« 大文字と雲 真夏から秋口へ | トップページ | 下鴨中通を歩く 東鞍馬口から松ヶ崎通へ »

2020年10月 9日 (金)

下鴨中通を歩く 東鞍馬口通から南部

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Joe_3100a
※写真は全てクリックで拡大します。

先日下鴨神社を通って下鴨中通を歩きました。下鴨本通と御蔭通との交差点から北山通まで続いています。今まで、下鴨東通、下鴨西通、下鴨本町と歩いてきましたが、それらとはかなり違った通りです。

Capture54c

上はGoogleMapで赤線が下鴨中通、下は同じ場所の明治25年の地図です。この時代には他の三つの通りや北大路通は存在せず、この通りは下鴨を南北に貫くメインストリートで下鴨本通とよばれていました。

Capture54d

通りの南端には児童保護施設の「迦稜園(かりゅうえん)」。名称は美声によって法を説くという伝説の鳥「迦陵頻伽(かりょうびんが)」が由来だそうです。  

Joe_3104a

「中川商店紙工所」箔押、打抜、裁断加工などの紙器・紙工品の加工販売を行っています。

Joe_3109a

「オーガニック ベジ アネックス」 有機栽培の食材や野菜、焼き菓子の八百屋さんで、店でビーガンカレーなどのお弁当も作っています。

Joe_3115a

「108 shop&event space」 カフェやギャラリーなどいろいろな目的で利用されるスペースです。9月末から10月初めにかけてトロントを拠点に活躍するマルチアーティストAndrew Zukermaの個展をしていました。

Joe_3121a

「フラワーボックスサロン」 フラワーボックスは1983年かわべやすこさんが英国のフラワーアレンジメントを日本に伝えるために始めたフラワースクールで、東京青山にも同サロン(教室)があります。

Joe_3130a

かわべやすこさんは、英国のフラワースクールで認定証を取得後、日英フラワーアレンジメント協会を主宰、英国最古のリーズ城でサマースクール、日英からフラワーデザイナーを招聘して日本でオータムスクールを開催しています。

Joe_3132a

下鴨中通には古い建物もあり、旧道(旧街道)の雰囲気が残っています。一方で、両隣の下鴨西通と本通のように新しい建物も混在します。

Joe_3134a

「ゑびす屋加兵衛」 大正5年(1916)にこの通りで創業した焼餅専門店で、名物の矢来餅(やきもち)は、滋賀産の羽二重餅に、自家製のつぶ餡を包み、職人の手で焼いています。名は賀茂社の創建神話に出てくる丹塗矢(にぬりや)に由来します。

Joe_3143a

「株式会社 野口」 業種はわかりませんが、建物がきれいでした。

Joe_3145a

ちりめん山椒、京佃煮の「京都下鴨 すぐり」 祇園の割烹で30年にわたり料理長を務めた初代の味を伝えています。玄関まで入るのにちょっと勇気がいります。

Joe_3165a

普通の民家を改装したフレンチ「フリュイ・ドゥ・メール」10~15名のパーティーやバースデーケーキも可能で、お友達のお宅でおよばれするような気分でお越しくださいとのことです。

Joe_3170a

普通の民家かも知れませんが、建物や門が丸みをおびているのが面白い。

Joe_3192a

京都の旧街道など古い道は緩やかに曲がっていることが多い気がします。

Joe_3197a

「雲心月性」 京料理の割烹、小料理屋さん、コース料理が中心で予約が必要なようです。入口が脇道の方にあります。

Joe_3209a

「のらくろ」 昭和9年(1934)創業の洋食の老舗で、エビフライ・ハンバーグ・クリームコロッケの洋食三種盛りの定食もあります。駐車場もあり、夕食は満席になることもあります、

Joe_3214a

「池の地蔵尊」 昭和14年に書かれた御歌という看板がかかっています。字が消えて読めない部分が多いのですが、「古の團子の井戸に埋もれて」、「干菜寺」という部分が読めました。干菜(ほしな)寺は出町の光福寺のことだと思います。

Joe_3216a

京都は地下水脈が浅く、場所によっては水面まで下りることができる「降り井戸」があります。そこでは水質を保つために鯉などを飼うこともあり「池」と表現しているのかも知れません。

Joe_3234a

「ライムグリーン」 カワサキファクトリーのバイク屋、ご主人はレースのメカをしていて、修理はどのメーカーでもお任せくださいとのことです。建物はマンションの「ヴィルヌーブ下鴨」

Joe_3243a

「Tiare下鴨」築2020年、2階建て、総戸数6戸のマンション(アパート)です。この通りは2階建てまでの建物が多い気がします。 

Joe_3289a

美容室「やまほうし」 可愛い建物です。

Joe_3295a

脇道の奥にある「若清」 御料理、すし、仕出しの看板がかかっています。 

Joe_3298a

「マルサンクリーニング」 表がちょっとおしゃれでした。いままで記事で紹介しませんでしたが、下鴨はクリーニング屋さんが多い気がします。

Joe_3302a

「ルヴィエ下鴨」 築2004年、2階建て、総戸数4戸のアパートです。このあたりは、京都市の景観条例の高度地区(高さ10mまで)に指定されています。

Joe_3313a

「イワサキ」 給排水設備工事の会社で、京都市上下水道局指定だそうです。

Joe_3315a

東鞍馬口通まで来ました。ここから先の下鴨中通は鞍馬街道でもあります。

Joe_3328a

東鞍馬口通は下鴨神社と下鴨中学で途切れ、蓼倉橋から白川通まで続きます。

Joe_3330a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Joe_3138a 

|

« 大文字と雲 真夏から秋口へ | トップページ | 下鴨中通を歩く 東鞍馬口から松ヶ崎通へ »

コメント

「のらくろ」
屋根の感じがいかにも洋食店らしくていいですね。エビフライ・ハンバーグ・クリームコロッケの
洋食三種盛りの定食。
子どもが喜びそうなメニューですね。
聞いただけで美味しそうな気がします。

投稿: munixyu | 2020年10月10日 (土) 15:05

★munixyuさん こんばんは♪
わたしもお店の外観とメニューを調べて、いろいろ想像して楽しんでいます。

投稿: りせ | 2020年10月15日 (木) 01:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大文字と雲 真夏から秋口へ | トップページ | 下鴨中通を歩く 東鞍馬口から松ヶ崎通へ »