« 桜紅葉の岡崎疎水 冷泉通から仁王門通へ | トップページ | 東福寺 紅葉の通天橋2020 »

2020年11月17日 (火)

桜紅葉の岡崎疎水 南禅寺船溜へ

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amw_7198a
※写真は全てクリックで拡大します。

桜紅葉の最後は、仁王門通に沿う岡崎疎水です。琵琶湖疏水を冷泉通から遡ると、仁王門通で東西に向きを変えます。その角にあるマンション「ハイツ岡崎」4階建てのマンションのようですが情報がありません。

Amw_7225a

アオサギが縄張りを守っています。

Amw_7227a

「和蘭豆(らんず)」 全席禁煙の昭和レトロなカフェで、ビートルズのジョンレノンとオノ・ヨーコも訪れたそうです。

Amw_7229a

「町田ビル 」の1階はベーカリーカフェ「Lignum(リグナム)」で右に「Pizzeria Napoletana Da Yuki」があります。

Amw_7240a

疏水の向こうは「京都市勧業館(みやこめっせ)」

Amw_7251a

「藤井斉成会有鄰館」、中国の古美術中心の私立美術館です。

Amw_7254a

道の奥に「京都観世会館」 京都観世会の会員を募集しており、コロナ対策のために11・12月の例会は客席を減らして2部制となっています。

Amw_7258a

パークハウス京都岡崎有楽荘 」築2005年、5階建て、38戸のマンションです。空室の2LDKは28万、敷金30万、礼金70万とかなりのお値段です。

Amw_7260a

「京都国立近代美術館」 12月6日までの期間「人間国宝 森口邦彦 友禅/デザイン―交差する自由へのまなざし」展を行っています。

Amw_7278a

平安神宮の「大鳥居」、手前は「白川」の取水口。北から流れて来た白川は一旦琵琶湖水に合流し、ここから再び南に流れていきます。

Amw_7275a

白川の下流で桜が綺麗なところです。川の中の杭はかって水をせき止めて水泳場にした遺跡です。右のパークハウス京都岡崎有楽荘の1階にフレンチの「AuTemasPerdu(オ・タン・ペルデュ)」。

Amw_7282a

今回の記事で、岡崎には正式名称が外国語のお店が多いことに気付きました。神宮道を渡ります。

Amw_7297a

神宮道が通る「慶流橋」から東

Amw_7303a

「京都京セラ美術館」11月17日-22日「京都二紀展」および「第39回ザ・スペース展」、10月31日-12月6日「KYOTO STEAM 2020 国際アートコンペティション スタートアップ展」、10月10日-12月6日「京都の美術 250年の夢 第1部~第3部 総集編-江戸から現代へ-」などを開催しています。場所は本館、別館、キューブ等に別れており、お確かめください。

Amw_7314a

この区間の遊歩道は「六勝寺のこみち」、ここは鳥羽天皇中宮・待賢門院が建立した「円勝寺」があった場所です。向うに岡崎通が通る「広道橋」が見えます。楓のモミジ、さすがに色鮮やかです。

Amw_7315a

ちなみに、今でも岡崎円勝寺町、岡崎成勝寺町、岡崎法勝寺町が並んでいます。「KYOTO TRAVELERS INN(京都トラベラーズ・イン)」 全室WiFiや薄型テレビを完備、レンタル自転車があり、1階はレストランです。

Amw_7321a

洛東教会」マドイウエディング経営の結婚式場に併設する石造りの教会です。

Amw_7326a

「岡崎庵」は結婚式場だけでなく、同窓会、歓送迎会、パーティーなどの会場として利用できます。1階に「岡崎庵カフェ」があります。

Amw_7330a

岡崎通と仁王門通の交差点に「岡崎茶寮 豆狸」京料理、豆腐・湯葉料理、麺類、丼物など和食のお店で、大きさの異なる座敷が多数あります。団体客が少ないと経営が苦しいかも。

Amw_7338a

ポイントバケーション京都岡崎」洋室、和洋室、和室など様々なタイプの部屋があり、日本庭園や温泉大浴場もあるホテルです。

Amw_7351a

左は京都動物園で、かって白河上皇の「法勝寺」があった場所で、そこには高さ81mの巨大な八角九重塔があったといわれます。ちなみに現在の木造建築物では東寺五重塔の55mが日本一の高さです。

Amw_7355a

「エクセル岡崎」築1981年、3階建て、12戸のマンションです。以前紹介したように、「東京・ヒューリック(株)による景観破壊のホテル建設反対!」という横断幕がかかっています。

Amw_7357a

「菓匠 清閑院本店」四季折々の創作和菓子を中心に季節感あふれる和菓子や、京都の歳時にちなんだ和菓子を取り揃えています。店内に伝統文化をご紹介する「ギャラリー閑(しずか)」を併設しています。

Amw_7364a

かって料亭「南禅寺ぎんもんど」があった場所がホテルの建設現場です。高さ規制は満たしているものの、今年の3月に近隣住民から景観に調和するよう、周囲と同様に3階建への計画変更の嘆願書が出されました。

Amw_7373a

最近の情報では3階建てに変更され、1階は日本料理店、2,3階はスイートルーム4客室のラグジュアリーホテルになるようです(来年11月オープン予定)。左は国指定名勝「無鄰菴」脇道の先の南禅寺参道にホテルと背中合わせで京料理「瓢亭」があります。

Amw_7383a

琵琶湖疏水(鴨東運河)の出発点「南禅寺船溜」、中央は白川の流入口です。これで桜紅葉の記事は終わりで、お付き合いくださりありがとうございました。

Amw_7385a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amw_7220a

|

« 桜紅葉の岡崎疎水 冷泉通から仁王門通へ | トップページ | 東福寺 紅葉の通天橋2020 »

コメント

今年の紅葉は、特に桜紅葉は、
心理的にいつもより綺麗に見えるのか、
本当にいつもより綺麗なのかわからないですよね。
そもそも、いつもが色あせてしまっているのかもしれません。
早く、普通の気持ちで紅葉を楽しめる日になって欲しいものです。

投稿: munixyu | 2020年11月17日 (火) 18:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜紅葉の岡崎疎水 冷泉通から仁王門通へ | トップページ | 東福寺 紅葉の通天橋2020 »