写真)。

Amw_8002a

左が東福寺境内、右は「東福寺保育園・東福寺児童館」

Amw_8006a

保育園・児童館の門でやきもちを販売、境内で食べる場所がないので我慢しました。

Amw_8009a

西の参道の先には「中門」があり、参道の右に「天得院」左に「芬陀院」があります。

Amw_8013a

「日下門」(京都府指定文化財)江戸時代創建で東福寺境内への入口で、山門(三門)は境内南にあります。少し混雑していますが、境内は広いのでそれほどではありません。

Amw_8015a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amw_8003b

|

« 桜紅葉 冷泉通沿いの琵琶湖疏水  | トップページ | 桜紅葉の岡崎疎水 冷泉通から仁王門通へ »

コメント

今年は、赤が濃い感じですね。
人がいないと、色が濃く綺麗になるのかもしれませんね。
なんとなくそんな気がしてしまいます。

投稿: munixyu | 2020年11月15日 (日) 18:01

★munixyuさん こんばんは♪
今年の紅葉は美しいだろうと聞いたことがあります。でも東京の話なので、こちらの紅葉も期待はしています。

投稿: りせ | 2020年11月16日 (月) 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜紅葉 冷泉通沿いの琵琶湖疏水  | トップページ | 桜紅葉の岡崎疎水 冷泉通から仁王門通へ »