« 大酒神社と悟真寺 2020年10月 | トップページ | 蚕の社 秦氏と古代日本の産業革命 »

2020年10月25日 (日)

太子道(旧二条通)を歩く 広隆寺から蚕の社まで

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amw_3282a
※写真は全てクリックで拡大します。

再び広隆寺の門前に戻ってきました。ここは「太秦交差点」といい、いくつかの道の起点(終点)となっています。下は門前の「ブンガラヤ 
」ハラル料理店です。

Amw_3544a

南北の道はここから上桂東居町に至る府道132号線、その東角の「あわず」は出版印刷、木・紙製品や事務用品のお店です。

Amw_3564a

東は三条通(太子道でもあります)、左からは昨日の記事で立ち寄った府道131号線、左の建物は右京消防署、中央に嵐電の太秦広隆寺駅があります。

Amw_3566a

嵐電の駅の南西に「京都中央信用金庫 太秦支店」

Amw_3773a

駅のホームと背中合わせの「京富」 うどん、そば、丼物、甘味のお店です。立ち食いのお店ではなく、本格的な味は評判のようです。

Amw_3775a

「太子道」は東の千本通を起点として太秦の広隆寺までの参詣道で、聖徳太子が通った道といわれます。「やまぶき組石作業所」、平成27年に開所した障害者の訓練、就労支援の施設です。

Amw_3788a

この太子道は現在の旧二条通とほぼ一致しています。ただし、現在では新二条通を太子道という場合もあります。「右京簡易裁判所」

Amw_3790a

オシャレな建物ですがマンションの「Bハイツ」で築1988年、3/4階建て、全14戸、THE ROOM FOR RENTの看板があります。

Amw_3793a

米屋さんの名前の太子前は、太子通に面しているという意味でしょう。この通りにはかって参詣道(街道)だったことを示すものがいくつも残っています。

Amw_3799a

コインランドリー「マンマチャオ太秦店」 椰子の実とオレンジオイルを原料とした有機洗剤と柑橘類から絞ったクエン酸を原料とした有機仕上剤を洗濯機に無料で自動で投入しているそうです。

Amw_3802a

「さの」 黒毛和牛焼き肉と書いてあります。 後で登場するお肉屋さんの経営のようです。

Amw_3808a

「常楽寺」 先日仁和寺の近くの真宗高田派の常楽寺を紹介しましたが、こちらは浄土宗西山禅林寺派のお寺です。観光寺院ではありませんが、山門が開いていて境内に入れることもあるようです。

Amw_3813a

浄土宗西山禅林寺派は永観堂(禅林寺)が本山で、知恩院を本山とする鎮西派につぐ浄土宗の宗派です。西山派には光明寺が本山の西山光明寺派と誓願寺が本山の西山深草派があり、西山三派と呼ばれています。

Amw_3820a

「八百信(やおのぶ)」 名前は八百屋さんのようですが綜合食品店と書いてあります。

Amw_3821a

「萬為(まんため)」昭和2年(1927)創業の和菓子屋さんで栗もちが名物のようです。広隆寺の弥勒菩薩の優雅さをうつした「みろく」は、黄身餡に小豆羊羹をかけ、「北山杉」はバニラと抹茶クリーム入りの薄焼きせんべいです。栗もちもあります。

Amw_3824a

「まからんや」 戦前に千本三条から太秦に引っ越してきた洋品店で、2代目店長の今村穆義さんは、木嶋神社(蚕の社)奉賛会会長、三条太秦繁栄会副会長を務める商店街の重鎮です。

Amw_3832a

「五え門」 焼き肉屋さんで表に大きな字のメニューが出ています。フィーバー焼(2500円)はちょっと気になります。

Amw_3836a

このあたりの商店街は「三条太秦繁栄会」というようです。。

Amw_3846a

「佐野屋総本店」大きなお肉屋さんで、先ほどの焼肉の「さの」を経営しているようです。表に今日のおすすめが書いてあります。

Amw_3841a

太子道(旧二条通)と三条通(右)の合流点 中央は生活雑貨の「Z.O.Z」入口は三条通側です。行政的には旧二条通はここから西なので、太子道もここからという場合もあります。

Amw_3848a

合流点の手前にある「金時」雰囲気のある建物の蕎麦店さんですが、当分の間休業と書いてあります。

Amw_3852a

合流点から太子道を少し歩いたところにある「悠癒う(ゆうゆう)」 鍼灸・整骨院です。

Amw_3877a

かってこの道を通っていたバスは現在は三条通と新二条通を通り、昔の参詣道の雰囲気が戻ってきた気がします。太子道の先には時々比叡山が見えます。

Amw_3881a

カフェ・スナックの「ゆうなぎ」

Amw_3892a

隣は素人料理の「鈴」 京都で「素人料理」の看板をよく見かけますが、料亭や割烹などで料理人が作る料理に対して、京都の家庭料理(おばんざい)を指すようです。

Amw_3895a

「竹駒」 魚貝・海鮮料理の割烹です。生簀からあげたばかりの新鮮な魚を堪能でき、魚屋出身の店主が厳選した旬の魚をメインに、自慢の「う巻き」などの一品料理を楽しめるそうです。

Amw_3898a

「ふれあい」 飲食店という情報しかありませんが、外観はスナックのようです。

Amw_3899a

「このしま保育園」 京都市認可児童福祉施設で、道を隔てた向かいにも別館があります。

Amw_3907a

隣が蚕の社、今日はここまでです。

Amw_3909a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amw_3870a

|

« 大酒神社と悟真寺 2020年10月 | トップページ | 蚕の社 秦氏と古代日本の産業革命 »

コメント

大型コインランドリー「マンマチャオ太秦店」
あと「まからんや」
面白い名前のお店ですね。
「五え門」
フィーバー焼(2500円)は、ちょっとしたステーキ並みの値段ですよね。
誰が頼むのかも気になってしまいます。

投稿: munixyu | 2020年10月25日 (日) 13:24

★munixyuさん こんばんは♪
近所の人にはおなじみの名前かも知れませんが、初めて聞くと気になりますね。

投稿: りせ | 2020年10月30日 (金) 01:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大酒神社と悟真寺 2020年10月 | トップページ | 蚕の社 秦氏と古代日本の産業革命 »