« 秋の吉田山を歩く 竹中稲荷と宗忠神社 | トップページ | 真如堂 紅葉の境内を巡る »

2020年11月27日 (金)

鹿ヶ谷通から南禅寺三門・法堂へ

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amw_9490a
※写真は全てクリックで拡大します。

先日永観堂を訪れた後、鹿ヶ谷通を南禅寺に向かいました。

「野村碧雲荘」の東門(重文) 野村碧雲荘は、実業家野村徳七が建てた和風別邸で、敷地北辺に沿って大玄関及び能舞台、大書院などが並び建ち、琵琶湖疏水の水を引き込んだ池を囲んで花泛亭などの茶室を配しているそうです。

Amw_9374a

「東山高等学校・東山中学校」 幕末の「世の中が混沌とした時こそ学問が必要である」と、知恩院第73世の名誉学天大僧正が、明治元年(1868)知恩院内に学問所を設けたのが始まりです。

Amw_9378a

琵琶湖疏水分線からの水路、別荘地域を流れます。

Amw_9380a

「野村美術館」 野村徳七のコレクションをもとに、昭和59年(1984)に開設されました。徳七が傾倒していた茶の湯や能に関するものが多いそうです。

Amw_9383a

「正的院」、鎌倉時代の僧・元翁本元(げんのうほんげん、1282-1332)の塔所として建立された南禅寺塔頭。本元は夢窓疎石とともに高峰顕日(こうほうけんにち)に師事、その法を継ぎました。 かつては僧堂の北にありました。

Amw_9390a

疎石が南禅寺の住持となったときにその首座(しゅそ、修行僧のリーダー)となりますが、俗世をきらい比叡山や醍醐などにこもりました。後になって鎌倉万寿寺、ついで南禅寺の第11世住持となりました。南禅寺北門「大寂門」

Amw_9387a

この通りには塔頭が並んでいます。手前は「南禅寺 奥丹」 創業寛永12年(1635)南禅寺の精進料理として生まれた湯豆腐の老舗です。総本家奥丹清水はもっと新しい別の店です。

Amw_9398a

「本日のお豆腐は売り切れました」と書かれている入口の黒板に迷いました。結局、お豆腐がなくなったので湯豆腐はできませんという意味だろうと思います。

Amw_9400a

木の間から三門が見えます。

Amw_9407a

大きな別荘の間を通る道との合流点、鹿ヶ谷通はここまでのようです。

Amw_9423a

「牧護庵(ぼくごあん)」 鎌倉時代の1318年、約翁徳検(仏灯国師)が後宇多天皇の勅令によって南禅寺5世となりました。1320年の徳検の没後、庵を創建して牧護庵と名づけ、南禅寺塔頭の一つになったといわれます。

Amw_9442a

かっての庭園は、江戸時代の『都林泉名勝図会』にも掲載されているそうです。門前に「南禅寺五世佛灯国師塔所」の石標が建ち、上に地蔵が乗っています。石彫家・杉村孝氏のわらべ地蔵です。

Amw_9422a

明治初年(1888年)廃仏毀釈によって法皇寺と合併して寺号を法皇寺と改めましたが、1992年に寺号を戻しました。その年「わらべ地蔵の庭」が作庭されました。通常は非公開ですが、特別公開されることがあります。

Amw_9425a

杉村孝氏の作品は三千院のものが有名ですが、こちらの庭には100体以上のわらべ地蔵があるそうです。山門の左にある石には仏様が線刻されていましたが摩耗して判別できません。

Amw_9437a

南禅寺の境内には3本の参道が平行に通っています。下は北側の参道で、三門があるのは中央の参道です。

Amw_9444a

「三門」 南禅寺開創当時の永仁3年(1295)西園寺実兼の寄進によって建立されました。その後、改築と焼失を経て、現在の三門は寛永5年(1628)に藤堂高虎が大阪夏の陣に倒れた家来の菩提を弔うために再建しました。

Amw_9449a

三門の楼上からは紅葉の境内が見渡せますが、訪れたい塔頭があったのでこの日は登りませんでした。

Amw_9456b

境内のモミジのほとんどは立入できない苔地に植えられているのですが、真下に行ける場所には大勢の人が集まっています。

Amw_9459a

三門をくぐると、法堂までの参道がモミジで囲まれています。

Amw_9480a

こちらは先ほど見た北の参道で、僧堂があるあたりです。

Amw_9484a

「法堂」法式行事や公式の法要が行われる場所で、南禅寺の中心となる建物です。創建当時のものは応仁の乱で焼失、その後復興されました。慶長11年(1606)豊臣秀頼の寄進により大改築されましたが、明治26年(1893)の火災によって焼失しました。

Amw_9497a

現在の法堂は明治42年(1909)に再建されたものです。内部の須弥壇上中央に本尊の釈迦如来、右に獅子に騎る文殊菩薩、左に象に騎る普賢菩薩の三尊像が安置されています。

Amw_9508a

Amw_9499a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amw_9502a

|

« 秋の吉田山を歩く 竹中稲荷と宗忠神社 | トップページ | 真如堂 紅葉の境内を巡る »

コメント

紅葉は、凄く綺麗だけど、
コロナは増え続けるし、人の出入りは増すばかり。
なんか複雑な心境です。
医療現場の現状への理解が、もっと広がればいいのになぁと思います。
医療崩壊は、起きそうではなく、もう既に起きていると言うべきだと思います。

投稿: munixyu | 2020年11月27日 (金) 19:00

★munixyuさん こんばんは♪
観光地のお店は人出が欲しいと思いますが、コロナの感染を抑える方を優先すべきだと思います。すべての感染者を見つけ出して隔離するという体制を作らない限りいつまでもこの状態が続くのではないでしょうか。、

投稿: りせ | 2020年12月 3日 (木) 01:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の吉田山を歩く 竹中稲荷と宗忠神社 | トップページ | 真如堂 紅葉の境内を巡る »